無重力(ゼロゼロ) ナイン》

無重力 ナイン C 火文明 (3)
クリーチャー:アウトレイジMAX 1000
G・ゼロ―バトルゾーンに自分のアウトレイジがあれば、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。

1stデッキBOOK付録として登場し、DMR-09に収録されたアウトレイジMAX

自分のアウトレイジがいればG・ゼロコストを支払わず召喚できる。

《パラダイス・アロマ》などのアウトレイジ版といったスペック。それらと違いアウトレイジは全ての文明に多数存在するので、の入らないアウトレイジデッキにこのクリーチャーだけをタッチで投入する事も可能。

使いやすい《一撃奪取 トップギア》《一撃奪取 マイパッド》に反応して手札から出すことができる。2ターン目に2体展開できればかなりのテンポアドバンテージを稼げるので、【速攻】では積極的に狙っていきたい。

《パラダイス・アロマ》殿堂入りしている事からも解る通り、こちらも強力なカードである。ただし、あちらとは違って文明が混ざる関係上、手札が減りやすいため、何も考えずに大量投入すると事故に繋がりかねない。

あちらよりもパワーが低く、《ローズ・キャッスル》《希望の親衛隊ファンク》1体で対処されてしまうのも痛い。手札に複数枚来ても、相手によってはむやみに出さないようにするなど、プレイングを工夫したい。

《パラダイス・アロマ》と同じくG・ゼロによる展開力には目を見張るものがある。
登場以来、アウトレイジを軸にした【ガネージャビート】【赤単速攻】などのデッキで活躍している。

  • 《百発人形マグナム》を出している時に普通にエグザイル・クリーチャー召喚したあと、このクリーチャーをG・ゼロで召喚することでマグナムの効果を誘発させ、エグザイル・クリーチャーのドロン・ゴーを発動させることができる。
    もちろんドロン・ゴーもマグナムの効果を誘発させるが、そうなったときは要らなくなった他のカードかこのクリーチャーを墓地に送れば良いだろう。
  • 《終末の時計 ザ・クロック》はアウトレイジなので、当然ながらこのカードのG・ゼロ条件を満たす。S・トリガーで出てきた《クロック》を参照し、増えた手札からこのカードを投げつけるというのは合理的である。
    • 2017年3月25日ルール改訂によりターンを飛ばす効果でブレイクの処理を途中で打ち切ることができなくなったため弱体化した《クロック》であったが、複数ブレイクによって手札を増やしつつ防御してこのカードを投げつけることができる旨味から、むしろ現在のルールの方がこのカードにとっては有利であるという見方もできる。
  • 名前の由来は、石ノ森章太郎原作の「サイボーグ009(ゼロゼロナイン)」だろう。長いマフラーを首に巻いている容姿からもそれが伺える。
  • 初登場は1stデッキBOOKの付録であり、付録としては珍しく2枚付いていた。この時はアウトレイジMAXであるにも関わらず、まだ設定が定着していなかったためかフルフレームイラストではなかった。またその時からレアリティが付いており、後にDMR-09で収録された。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DMR-09(通常版)
    こいつの前では、重力もナイナイナッシング!
  • DMR-09MODE→CHANGE
    必殺!エンドリル・キック!! ---無重力 ナイン
  • DMX-25
    オラクルによる自由のない支配!それに対抗するために立ち上がった黒装束の無法者集団!それがアウトレイジだ!
  • プロモ(P5/Y12)
    重力すらもオレをしばれない!

収録セット

参考


Last-modified: 2019-01-17 (木) 14:03:02