土地(とち) [編集]

DMEX-18で登場したカードタイプ

Library of Alexandria UC 無色 (マナコストなし)
土地
自分のターン中、攻撃の前に、自分の手札がちょうど7枚なら、マナゾーンにあるこのカードをタップしてもよい。そうしたら、カードを1枚引く。

DMEX-18時点では、《Library of Alexandria》のみが持つ。
マナゾーンで効果を発揮する能力を持っていて、プレイするためのマナコストが存在しない。

その他 [編集]

  • Magic:The Gatheringカードタイプである土地が元ネタ。
    • そちらでは、自身のターン、1ターンに1度だけコストを支払わずに戦場(バトルゾーン)に置く権利があるカードタイプであった。
    • ポケモンカードを知っている人なら「エネルギーカード」と同じようなものだとイメージするとわかりやすい。そもそもエネルギーカードも土地がルールの元ネタなのだが。
  • MtGの土地は、カードをプレイしても何も起こらず、戦場でそれをタップさせてマナを生み出すことができる。
    • マナを生み出すとは、《蛙跳び フロッグ》と同じような感覚となる。ただし、マナの色などはカードそのものの特性は参照されず、カードテキストによって色・点数が決まる。

参考 [編集]