封魔(ふうま)ダイダロギヌス》 [編集]

封魔ダイダロギヌス P 闇文明 (6)
クリーチャー:グランド・デビル 4000+
このクリーチャーが攻撃する時、バトルゾーンにある自分の他のグランド・デビルを1体破壊してもよい。そうした場合、そのターンの終わりまで、このクリーチャーのパワーは+8000され、「W・ブレイカー」を得る。

ローソンで発売されていたスペクタクルセット限定のプロモーション・カードとして登場したグランド・デビル

能力と名前から《憤怒の猛将ダイダロス》のリメイク版とみられる。

実際には4マナだったとしても《憤怒の猛将ダイダロス》の方が強いくらいで、殴り返しへの耐性が致命的に低いなど6マナ以上優位の法則が働いているとは思えない。それに、パンプアップによりパワー12000になるにもかかわらず、T・ブレイカーではなくW・ブレイカーが付与される。

しかし、根本的に種族が優秀であること、特に《メディカル・アルナイル》と組ませた場合にはそこそこ活躍が期待できる。

  • 「コンビニで販売されるコーラのオマケ限定のカードが強くてはプレイヤーが困る」という判断からこのような微妙なスペックにされたのだろう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

封魔ダイダロギヌス UC 闇文明 (4)
クリーチャー:グランド・デビル 3000+
攻撃する時、自分の他のクリーチャー1体を破壊してもよい。そうした場合、このターン、このクリーチャーのパワーは+8000され、「W・ブレイカー」を得る。

素のパワーは1000低下したものの《憤怒の猛将ダイダロス》と同じコスト4になり、破壊できるクリーチャーの制限がなくなった。

TCG版で向かい風となっていた《封魔ガルマジアス》は不在でありそちらよりコストも軽くなったが、デュエル・マスターズ プレイスにおいては同コストで条件付きW・ブレイカーを持つ《レベリオン・クワキリ》ですら環境で使いにくい状況となっている。
種族を生かした【グランド・デビル】 (デュエプレ)のアタッカーとしても《超神星プルート・デスブリンガー》などのフェニックスの存在が向かい風。

《ダイダロス》同様、アタックトリガーpig持ちクリーチャーを破壊する運用が望ましい。《ダイダロス》より単体性能が低い点はそのままだが、レアリティの低さもあり入手難易度が低下しているほか、クリーチャーを破壊せずに攻撃可能なため小回りが利く。

DMPP-09ではより強力なスーサイド能力を持つ《魔魂葬のサードニクス》が登場した。《霊翼の宝アルバトロス》などpig持ちの多色クリーチャーを破壊する要員としてはそちらに見劣りする一方、あちらは単色クリーチャーを破壊できず、コストも1重い。《爆竜兵ドラグストライク》のようなコスト5や単色pig持ちクリーチャーをデッキに採用する場合、4→5でタイムラグなく破壊できる《ダイダロギヌス》や《ダイダロス》にも採用の余地がある。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

  • プロモ(P37/Y5)、DMPP-08
    その一族の拳には、味方の血と涙が染みついている。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]