死皇帝(しこうてい)アザガースト》 [編集]

死皇帝アザガースト VR 闇文明 (7)
進化クリーチャー:ダークロード 9000
進化−自分のダークロード1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、自分のゴーストがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにある相手のタップされていないクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地に置いてもよい。
W・ブレイカー

DM-09で登場した初の進化ダークロード

自分のゴーストに、アンタップ状態の敵獣を除去するcipを与えるシステムクリーチャー

ゴーストは軽めのクリーチャーが多く、場に維持できれば簡単に除去を行う事が出来る。
呪文ではないため、《聖霊王アルカディアス》等のやっかいなクリーチャー破壊することも可能。

タップ状態のクリーチャー除去できないので、《恐慌の魔黒デス・スペクター》や他の除去で対応しよう。

ただし、運用する上での問題もいくつかある。
7マナ進化であるため、出すまでに一苦労する。一旦除去されると再召喚に手間がかかってしまう。
その上で、自身の能力を使うために場にゴーストを出す必要がある。
このクリーチャーを出すのにマナを使い切ってしまうと、1ターン生き残りつつ手札を確保し続けなければならない。

また、そもそもの問題として進化元ゴーストではなくダークロードであることも挙げられる。
幸いにもサイキック・クリーチャー《時空の銃姫エイプリル》/《鎮魂の覚醒者デス・エイプリル》は出しやすいので、超次元呪文を何枚か挿しておくとよい。

優秀なシステムクリーチャーである事には変わりないので、上手く使えるかどうかは、使用者のデッキ構築の腕次第といえるだろう。

収録セット [編集]

参考 [編集]