《ヤミノ・ストライク SP(エスピー) [編集]

ヤミノ・ストライク SP C 闇文明 (4)
クリーチャー:ダーク・モンスター 3000
B・ソウル
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにある相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の相手のターン、そのクリーチャーは可能であれば攻撃する。
このクリーチャーで攻撃するかわりに、このクリーチャーと自分のマナゾーンのタップされていないカードを4枚タップして次のTT能力を使ってもよい。
TT−バトルゾーンに自分の、名前に《ガンヴィート》とあるサイキック・クリーチャーがなければ、《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》を1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。

DM-39で登場したB・ソウル持ちのダーク・モンスター

相手クリーチャー1体に攻撃強制を課すcip能力と、《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》バトルゾーンに出すタップ能力を持つ。

cipで相手クリーチャーを強制的に攻撃させてタップし、次のターンタップ能力《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》を呼び出してそのクリーチャー破壊する、といった流れをこのカード1枚で行うことが可能。

大型ブロッカーと組み合わせて自爆特攻させたり、能力を使わずに残しておくことで相手クリーチャー攻撃を躊躇わせるなど、様々な使い方ができる。

しかし、タップ能力ゆえの即効性の低さが災いし、結局のところ《超次元リバイヴ・ホール》《超次元ミカド・ホール》のような超次元呪文が優先されることが多い。タップ能力の起動にマナゾーンカードタップがさらに必要なのも、評価を下げる点である。

《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》の強みであるビートダウンへの耐性が活かせないため、このカードの採用はなかなか厳しいものがあるか。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ヤミノ・ストライク SP R 闇文明 (4)
クリーチャー:ダーク・モンスター 4000
バトルゾーンに出た時、相手のクリーチャーを1体選ぶ。次の相手のターン、そのクリーチャーは可能であれば攻撃する。
タップスキル:このクリーチャーを破壊する。その後、自分の超次元ゾーンから《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》1枚をバトルゾーンに出す。

DMPP-15で収録。レアリティレアになった。入手することで《時空の凶兵ブラック・ガンヴィート》/《凶刀の覚醒者ダークネス・ガンヴィート》が付いてくる。
マナタップから破壊が条件になったほか、2体目以降を踏み倒せない制限が外れた。
パワーも4000になったことで《超次元ボルシャック・ホール》などで焼かれて能力が使えず退場、という事態が避けられるようになったも見所。

サイクル [編集]

DM-39の「SP」サイクル。
タップ能力で、超次元ゾーンから特定のサイキック・クリーチャーバトルゾーンに出すことができる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]