《ナチュラ・スコーピオン》 [編集]

ナチュラ・スコーピオン R 自然文明 (7)
クリーチャー:ジャイアント・インセクト 3000
S・トリガー(このクリーチャーをシールドゾーンから手札に加える時、コストを支払わずにすぐ召喚してもよい)
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、クリーチャーを1体選び、タップして持ち主のマナゾーンに置いてもよい。

プロモで登場した自然ジャイアント・インセクト

S・トリガーを持ち、cipクリーチャー1体をタップインマナ送りできる。
《超神機鎧冑ゼノメノン》《終の怒流牙 ドルゲユキムラ》進化元としても優秀。

無条件の確定除去は強力。タップインマナ送りにできるためこの能力のせいで相手にキリフダッシュを許してしまうという心配も無い。
実は自分のクリーチャーマナ送りにできるため、無理に相手クリーチャーマナ送りしたくない時は、味方をマナ送りにしてマナブーストにも利用できる。ただし、タップインであるためすぐにはマナを利用できない点には注意。
また任意能力であるため誰もマナ送りにしたくない時は無理に行う必要も無い。

確定除去マナ送りを持つS・トリガー獣には他に《罠の超人》がいる。
こちらよりコストが2も大きいため、能力の差異こそあるもののこちらの上位種にあたる。手札からも出すことを考慮するならコストの軽いこちらを使いたい。
しかしこちらよりパワーコストが高いことからソウルシフトフシギバースと相性が良い点、《時の法皇 ミラダンテXII》革命ファイナル影響下で召喚可能な点などを考えると下位互換とまではいかない。

環境において [編集]

それまでこれといった実績がなかったが、《樹食の超人》【墓地ソース】が流行すると、そちらの防御札として投入されて結果を残すケースも見られるようになった。より名目コストの大きい《罠の超人》ではなくこちらが採用されるのは、やはり自軍のクリーチャーマナ送りにすることができるのが大きい。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]