拘束(こうそく)(かげ)メリコミ・タマタマ》 [編集]

拘束の影メリコミ・タマタマ UC 闇文明 (8)
クリーチャー:ゴースト/エイリアン 4000
スレイヤー
自分のマナゾーンにあるクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストは1少なくなる。ただし、コストは0より少なくならない。

DMR-05で登場したゴースト/エイリアン
自分のマナゾーンにあるクリーチャー1体につき1コスト軽減されるスレイヤー

コストが下がると言っても元々のコストが高いため、最速で召喚できるのは4マナからとなる。
その場合は4コストパワー4000という標準サイズクリーチャーだが、マナゾーンクリーチャーが7枚あれば1コストパワー4000のスレイヤーという脅威のスペックとなる。

ゴーストとしては一番大きいコストを持つため、《拷問の魔黒スネーク・テイルコート》の効果の弾兼進化元として使うことも考えられる。

その後、十王篇にてフシギバースが登場。不死樹王国文明の合う点で《八面の化身》同様に使われることになるだろう。


実際のカードでは能力が次のようになっている。

自分のマナゾーンにあるクリーチャー1体につき、このクリーチャーの召喚コストは1少なくなる。ただし、コストは1より少なくならない。

しかし、最新版の《拘束の影メリコミ・タマタマ/グシャット・フィスト》では、「コストは0より少なくならない」となっているため、そちらに準拠して使うことになる。

Q.ツインパクトの《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》と昔の呪文のみの《ネオ・ブレイン》でテキストが異なっていますが、どちらが正しいですか?
A.新しい方のカードのテキストに従い、《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》のテキストに合わせてください。
引用元

サイクル [編集]

DMR-05マナゾーンにあるクリーチャーによってコスト軽減されるクリーチャー

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DMR-05
    想像するだけで、痛い。

収録セット [編集]

参考 [編集]