(じゃ)(しょう)グレイト・アシカガ》 [編集]

邪将グレイト・アシカガ P 闇文明 (6)
クリーチャー:ダークロード/サムライ 6000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から3枚まで、墓地に置いてもよい。その後、自分の墓地からクロスギアを1枚バトルゾーンに出してもよい。
このクリーチャーにクロスギアがクロスされていない時、このクリーチャーはクリーチャーを攻撃できない。
W・ブレイカー

プロモーション・カードで登場したダークロード/サムライ
墓地肥やしクロスギア墓地から場に出せる能力を持つ。

墓地肥やしクロスギアを場に出す能力は独立しており、墓地に送った3枚のカードの中にクロスギアがなくとも、墓地クロスギアがあれば場に出す事が出来る。
もちろん送ったカードの中にあるクロスギアを選んでも良く、能力自体はかみ合っている。

墓地肥やし自体は、墓地から選択するクロスギアの候補を増やす以外にも、リアニメイト関係のカードを利用するのに都合が良い。
他にも《緑神龍ドルルガン・ムラサメ》と一緒に使って、マナブーストしても良いだろう。

墓地回収が難しいクロスギアにおいて、墓地から直接出せるのはというのは非常に優秀な効果である。一般にクロスギア破壊される事が少ないが、元々墓地クロスギアがない場合も上記のように能力は使えるので、汎用性は高い。

  • 元ネタは、室町幕府の将軍職に代々就いていた足利一族。カードイラストから判断して、具体的なモデルとして考えられるのは、室町幕府の成立後も、各地で幕府に反抗する南朝勢力と戦った二代将軍足利義詮である。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

邪将グレイト・アシカガ R 闇文明 (6)
クリーチャー:ダークロード/サムライ 6000
バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を墓地に置く。その後、自分の墓地からクロスギアを探索し、1枚をバトルゾーンに出してもよい。
アクセル:攻撃する時、このターン、相手クリーチャー1体のパワーを-3000する。
W・ブレイカー

変更点は次の3点。

  • 墓地肥やしが強制になった。
  • クロスされていない時の攻撃制限がなくなった。
  • アタックトリガーでパワー低下3000を放つアクセルを獲得した。
    アクセル込みならウィニーと中型クリーチャーの2面除去をこなしたり、パワー9000までを打ち取ったりできる。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]