聖霊王(せいれいおう)エルレヴァイン》 [編集]

聖霊王エルレヴァイン SR 光文明 (5)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 9500
進化−自分のエンジェル・コマンド1体の上に置く。
シールド・フォース
SF−光以外のクリーチャーを召喚するコストは4多くなる。
自分のシールドゾーンにある城1枚につき、自分のクリーチャーの召喚コストを1少なくしてもよい。ただしコストは1より少なくならない。
W・ブレイカー

DM-31で登場した進化エンジェル・コマンド。第四の聖霊王。

召喚コスト増加のシールド・フォースコスト軽減能力を持つ。他のエンジェル・コマンド進化と同じく、相手の行動に対して強烈に干渉するシステムクリーチャーである。

コスト加重のシールド・フォースは非常に強力であり、相手が文明主軸のデッキでない限り、相手の展開を大きく遅らせることができる。シールド・フォースの天敵ともいえる《冥府の覇者ガジラビュート》を阻害できるのも大きい。

自分にも効果が及ぶため、デッキを組む場合はなるべく光文明のクリーチャーで固めるか、ロックの対象にならない呪文の比率を増やすなどの工夫をしておきたい。
ドラゴン・サーガ以降、光単色デッキが作りやすくなったのも追い風。

自分自身がブロッカーでないためにシールド・フォースを解除されやすく、そのためブロッカーが多い光文明を主軸にしたデッキとはかみ合っていると言える。

また、自分の1枚につき、自分のクリーチャーの召喚コストを1下げることができる。文明も種族も選ばないため、そこそこ使いやすい。特に《無敵城 シルヴァー・グローリー》と非常に強力なシナジーを生み、コスト軽減で並べたブロッカーが全員強化される上に、ブレイク対象を移し替えることができるため、ほぼシールド・フォースが解除されなくなる。

欠点は除去に弱いこと。特に、進化クリーチャーであるため、除去されると立て直しに時間がかかってしまう。実際に使うならば、《巡霊者アテルイ》《光器クシナダ》アンタッチャブルにするなど、何らかの対策は講じるべきだろう。

いずれにせよ、バトルゾーンコントロール力は抜群なので、うまくデッキを組んで使いたいところである。

  • シールドゾーンにあるは要塞化されてないとコスト軽減の対象にはならない。そのため、《処罰の精霊ウラルス》などでが表向きにされた場合は対象外。
  • パワーと召喚コストは《聖霊王エルフェウス》と同じ。あちらもクリーチャーの召喚を擬似的にロックする能力であり、方向性は違えど効果が似通っている。
    一長一短と言ったところなので、好みに合わせて使い分けよう。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

聖霊王エルレヴァイン SR 光文明 (5)
進化クリーチャー:エンジェル・コマンド 9500
進化−エンジェル・コマンド
バトルゾーンに出た時、自分の山札から城を探索し、1枚を自分のシールド1つに要塞化する。その後、山札をシャッフルする。(自分の要塞化されていないシールドがないなら、この効果は発動しない)
自分のシールドソーンに城があれば、自分のクリーチャーの召喚コストを1少なくする。ただしコストはそのクリーチャーの持つ文明の数より少なくならない。
W・ブレイカー

シールド・フォースによる光以外のクリーチャーの召喚コスト加重が、山札から探索した城を要塞化するcipに変わった。また、城が何枚要塞化されていても召喚コストが1しか軽減されない弱体化を受けた。

城と組み合わせての運用が前提となる。

《紫電城 バルザーク》と組み合わせれば、召喚酔いしない実質Q・ブレイカーとなる。相手のデッキにS・トリガーが薄いと予想するなら、《聖騎士ヴォイジャー》などで1ブレイクしておき、突然4打点からダイレクトアタックを狙ってみても面白い。

  • Ver.2.8.1時点で、自分のシールドがすべて要塞化されていたり、自分のシールドが1つもない状態でも、踏み倒そうと探索はされる。ただし城を使うことはできないので何も踏み倒さず山札がシャッフルされる。
    • この不具合は2022年1月24日に対応済み。

関連カード [編集]

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]