《セブ・コアクマン/マインド・リセット》 [編集]

セブ・コアクマン R 水文明 (4)
クリーチャー:サイバーロード/エイリアン 2000
このクリーチャーが出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにしてもよい。その中から光と闇のカードをすべて手札に加え、残りを墓地に置く。
マインド・リセット R 闇文明 (2)
呪文
相手の手札を見て、その中から呪文を1枚選び、捨てさせる。

DM22-EX1で登場した/サイバーロード/エイリアンツインパクト

往年の【白青黒超次元】【青黒ハンデス超次元】で活躍した《セブ・コアクマン》《マインド・リセット》のツインパクト化。

何と言ってもまず《セブ・コアクマン》がデッキ構築次第で手札補充のハズレを引かずに済むようになったのが大きな進歩である。
特に従来の《アクアン》系カードが抱えていた自身がハズレとなり手札に加えられないということがなくなり、このカードを手札に加えたうえに再度手札補充ができるようになった。

次に《マインド・リセット》手札補充ができる面が付いたことで呪文比率が0%かそれに近いデッキに対しても腐ることが少なくなった。

単純にクリーチャーサポートの範囲に入るようになったのも大きい。2→3→4と繋がる呪文面→《改造治療院》→クリーチャー面は機会があれば試したい組み合わせであろう。

往年の【5色ドギラゴン剣】に投入された《アクアン・メルカトール》よろしく【青黒赤緑邪王門】に投入するのも悪くない。鬼エンド持ちや革命持ちといった黒赤カラーの主要パーツや《百族の長 プチョヘンザ》《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》といった目ぼしい革命チェンジ持ちが回収範囲内に入っており、回収できない《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》《単騎連射 マグナム》《百鬼の邪王門》で呼び出せるので問題ない。

後に《アーテル・ゴルギーニ》が登場すると、そちらでリアニメイトできるクリーチャー側のあるツインパクトとして再評価された。

環境において [編集]

登場から稀に【白青黒ハンデス】での入賞報告が見られる程度で、目立った活躍はない。ただ、《アーテル・ゴルギーニ》で早期に打点を並べてフィニッシュするプランに役立つため、強さを支えている面はある。

その他 [編集]

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM22-EX1
    にひひ、どっちの味方だったかもう覚えてないよね?

収録セット [編集]

参考 [編集]