《パック・リーマン》 [編集]

パック・リーマン VR 自然文明[ジョーカーズ] (9)
クリーチャー:スペシャルズ/ジョーカーズ 13000
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを2体選び、持ち主のマナゾーンに置く。それらの「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力をすべて、自分のクリーチャーであるかのように使ってもよい。

DMRP-08に登場した自然スペシャルズ/ジョーカーズ

cipで相手のクリーチャー2体をマナ送りにし、そのクリーチャー達から文字通り、能力を「パクる(盗む)」ように使える。その自分が使う能力cip効果であり、ほぼ相手依存と言ってもよい。一応任意でもあるため、自分にデメリットを生じさせる効果を使わずに済むことも可能。
それでもクリーチャーを一気に2体もマナ送りにできるのは強みであり、pigをも発揮させない利点がある。

コストは重いがcipであるため、《ジョット・ガン・ジョラゴン》でパクってしまうのもよいだろう。
cipで複数体のクリーチャー除去できるジョーカーズは珍しく、それだけでも採用の価値は十分にある。

いかんせん相手依存なので、強さが相手のデッキバトルゾーンの状況に大幅に左右されるのが欠点。
「2体除去+α」のジョーカーズとしては、相手に依存しない《スターダム・スタージアム》が存在するのも痛い。

  • イラストは美肌パックを着けたサラリーマン。また、能力は相手クリーチャーcipをパクる能力であることから『パクりマン』という意味も込められたダブルミーニングであると考えられる。
    • ゲームキャラのパックマンともかかっている可能性もある。

ルール [編集]

  • 盗んだcip能力の発生源は、《パック・リーマン》自身という扱いである。そのため、自身を参照とした能力を使う場合は、《パック・リーマン》自身を参照とする。
    • 例えば、《魔光蟲ヴィルジニア卿》の能力をcipを使う場合、《ヴィルジニア卿》ではなく、《パック・リーマン》と同じ種族のクリーチャーを墓地から回収することになる。
  • 公式Q&A

    Q.相手のクリーチャーが持つ「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャーのパワーを+3000する」という能力を使った場合、自分のクリーチャーのパワーを上げることができますか?それとも相手のクリーチャーのパワーを上げることになりますか?
    A.自分のクリーチャーであるかのように使ってもよいので自分のクリーチャーのパワーを上げることが可能です。

アニメにおいて [編集]

戦績 [編集]

アニメ「デュエル・マスターズ!」 [編集]

  • 通算戦績:1戦0勝1敗
    話数対戦相手勝敗デッキ名
    32話切札 ジョー敗北パクリ大魔王現る!

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]