手札交換 [編集]

手札を捨てた後にドローする、あるいはドローしてから手札捨てる能力または効果の俗称。
捨てる、すなわち墓地に置くもの以外に、山札の一番下に置く、または山札に加えてシャッフルするものもある。

戦略のD・H アツト C 水/闇文明 (2)
クリーチャー:ヒューマノイド/ヒーロー 2000
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、カードを2枚引いてもよい。そうしたら、自分の手札を2枚捨てる。
サイクロン・パニック UC 火文明 (3)
呪文
S・トリガー
各プレイヤーは自分自身の手札をそれぞれの山札に戻してシャッフルし、その枚数と同じ枚数のカードを引く。

ドロー及び捨てる枚数がそれぞれ固定のものと、捨てる枚数が変動しそれと同じ枚数のドローができるものがある。
前者は《サイバー・チューン》のように引く枚数が多めに設定されているものもあり、ハンドアドバンテージの損失を軽減できる。
後者は基本的に同じ枚数なので、呪文などで使うとハンドアドバンテージを損失してしまう。一応こちらも《ニンプウ・タイフーン》のように余剰にドローできるものもあるが、非常に少ない。

主な使い方としては、腐っているカードを腐っていないカードに交換すること。当然ドローなので運は絡むものの、手札の質を向上させ、事故の確率を減らすことができる。
またハンドアドバンテージが少ない分、単純なドローに比べてコストが低めに設定されていることが多い。捨てるタイプのものはマッドネスの起動や墓地肥やしなどにうってつけ。

  • 捨てるタイプはそのコストの軽さからどんどん山札を掘り進めることになる。ライブラリアウトには注意。
  • 手札操作の得意な文明が得意としていたが、エピソード3あたりからは「手札をすべて捨て、カードを◯枚引く」「手札を◯枚捨て、カードを◯枚引く」タイプの手札交換を文明にも登場し始めた。場合によっては交換前より多くの手札を得られるため、手札枯渇の激しかった火文明の助け船となり、同時に墓地肥やしの手段も手に入れた。
  • の手札交換には「引いてから捨てる」ものが多く、の手札交換には「捨ててから引く」ものが多い。
    手札の質を上げる」という観点では前者の方が使いやすいが、後者は実際に捨てた枚数に関わらずドロー枚数が一定のものがあり、手札が少ない場合には手札補充としても機能する。
    あくまで多いだけであり、それに当てはまらないものもある。(《ダブル・リセット・パンチ》《ホメホメ老句》など。)

参考 [編集]