光輪(こうりん)精霊(せいれい)シャウナ》 [編集]

光輪の精霊シャウナ SR 光文明 (7)
クリーチャー:エンジェル・コマンド 9500
W・ブレイカー

DM-01で登場したエンジェル・コマンド

DM-01におけるカードナンバー順では先頭となる(S1/S10)、ある意味では最初のスーパーレア、ひいてはプロモーションカードを除く最初のデュエル・マスターズカードともいえる記念すべきカード。

スペックとしては淡白な準バニラファッティだが、登場時点では最高となる基礎パワー9500を持ち、初期の絡みのデッキではフィニッシャーとして見かけることもあった。

現在では《不滅の精霊パーフェクト・ギャラクシー》《偽りの名 オレワレオ》等、実質的に上位互換となるカードが数多く存在している。デッキの戦力としての役割は多くの優秀な後輩たちに譲り、コレクションとしてカードイラストフレーバーテキストを楽しむのがいいだろう。

  • DM-01版はテキストの文字が大きく、文頭の「・」も無い為テキスト欄にW・ブレイカーという文字だけがデカデカと載っている。ある意味潔さを感じる見た目である。
  • 漫画では、デュエルの神殿での決戦ののち、もとの明るい性格に戻った白凰ジョージとのスパーリング戦で使用。技名は「聖なる光、シャウナフラッシュ」。
  • 2004年に絶版になってから10年以上も長らく再録がなかったが、2015年にDMX-19にて再録。同弾はSRのみで構成されたパックであるが、同時収録の強力な歴代のSRと比べるとどうしても見劣りする為、ファンサービスとしての側面が強い収録。
    • フレーバーテキストは初登場時のものを意識しており、「その光は、ふたたび七日七晩にわたる戦いを導くのか、それとも龍の支配を終わらせるのか...。」とある。しかし最強のドラゴン《メテオ・ドラゴン》であったDM-01当時ならともかく、インフレの進んだドラゴン・サーガではパワー負けするドラゴンも多く、ちょっと無理筋ではなかろうか。
  • デュエチューブ「シン・真の20周年 ~歴代編集者が全部話しちゃいますSP~」にて、名前の由来が元Wizards of the Coastのスタッフであることが明かされた。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]