(あざけ)りの(かげ)マスクド・ホラー》 [編集]

嘲りの影マスクド・ホラー UC 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴースト 1000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、相手の手札からカードを1枚見ないで選び、相手はそれを持ち主の墓地に置く。

DM-01で登場したゴースト

cip能力ハンデスできるクリーチャーの元祖。
普通はクリーチャー召喚するとこちらの手札が減ってしまうのだが、このcip能力は相手の手札も一緒に減らすため、アドバンテージを得られる能力だといえる。

後に種族こそ違うものの、コストが1少なくなって、S・トリガーもついている《汽車男》《ギガバルザ》などの上位互換が登場。
《解体人形ジェニー》に至っては、コストが低い上に相手の手札を見て選ぶことができる。
ハンデスできるゴーストとして見ると、4コストの《呪いのシカバネ・キタロウ》の他、多色になってしまうが5コスト2000サイクルが存在し、相手が選ぶとはいえ《威牙忍クロカゲ》《騒乱の影ウエスタン・バレル》はたった3コストである。

こうした上位互換、半上位互換が大量に存在するため、デッキに投入されることはまず無いだろう。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-01
    彼らは肉体を捨て、永遠の命を求めた。そして、生きる喜びを失った。

収録セット [編集]

参考 [編集]