【5色蒼龍】

【5色フェアリー・ミラクル】《蒼龍の大地》に寄せた専用デッキ。
DMR-22にて《蒼龍の大地》が登場したことにより【ミステリー・キューブ】リペアとして復活した。

蒼龍の大地 R 火/自然文明 (8)
呪文
S・トリガー
自分のマナゾーンにあるカードの枚数より小さいコストを持つ、進化ではないクリーチャーを1体、自分のマナゾーンからバトルゾーンに出す。それが火または自然のクリーチャーなら、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その2体をバトルさせる。

主要カード

候補クリーチャー

《ニコル・ボーラス》cipで実質的なオールハンデスATで1体確定除去。速度を考えるとビートダウンにはそれほど刺さらない
《古代楽園モアイランド》呪文詠唱フィールド展開ロックバトル勝利時に3枚のシールド焼却
《偽りの王 ヴィルヘルム》cipで1確定除去1ランデス。相手のカードがどこからでも墓地に置かれた時ブースト常在型能力
《煌メク聖壁 灰瞳》最大5枚シールド追加の遅延札。シールド回収手札補充にも。
《伝説のレジェンド ドギラゴン》《蒼龍》から出せば防御札に。1ショット時に使えば敗北回避が実質的なカウンターへの保険に。1枚積みがベター
《スペリオル・シルキード》敵味方問わず12000未満全体除去BZからのゾーン変更誘発によるコスト10以下非進化踏み倒し踏み倒しメタに強いデザイン
《ドキンダム・アポカリプス》相手ターン中に踏み倒しで出すと強い全体除去マナ基盤としても優秀。自分への封印は主にコマンド《ヴィル》で外す。1枚積み
《怒流牙 サイゾウミスト》ビッグマナ御用達のNS。山札回復と一時的なシールド追加
《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》小型から中型はなるべく積まないデッキだが、スレイヤーカード指定除去で2体除去できるため【速攻】対策に
《「覇道」の頂 シュラ・ベートーベン》ドラゴンSAスレイヤーマナ召喚付与。ドラゴン以外は対象外なので注意
《勝利宣言 鬼丸「覇」》10マナの最強クラスのフィニッシャー。高コストカードが多いのでエクストラターンも得やすい
《“乱振”舞神 G・W・D》B・A・Dで出してよし、6マナ払って出してよし、時に《蒼龍》バトル回数を水増ししてよしと運用性抜群

候補呪文

《ボーイズ・トゥ・メン》1タップ1ドロー1ブーストの呪文。マナ基盤S・トリガー前提の疑似《フェアリー・シャワー》として
《コクーン・シャナバガン》6マナで2ブースト1マナ回収ST付き呪文。SST自然非進化2体までを踏み倒し
《謎帥の艦隊》多色マナ武装発動時に敵一掃、味方獣のcip再利用など器用なカード
《支配のオラクルジュエル》アンタップ獣1体破壊からのオールタップが持ち味の防御ST。マナ基盤にも
《超次元ホワイトグリーン・ホール》4コストにして手札から1枚のシールド追加、1枚マナ回収、5コスト以下の覚醒獣呼び出しなど汎用性抜群
《ホーガン・ブラスター》獰猛ブラスター時代の切り札。安定はしないがギャンブル性を求めるなら

超次元ゾーン

このデッキの回し方

最初にマナブースト《ニコル・ボーラス》あたりをコストを支払うことにより召喚できる8マナまでには到達しよう。

あとはひたすらマナを伸ばしながら《蒼龍の大地》でクリーチャーを呼び出し、打点を揃えてから《古代楽園モアイランド》ロックシールド焼却などを生かした安全なフィニッシュに向かう。

長所

マナが伸びる上に《異端流し オニカマス》を除去する手段に事欠かないのでコスト踏み倒しメタには強い。自分のターン中であれば《異端流し オニカマス》でバウンスされるのを承知でバトルに勝った時のシールド焼却を目当てに《蒼龍の大地》《古代楽園モアイランド》を呼び出すのもアリ。最悪《支配のオラクルジュエル》タップキルしたり《ドキンダム・アポカリプス》で封印したりできるので、プレイそのものを邪魔されないのであればシステムクリーチャーにはあまり神経質になる必要はない。

カードパワーで圧殺できるため地雷耐性は高い。

S・トリガーが上質なので、捲り運次第では苦手な対面にも対処しやすい。

DMGP-8th」開催前後にあたる2019年4月頃には【速攻】も減少傾向であり、このデッキが動きやすい状況となっていた。

短所

始動が遅いのでとにかく《音奏 プーンギ》などの軽量呪文メタには弱い。継続的に《ジャミング・チャフ》でロックされるのもまずい展開。また、1ターンを確実に凌げるS・トリガーが2枚投入が妥当な《支配のオラクルジュエル》程度なので、《謎帥の艦隊》多色マナ武装4が間に合う前に頭数で押し切るデッキには非常に不利。だがこのデッキが話題になった「DMGP-8th」開催前後の環境では《謎帥の艦隊》がフルスペックを発揮する前に物量で圧倒するデッキ自体が少なく、だからこそ環境で結果を残すようになったと言える。呪文メタに関しても《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》などで唱えること自体をロックされでもしない限りS・トリガーで何とかなる面もある。

アドバンテージの取りにくい軽量カードはなるべくカットされた構築であり、一見相性の良さそうな《フェアリー・ライフ》《黒豆だんしゃく/白米男しゃく》などのマナブースト、マナ回収は枠潰しとみなされあまり採用されない。その影響で、特に軽量のマナ回収手段には窮乏しがちで、デッキの中で最も軽いものが6コストの《コクーン・シャナバガン》というケースもざら。

しかし何と言っても《天使と悪魔の墳墓》に対して脆弱。15マナ以上に達することも多いこのデッキでは《天使と悪魔の墳墓》対策は《古代楽園モアイランド》の呪文ロックで雑に封じる程度しかない。

環境において

当初はDMR-22で登場した《蒼龍の大地》による【ミステリー・キューブ】リペアとして考案された。
後の2019年1月21日に《ミステリー・キューブ》殿堂解除されたが、従来のデッキタイプでは思うように結果を残せず、大型クリーチャーの踏み倒し戦術自体も環境では軽視されていた。しかし、マナゾーンから好きなクリーチャーを確実に呼び出せる《蒼龍の大地》にTwitterや非公式の対戦ツール内で再び注目が集まり、「DMGP-8th」のDay2(殿堂レギュレーション)ベスト8入賞によって脚光を浴びた。

DMGP-8th開催までの数ヶ月間、何件かチャンピオンシップ4位以内入賞も果たした実績のあるアーキタイプと言える。

その他

【ミステリー・キューブ】系列の常として、構築費用は高い。2大高額カード《ニコル・ボーラス》《偽りの王 ヴィルヘルム》がそれぞれ複数枚採用される上、各種ファッティ《怒流牙 サイゾウミスト》などシングル価格の高いカードが多く、気軽に組めるとは言い難い。

参考


Last-modified: 2019-05-17 (金) 22:54:24