#author("2022-01-11T01:39:52+09:00","","")
#author("2022-01-11T01:44:27+09:00","","")
*TCG版との差異点 [#u8a26fba]
**ルールの違い [#a2ff9d66]
***[[マナコスト]] [#w84ed86b]
マナゾーンにカードを置くと、そのカードが持つ文明が「''解放''」される。
プレイヤーは、解放されている文明のカードをコストを支払うことでプレイできる。
ただし、[[マナ回収]]などである文明のカードが0枚になった場合、その文明は解放前の状態に戻る。

[[デュエル・マスターズ プレイス]]には「マナをタップ/アンタップする」という概念が無い。
代わりに、「''最大マナ・使用可能マナ''」という概念でマナコストの支払いを管理する。
「最大マナ」はマナゾーンに置かれているカード数、「使用可能マナ」はその時点でコスト支払いに使えるカード数(いわゆる“残りマナ”)のことである。
単色カードを1枚マナゾーンに置いた場合、最大マナ・使用可能マナの両方が1増える。
一方、多色カードを1枚マナゾーンに置いた場合、最大マナが1増えるが使用可能マナは増えない。

以上の仕様のため、次のようなTCG版ではできないプレイが可能となる。
-火・自然・自然の3マナが溜まっている時に[[《青銅の鎧》]]を召喚。マナゾーンに新たに置かれたのが自然のカードであっても、続けて[[《凶戦士ブレイズ・クロー》]]を召喚できる。
-1ターン目に[[《無頼勇騎ゴンタ》]]をマナに置き、2ターン目に[[《アクア・ガード》]]をマナに置くと、[[《無頼勇騎ゴンタ》]]を召喚できる。
-水文明2マナのみが使用可能な状態で[[《無頼勇騎ゴンタ》]]をマナに置くと、[[《無頼勇騎ゴンタ》]]を召喚できる。
-[[《二角の超人》]]の[[マナブースト]]で使用可能マナが2増えると同時に、初めてマナゾーンに[[《鎮圧の使徒サリエス》]]が埋まった。その《サリエス》を[[マナ回収]]しても、使用可能マナは2増えたままである。

このように、[[デュエル・マスターズ プレイス]]はTCG版よりもマナゾーンのカードの扱いに関して融通が利く。
上で挙げた例の2つ目・3つ目のようなプレイができるため、''多色カードの使い勝手が特に向上している。''

***5文明カード([[5色レインボー]]、マナ数が0のカード) [#z3579ae4]
このカードをマナゾーンに置いた際、普通の[[多色]]カードを置いたときのように、カードの文明が解放され、使用可能マナを増やさずに最大マナを増やす。

しかし、''ターン開始時に使用可能マナが回復する際は、最大マナから5文明カードの数を引いた数値までしか回復しない。''([[FAQ>https://dmps.takaratomy.co.jp/faq-cardrule/no-0163]])

***ゾーンの枚数上限 [#l08abe14]
''手札とシールドは最大10枚まで。''
手札もしくはシールドが10枚を超えるとき、超過分は自動的に墓地に置かれる。
手札もしくはシールドが10枚を超えるとき、超過分は各々のゾーンに加わるかわりに直接墓地に置かれる。
相手ターン中にドローした[[マッドネス]]持ちが枚数超過で墓地に落ちる時、かわりにバトルゾーンに出ることはできない。

手札が10枚のときにも、ブレイクされたシールドの[[S・トリガー]]は使用可能である。

''[[バトルゾーン]]に同時に出せるカードは各プレイヤー最大7枚まで。(進化元は除く)''
バトルゾーンに自分のクリーチャー・クロスギアが7枚出ているときには、[[メインステップ]]に[[召喚]]・[[ジェネレート]]の操作そのものができなくなる。
ただし、[[S・トリガー]]や[[踏み倒し]]によって「効果によってバトルゾーンに出そうとする」操作はクリーチャー数にかかわらずすることができる。
バトルゾーンのクリーチャー数が上限に達している場合、そのクリーチャーはバトルゾーンに出るかわりに直接墓地に置かれ、その[[cip]]や[[pig]]は発動されない。

***効果解決の順序 [#rff417bd]
複数のカードの能力が同時に発動した場合、プレイヤーから見て右側にあるカードから[[解決]]する(''プレイヤーが解決順序を決められない'')。
新しくバトルゾーンに出るカードはバトルゾーンの一番右端に置かれるため、新たにバトルゾーンに出たカードが[[cip]]能力を持っているならば、それが最優先で解決される。
例えば、[[《雷鳴の守護者ミスト・リエス》]]を出しているときに[[《鳴動するギガ・ホーン》]]を召喚した場合、《ギガ・ホーン》の効果が先に解決される。
-複数の[[pig]]が同時に発動する場合も、バトルゾーンで右側に置いてあったクリーチャーのものから解決される。

クリーチャーを同時に出した場合は''実際に出された順で解決される''。
例えば[[《ヘブンズ・ゲート》]]で[[《光輪の精霊 ピカリエ》]]と[[《神門の精霊エールフリート》]]を2体同時に出したら、1ドロー→呪文サーチと、左から順で解決される。
-演出上同時に着地しているように見えるが、ルールに基づき1体ずつバトルゾーンに出ているためそのようなことになる。TCG版でも「[[《轟破天九十九語》>《キングダム・オウ禍武斗/轟破天九十九語》]]で、自分は最後に[[《龍世界 ドラゴ大王》]]を出さないと[[着地置換効果]]で自分に[[ランデス]]してしまう」ことをイメージするとわかりやすいかもしれない。

複数の[[置換効果]]が適用できる場合で、自身が持っている置換効果が適用できるときは、無条件にその置換効果が適用される。((https://dmps.takaratomy.co.jp/faq-cardrule/no-239))それ以外のときは、プレイヤーからみて最も右側にあるカードの置換効果が適用される。
-例えば、[[《緑神龍ソウルガルダス》]]と[[《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》]]と[[《ロッポ・ロッポ》]]がバトルゾーンに並んでいたとする。もし、《ソウルガルダス》が無限アタッカーとのバトルで破壊されるとき、マナゾーンにファイアー・バードとドラゴンがセットであれば、《ソウルガルダス》自身の置換効果が適用される。マナゾーンにファイアー・バードとドラゴンのセットがなくなり、自身の置換効果が使えなくなれば、バトルゾーンの最も右側にあるクリーチャーの置換効果が適用されるようになる(置換効果が連鎖しないルールはデュエプレでも健在なため、《ロッポ・ロッポ》のセイバーが発動するとき、《ロッポ・ロッポ》の破壊が《ヴィーナス・ラ・セイントマザー》のメテオバーンで置換されることはない)。
最初の破壊が《ヴィーナス・ラ・セイントマザー》で置換されて、無用なランデスが回避できるということにはならない。
-[[《流牙 シシマイ・ドスファング》]]と[[《影武者 ソウル・ブリンガー》]]をクロスしたクリーチャーが[[破壊]]される時は、あとにクロスした(=一番右にある)クロスギアの置換効果が適用される。((https://dmps.takaratomy.co.jp/faq-cardrule/no-238))
***その他 [#d382ec7c]
-[[注釈文]]は、[[キーワード能力]]をタッチすることで確認できるので、カードの能力テキストに直接記載されていない。また、能力[[テキスト]]の書かれてある括弧書きがされているテキストは注釈文ではなく[[能力]]である。

-「[[ブレイカー]]」能力を複数持つ場合、ブレイク数が最も大きいブレイカー能力が適用される。
-オンライン対戦では、一定時間(2ターン目まで90秒、3ターン目以降100秒)が経過すると強制的にターン終了となる。
-デジタル媒体であるがゆえに、[[エラッタ]]が手軽にできるようになった(既に、[[《ダイヤモンド・ブリザード》]]が能力の下方修正が行われた)。
--ただし、一部通常ルールでは使えないが、特別ルールのみで使えるカードは存在する(→[[《お詫びのミニ・スクラッパー》]])。
//--TCG版の[[ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカード]]のように、初めからデッキに1枚しか入らないカードが登場する可能性は十分にある。
**カード効果の違い [#f45e8016]
参考:''[[調整が加えられたカード (デュエプレ)]]''

多くのカードはTCG版と同じ効果だが、[[調整が加えられたカード>調整が加えられたカード (デュエプレ)]]もある。

***系統的な調整例 [#ofc1c9fc]
-''多くの任意効果が強制となっている。''
--特に[[ドロー]]の効果は最大枚数かつほとんどが強制である。
-''一部の無差別[[バウンス]]以外は、相手のクリーチャーのみが[[バウンス]]対象となっている。''
-''[[サーチ]]・[[マナ回収]]・[[墓地回収]]はすべて、[[探索]]でカードを選ぶようになっている。''
-「パワー6000ごとにシールドブレイク数が1枚増える」というカードデザインの原則が、ほとんどのカードに適用されている。
-「パワーが一番小さいクリーチャー」のような指定条件を満たすクリーチャーが複数出ている場合、その中から対象がランダムで選ばれる((カードテキストに注釈がついている。))。
-[[《光器ペトローバ》]] 等の[[パンプアップ]]対象、[[ウェーブストライカー]]の発動条件が''自分''のクリーチャーに、[[《伝承するクローン・ホーン》]]とクローン呪文の威力が上がる条件が''自分''の墓地にある同名カードになった。
--これにより、[[ミラーマッチ]]で相手を強化することがなくなった。

***ゲームの仕様にもとづく調整例 [#c6db7dd1]
-「非公開ゾーンにあるカードを操作する効果は、強制であっても任意として扱ってもよい」というルールがなくなっている。
--[[《幻想妖精カチュア》]]、[[《ラッキー・ダーツ》]]などで確認可能。
--[[デュエル・マスターズ プレイス]]では、該当するカードが非公開ゾーンにあったかどうかをゲーム側が判定できる。したがって、プレイヤーが「カードがなかったので発動できなかった」という嘘の申告をすることができない。
//(《カチュア》はカード版では能力の文が「出してもよい」だが、ゲーム版では「出す」に変更されている。)


-「[[S・トリガー]]」以外の効果で出す進化クリーチャーの[[空撃ち]]ができない。
--TCG版では、[[《神歌と繚嵐の扉》]]など進化も出せる踏み倒し効果で、あえて進化元のないクリーチャーを選ぶことは許されていた。一方、デュエプレでは[[《幻想妖精カチュア》]]や[[《インビンシブル・テクノロジー》]]など、強制の踏み倒しで進化元のないクリーチャーを選ぶことはできない。詳細は「[[探索]]」に記述がある。
--ただし、進化クリーチャーが[[S・トリガー]]を持っていた場合は、宣言時点では空撃ちになるものでも使用宣言ができる。[[W・ブレイカー]]で[[《大宇宙シンラ》]]と[[《突然の超人》]]が同時に手札に加わるなら、順番を間違えなければそこで召喚することができる。


-相手の手札から特定条件のカードを捨てさせる効果に、[[ピーピング]]が付随していない。
--[[《根絶のデクロワゾー》]]、[[《解体人形ジェニー》]]((《ジェニー》は効果が変更され、特定条件のカードを捨てさせる効果となった))などが該当。
--TCG版では相手が嘘をついて手札に残す可能性があるため[[ピーピング]]が必須だったが、[[デュエル・マスターズ プレイス]]ではゲーム側が自動で判定するため不要となった。「元々は見ることができた相手の手札が見られなくなった」と考えれば弱体化である。
-プレイヤーから見えるゾーンからシールド化されたカードは、何が置かれたのかいつでも確認できるようになっている。バトルゾーンからシールド化されたクリーチャーは両プレイヤーが、自分の手札からシールド化されたカードは自分だけがいつでも確認できる。
--[[山札操作]]等により[[山札の上]]が確定している状況下での、山札の上からシールドになったカードは確認できない。山札の上はあくまでも[[非公開ゾーン]]である。


-[[使用宣言]]した[[S・トリガー]]は手札にはなく、[[どこでもないゾーン]]に移動する。
--例えば、[[《エマージェンシー・タイフーン》]]と[[《デーモン・ハンド》]]を宣言し、1つ目の《エマタイ》の効果で[[ディスカード]]する手札の選択時には、待機中の《デモハン》は存在していない。
--おそらく、手札が最大10枚というシステム上、手札に移動させるわけにはいかないのでこうなっている。手札が10枚ある状態で2つ以上[[S・トリガー]]を発動させても、TCG版通り一旦手札に移動させてしまえば11枚以上になろうとした手札がルールで墓地に置かれ、捨ててないのに不発に終わることが起こってしまう。
--[[《邪眼皇アレクサンドルIII世》]]のような、どこから[[使われた>使う]]かが参照される時は、手札から使われたとみなされる。

-[[モード]]を選ぶのは、[[待機]]させる瞬間ではなく、[[解決]]の直前に行う。
--例えば、[[《覇翼 フェアリー・アクセラー》]]を[[クロス]]した[[《禁門の超人》]]が攻撃する時、まず右側にある《フェアリー・アクセラー》で[[マナ加速]]して、次にその左にある《禁門の超人》で相手の[[マナ送り]]か、自分のマナゾーンからの[[踏み倒し]]を決めることができる。


***その他 [#pb9a852b]
-能力テキストが簡潔に書き直されている。
特に、「このクリーチャーが(は)」という主語は基本的に省略されている。

-[[タップスキル]]は、[[可能であれば攻撃する]]状態であっても、攻撃するかわりに発動できる。
-[[《雪渓妖精マルル》]]などで破壊置換できるクリーチャーが同時に複数発生した場合、その中で一番左にいるクリーチャーが対象になる。
-クリーチャーでシールドを[[ブレイク]]する時に、[[ブレイク置換効果]]が発生しても[[ターボラッシュ]]が発動する。([[ブレイク]]ではなく[[シールド破壊]]で判定されていると思われる。)
-[[ウェーブストライカー]]は、お互いのクリーチャーを参照していたのが、自分のクリーチャーだけを参照するようになっている。
-[[G・リンク]]は[[常在型能力]]から[[起動型能力]]になった。[[ゴッド・カード]]の登場含め、大幅に処理が変更されている。
-値が不定となる[[名前集合]]は処理されない。例えば[[《悪魔神バロム》]]に[[《霊騎ラディア》]]の能力を使ったら[[《悪魔神バロム・エンペラー》]]は巻き込まれない。
--値が固定の[[名前集合]]は、[[種族カテゴリ]]と同様に処理される((余談だが[[種族カテゴリ]]はTCG版と同じ処理となっている(「[[ドラゴン]]」「[[サイバー]]」、[[《光器ペトローバ》]]での「[[フィッシュ]]⇒[[ゲル・フィッシュ]]」)。))。[[《ボルメテウス・武者・ドラゴン 初陣》]]には、[[《ムシャ・ルピア》]]の「それが《ボルメテウス・武者・ドラゴン》なら、さらに1少なくする。」「自分の《ボルメテウス・武者・ドラゴン》が攻撃する時」は発動する。

珍しい調整の例としては、「[[セイバー]]」や「[[ロスト・プリズム]]」といったキーワード能力が単に能力の一文に変更されたというものがある([[《雪渓妖精マルル》]]、[[《鎧亜の紅滅コルンバ》]]など)。


**最新のものとは異なる裁定 [#q31c6ddd]
以下のように、古い裁定に準拠した仕様が含まれる。

-相手の1回の攻撃に対して、[[ブロック]]は一度しかできない。
--[[ブロッカー]]の能力は「攻撃先の変更」であるため、TCG版の最新裁定では「1体目のブロッカーでブロックして攻撃先を変更させた後、他のブロッカーでその攻撃先をさらに変更させる」という動きが可能。
--[[《薩摩の超人》]]の「可能であればブロックされる」という能力が使われた場合、新裁定であれば「1回の攻撃で場のブロッカーがすべてタップされ、その最後にブロックしたブロッカーとバトル」という結果になる。

-[[召喚酔い]]したクリーチャーに「[[このターン、タップされていないクリーチャーを攻撃できる>アンタップキラー]]」を[[付与]]した場合、召喚酔いが優先されクリーチャーを攻撃できない。
--[[《クエイク・ゲート》]]で確認可能。
--TCG版の最新裁定では、「攻撃できる」という文面の能力を付与された場合は召喚酔いを無視することができる(参考:[[マッハファイター]]のテキスト)。

-置換効果等によって結果的にカードの移動が正常に行われない場合でも、その入れ替えは可能な限り実行される。
--進化元のある自分の[[《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》]]がいて[[《電磁無頼アカシック・サード》]]がバトルする時、[[メテオバーン]]が発動し、結果として入れ替えが不発となる。
--このターン、まだ多色でないクリーチャーがかわりに墓地に置かれていない状況で[[《電磁無頼アカシック・サード》]]がバトルする時、入れ替えは試みられ、相手の[[《聖鎧亜キング・アルカディアス》]]の効果は発動する。

-[[その後]]の裁定が変更前の裁定になっている。「その後」の前に条件があっても、その後以降の効果は[[解決]]される。
--[[《機械提督デリンダー》]]が該当。
**オリジナルルール(引用元:アプリ内ヘルプ) [#f32e16d6]
***ターン [#pc95d3a7]
>「先攻プレイヤーのターン開始」から「後攻プレイヤーのターン終了」までを1ターンとします
また、ターン数は最大「99」です
後攻プレイヤーの99ターン目でデュエルに勝敗がつかない場合、両プレイヤーは敗北となります

Wiki注:「このターン」とある効果は、TCG版と同じく「自分の1ターン中」または「相手の1ターン中」だけ継続する。
この解説文は「先攻プレイヤーの1ターン目」「後攻プレイヤーの5ターン目」という概念を説明したいのだろうが、誤解を招く書き方になっている。

***手札 [#nc61bed4]
>手札の上限枚数は10枚です
10枚を超えて手札にカードを加えようとした場合、カードは墓地に行きます
※この時、墓地に置かれる事で発動する能力は発動しません

***マナゾーン [#c2f10c7a]
>マナゾーンに置けるカードは最大99枚です
マナゾーンに99枚ある状態で、能力などにより強制的にマナゾーンにカードが置かれる場合、マナゾーンに置く代わりに墓地に送られます
//「かわりに」が漢字になっているのは原文ママ
※この時、マナゾーンに置いて発動する能力や墓地に置かれる事で発動する能力は発動しません&br;
使用可能マナは、マナゾーンにカードを置くと1つ増えます
使用可能マナは、自分のターン開始時に最大マナと同じ値まで回復します
使用可能マナは、最大マナより大きくなることはありません

***マナチャージ [#pa189170]
>マナチャージを行うと、カードの文明に沿った文明が解放されます
文明を解放すると、同じ文明を持つカードを手札からプレイする事ができます
また、文明が解放されてさえいれば、コスト分のマナを支払うだけで手札からカードをプレイする事ができます&br;
ただし、マナゾーンにその文明のカードが1枚もなくなった場合、その文明は解放前の状態に戻ります&br;
多色カードをマナチャージした場合、そのカードが持つ文明分が解放されますが、
マナチャージしたターンは最大マナのみ増え、使用可能マナは増えません

***バトルゾーン [#g04bf309]
>バトルゾーンに置けるカードは最大7枚です
バトルゾーンに7枚ある状態で、能力などにより強制的にバトルゾーンにカードが置かれる場合、バトルゾーンに置くかわりに墓地に送られます
※この時、バトルゾーンに置いて発動する能力や墓地に置かれる事で発動する能力は発動しません

Wiki注:ここでの「カード」はオブジェクトのことを指している。進化元はバトルゾーンにあるカードの枚数に影響を与えない。

***シールドゾーン [#d8a2447c]
>シールドゾーンに置かれるシールドの最大数は10です
最大数を超えた分のシールドは墓地に送られます
※この時、墓地に置かれる事で発動する能力は発動しません

***クリーチャー [#o4f272d2]
>クリーチャーはバトルゾーンに出る時、左から順番に出ます
また、進化クリーチャーが出る時は、進化元となるクリーチャーの上に重ねながら、一番右に置かれます

***能力の同時発動 [#i6f10f52]
>複数の能力が発動した場合、プレイヤーから見て右から順に解決していきます

Wiki注:この処理は、同じイベントでトリガーした場合の処理について述べている。
クリーチャーが同時に出た場合は、それぞれが「バトルゾーンに出た時」という別のイベントを参照してトリガーしているため、見かけ上左から順に解決しているように見えるケースもある。(クリーチャーは右から左に押し出す形で''内部的には1体ずつ''バトルゾーンに出ている((総合ルール 400.7.))。)

***ブレイカー能力 [#y21ed82e]
>異なる「ブレイカー」能力を所持している場合、より大きいブレイク数に自動で設定されます&br;
例えば、「T・ブレイカー」と「W・ブレイカー」を両方所持した場合、「T・ブレイカー」のみ有効となります

***レジェンドスキル [#q6bd955d]
>[[レジェンドバトル]]で対戦相手のキャラクターが使用する能力です
条件を満たすとレジェンドスキルが発動して、スキルに応じた効果をもたらします&br;
※レジェンドスキルの発動条件はスキルごとに異なります

//Wiki注:CPUのみに存在し、プレイヤーはスキルを使うことはできない。

Wiki注:実装時はCPUのみに存在していたが、対[[切札 勝利]]、[[不亞 幽]]戦からプレイヤー側にも使用が解禁された。

***特別な能力 [#y17a045b]
>特別な能力を持つカードについてご説明いたします&br;
《黒神龍ガルバロス》
■バトルゾーンに出た時または攻撃する時、何かが起こる&br;
「何かが起こる」は、以下の6つの効果のどれかがランダムに発動します
①自分のランダムなシールド1つを手札に加える(そのS・トリガーを使っても良い)
②相手のランダムなシールド1つを墓地に置く
③自分の他の最もパワーの低いクリーチャー1体を破壊する
④相手の最もパワーの高いクリーチャー1体を破壊する
⑤自分の手札から最もコストの小さいカード1枚を捨てる
⑥相手の手札から最もコストの大きいカード1枚を捨てさせる

Wiki注:ゾーンの状態は考慮せず、結果的に「見かけ上何も発動しない」こともある。選択されたゾーンでパワーやコストが同じものがあった場合、その中からランダムに選ばれる。

***[[DP殿堂]] [#x4088434]
>DP殿堂とは、その強さ故に「デュエル・マスターズ プレイス」において大きな影響を与えたカードに与えられる称号です
DP殿堂に認定されたカードは、デッキに1枚までしか入れる事ができず、各イベントや大会においても制限が適応されます

&tag(差異点);