The() 大親分(おおおやぶん) 鬼流院(きりゅういん) (じん)/「アンノウンがナンボのモンじゃ!」》 [編集]

The 大親分 鬼流院 刃 P(UC) 自然文明 (7)
クリーチャー:ビーストフォーク/ハンター 9000
マッハファイター
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルに勝った時、自然のコスト7以下のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンから出す。
「アンノウンがナンボのモンじゃ!」 P(UC) 自然文明 (3)
呪文
自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。それが名前に《超次元》とある呪文なら、自分の山札の上からもう1枚、マナゾーンに置く。

DMBD-13で登場した自然ビーストフォーク/ハンターツインパクト

クリーチャー面はマッハファイターと、バトルに勝った時にサイキック・クリーチャーを出す能力を持つ。
自然サイキック・クリーチャーを出せるカードとしては珍しくクリーチャー除去できるので、踏み倒しメタを倒しつつサイキック・クリーチャーを踏み倒すことが可能。

出せる範囲内には《紅蓮の怒 鬼流院 刃》が存在するので、それらと《偽りの名 ゾルゲ》を組み合わせることで、《勝利のプリンプリン》《サンダー・ティーガー》《ブーストグレンオー》《激浪のリュウセイ・スプラッシュ》《灼熱のリュウセイ・ボルケーノ》《大地のリュウセイ・ガイア》といったハンターまたは自然コスト7以下のcip能力を持つサイキック・クリーチャーを無限回バトルゾーンに出すことができる[1]

コスト7のビーストフォークなので《イメンズ・サイン》からも出すことが可能。
呪文効果とマッハファイターで2体除去しつつサイキック・クリーチャーを2体出せる。
また呪文面も2マナブーストできなくても、3→5で《イメンズ・サイン》にきれいに繋がる。

呪文面は1枚マナブーストし、それが超次元呪文ならもう1枚マナブーストする。
《フェアリー・クリスタル》《ボント・プラントボ》超次元呪文版といった性能。

  • クリーチャー面の名前で「The」の後に母音があるが、読みは「」ではなく「」である。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.自分のターン中、《The 大親分 鬼流院 刃/「アンノウンがナンボのモンじゃ!」》《玉男》がバトルし、バトルの結果《玉男》が破壊されました。≪The 大親分 鬼流院 刃≫の「バトルに勝った時」の能力と、《玉男》の「破壊された時」の能力と「スレイヤー」の解決はどの順番で行いますか?
A.まず「バトルに勝った時」の能力を解決し、次に「破壊された時」の能力を解決し、最後に「スレイヤー」を解決します。
「バトルに勝った時」と「破壊された時」の能力は同時にトリガーし待機しますが、ターンプレイヤーの能力から解決するため、まず「バトルに勝った時」の能力から解決されます。バトルの結果によってトリガーする能力の解決が終わった後、「スレイヤー」を解決するので、「スレイヤー」が一番最後に解決されます。

+  (総合ルール 115.3d )

引用元(2021.10.22)


[1] ハンターまたは自然コスト7以下のcip能力を持つサイキック・クリーチャーという条件だけなら《勝利のガイアール・カイザー》も該当する