#author("2022-06-21T18:43:07+09:00","","")
#author("2022-06-21T18:43:24+09:00","","")
*邪鬼王来烈伝 [#q60537ff]
[[背景ストーリー]]に登場した[[デモニオ]]達の歴史書。
先にカードとして登場していた[[《一王二命三眼槍》](→[[《邪王来混沌三眼鬼》]])の正体でもある。
先にカードとして登場していた[[《一王二命三眼槍》]](→[[《邪王来混沌三眼鬼》]])の正体でもある。

「鬼の歴史」における12の『王』が記された書であり、それらの[[クリーチャー]]は[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]に記された「龍の歴史」の12『王』と合成され、[[ディスペクター]]となっていた。
なお、[[ディスペクター]]化されなかった[[ボルシャック>《ボルシャック・ドラゴン GS》]]の枠は[[創世神]]が務めているが、「[[創世神]]と他の[[クリーチャー]]との[[ディスペクター]]」といったものは[[王来篇]]では登場しなかった。

[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]と同様、過去の[[背景ストーリー]]やメディアで活躍した[[クリーチャー]]達が収録されている。
歴代ライバルが用いた[[カード]]が多く、そのため[[火]][[文明]]の[[カード]]は少ない。
また、12体全て別のシリーズから抜擢されていた[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]と異なり、こちらは[[神化編]]、[[ドラゴン・サーガ]]、[[革命ファイナル]]の3シリーズからそれぞれ2体ずつ選ばれている。

「鬼の歴史」は[[王来篇]]の「龍の歴史」とほぼ同じストーリー展開となっている。
最終的に[[《Volzeos-Balamord》]]が現れ、ジャオウガが討伐している。
しかしディスペクター討伐後、魂を解放せずに[[デモニオ]]に取り込むという点で異なっている。

-[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]と違い、こちらは''商品化されていない''ので注意。本ぺージは[[背景ストーリー]]における解説である。

-収録内容が初めて明記されたのは[[《暗黒鎧 ザベル・リント》]]の[[フレーバーテキスト]]。
しかし、その順序は[[カード]]の登場順ではなく、また[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]の対応[[クリーチャー]]とも異なっている。

-単なる本であった[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]と比べると、こちらは[[《一王二命三眼槍》]]としての自意識と力を持っている。
そのため、使用者に未来予知と再生能力を与える武器となり、さらに自立行動して[[キングマスター>《MAX・ザ・ジョニー》]]とも渡り合うほどの戦闘力を持つなど、単純な性能面では非常に大きな格差がある。
--ただし、[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]の方も自ら[[モモキング>《王来英雄 モモキングRX》]]を主に選んでいるような描写があり、あちらも何らかの意思を持つ可能性はある。

-ちなみに、抜擢されていないシリーズは[[基本セット]]、[[闘魂編]]、[[不死鳥編]]、[[覚醒編]]、そして[[エピソード1]]・[[3>エピソード3]]である(([[新章>新章デュエル・マスターズ]]以降については、あくまで「[[勝太>切札 勝太]]編」までが選抜対象であるとして考慮しない))。
[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]で抜擢された物を除くと、[[不死鳥編]]と[[覚醒編]]の2つの時代が「烈伝」において失われていることになる。
--一応、[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]の[[ヘヴィ・デス・メタル]]と[[《ボルシャック・ドラゴン》]]が、それぞれ[[不死鳥編]]と[[覚醒編]]を兼任している(([[ヘヴィ・デス・メタル]]は「[[不死鳥>フェニックス]]から成り上がった[[神>ゴッド]]」と称されたことがあり、《ボルシャック》は[[覚醒編]]にて[[《時空の火焔ボルシャック・ドラゴン》]]/[[《勝利の覚醒者ボルシャック・メビウス》]]という形態で登場している))と取ることも出来る。

**収録内容詳細 [#qec33f99]
***悪魔王 [#e3a2e76b]
[[《悪魔神ドルバロム》]]
-対となる存在は「[[天聖王>《聖霊王アルファディオス GS》]]」[[《聖霊王アルファディオス》]]。
⇒[[《聖魔連結王 ドルファディロム》]]
-「龍の歴史」においては、[[ゲンムエンペラー>《虚∞龍 ゲンムエンペラー》]]に[[力を貸し>レクスターズ]][[《ゲンムエンペラー <バロム.Star>》]]となっている。

***魔刻王 [#y68d7039]
[[《魔刻の斬将オルゼキア》]]
-対となる存在は「[[勝利王>《ガイアール・カイザー GS》]]」[[《ガイアール・カイザー》]]。
⇒[[《魔帝連結 ガイゼキアール》]]
-「鬼の歴史」においては、[[鬼>デモニオ]]にその力を[[取り込まれ>鬼レクスターズ]][[《モロハ夜叉 <オルゼキ.鬼>》]]となっている。

***聖龍王 [#v78f6645]
[[《聖霊龍王 バラディオス》]]
-対となる存在は「[[破壊王>《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》]]」[[ヘヴィ・デス・メタル]]。
⇒[[《神龍連結 バラデスメタル》]]

***奇跡王 [#qf5980f3]
[[《時の法皇 ミラダンテXII》]]
-対となる存在は「[[禁断王>《伝説の禁断 ドキンダムX GS》]]」[[《伝説の禁断 ドキンダムX》]]。
⇒[[《禁時混成王 ドキンダンテXXII》]]
-「龍の歴史」においては、[[「正義星帝」>《「正義星帝」》]]に[[力を貸し>レクスターズ]][[《「正義星帝」 <ダンテ.Star>》]]となっている。

***起源王 [#r831e052]
[[起源神]]
-対となる存在は「[[熱血王>《熱血星龍 ガイギンガ GS》]]」[[《熱血星龍 ガイギンガ》]]。
⇒[[《熱核連結 ガイアトム・シックス》]]

***天災王 [#sa19d5ff]
[[《伝説の正体 ギュウジン丸》]]
-対となる存在は「[[無法王>《武闘将軍 カツキング GS》]]」[[《武闘将軍 カツキング》]]。
⇒[[《勝災電融王 ギュカウツ・マグル》]]
-直接[[レクスターズ]]に力を貸しているわけではないが、「龍の歴史」の[[水]][[文明]]によって、その力が[[《ギュウジン丸の海幻》]]として[[結晶化>タマシード]]している。

***禁断王 [#l46fb65d]
[[《禁断機関 VV-8》]]
-対となる存在は「殿堂王」[[《無双竜機ボルバルザーク》]]。
⇒[[《禁断竜王 Vol-Val-8》]]
-「殿堂王」が『[[隠された>プレミアム殿堂]]真の12番目の王』と称されていたのに対し、こちらはその名が秘匿されていない。
-「禁断王」という肩書は、[[超獣王来列伝>DMSP-02]]における[[《伝説の禁断 ドキンダムX GS》]]と同じ。

***邪悪王 [#c915b2ea]
[[《龍覇 ザ=デッドマン》]]
-対となる存在は「[[黒月王>《神帝ルナティック・ゴッド GS》]]」[[神帝]]。
⇒[[《邪帝縫合王 ザ=デッドルナ》]]⇒《終末縫合王 ザ=キラーキーナリー》
-「龍の歴史」とは王が違うため、[[《終末縫合王 ミカドレオ》]]ではない別の《終末縫合王》が生み出された模様。ただし、「龍の歴史」と同じく列伝に記されたクリーチャー同士であるのには変わらない。

***暗黒王 [#w1a46a95]
[[《暗黒皇グレイテスト・シーザー》]]
-対となる存在は「[[獅子王>《「俺」の頂 ライオネル GS》]]」[[《「俺」の頂 ライオネル》]]。
⇒[[《暗獅連結 グレイテスト・ネルザ》]]⇒《終末縫合王 ザ=キラーキーナリー》
-「龍の歴史」とは王が違うため、[[《終末縫合王 ミカドレオ》]]ではない別の《終末縫合王》が生み出された模様。ただし、「龍の歴史」と同じく列伝に記されたクリーチャー同士であるのには変わらない。
-「暗黒王」という肩書は、設定上《シーザー》の肉体を駆る[[《暗黒王デス・フェニックス》]]と同じ。
なお、その《デス・フェニックス》は「龍の歴史」において[[ギガンディダノス>《大樹王 ギガンディダノス》]]と[[共鳴し>レクスターズ]][[《ディダノス <デスフェニ.Star>》]]となっている。

***陽炎王 [#a12f7c56]
[[《陽炎の守護者ブルー・メルキス》]]
-対となる存在は「[[闘魂王>《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン GS》]]」[[《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》]]。
⇒[[《白蒼混成 B・W・M》]]

***零源王 [#o923edc7]
[[《「無情」の極 シャングリラ》]]
-対となる存在は「[[煉獄王>《邪眼皇ロマノフI世 GS》]]」[[《邪眼皇ロマノフI世》]]。
⇒[[《零獄接続王 ロマノグリラ0世》]]

***創世王 [#bb0ef247]
[[創世神]]/[[《EVENOMIKOTO》]]&[[《神ナル機カイ「亜堕無」》]]
-対となる存在は「[[決闘王>《ボルシャック・ドラゴン GS》]]」[[《ボルシャック・ドラゴン》]]。
ただし、[[ボルシャック>《ボルシャック・ドラゴン GS》]]は[[ディスペクター]]の手を逃れ[[モモキング>《王来英雄 モモキングRX》]]に力を貸していたため、合成体は存在しない。
仮に合成されていれば、[[《聖魔連結王 ドルファディロム》]]と並ぶ「直接戦った者同士(([[背景ストーリー]]上、[[創世神]]と戦った[[《ボルシャック・NEX》]]は[[《ボルシャック・ドラゴン》]]と同一視されている))の『王』の[[ディスペクター]]」となっていた。
とはいえ、[[《龍魂珠》]]の[[真の>ニュー・ワールド・ドラゴン]][[目的>《Volzeos-Balamord》]]を考えると、12の『王』の魂が全て最初から手に入っていれば「[[ディスペクター]]の軍勢」という物自体誕生していなかっただろう。
-こちらの世界では《亜堕無》と《EVE》はディスペクターにされ、十二王で最初にジャオウガに調伏されたらしい。十二王の力が揃わないと[[《Volzeos-Balamord》]]誕生が果たされない事から、他の王の誰かが鬼版王来大戦の途中でディスペクター化したのだろうか。

**参考 [#e1ae9196]
-[[《一王二命三眼槍》]]
-[[《暗黒鎧 ザベル・リント》]]
-[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]
-[[王来MAX背景ストーリー]]

&tag(背景ストーリー);