《ネンブツ・クリネッコ》 [編集]

ネンブツ・クリネッコ C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバー・ウイルス/サムライ 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、カードを1枚相手の墓地から選び、持ち主の山札の一番下に置く。
このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに手札に戻す。

DM-31で登場したサイバー・ウイルス/サムライ

cip能力による墓地利用対策とモヤシ能力を併せ持つ。

《埋め立てロボ・コンクリオン》と同じく墓地回収リアニメイト対策としては使う事が出来る。
しかし、あちらの方が任意枚数を山札の下に送れるため墓地利用対策としては優秀である。
こちらは1枚しか送れないため、ピンポイントと言えば聞こえは良いものの効果が非常に薄い感じを拭いづらい。
コストもあちらの方が2とこちらよりも1少ない。

その代わりモヤシ能力を持っており、破壊されれば帰ってくるので複数回使える可能性はある。
スレイヤー付与して自爆特攻させたりしても良いだろう。

典型的なメタカードなので、【ロマノフサイン】等の墓地を利用したデッキが自分の周りで流行っている場合は、このカードを使ってメタをはるのもありだろう。

戦国編環境の一時期、種族を活かして【サムライ】系統に入れられることも偶にあった。

  • サイバー種族でモヤシを持つカードとしては最もコストの軽い1枚。墓地利用メタよりは破壊耐性のある軽量サイバーとして扱ったほうが使いやすいかもしれない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ネンブツ・クリネッコ C 水文明 (3)
クリーチャー:サイバー・ウイルス/サムライ 1000
バトルゾーンに出た時、相手の墓地から最もコストの大きいカード1枚を山札の一番下に置く。(複数あるなら、ランダムに1枚)
破壊される時、かわりに手札に戻す。

山札送りにできるカードが最もコストの大きいカードになった。下手に探索になっておらず、確実に相手のキーカードを山札送りにできる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]