《ギガベロス》 [編集]

ギガベロス R 闇文明 (5)
クリーチャー:キマイラ 8000
このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、バトルゾーンにある自分の他のクリーチャー2体を自分の墓地に置く。そうしなければ、このクリーチャーを自分の墓地に置く。
W・ブレイカー

DM-01で登場したキマイラ

登場時はコストに対して高いパワーを持つため、大きなデメリットを考慮しても使用されていた。

しかし、後には《封魔ガルマジアス》など、似たようなスペックでより使い勝手の良いクリーチャーが出ており、5コストで8000というパワーも特別高いものでは無くなった。

自身のクリーチャー破壊しなければならないデメリットを、何とか他のカードと組み合わせてメリットに転換させたいところだが、召喚できる状況がかなり限定されるため、様々なコンボに組み込もうにもやや安定性に欠ける。例えば、《屍術師インフェルノ・カイザー》《オットコマエ・ピーマン》ループに組み込もうにも、《ギガベロス》墓地に2体無ければループが成立しなくなる。

コストパフォーマンス的には《魔刻の斬将オルゼキア》《学校男》が優秀であり、自身のクリーチャー破壊したいならば軽い《厄介人形ヤップップ》《怒りの影ブラック・フェザー》で事足りる。パワーが低ければ《カビパン男》という選択肢もあるため、このカードが使われる機会は滅多にないだろう。

  • 「そうしなければ」以前の、自分の他のクリーチャーを2体破壊する能力は強制である。自分のクリーチャーが2体以上場にいるならば、必ずそれらを破壊しなければならない。同じ弾の《怒りの影ブラック・フェザー》も同じ扱いである。
    • 自分の他のクリーチャーが1体以下であった場合、「そうしなければ」以前の能力は何もせず、このクリーチャーを破壊する。「そうしなければ」以前の能力には、「可能な部分だけ実行する」ルールは適用されない。参考
    • 自分が選択可能なクリーチャーが2体以上いる場合、なんらかの効果によって選ばれたクリーチャーが実際には破壊されなかったとしても、このクリーチャーが破壊されることはない。参考
  • 公式大会勝利者賞として配られたものとは別にプロモーション・カードが存在する。そちらは海外版のもので、配布元は「Duel Masters Comic Promo Cards」となっている。日本語表記であるが他言語版であるため、殿堂ルールにおいて使用することはできない。

デュエル・マスターズ プレイスでは [編集]

ギガベロス UC 闇文明 (5)
クリーチャー:キマイラ 8000
バトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー2体を破壊する。
W・ブレイカー

テキストが《凶食虫スティンガーワーム》と同様に整備されている。

TCG版では、自分のクリーチャーが1体ある状態で《ギガベロス》を召喚すると、バトルゾーンに自分のクリーチャーが2体ありながら「自分の他のクリーチャー2体」が満たせない問題があったが、デュエプレのテキストだと同条件で召喚したら他のクリーチャー1体と《ギガベロス》自身の2体が破壊される。

レアリティアンコモンに変更。

フレーバーテキスト [編集]

収録セット [編集]

デュエル・マスターズ [編集]

デュエル・マスターズ プレイス [編集]

参考 [編集]