《ソウルバーン・ドラゴン》 [編集]

ソウルバーン・ドラゴン R 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 9000
このクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目をすべてのプレイヤーに見せる。それがファイアー・バードであれば、バトルゾーンに出してもよい。それがドラゴンであれば、相手のパワー4000以下のクリーチャーを1体破壊する。それが《超竜サンバースト・NEX》であれば、バトルゾーンにあるこのクリーチャーの上に置いてもよい。
W・ブレイカー

DM-35で登場したアーマード・ドラゴン

アタックトリガーで自分の山札の上を確認し、それに対応した効果をもたらす。

1つ目は、ファイアー・バードが出た場合、そのままコスト踏み倒しバトルゾーンに出せる。
似た能力を持つ《カイザーウイング・ドラゴン》と比べると、1体しか出せない点で劣るが、シールドブレイクせずとも誘発するこちらの方が使いやすい。

2つ目は、ドラゴンがめくれた場合に4000火力を放つ。
確実ではないが、7コストパワー9000というスペック除去のおまけが付いてくるのは魅力的。
【連ドラ】のようなドラゴンの比率が多いデッキならば成功率も高まる。

3つ目は、《超竜サンバースト・NEX》ならば、このクリーチャーを進化元にコスト踏み倒しできる。
バトルの強さでトップクラスのサンバーストをコスト踏み倒しできるのは大きいが、必ずこのクリーチャーに重ねて進化させなければならないため、良く考えて使いたい。

《翔竜提督ザークピッチ》や《超竜サンバースト・NEX》が表向きになった場合は、2つの効果が得られる。
かなりのアドバンテージを得られるため、このカードを使ったデッキを組む際は是非採用したい。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ソウルバーン・ドラゴン UC 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 9000
攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それが名前に《NEX》または《ルピア》とあるクリーチャーなら、バトルゾーンに出し、相手のパワー4000以下のクリーチャー1体破壊する。それ以外なら、墓地に置く。
W・ブレイカー

レアリティアンコモンになった。

実質【ボルシャック・NEX】 (デュエプレ)専用カードになったが、《NEX》または《ルピア》であれば火力コスト踏み倒しが両立するようになった。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-13
    NEXよ!太陽のように皆を照らす魂であれ!――ソウルバーン・ドラゴン

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]