封魔(ふうま)ハーゲンディ》 [編集]

封魔ハーゲンディ UC 水文明 (4)
クリーチャー:グランド・デビル 3000
バトルゾーンに自分の進化クリーチャーまたはゴッドを出した時、カードを1枚引いてもよい。

DM-35で登場したグランド・デビル

デメリットのなくなった進化/ゴッド版の《スナイプ・アルフェラス》といえるスペック
そちらよりパワーが1000上がっており、若干だが火力に強くなっている。

ドロー効果の発動条件はやや厳しいが、多くの進化クリーチャーを採用したビートダウンデッキや、軽量ゴッドを次々に並べていくデッキなどでは立派なドローソースとして機能する。特にの合う神帝起源神ではゴッド自身のドロー能力と合わせて、大量の手札を確保することができる。

  • 名前の由来は『ゴエティア』に記されたソロモン72柱の序列48位の悪魔ハーゲンティと思われる。《封魔バーガンティス》のモチーフもハーゲンティであると思われるが、そちらよりも更に直球なネーミングとなっている。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

封魔ハーゲンディ C 水文明 (3)
クリーチャー:グランド・デビル 2000
自分の進化クリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを1枚引く。

マナコストが1、パワーが1000それぞれ下がり、ゴッドキャントリップ付与の対象から外れた。
また、レアリティコモンに格下げされた。

フレーバーテキスト [編集]

  • DM-35DMPP-12
    終戦の夜明け。空には弔いの光が灯され、星となって地に降り注いだ。

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]