DMPP-11~DMPP-15環境 (デュエプレ) [編集]


  1. DMPP-11「戦極大決戦 -CLIMAX GALAXY-」期
  2. DMPP-12「太陽の神歌 -NEXT EVOLUTION-」期

DMPP-11「戦極大決戦 -CLIMAX GALAXY-」 [編集]

2021年11月25日実装。全85種が追加され、再録はなかった。

新たにNew Divisionで使えなくなるカードには優秀な多色カードが多く含まれる。
《ボルシャック・バディ・ドラゴン》が使えなくなるため、【ドラゴン】には痛手となる。

+  新たに「New Division」では使えなくなる主なカード

実装前の情報 [編集]

DMPP-11実装と同時に一部カードに対して能力の調整と種族の追加が発表された。

《暗黒凰ゼロ・フェニックス》が下方修正され、《魔光大帝ネロ・グリフィス》が上方修正された。

以下のカードはTCG版から種族のオリジンが削除されていたが、オリジンの本格実装に伴い追加された。

(参考:調整が加えられたカード (デュエプレ)公式HPの発表

実装後の環境 (Ver.2.8.0〜) [編集]

まず、新規カードを使えて安価に組めるという理由からか、《蒼狼の始祖アマテラス》入り【ガントラビート】が台頭した。《運命の選択》を唱えることで、6マナ2体着地+SA警戒付与として使える。

今弾で登場したマナ進化(非マナ進化GV)は《密林の総督ハックル・キリンソーヤ》《ブレードグレンオー・マックス》の2体で、それらを効率よく使える【黒緑速攻】【赤緑速攻】は大きな強化となった。

《バイオレンス・フュージョン》で出るリンクした状態の《破壊龍神》は、《龍神ヘヴィ・メタル》ではなく《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》で設定されていた。よって【バイオレンス・フュージョン】の決定力がオーバーキルに近いものとなる。
ゴッドたった1種で無対策相手を倒せるようになったため、デッキの自由枠が大幅に広がることとなった。

ランクマッチで使われるデッキで、今弾のスーパーレアを使ったものは、主に以下の2つがある。

  1. 《超天星バルガライゾウ》
  2. 《破壊龍神》除去コントロール/クリーチャーコントロール

今弾では、相手のクロスギアを除去できるカードに《破壊龍神》《式神ガーデナー》《マーシャル・ロー》《獅子幻獣砲》が登場したので、《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》を使うデッキが大きく数を減らした。そのことはパワー6000以下を破壊できる《ボルメテウス・武者・ドラゴン》《ボルメテウス・剣誠・ドラゴン》の減少を意味するため、パワー6000ちょうどの《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》などには朗報だろう。
しかし、クロスギア除去の中でよく使われるのは非常に汎用性の高い《破壊龍神》程度となったため、【剣誠・ドラゴン】はその後使用率が回復した。

ゴッド以外を破壊しつつ攻撃強制を持つ《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル》が環境に流入し、自然な形でそれを対策できる可能性がある《不浄の魔人ジャラ》(相手のワールド・ブレイカーを利用できるS・トリガースレイヤー)と《ガルベリアス・ドラゴン》(相手の文明を利用したスレイヤースピードアタッカー)の価値が上がった。

中期以降は、効果的な活用法が発見されなかったため、《蒼狼の始祖アマテラス》の使用率は大きく低下した。
【ガントラビート】は初期こそは水文明入りが流行したが、《蒼狼の始祖アマテラス》以外には特に入れたい水文明のカードがなく、以降は突破力が非常に高い《超神星DEATH・ドラゲリオン》を採用できる闇文明入りが主流となった。

DMPB-02, DMPS-04, DMPS-05実装後 [編集]

New Divisionでは、DMPB-01, DMPS-01, DMPS-02, DMPS-03再録されていたことにより使用可能であったカードにおいて、翌年の同時期に登場する同系統の商品が発売されたことで使用不可能となる。《ホーリー・スパーク》など今回でも再録されたものは引き続き使用可能。

また、《黒神龍ゾルヴェール》などNew Divisionに復帰するカードも存在する。

このメンテナンスと同時に、《クラゲン》《ボルテール・ドラゴン》《ダーク・ライフ》の3枚に上方修正が加えられる。

さらに、《電磁闘竜トモエ》《魔光死聖グレゴリアス》の2枚が新たにAll DivisionNew Divisionで使用可能になる。

スーパーデッキ2種はいずれも完成度が高く、【剣誠・ドラゴン】 (デュエプレ)ナイトコントロールの勢力拡大に一役買った。

+  ディビジョン対象外となるカード

今大会では、最近のパックではろくなグランド・デビルを得られなかった【グランド・デビル】でベスト4に入り、多くのプレイヤーに衝撃を与えた。《スナイプ・アルフェラス》《封魔ジョーズジャクス》と相性の良い《蒼神龍バイケン》などを駆使したデッキとなっている。

この時期に活躍したカード・アーキタイプ [編集]

DMPP-12「太陽の神歌 -NEXT EVOLUTION-」 [編集]

2022年1月日実装予定。

参考 [編集]