DMPP-16~DMPP-20環境 (デュエプレ) [編集]


  1. DMPP-16 「ファースト・オブ・ビクトリー -激竜王の目覚め-」期
  2. DMPP-17 「ライジング・アライズ -希望の王女-」期

DMPP-16 「ファースト・オブ・ビクトリー -激竜王の目覚め-」 [編集]

2022年9月29日実装。

新たに「New Division」で使えなくなるDMPP-10DMPP-10EXサムライナイトの登場弾だったこともあり、それらの基盤カードが一部使えなくなっている。
New Division環境に大きな影響があるのは【白黒緑超次元】などに入る《天雷の導士アヴァラルド公》くらいだろうか。
そのほか、【エンペラー・キリコ】でワンショットコンボのお供として利用されてきた、《鬼装 オーガ・フィスト》も使えなくなった。

+  新たに「New Division」では使えなくなる主なカード

実装後の環境(Ver.3.0.0〜) [編集]

この弾では、ハンター主体のビートダウンデッキと、《若頭 鬼流院 刃》を利用したソリティアデッキ、エイリアン系統のデッキが新しく成立した。

少ないパーツでの即死級のコンボには、《復活の祈祷師ザビ・ミラ》で一気に《竜骨なる者ザビ・リゲル》《ハイドラ・ギルザウルス》《ガロウズ・セブ・カイザー》《死海竜ガロウズ・デビルドラゴン》を登場させるパッケージがある。
長期戦に強い《龍聖大河・L・デストラーデ》デッキに組み込んだり、生贄を揃えられる【エンペラー・キリコ】に投入したりすることで上位デッキでも太い勝ち筋として十分運用できる。

《永遠のリュウセイ・カイザー》は、マッドネスに依存しないビッグマナ【バルガライゾウ】【エンペラー・キリコ】で極めて強力である。

後々まで活躍が期待できるカードには、シークレットカードにもなった《霞み妖精ジャスミン》《特攻人形ジェニー》をはじめ、《DNA・スパーク》《地獄門デス・ゲート》《スーパー炎獄スクラッパー》《黙示護聖ファル・ピエロ》《ジオ・ブロンズ・マジック》などがある。

《光流の精霊ガガ・カリーナ》《次元流の豪力》によって《大神砕グレイトフル・ライフ》の足回りが強化された。

《タイタンの大地ジオ・ザ・マン》は対象にカードタイプの縛りがなく、デュエプレで初の濁りの心配が不要なマナ回収であり、緑入りコントロールで使用率が高い。

  • 《サイバー・N・ワールド》は、実装初期こそは手札消費の荒い【赤緑ハンター】など相手には枠の無駄になることから評価が低かったが、【M・R・C・ロマノフ】があまりにも多すぎることと、メタが回って弱点であった【赤緑ハンター】が衰退したことにより、手札補充兼墓地リセットとして活躍し始めた。

Ver.3.0.1〜 [編集]

2022年10月27日付で、《ダイヤモンド・カスケード》の能力ナーフ《魔光蟲ヴィルジニア卿》《エンペラー・キリコ》DP殿堂が施行された。

New Divisionで元々使用率が高くなかった【ダイヤモンド・カスケード】は、完全に息の根を止められた。
All Divisionでのみ使える《ダイヤモンド・ブリザード》はお互いに回収できる関係なので【ダイヤモンド・ブリザード】が依然として環境で使われ続けている。

《魔光蟲ヴィルジニア卿》の1枚制限はデッキの幅が狭まったものの、《ヴィルジニア卿》は4枚入れるべきという固定観念から解放されたため、【M・R・C・ロマノフ】の再考察のきっかけとなった。根本的なデッキパワーの高さはまだ損なわれていないため、依然として環境で使われ続けている。

《エンペラー・キリコ》は状況次第で評価が変わる。《無頼妖精ワイルド・リリィ》があるので、盾落ちさえしなければ《キリコ》が1枚でも安定してマナゾーンに確保できる。つまり87.5%の確率でDP殿堂前と同等の動きが可能で、以前よりデッキの1〜3枠が空いた状態で運用できる。
敗退のないランクマッチでは、盾落ちは事故と割り切れば使用感はさほど変わらず使うことができ、BO3やBO5のような少ない試合数なら事故を全回避する確率も現実的。
しかし、BATTLE ARENA予選のような、10戦前後を1〜2敗ほどに抑えたいルールでは、12.5%の盾落ちはかなりの痛手となる。《キリコ》をマナゾーンに置いた後から呪文ロックされ《神歌の星域》が封じられてしまえば、手札からの召喚に使う用のカードも足りなくなった。
少なくとも、【エンペラー・キリコ】が新たなリスクを抱えたのは確実で、ランクマッチでの使用率は大きく下がった。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

  • 活躍したカード

DMPP-17 「ライジング・アライズ -希望の王女-」 [編集]

【バルガライゾウ】の本体や周辺パーツ、【M・R・C・ロマノフ】から数枚、《時空の英雄アンタッチャブル》のメタカードに使えた《ローズ・キャッスル》といったカードがNew Divisionから撤退する。

《蒼狼の始祖アマテラス》DMPS-04で再録されており、2022年末まで使えるので【エンペラー・キリコ】は生き残る。

1弾前に《魔弾バレット・バイス》が落ちていたため死に体だった【ナイトコントロール】は、さらに《暗黒皇グレイテスト・シーザー》《超銀河弾 HELL》までこの弾で落ちる。
※このカードプールでのナイト・マジック持ちは《魔弾グローリー・ゲート》《魔弾デュアル・ザンジバル》《魔弾 ベター・トゥモロー》のみになる予定なので、もう組むことは難しい。(前2種は2022年末まで)

+  新たに「New Division」では使えなくなる主なカード

参考 [編集]