《ミスティック・ガストゥール》 [編集]

ミスティック・ガストゥール R 闇文明 (8)
クリーチャー:ディープ・マリーン 1000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、ターンの終わりまで、相手のタップされているクリーチャーすべてのパワーは、バトルゾーンにある自分のグランド・デビル1体につき-1000される。

DM-23で登場したディープ・マリーン

エキスパンションの大型S・トリガー付きクリーチャーの1体で、ターン終了時まで自分のグランド・デビルの数だけ相手のタップされているクリーチャーすべてをパワー−1000させる。

単に【速攻】ビートダウン対策というだけなら、軽い《ヤミノサザン》《希望の親衛隊ファンク》で十分なので、グランド・デビルの展開力を活かして大幅なパワー低下を狙いたいところ。

S・トリガーで相手ターン中に出た場合、相手クリーチャー墓地に置けなくとも普通は非力でチャンプブロックになりがちなグランド・デビルブロッカーでも以降の攻撃クリーチャーを受けきれるようになり、相対的なブロッカー強化のようにも使える。

また、そのターンの最後の攻撃トリガーし、バトルゾーンに出た場合、相手の主要アタッカーは大半がタップ状態であるはずなので、大量にグランド・デビルが並んでいれば全体除去にもなる。

  • 元ネタはふたご座α星のカストルだと思われる。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ミスティック・ガストゥール R 闇文明 (8)
クリーチャー:グランド・デビル 1000
S・トリガー
バトルゾーンに出た時、このターン、相手のクリーチャー1体のパワーは、自分のグランド・デビル1体につき-2000される。

自身がディープ・マリーンからグランド・デビルになり、パワー低下が範囲指定から1体指定になった。減少値も1体につき-2000へと変更されている。

最低でも自分で1体のグランド・デビルとなるため、《ファントム・バイツ》と同じ効果は発揮できる。

サイクル [編集]

DM-23の、cipにより、対応するハイブリッド種族の数だけ効果が発動するS・トリガー持ちサポート種族サイクル

フレーバーテキスト [編集]

  • DMPP-09
    超絶究極神の前に崩れゆく闇文明は、秘術によりかつて世界を破滅寸前まで追いやった「」の力の復活にこぎつけた。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]