《エターナル・ブレイン/ブレイン珊瑚(さんご)仙樹(せんじゅ) [編集]

エターナル・ブレイン R 水文明 (2)
呪文
自分の山札の上から2枚を見て、好きな順序で戻す。
この呪文を唱えた後、墓地に置くかわりに手札に戻す。
ブレイン珊瑚の仙樹 R 水文明 (8)
呪文
カードを3枚引く。その後、自分の手札の枚数以下のコストを持つ水のカードを、自分の手札から1枚選んでもよい。そうしたら、そのカードをコストを支払わずに使う。

DMEX-18で登場した呪文ツインパクト

《エターナル・ブレイン》《ブレイン珊瑚の仙樹》ツインパクト化カード。
両者ともコンボパーツとしての側面が大きいカードであるため、これらが8枚搭載できるようになった意義は大きい。

初の両面とも呪文ツインパクト
従来のツインパクトと違い、《クイーン・アマテラス》などの「クリーチャーではないカード」を参照するカードの恩恵にあずかれる。
ただし同条件を参照する《堕呪 ザフィヴォ》《ブレイン珊瑚の仙樹》側を唱えることはできないため注意。
《仙祖電融 テラスネスク》ツインパクトカードの別面を使うことはできない裁定のため不適格。

一方、《劇場戦艦 カァテンコヲル》《ブレイン珊瑚の仙樹》《クイーン・アマテラス》など、「カードを選び、その後、選ばれたカードをコストを支払わずに使う」カードなら、コスト2の《エターナル・ブレイン》として選び、使う時点でコスト8の《ブレイン珊瑚の仙樹》を選択することができる。

新規ブレインであるため《遣宮使 ネオンクス/ネオ・ブレイン》とも組み合わせたい。
そちらはこのカード初収録弾発売の4か月前に発売されたDMEX-17に再録されたため入手も容易。

  • 《天上天下双極∞》でこのカードが表向きになった場合、「呪文側」を唱えてからそのカードをバトルゾーンに出す。《エターナル・ブレイン/ブレイン珊瑚の仙樹》はバトルゾーンに存在できるカードタイプを持たないため、総合ルール703.4iにより、状況起因処理で即座に墓地に置かれる。
    • このとき、どちらも呪文側であるこのカードは、ツインパクトの裁定と同じく片側として使ったらもう片側として使えなくなるのか、あるいは両方の呪文側を唱えることができるのかは未判明。
    • 一度バトルゾーンに出すことになるため、「カードがバトルゾーンに出た時」という誘発条件を持つカードが反応する。ただし2022年1月時点では《護聖古龍 ボンガボンガ》しかなく、条件の都合上このカードだとコンボにならない。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


公式Q&A

Q.《ブレイン珊瑚の仙樹》を唱えて、カードを3枚引いたら手札が7枚になりました。コスト7の水の呪文を唱えてよいのですか?
A.はい、選んでから使うため、実際使う時に手札が1枚減ってコスト以下になったとしても問題ありません。
引用元

Q.《ブレイン珊瑚の仙樹》を唱えて、カードを3枚引いたら手札が7枚になりました。コスト8のクリーチャーとコスト3の呪文を併せ持つツインパクトカードを選んで、クリーチャー側を召喚することはできますか?
A.はい、選ぶ段階でカードとして手札枚数以下のコストを含んでいれば適正とみなされます。その後どちらの側を使うかプレイヤーの自由です。
引用元