【カウンターHDM】 (デュエプレ) [編集]

DMPP-11で成立したデッキ。

序盤は《獅子幻獣砲》などで相手の小型クリーチャーを破壊しつつ、《腐敗聖者ベガ》《猛菌恐皇ビューティシャン》でハンデスして時間を稼ぎ、《破壊龍神》の完成を目指すデッキ。

そこに、大量のS・トリガーを入れ、相手からのブレイクで押し負けないような構成になっていることから「カウンター」という名前が使われている。

トリガーは20枚以上積まれている。

リセットアンタッチャブル攻撃強制を持つ《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》を登場させれば、そのままワンショットをしてもいいし、ワールド・ブレイカー《不浄の魔人ジャラ》などの負け筋を生むなら相手のデッキアウトを待って安全に勝利するのもいい。

New Divisionでは、再録がない限りDMPP-17?が実装される前まで《破壊龍神》が使用可能である。

破壊龍神 SR 闇/火文明 (マナコストなし)
ゴッド
ゴッド:次のいずれかのゴッド・クリーチャーとして召喚する。
►[闇(5)]《龍神ヘヴィ》
►[火(7)]《龍神メタル》
《龍神ヘヴィ》と《龍神メタル》がリンク中⇒《龍神ヘヴィ・メタル》
龍神ヘヴィ SR 闇文明 (5)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/ドラゴン・ゾンビ 5000+
G・リンク[火(7)]:《龍神メタル》とリンクして《龍神ヘヴィ・メタル》となる。
バトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体を破壊してもよい。そうした場合、相手は自身のクリーチャー1体を破壊する。
リンクした時、カードを1枚引く。
龍神メタル SR 火文明 (7)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド/アーマード・ドラゴン 7000+
G・リンク[闇(5)]:《龍神ヘヴィ》とリンクして《龍神ヘヴィ・メタル》となる。
バトルゾーンに出た時、相手のクロスギア1枚を墓地に置く。
相手の使用可能マナは1少なくなる。(この効果は重複しない)
W・ブレイカー
破壊神デス SR 闇/火文明 (10)
ゴッド・クリーチャー:ゴッド 12000+
スピードアタッカー
T・ブレイカー
リンクした時、相手のゴッド以外のクリーチャーをすべて破壊する。

長所 [編集]

前述したとおりカウンター性能が高く、生半可に殴ってくるデッキにはトリガーで簡単に倒すことができる。除去コン。ハンデスにより時間を稼ぎながら《破壊龍神》を完成させる。相手が山札を多く削るデッキならばライブラリアウトを狙うこともあり。
速攻にはほぼ勝ち確実。

短所 [編集]

シールドトリガーは運であるため、欲しいトリガーが出てくれないこともしばしば。

マッドネスが搭載されたデッキには、《猛菌恐皇ビューティシャン》キャントリップ《腐敗聖者ベガ》シールド追加として使うのにリスクが生まれてしまい不利対面。
《破壊神デス》をリンクできると踏み倒されたマッドネスも全滅させることができるが、S・トリガーでも対応しきれない余剰打点で先に殴られると負けてしまう。

参考 [編集]