激竜王(げきりゅうおう)ガイアール・オウドラゴンP'S(プレイス) [編集]

激竜王ガイアール・オウドラゴンP'S VIC 火文明 (24)
サイキック・スーパー・クリーチャー:キング・コマンド・ドラゴン/ハンター 25000
このクリーチャーが攻撃する時、このクリーチャーよりパワーが小さい相手のクリーチャーをすべて破壊する。
ワールド・ブレイカー(このクリーチャーは相手のシールドをすべてブレイクする)
リンク解除(このクリーチャーが離れる時、そのサイキック・セルのいずれか1枚を選んで超次元ゾーンに戻し、残りのカードを裏返す)
P'S覚醒リンク前⇒《ガイアール・カイザーP'S》(上)《ドラゴニック・ピッピーP'S》(中)《ブーストグレンオーP'S》(下)

DMPCD-03で登場したサイキックスーパーキング・コマンド・ドラゴン/ハンター

《激竜王ガイアール・オウドラゴン》のリメイク版。
この形態では誤差レベルの差しかないが、《ドラゴニック・ピッピーP'S》が持つP'S覚醒リンクにより、相手にターンを渡す事なくリンクする事が可能となった。

これにより《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》のようにロマンコンボで留まる存在では無くなり、実用性が格段に高まった。
例として、《超次元ガイアール・ホール》《超次元シューティング・ホール》と連続で唱えれば1ターンで登場させられる。
上記コンボでは11マナ掛かるが、《黒騎士ザールフェルドII世》《ν・龍素王 Q-END》の存在下ならこれらを一挙に唱える事も可能。《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》で《ガイアール・ホール》を2回唱えるのもアリ。

今後、火の呪文を連射するデッキにとっては要注目となるフィニッシャーになるだろう。

不適切と思われるリンク時の処理について [編集]

名前集合の原則から、元の《ドラゴニック・ピッピー》は、《ガイアール・カイザーP'S》《ガイアール・カイザー》として見る。
これは《破壊神デスペラード》《暗黒破壊神デス・フェニックス》《破壊神デス》としてG・リンクできること、あるいは《勝利のヴォルグ・サンダー》《ヴォルグ・サンダー》として《サンダー・ティーガー》覚醒リンクできることからも明らかだろう。

では、《激竜王ガイアール・オウドラゴンP'S》とカード名が書かれたサイキック・セル《ガイアール・カイザーP'S》の面があるカードが該当)と、《激竜王ガイアール・オウドラゴン》のためのサイキック・セル《ドラゴニック・ピッピー》と、《ブーストグレンオー》《ブーストグレンオーP'S》の面があるカードが該当)があり、その3枚で裏返してリンクしてしまった場合、困ったことが起こる。

カード名としては《激竜王ガイアール・オウドラゴンP'S》として結合しなければならないのに、「P'S」抜きの《オウドラゴン》の構成パーツを含んだクリーチャーが誕生してしまう。
ゆえに、即座に状況起因処理で自爆解体され超次元ゾーンに返されてしまうおそれがある。《不死身のブーストグレンオー》などをパーツに使ってしまった場合と同じ。

《ガイアール・カイザーP'S》《オウドラゴンP'S》のカード名情報
《ドラゴニック・ピッピー》覚醒リンクの発生源)《オウドラゴン》のカードタイプ情報
《ブーストグレンオー》または
《ブーストグレンオーP'S》
どちらかの能力とパワー情報

《ガイアール・カイザー》《オウドラゴン》のカード名情報
《ドラゴニック・ピッピー》覚醒リンクの発生源)《オウドラゴン》のカードタイプ情報
《ブーストグレンオーP'S》《オウドラゴンP'S》の能力とパワー情報

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]


[1] 《零龍》の裁定で、必要な特性さえあれば構成カードに欠損があってもバトルゾーンに残れるとある。https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/33094/
[2] ここのサイキック・セルは、《ドラゴニック・ピッピーP'S》だと、そもそも「P'S」と付かないカードとはリンクする能力を持たないので不可能。