天上天下(てんじょうてんげ)双極∞(ツインフィニティ) [編集]

天上天下双極∞ MSS 自然文明 (9)
呪文
虹帝双極∞:自分の山札の上から3枚を表向きにする。こうして表向きにしたツインパクトカードの呪文側を、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしたら、その呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出す。残りを自分のマナゾーンに置く。

DMEX-07で登場した自然呪文

山札の上から3枚のツインパクト呪文を踏み倒し、唱えたツインパクト呪文クリーチャー面をさらに踏み倒すという、ツインパクトカードを余すところなく利用するド派手な呪文である。

ツインパクトカードには上下の合計が10を超えているものも多く、上手くすれば20近くのコストを踏み倒せる。得たアドバンテージでゴリ押すだけでも勝ちを狙えるだろう。
一方でこのカード自体はツインパクトでは無く、コストも重い。終盤に《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》でマナゾーンから回収するなどして対策しよう。

1枚で試合を決定づけるような呪文としては、1コスト上に《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》が存在しているが、あちらはマナを伸ばすカードの他に相手クリーチャーを処理するカードを入れなくてはならず、またマナが貯まっていない序盤にコスト踏み倒しで唱える旨味が薄い。デッキ構築が異なってくるのでそこまで気にする必要はないだろう。

この呪文の効果で《轟破天九十九語》を唱えた場合、マナゾーンにあるクリーチャーすべてに加えてクリーチャー面である《キングダム・オウ禍武斗》をバトルゾーンに出すことができる。
さらにツインパクトではないカードをマナゾーンに置く効果によって自分だけマナが回復するので、意外と相性は悪くない。

効果の処理は、(呪文面の詠唱→クリーチャー面として場に出す)を最大3回行う→使わなかったカードをマナゾーンへ送る。ここでこの呪文の処理が終了し、次にクリーチャーのcipを解決となる。そのため呪文面で踏み倒しメタを除去できるようなツインパクトカードと相性が良い。

デザインコンセプトは《始虹帝 ミノガミ》で3マナブーストし、次のターンこのカードで《天地命動 バラギアラ》を複数体踏み倒すことだろう。
こう書くとバラギアラデッキと相性がよく思えるが、このカード自体はツインパクトカードではない点に注意。《始虹帝 ミノガミ》もツインパクトカードではないため、一緒に入れる枚数が多くなるほど《コンダマ/魂フエミドロ》などによるツインパクトサポートの効果が薄くなってしまう。
さらにこのカードでクリーチャーを踏み倒すのは召喚扱いではないため、バラギアラの召喚時のマナ回復が発動しないのも難点。

ルール [編集]

  • 唱える順番は自由に選べる。上から捲れた順に唱える必要はない。
  • チャージャー呪文を唱えた場合は、マナゾーンに置く効果が優先して処理される。(総合ルール609.8a.)

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

  • 効果について

Q.《天上天下双極∞》を唱えて、山札の上から《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》とツインパクトではないカード2枚を表向きにしました。《天上天下双極∞》の効果で《ネオ・ブレイン》を唱える場合、処理はどうなりますか?
A.《天上天下双極∞》の効果で表向きにした3枚の下にある、山札の上から4枚目、5枚目のカードを引きます。表向きにしている残りの2枚は《天上天下双極∞》以外の効果の影響を受けないので《ネオ・ブレイン》で引くことはできません。
引用元(2021.11.12)

Q.《天上天下双極∞》を唱えて、山札から《ハリケーン・クロウラー/ブレイン・チャージャー》の呪文側を唱えました。この《ハリケーン・クロウラー》は、「チャージャー」によってマナゾーンに置かれますか? それとも、《天上天下双極∞》の「その呪文を唱えた後、墓地に置くかわりにバトルゾーンに出す」でバトルゾーンに出しますか?
A.《ハリケーン・クロウラー》は「チャージャー」の効果でマナゾーンに置かれます。呪文の効果が自身の移動を置換する場合、それは他の置換効果よりも優先して適用されます。今回の場合、呪文が持つチャージャーが優先されるので、マナゾーンに置かれ、バトルゾーンには出せません。

+  (総合ルール 609.8a)

引用元(2022.5.20)