#author("2022-07-03T12:02:31+09:00","","")
#author("2022-07-03T12:03:15+09:00","","")
*&ruby(すなば){砂場}; [#head]
''砂場 (Sand Box)は、Wikiの投稿練習や書式確認のために自由に編集してよいページです。''

//自由に編集しても良い=自由に削除もしても良いということです。削除されたくない文章は、ここには書くべきではありません。
//↑ログ保存はしなくてもいいという意味の注意喚起

もしかして:[[《砂場男》]]
//この線より下に記述してください
----
//|CENTER:''目&br;次''|[[デッドリンク一覧>#dead]]|
//|~|[[削除要望のあるページ一覧>#del]]|
//|~|[[wiki記法>#write]]|
//|~|[[サイクルの下書き>#sand]]|
//|~|[[正しい編集の仕方>#view]]|
//
//#br

|''目次''|h
|#contents|


*秀逸なページ [#b6e27e2e]
自薦、推薦どちらも可。選考内容は「解説が上手い」「ネタが面白い」など。(主観的などの理由で正式に「秀逸なページ」システムが作られる事はないだろう)
-[[禁断文字]] 丁寧な解説
-[[《長鼻類 マンモスドン》]] マンモスドン帝国建国の分析、名前ネタ
-[[《ラップ仙人 デッドマン》]] 裁定
-[[《母なる大地》]] ゲーム論まで考察してる記事は珍しい
-公式Q&Aの考察(すぐ下) 禁断文字に並ぶ丁寧な解説

*公式Q&Aの考察 [#ae262be4]
そもそも、なぜ公式サイトで見れる内容と同じことをWikiに転載しているかといえば、''編集した人が自身の記述の正当性を証明するため''だからといえる。

例えば、

-[[《γγ モンキュウタ》]]が付いた[[《ヨミジ 丁-二式》]]に、[[《コーライル》]]で山札バウンスをされたら、[[《γγ モンキュウタ》]]は山札の真ん中あたりにも置くことができる

といった奇妙な記述を書いたとして、それをみんながみんな無条件でそれを鵜呑みにできるだろうか、いや疑ってかかる人も少なくないだろう。

ここで、先程の記述に「公式Q&Aの処理から、」を追加し、ページ下部に公式Q&Aを書いた場合はどうなるか見てもらいたい。

#br

-(なにか文章)
-(なにか文章)
-公式Q&Aの処理から、[[《γγ モンキュウタ》]]が付いた[[《ヨミジ 丁-二式》]]に、[[《コーライル》]]で山札バウンスをされたら、[[《γγ モンキュウタ》]]は山札の真ん中あたりにも置くことができる
-(なにか文章)
-(なにか文章)
-(なにか文章)
----
公式Q&A
>Q.《頻波羅 ビリヤ棒ド》の「攻撃する時」の能力で、手札を1枚捨て、相手のオーラの付いたGRクリーチャーを選びました。どうなりますか?
A.まず、相手はGRクリーチャーを山札の一番上か一番下に置きます。その後、付いていたオーラを山札の好きな位置に加えて、GRクリーチャーは超GRの一番下に置きます。
(総合ルール 310.7)
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/39115/]]

**Q.同じページにルールと公式Q&Aを離れた場所に書くのは変だと思う [#kff941b6]

A.近くになんでもかんでも書けば読みやすくなるとは限りません。

公式Q&Aの存在は、ページ内で「それ本当?」って感じた人のみが必要とするもので、「へーそうなんだ」って納得できる人は、近くにその理由を書かれていても「いや、別にそこまで詳しくは書かなくても…」と感じるだけ。

#br
-(なにか文章)
-(なにか文章)
-総合ルール310.7aの「オーラはクリーチャーを移動させた効果の影響を受けず」というルールにより、[[《γγ モンキュウタ》]]が付いた[[《ヨミジ 丁-二式》]]に、[[《コーライル》]]で山札バウンスをされたら、[[《γγ モンキュウタ》]]は山札の真ん中あたりにも置くことができる
--Q.《頻波羅 ビリヤ棒ド》の「攻撃する時」の能力で、手札を1枚捨て、相手のオーラの付いたGRクリーチャーを選びました。どうなりますか?
A.まず、相手はGRクリーチャーを山札の一番上か一番下に置きます。その後、付いていたオーラを山札の好きな位置に加えて、GRクリーチャーは超GRの一番下に置きます。
(総合ルール 310.7)
[[引用元>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/39115/]]
-(なにか文章)
-(なにか文章)
-(なにか文章)

#br

↑実際に結論の近くに公式Q&Aをぶち込むとこんな感じになる。

ちなみに、脚注というもの((こんな感じに、補足的な文章をページの下のほうに表示することで、一文の見た目をスッキリさせるテクニック))が存在していることも、「近くになんでもかんでも書けば読みやすくなるとは限らない」ことの証明といえる。

なお、#region2を使って近くに置くという案も出ているが、そもそも#region2で「見かけ上ページ内に存在しない状態を作り出す」ことにデメリットがある(先にクリックして開かないと、単語検索やページ内検索でページのどこにあるかがわからなくなってしまう)。
そういう意味でも閉じずにページ下部に置くのが合理的といえる。

**Q.そもそも公式Q&Aをそのままこのwikiに書き写す意義は?ソースが必要なら、そのままリンク貼ればいいだけだと思うが [#kca19dba]

A.
①ページ遷移しないで関連する情報読めたほうが閲覧者が便利に使えそうじゃん? 閲覧者に不便を押し付けたい方針ならURLだけ貼って丸投げすれば。
②タカラトミーのサイトって結構URL変えたりするから、URL貼ってても目的の情報にたどり着ける保証がない問題がある。


**[[公式Q&A 2021年4月16日更新版]]が良くない理由について [#qe54be42]

公式Q&Aの引用は「公式から引用しない場合は、ソースのない記述扱いされかねないから書いている」部分がある。

一方、公式Q&Aをまとめたページは「''カードのページに利用するかしないかとは無関係に、とりあえず網羅している''」問題がある。

トップページでたびたび議論されているように、公式からの引用文を掲載するのは見る人にとっては無駄な作業に感じられがち。
ゆえにページにカードの裁定を記述しても公式Q&Aを引用しない人がいたり、あろうことか公式Q&Aを無駄な記述と判断したのかページから削除する人すら存在している。

おそらく、「公式Q&A ○年○月○日更新版」はやる気のある1人の編集者によって作成されているものと思われるが、そのやる気のある人が私生活の都合で編集する時間がなくなったり、Wikiに対する情熱を失って編集を辞めたら、じゃあ誰がそれ引き継いで運営するの?って話になる。

#br

そのカードに関連する公式Q&Aをページ下部にピックアップして書くのは「ページ内の記述を補強するのに必要 → だから書く」というふうに根拠が明確であるのに対し、公式Q&A ○年○月○日更新版で網羅するのは「もしかしたらどこかのページで使うかもしれない → そんなぼんやりとした理由で時間を使うのって、無駄じゃん」と正気に返り、突然誰も更新しなくなるリスクが否めない。

時間は有限かつWiki編集はボランティアで給料とかも出ないことを考えると、費用対効果の薄いページに依存した構造ははじめから形成しないのがベターではないだろうか。

*キーワード能力を太字化する試み [#sb942c67]

:810 :&color(green){''名無しさん@ラウンジ''};:2021/11/10(水) 17:24:00 ID:w/01MRmo|
11/20までに異論がなければ王来篇で実際に太字収録/再録されたカードのみを太字化していこうと考えています

誰かがやり始めたことだけど、結局半端に王来篇以外のカードでも太字化されたりされなかったりと統一された結果にならなかった。

>そんなぼんやりとした理由で時間を使うのって、無駄じゃん」と正気に返り、突然誰も更新しなくなるリスクが否めない。
>時間は有限かつWiki編集はボランティアで給料とかも出ないことを考えると、費用対効果の薄いページに依存した構造ははじめから形成しないのがベターではないだろうか。

真上に書いてあったことの繰り返しだが、まさにその実例が起こってしまったといえる。

*基本セット以前の背景ストーリー [#qcec61cf]

**該当弾 [#n897741c]
-[[DMBD-18 レジェンドスーパーデッキ 神歌繚乱>DMBD-18]]
----
現在進行している[[背景ストーリー]]の中でも、[[基本セット>基本セット背景ストーリー]]より以前の時代の[[背景ストーリー]]。
「運命の夜」より前の5[[文明]]間での均衡が保たれていた時代や、[[ストーリー>背景ストーリー]]の舞台である「超獣世界」の成り立ちを描いた物語である。
-長らく、[[基本セット>基本セット背景ストーリー]]以前の世界の様相については大々的に触れられることがなく、[[オリジン]]などごく一部の[[クリーチャー]]・勢力の説明で軽く触れられるのみであった。しかし、2021年度シリーズである[[王来篇]]が「[[デュエマ>デュエル・マスターズ]]20周年」ということで「デュエマの歴史」について深堀がされるようになり、その過程でこの時代の物語が描かれることになった。
*[[五龍神]]の時代から5[[文明]]の時代へ:[[DMBD-18]] [#n641cdf4]
**神歌創世紀前世界 [#c25d5cf3]
遥か昔、世界が5つの[[文明]]に分かたれるよりも前。
超獣世界は、「[[五龍神]]」あるいは「五大龍神」と呼ばれる、5体の強大な[[ドラゴン]]によって統治されていた。
-「天の龍神」、[[アークゼオス>《天龍神アークゼオス》]]。
その龍神は、輝く[[光]]に相応しい、ただただ強き戦士を求めた。
そして「天上コロッセオ」では、かの龍神に仕える戦士を選抜するべく日夜剣闘士による模擬戦が行われていた。
-「海の龍神」、[[クリスド>《海龍神クリスド》]]。
その龍神は、まるで[[水]]が流れるが如く、常に新たな理論を構築し続けていた。
-「黒き龍神」、[[モルナルク>《黒龍神モルナルク》]]。
その龍神は、己が[[闇]]の欲求に従い、他者の命を美しき宝玉に封じ込めた。
「虚飾の宮殿」にてかの龍神に仕える配下の者たちは、主の貪欲な要求に対応するべく、紅き宝玉を献上していた。
-「炎の龍神」、[[ヴォルジャアク>《炎龍神ヴォルジャアク》]]。
その龍神は、技術の[[炎>火]]で戦うための兵器を生み出した。
その最強の兵器は、かの龍神が統べる「機械仕掛けの計画都市」にて建造された。
-「地の龍神」、[[バラフィオル>《地龍神バラフィオル》]]。
その龍神は、呪術をもって[[大地と森>自然]]を生み出した。
「呪術の世界樹」では、かの龍神より伝えられたと言われる呪術を学ぶべく、[[妖精>スノーフェアリー]]達が集っていた。

[[五龍神]]がどこから来たのかは誰にもわからない。
だが、その強大さは疑いようもなく、彼らの統治は永遠に続くかと思われた。
しかし、[[五龍神]]の治世は、むきだしの「暴嵐」の力によって破壊されることとなった。
**「蒼狼の一族」による侵略、「5大[[文明]]」の成立 [#y948038f]
[[五龍神]]を襲った未知なる「暴嵐」。その正体は、「神歌」によって呼び出された不安定だが暴力的な[[ドラゴン]]であった。
「神歌」を歌い[[複数の>《八頭竜 ACE-Yamata/神秘の宝剣》]][[暴嵐竜>《暴嵐竜 Susano-O-Dragon》]]を操る、「歌姫にして戦乙女」[[《神歌の歌姫 アマテラス・キリコ》]]。そして彼女を先頭に[[五龍神]]の治世への侵略を実行したのが「蒼狼の一族」。
不意を突かれた[[五龍神]]達は次々と敗れ、大地に封じられてしまうのだった。
[[五龍神]]より世界の支配権を奪った「蒼狼の一族」は、手始めに彼らをそれぞれ別の土地に封じ、世界を5つの「[[文明]]」に分割。そして、自分たちこそが「[[超獣>クリーチャー]]の[[始祖>オリジン]]」であると名乗るのだった。

世界が五分される時、ある一部の一族が異次元に閉じ込められ、そして後に「[[シノビ]]」となったと言われている。
「蒼狼の一族」は世界を五分したが、わずかに分割されることなく残った土地があった。5つの[[文明]]全ての力が同居するその地は、後に「[[仙界]]」と呼ばれるようになった。
「蒼狼の一族」の一人、大王を名乗る[[イザナギテラス>《蒼狼の大王 イザナギテラス》]]は、かつて[[海の龍神>《海龍神クリスド》]]が治めていた地域を「不安定な神殿」として再構成し、自らの本拠地と定めた。

かつて世界を治め秩序を保っていた[[五龍神]]は既に亡く、その統治も「神歌創世紀前五文明紀行」にてわずかに知ることが出来るのみである。
そして、[[五龍神]]より世界を奪った「蒼狼の一族」もいつしか[[地上を去り>《黒月の古城 オリジナル・ハート》]]、後には5つの[[文明]]に分断された世界が残されることとなった。

***''Next'' [#n4cea311]
-[[基本セット背景ストーリー]]
**参考 [#g0debdfe]
-[[背景ストーリー]]


*ボルシャックvsボルメテウス [#ja6f5d20]
共に[[デュエル・マスターズ]]を象徴するドラゴンとして人気の高い[[《ボルシャック・ドラゴン》]]と[[《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》]]、今回はどちらがデュエル・マスターズの「顔」に相応しいか考察してみる。
**ボルシャック派 [#o97ac476]
-[[DM-01]]に登場した最古のドラゴンである[[《ボルシャック・ドラゴン》]]の方が初出が[[闘魂編]]の[[《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》]]よりも顔に相応しい。
-[[王来篇背景ストーリー]]で王の代表となったのはボルシャック。[[メルキスと仲悪くくっついてた>《白蒼混成 B・W・M》]]モブメテウスに看板は相応しくない。
-[[デュエル・マスターズ プレイス]]のアイコンはボルシャック。公式がデュエマの象徴として認めている証である。
-[[ファイブ・オリジン・ドラゴン]]が一体、[[《炎龍神ヴォルジャアク》]]を見るに[[ボルシャック]]こそ[[火文明]]の象徴である。
-[[神化編]]や[[覚醒編]]でボルシャックは主役を張った実績がある。[[相手じゃなくて自分の盾を焼くパチモン>《ボルメテウス・武者・ドラゴン》]]が主役だったボルメテウスと違ってボルシャックは散っていった友の哀しみを力に変えるという点で一貫してるんだよ!
-[[切札 勝舞]]の相棒といえばボルシャック・ドラゴンである。
-ボルシャックは[[WIXOSS]]に出張しており、外部からもボルシャックこそがデュエマの象徴だと認められている。
-20周年の[[クロニクルデッキ]]はボルシャックの歴史。すなわちデュエマの歴史はボルシャックの歴史である。
-[[法を力に。それが光の象徴。>《聖霊王アルカディアス》]] [[破壊を力に。それが闇の象徴。>《悪魔神バロム》]] [[友情を力に。それが火の象徴。>《ボルシャック・ドラゴン》]]
-そもそも反撃要素を否定する陰湿ドラゴンが看板のゲームなんて誰がやるんだ?(中傷)
**ボルメテウス派 [#m54d72f7]
-[[ベリーレア]]かつ環境で使われなかったボルシャックよりも[[スーパーレア]]のボルメテウスの方がプレイヤーには馴染み深い。
-デュエプレがどうのこうのと言うがそれを言うならデュエプレにおいてキャンペーンの対象でなおかつ火文明の代表([[DMPP-01]]のシークレット)として扱われているのはボルメテウスである。
-[[《切札勝舞&ボルメテウス -決闘の物語-》]]を見れば分かる通り、ボルメテウスこそが[[切札 勝舞]]の相棒という扱いである。
-初のクロニクルデッキはボルメテウスである事からプレイヤーから愛されたのはボルメテウスだと分かる。
-20周年キャンペーンの景品はボルメテウスである。
-20周年記念ブックの表紙、付録はボルメテウスである。ゾイドになれなかったボルシャックさんちーっすwww
**結論 [#z1d69d11]
[[《ボルシャック・ドラゴン》]]を作品としてのデュエル・マスターズの象徴、[[《ボルメテウス・ホワイト・ドラゴン》]]をカードゲームとしてのデュエル・マスターズの象徴とする折衷案でどうか。
*能力系統別ごとにはじめて[[殿堂入り]][[プレミアム殿堂]]になったカード [#x92690a4]
|能力|カード|時期|
|[[進化クリーチャー]]|[[《アストラル・リーフ》]]|2004/3/15|
|[[スピードアタッカー]]|[[《無双竜機ボルバルザーク》]]|2005/7/15|
|[[エクストラターン]]|~|~|
|[[ハンデス]]|[[《スケルトン・バイス》]]|2005/7/15|
|[[全体除去]]|[[《炎槍と水剣の裁》]]|2006/3/15|
|[[シールド焼却]]|[[《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》]]|2007/1/15|
|[[T・ブレイカー]]|~|~|
|[[リアニメイト]]|[[《インフェルノ・ゲート》]]|2008/4/15|
|[[ランデス]]|[[《超竜バジュラ》]]|2008/4/15|
|[[サルベージ]]|[[《凶星王ダーク・ヒドラ》]]|2008/10/15|
|[[]]|||

*サイバーコマンド [#nfff908b]
-アルファベット順に並べると、[[A>《サイバー・A・アイアンズ》]]、[[B>《サイバー・B・バック》]]、C、[[D>《サイバー・D・ゲーザ》]]、[[D>《サイバー・D・モンストレイション》]]、E、F、[[G>《サイバー・G・ホーガン》]]、[[GG>《サイバー・GG・ハルク》]]、H、[[I>《サイバー・I・チョイス》]]、[[J>《サイバー・J・イレブン》]]、[[J>《サイバー・J・シン》]]、[[K>《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》]]、[[K>《大河海嶺・K・アトランティス》]]、[[L>《サイバー・L・グランド》]]、

|~''記号''|~''カード名''|~''備考''|h
|A|[[《サイバー・A・アイアンズ》]]||
|B|[[《サイバー・B・バック》]]||
|C|該当なし||
|D|[[《サイバー・D・モンストレイション》]]|読みが「ディ」|
|D|[[《サイバー・D・ゲーザ》]]|読みが「ディー」|
|E|[[《超電磁 パックE》]]|[[進化]]|
|F|該当なし||
|G|[[《サイバー・G・ホーガン》]]|他の《G・ホーガン》と同一人物|
|G|[[《時空のスター・G・ホーガン》]]|他の《G・ホーガン》と同一人物|
|G|[[《イチバンの覚醒者オーシャン・G・ホーガン》]]|他の《G・ホーガン》と同一人物|
|GG|[[《サイバー・GG・ハルク》]]||
|H|[[《超電磁カーリー・ミラージュ H》]]|[[進化]]|
|H|《サイバー・H・チューブ》|背景ストーリー上の用語、地名|
|I|[[《サイバー・I・チョイス》]]||
|J|[[《サイバー・J・イレブン》]]||
|J|[[《サイバー・J・シン》]]|読みが「ジェット」|
|K|[[《大河海嶺・K・アトランティス》]]||
|K|[[《サイバー・K・ウォズレック》>《サイバー・K・ウォズレック/ウォズレックの審問》]]||
|L|[[《龍聖大河・L・デストラーデ》]]||
|L|[[《サイバー・L・グランド》]]||
|M|[[《超電磁ヘルラッシュM》]]|読みが「マックス」|
|N|[[《サイバー・N・ワールド》]]||
|N|[[《N・S・Y》]]|読みが「ナンカ」|
|O|[[《真実の名 サイバー・O・ホーリー》]]||
|P|[[《サイバー・P・ゴービー》]]||
|Q|該当なし||
|R|[[《サイバー・R・コンストラクション》]]|読みが「リ」|
|S|[[《サイバー・S・リエス》]]|読みが「セブ」|
|S|[[《N・S・Y》]]|読みが「スゴイ」|
|T|[[《サイバー・T・クラウン》]]||
|U|該当なし||
|V|[[《爆裂大河シルヴェスタ・V・ソード》]]||
|V|[[《サイバー・V・チューブ》]]||
|W|[[《サイバー・W・スパイラル》]]||
|X|[[《サイバーX・ザナドゥ》]]||
|Y|[[《N・S・Y》]]|読みが「ヤツ」|
|Z|[[《超電磁マクスウェル Z》]]|[[進化]]|
|Θ|[[《超神羅ギャラクシー・オペレーションθ》]]|小文字|
|Λ|[[《超電磁コスモ・セブ Λ》]]||
|Σ|[[《超電磁トワイライトΣ》]]||
|∀|[[《サイバー・∀・ラスティ》]]|読みが「ターンエー」|
|Ⅱ|[[《ソーシャル・マニフェストⅡ世》>《ソーシャル・マニフェストII世》]]||


*各エキスパンションの「有名なカード」の選出例 [#c1ce9d76]

-[[殿堂入り]]や[[プレミアム殿堂]]を受けた実績のあるカード([[殿堂解除]]済のものを含む)
--例:[[《インフェルノ・ゲート》]]、[[《予言者ローラン》]]など

-[[スーパーレア]]より上のレアリティにあるカード
--例:[[《ガイアール・カイザー》]]、[[《ガロウズ・セブ・カイザー》]]など

-その[[エキスパンション]]の看板的存在
--例:[[DM-12]]の[[五大王]]、[[DM-17]]の[[進化クロスギア]]など

-パッケージイラストに描かれているカード
--例:[[《超竜ヴァルキリアス》]]、[[《ノーブル・エンフォーサー》]]など

-[[シークレットカード]]が収録されているカード([[新章デュエル・マスターズ]]のように対象カードが多いものを除く)
--例:[[《極まる侵略 G.O.D.》]]、[[《ボルシャック・ドギラゴン》]]など

-アニメや漫画で主要キャラクターの[[切り札]]として使われた
--例:[[《クリムゾン・ワイバーン》]]、[[《超竜騎神ボルガウルジャック》]]など

-[[ウルトラゴールデンカード]]が存在するカード
--例:[[《メガ・マグマ・ドラゴン》]]、[[《ドンジャングルS7》]]など

-上記のどれにも該当しないが有名なカードとして記述するに値するカード
--[[環境]]で目立った活躍をした実績のあるカード
---例:[[《復活の祈祷師ザビ・ミラ》]]、[[《ルナ・コスモビュー》]]など
---「活躍した」に明確な基準がないため、主観的な列挙が行われる場合がある。
[[DMX-01 「キング・オブ・デュエルロード ストロング7」>DMX-01]]や[[DMX-24 「輝け!デュエデミー賞パック」>DMX-24]]などに環境で活躍したカードばかりを再録している商品は一つの指標になるが、《ルナ・コスモビュー》などそもそも再録を受けていないカードもある。

--[[ネタカード]]や[[ハズレア]]などとしてプレイヤーからの認知度が高いカード
---例:[[《レッツ!鳥鍋パーティー》]]、[[《アクア・マスター》]]など
---「プレイヤーからの認知度が高い」に明確な基準がないため、主観的な列挙が行われる場合がある。

--[[再録]]回数が多いカード
---[[《デーモン・ハンド》]]、[[《エナジー・ライト》]]など
---どの程度で「多い」とするかは多少の主観が混ざる。2~3回程度の再録であっても初出からの年月が浅い場合は「多い」と取れる場合もある。

--そのカードから派生したカードが多く存在するカード
---例:[[《ブラッディ・イヤリング》]]、[[《永遠のプリンプリン》]]など
---こちらも[[再録]]同様、どの程度で「多い」とするかに多少の主観が混ざる。

*再録5回以上のカード一覧 [#id86b66b]
//デュエプレ収録はノーカウント
|カード名|初出|
|[[《ボルシャック・ドラゴン》]]|[[DM-01]]|
|[[《クリスタル・メモリー》]]|[[DM-01]]|
|[[《ホーリー・スパーク》]]|[[DM-01]]|
|[[《デーモン・ハンド》]]|[[DM-01]]|
|[[《ナチュラル・トラップ》]]|[[DM-01]]|
|[[《雷光の使徒ミール》]]|[[DM-01]]|
|[[《ソーラー・レイ》]]|[[DM-01]]|
|[[《アクア・ハルカス》]]|[[DM-01]]|
|[[《キャンディ・ドロップ》]]|[[DM-01]]|
|[[《アクア・ガード》]]|[[DM-01]]|
|[[《スパイラル・ゲート》]]|[[DM-01]]|
|[[《ブラッディ・イヤリング》]]|[[DM-01]]|
|[[《デス・スモーク》]]|[[DM-01]]|
|[[《ゴースト・タッチ》]]|[[DM-01]]|
|[[《不死身男爵ボーグ》]]|[[DM-01]]|
|[[《凶戦士ブレイズ・クロー》]]|[[DM-01]]|
|[[《青銅の鎧》]]|[[DM-01]]|
|[[《ディメンジョン・ゲート》]]|[[DM-01]]|
|[[《大勇者「ふたつ牙」》]]|[[DM-02]]|
|[[《クリスタル・ランサー》]]|[[DM-02]]|
|[[《ロスト・ソウル》]]|[[DM-02]]|
|[[《卵胞虫ゼリー・ワーム》]]|[[DM-02]]|
|[[《ねじれる者ボーン・スライム》]]|[[DM-02]]|
//|[[《》]]|[[]]|
//|[[《》]]|[[]]|

**[[【ドリームメイト】]] (TCG版) [#t0bfdba3]

**リモート時の盤面表示 [#v03159ac]
リモート対戦における相手には、このように映すことが望ましい
|>|>|>|>|BGCOLOR(white):CENTER:&br;[[マナゾーン]]&br; |
|BGCOLOR(white):CENTER:[[超GRゾーン]]&br;または&br;超次元ゾーン|BGCOLOR(white):CENTER:[[超次元ゾーン]]&br;または&br;超GRゾーン|BGCOLOR(white):CENTER:[[墓地]]|BGCOLOR(white):CENTER:[[山札]]|BGCOLOR(white):CENTER:[[シールドゾーン]]|
|>|>|>|>|BGCOLOR(white):CENTER:&br;[[バトルゾーン]]&br; |

*リーフ青単(歴史保存案) [#mf6d6fc9]
かつて凶悪と呼ばれ一時期[[殿堂入り]]までしていた[[進化クリーチャー]]、[[《アストラル・リーフ》]]を主軸とした[[【青単速攻】]]。

[[殿堂入り]]施行以前の[[基本セット環境]]から[[闘魂編環境]]にかけて暴れ回った[[デッキ]]である。

|アストラル・リーフ VR 水文明 (2)|
|進化クリーチャー:サイバー・ウイルス 4000|
|進化−自分のサイバー・ウイルス1体の上に置く|
|このクリーチャーがバトルゾーンに出たとき、カードを3枚引いてもよい。|

主力種族は[[サイバー・ウイルス]]と[[リキッド・ピープル]]。
[[DM-07]]以前の[[環境]]である、第一次[[殿堂]]施行以前に猛威を振るった。

[[《アストラル・リーフ》]]を初めとする優秀な[[ドローソース]]群、その手札から[[S・トリガー]]を設置する[[《エメラル》]]が搭載され、攻守ともに隙のないデッキだった。

**主要カード [#e52d6fd7]
|[[《アストラル・リーフ》]]|コンセプト。2[[コスト]]3[[ドロー]]アタッカー。|
|[[《マリン・フラワー》]]|サイバー・ウイルス進化元|
|[[《T・アナーゴ》]]|新たに登場した進化元|
|[[《エレガント・ランプ》]]|《グレープ・ジェリー》の下位互換のため[[DM-07]]までの活躍|

**クリーチャー [#ja078972]
|[[《アクア・ガード》]]|[[リキッド・ピープル]][[進化]]元|
|[[《アクア・ビークル》]]|~|
|[[《「流星の雫」》]]|[[サイバー・ウイルス]][[進化]]元|
|[[《カクタキュー #ナイトリバー #KAWAE》]]|~|
|[[《グレープ・ジェリー》]]|~|
|[[《アクア・ハルカス》]]|ドローウィニー。ドロー過剰なので投入されないことも|
|[[《アクア・サーファー》]]|S・トリガーのリキッド・ピープル|
|[[《エメラル》]]※|[[S・トリガー]]仕込み用ウィニー。当時無制限|
|[[《コーライル》]]|除去クリーチャー|
|[[《アングラー・クラスター》]]|ブロッカー。しかし混色トリガーが使いにくくなる|
|[[《クリスタル・パラディン》]]|[[フィニッシャー]]|
|[[《クリスタル・ランサー》]]|~|
|[[《ジェリー・ローニン》]]|[[山札]]の一番上が[[サイバー]]なら[[手札]]に加える|
|[[《アクア・スーパーエメラル》]]|[[cip]]で[[S・トリガー]]を仕込む|
|[[《終末の時計 ザ・クロック》]]|1[[ターン]]を確実にしのげる[[S・トリガー]]|

**呪文 [#b877c378]
|[[《ストリーミング・シェイパー》]]※|水単色専用ドローソース。当時無制限|
|[[《サイバー・ブレイン》]]☒|ドローソース。当時無制限|
|[[《サイバー・ブレイン》]]※|ドローソース。当時無制限|
|[[《スーパー・スパーク》]]|S・トリガー専用。[[タッチ]]光扱い|
|[[《デーモン・ハンド》]]|S・トリガー専用。タッチ闇扱い|
|[[《深緑の魔方陣》]]|S・トリガー専用。タッチ自然扱い|

**殿堂ゼロ環境での候補 [#f2d7e8c0]
|[[《パラダイス・アロマ》]]※|[[サイバーロード]]がいれば[[G・ゼロ]]|
|[[《キュート・ウィスパー》]]|2マナ[[サイバー・ウイルス]]|
|[[《チェレンコ》]]|2[[マナ]][[サイバーロード]]|
|[[《電磁封魔ロッキオ》]]|~|
|[[《電磁王機ピッコリ・コイルンガー》]]|~|
|[[《電磁封魔ルチアーノ》]]|~|
|[[《斬隠テンサイ・ジャニット》]]|[[cip]]で[[バウンス]]する[[サイバー]]/[[シノビ]]|
|[[《キューティー・ハート》]]|条件付き[[バウンス]]の[[S・トリガー]]|
|[[《トロン》]]|[[サイバーロード]]の[[進化元]]|
|[[《アクア・パトロール》]]☒|[[【キクチパトロール】]]への[[メタ]][[カード]]|

|[[《エンペラー・ティナ》]]|軽量[[サイバー]][[進化]]|
|[[《エンペラー・マリベル》]]|[[バウンス]]内蔵の[[サイバー]][[進化]]|
|[[《アストラル・ラッシュ》]]|[[バウンス]]と[[ドロー]]ができる[[サイバー]][[進化]]|
|[[《エンペラー・ベーシックーン》]]|[[手札補充]]できる[[サイバーロード]][[進化]]|

↓ここからは実際には階層ページにします
#region2(環境当時の候補カード){{
-環境当時の候補カード
**主要カード [#e52d6fd7]
|[[《アストラル・リーフ》]]|コンセプト。2[[コスト]]3[[ドロー]]アタッカー。|
|[[《マリン・フラワー》]]|サイバー・ウイルス進化元|
|[[《エレガント・ランプ》]]|《グレープ・ジェリー》の下位互換のため[[DM-07]]までの活躍|

**クリーチャー [#ja078972]
|[[《アクア・ガード》]]|[[リキッド・ピープル]][[進化]]元|
|[[《アクア・ビークル》]]|~|
|[[《グレープ・ジェリー》]]|~|
|[[《アクア・ハルカス》]]|ドローウィニー。ドロー過剰なので投入されないことも|
|[[《アクア・サーファー》]]|S・トリガーのリキッド・ピープル|
|[[《エメラル》]]|[[S・トリガー]]仕込み用ウィニー。|
|[[《コーライル》]]|除去クリーチャー|
|[[《アングラー・クラスター》]]|ブロッカー。しかし混色トリガーが使いにくくなる|
|[[《クリスタル・パラディン》]]|[[フィニッシャー]]|
|[[《クリスタル・ランサー》]]|~|

**呪文 [#b877c378]
|[[《ストリーミング・シェイパー》]]|水単色専用ドローソース。|
|[[《サイバー・ブレイン》]]|ドローソース。|
|[[《スーパー・スパーク》]]|S・トリガー専用。[[タッチ]]光扱い|
|[[《デーモン・ハンド》]]|S・トリガー専用。タッチ闇扱い|
|[[《深緑の魔方陣》]]|S・トリガー専用。タッチ自然扱い|
}}
//階層ここまで

**基本戦術 [#yf3d62ff]
[[《マリン・フラワー》]]から最速2[[ターン]]目に[[《アストラル・リーフ》]]を繰り出し、3枚[[ドロー]]しつつ[[進化速攻]]していく。[[《エレガント・ランプ》]]や[[《グレープ・ジェリー》]]など、2[[マナ]]以下の[[進化元]]は当時からそれなりに存在したため、簡単に出すことができた。

圧倒的な[[手札]]から[[ウィニー]]を繰り出して相手を圧殺する。わずか2[[マナ]]で3枚引きつつ[[召喚酔い]]なしで殴れる強さは、[[《サイバー・ブレイン》]]が[[プレミアム殿堂]]していることからも明らかである。

[[フィニッシャー]]には[[ブロッカー]]を無力化する[[《クリスタル・ランサー》]]や[[《クリスタル・パラディン》]]が使用可能。守りに関しては[[青単]]なら[[パワー]]6000となる[[《アングラー・クラスター》]]や[[S・トリガー]]を仕込める[[《エメラル》]]が使えた。

当時の大会の上位はほとんどこのデッキタイプ同士の戦いとなっていたため、同系戦をどう制すかが[[メタゲーム]]の鍵だった。

基本的にひたすら[[ビートダウン]]していくが、同系戦で相手の[[事故]]につけ込むことができるように、[[【クリーチャーコントロール】]]的に数を揃えてからシールドをブレイクしていくこともある。上級者同士では[[プレイング]]によって動きを変えていくこともあった。

**環境において [#d5c6cee0]
[[DM-04]]が発売されると、すぐさま[[《アストラル・リーフ》]]と[[《マリン・フラワー》]]の組み合わせが注目され、[[デッキ]]が組まれた。

前弾の[[DM-03]]で登場した[[《ストリーミング・シェイパー》]]と[[《アングラー・クラスター》]]を組み合わせ、非常に強力な[[デッキタイプ]]として成立。瞬く間に[[環境]]を席巻した。

[[《マリン・フラワー》]]から繋いで2[[ターン]]目に[[《アストラル・リーフ》]]を出す流れは非常に凶悪であり、この[[デッキタイプ]]が[[トップメタ]]に君臨することは自然な流れだった。事実上、混沌としたメタゲームを初めて制したデッキと言える。

[[《アストラル・リーフ》]]の凶悪さは、やがて様々な派生[[デッキ]]を生み出していく。[[自然]]文明を混色し、さらに洗練した[[【トリガーターボ】]]、[[《アストラル・リーフ》]]に[[《メビウス・チャージャー》]]を撃ち込んで爆発的な[[マナブースト]]を行う[[【ターボメビウス】]]などである。青緑構築に2枚積みの[[《ロスト・ソウル》]]、[[4枚積み]]の[[《デーモン・ハンド》]]、1枚積みの[[《ギガボルバ》]]を挿したタッチ[[黒]]型、4枚積みの[[《ホーリー・スパーク》]]を投入したタッチ[[白]]型も一定数存在した。

実際に[[闘魂編]]の[[メタゲーム]]は[[サバイバー]]などの例外を除けばほとんどが同系であったため、いかに[[ミラーマッチ]]を制すかが鍵となっていた。

そして2004年3月15日、[[デュエル・マスターズ]]史上最初の[[殿堂入り]][[レギュレーション]]が制定され、[[《ストリーミング・シェイパー》]]や[[《エメラル》]]らとともに[[《アストラル・リーフ》]]も[[殿堂入り]]。

リーフを主軸にした他の多くの[[デッキ]]とともに、この[[デッキタイプ]]も消滅した。[[サイバー・ウイルス]]を主軸にした[[【速攻】]]が[[メタゲーム]]に再び姿を現すのには[[神化編]]での[[【サイバー青単】]]の出現を待つこととなる。

2019年1月21日、[[《アストラル・リーフ》]]が[[殿堂解除]]された。[[《アストラル・リーフ》]]自体は依然として強力な[[カード]]ではあるが、脇を固める[[進化元]]や他の[[クリーチャー]]が[[インフレ]]に付いていけていないので、[[進化元]]以外の抜本的な改造は不可欠といえる。

また、[[殿堂ゼロデュエル]]などの特殊な[[レギュレーション]]では、[[《パラダイス・アロマ》]]などを加えたタイプが使用されることもある。

**その他 [#nfcccd84]
-あまりにも強すぎるため基本セット環境限定のデュエマクラシックで禁止するローカルルールも多い。

**参考 [#xe3bb045]
-[[デッキ集 (一覧)]]
-[[デッキ集/速攻]]
-[[デッキ集/種族デッキ]]
-[[青単]]
-[[【青単速攻】]]
-[[【リーフミラダンテ】]]

&tag(デッキ集,速攻デッキ,種族デッキ,進化デッキ,【青単速攻】);

*設計図・アクアン系 [#n16dc83f]
コストで区分け
***コスト1 [#y3e9d101]
|~カード名|~タイプ|~文明|~確認枚数|~手札補充条件|~移動先|~備考|h
|[[《ガガガン・ジョーカーズ》]]|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|3枚見る|クリーチャー|山札の下||
|[[《トレジャー・マップ》]]|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|5枚見る|自然クリーチャー|山札の下||

***コスト2 [#je14eb22]
|~カード名|~タイプ|~文明|~確認枚数|~手札補充条件|~移動先|~備考|h
|[[《未来設計図》]]|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|6枚見る|クリーチャー|山札の下||
|[[《次元の霊峰》]]※|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|全て見る|多色クリーチャー|シャッフル||
|[[《進化設計図》]]|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|6枚見る|進化クリーチャー|山札の下||
手札補充条件で区分け1
***クリーチャー [#uf04da68]
|~カード名|~コスト|~タイプ|~文明|~確認枚数|~移動先|~備考|h
|[[《ガガガン・ジョーカーズ》]]|1|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|3枚見る|山札の下||
|[[《未来設計図》]]|2|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|6枚見る|山札の下||

***自然クリーチャー [#s7430a42]
|~カード名|~タイプ|~文明|~確認枚数|~手札補充条件|~移動先|~備考|h
|[[《トレジャー・マップ》]]|1|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|5枚見る|山札の下||

***多色クリーチャー [#h728fb90]
|~カード名|~タイプ|~文明|~確認枚数|~手札補充条件|~移動先|~備考|h
|[[《次元の霊峰》]]※|2|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|全て見る|シャッフル||

手札補充条件で区分け2
***クリーチャー [#k55c3a6a]
|~カード名|~コスト|~タイプ|~文明|~確認枚数|~移動先|~備考|h
|[[《ガガガン・ジョーカーズ》]]|1|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|3枚見る|山札の下||
|[[《未来設計図》]]|2|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|6枚見る|山札の下||
|[[《トレジャー・マップ》]]|1|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|5枚見る|山札の下|自然限定|
|[[《次元の霊峰》]]※|2|呪文|BGCOLOR(green):COLOR(white):自然|全て見る|シャッフル|多色限定|

*過去の状態を見られる・見られないの違い [#differencetoseeingpast]
-''ラスト・バースト呪文''
--唱える時に本体がどこでもないゾーンに行く。本体を唱えることができなければ不発(普通の呪文と同じ)。
--ラスト・バーストを含む[[pig]]は過去の状態を見れるが、普通の[[pig]]が効果含めて[[待機]]するのに対し、ラスト・バーストは唱えることしか待機しないので、本体が唱えられないと効果は得られない。
-''スマッシュ・バースト呪文''
--唱える時に''呪文のコピーが''どこでもないゾーンに行く。一度コピーされていれば本体がどうなろうが唱えられる。
---コピーのタイミングは解決時。先に侵略しているとコピー元が参照できず不発。
---呪文をコピーする際には過去の状態を参照できる。たとえ革命チェンジなどでバトルゾーンを離れていても、過去の状態の呪文側からコピーした呪文をどこでもないゾーンに乗せることが可能。

まとめると、[[ツインパクト]]が過去の状態を参照する時、過去の状態の呪文は「直接唱えることはできない」が「(コピー元として)参照することまではできる」?


*5枚目以降 [#e12cd3fd]

[[デュエル・マスターズ]]では[[デッキ]]に同名カードは4枚までしか入れることができないルール上制約がある(「[[4枚より多くデッキに入れることができる]]」能力を持ったカードと千葉ビートはその限りではない)。しかし、別名のカードに同じような役割を持ったカードがあり、それを投入することでその制約を緩和できることがある。
そうした役割を持ったカードを5枚目以降と表現される。

例えば、2コストで[[マナブースト]]ができる[[《鼓動する石版》]]は、[[S・トリガー]]を持たないことで[[《フェアリー・ライフ》]]より見劣りする[[スペック]]だったが、[[《フェアリー・ライフ》]]の5枚目以降として使われた。


**5枚目以降として使う理由 [#w1cd75da]

*能力使用能力 [#q31a0588]

文字通り、能力を使う能力。能力使用能力には主に以下の2種類がある。
-[[モード]]能力を使う能力
-[[アイコン能力]]を使う能力

**ルール [#l269a5dc]

|コオニ童子 UC 闇/火文明 (2)|
|クリーチャー:デモニオ/鬼札王国 2000|
|このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、このクリーチャーを破壊してもよい。そしたら、次のうちいずれか1つを選ぶ。|
|▶相手の手札を1枚見ないで選び、捨てさせる。|
|▶相手のパワー2000以下のクリーチャーを1体破壊する。|

|超次元フェアリー・ホール C 自然文明 (5)|
|呪文|
|自分の山札の上から1枚目を自分のマナゾーンに置く。|
|次のうちいずれかひとつを選ぶ。|
|►自分の超次元ゾーンから好きな数のサイキック・クリーチャーをコストの合計が5以下になるように選び、バトルゾーンに出す。|
|►コスト7以下の自然のサイキック・クリーチャーを1体、自分の超次元ゾーンからバトルゾーンに出す。|

|ナゾの光・リリアング SR 光文明 (2)|
|クリーチャー:メタリカ/スペシャルズ 2000|
|キズナ(このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のクリーチャー1体のKP能力を使う)|
|KP−光のコスト3以下の呪文を1枚、コストを支払わずに自分の手札から唱えてもよい。|
|エスケープ(このクリーチャーが破壊される時、墓地に置くかわりに自分のシールドを1つ手札に加えてもよい。ただし、その「S・トリガー」は使えない)|

能力使用能力は、誘発型能力であれば[[誘発]]した時点で、使用先の能力の内容をまとめて[[効果]]の[[解決]]を[[待機]]することになる。
-そのため、誘発元のカードが別のゾーンに移動したり、進化したりしても、[[解決]]時に使用先の能力をまとめて解決することができる。

能力使用能力には、どの能力を使うかを選ぶものがある。この場合、誘発型能力であれば、その能力が''[[誘発]]したと同時に、どの能力を使用するかを相手に宣言する''。[[呪文能力]]であれば、''呪文を唱えたと同時に使用する能力を宣言する''。そして、[[解決]]時にその宣言した能力を解決する。
-[[《コオニ童子》]]がバトルゾーンに出て、[[出た時]]能力が[[誘発]]すると同時に、[[ハンデス]]するかパワー2000以下のクリーチャー破壊するかを選ぶ。
-[[《超次元フェアリー・ホール》]]であれば、唱えたと同時に[[モード]]を選択するので、[[マナブースト]]を行うよりも先に、「サイキック・クリーチャーをコストの合計が5以下になるように出す」か「自然のコスト7以下のサイキック・クリーチャーを1体出す」かのどちらの能力を使うか宣言する。[[ソース>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/38720/]]

----

|瞬閃と疾駆と双撃の決断 VR 火文明 (3)|
|呪文|
|次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)|
|►コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。|
|►このターン、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。|
|►自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、そのクリーチャーをアンタップする。|

|偉大なる魔術師 コギリーザ SR 水文明 (6)|
|NEOクリーチャー:ムートピア 7000|
|NEO進化:自分の水のクリーチャー1体の上に置いてもよい。|
|W・ブレイカー|
|キズナコンプ(このクリーチャーが攻撃する時、好きな数の自分のクリーチャーのKP能力を使う)|
|KP−いずれかの墓地から、コスト7以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。唱えた後、その呪文を墓地に置くかわりに、持ち主の山札の一番下に置く。|

能力使用能力には、複数の能力を選べるものも存在する。これらは、宣言する時にどれを使うかすべて選んでから使う。
-[[《瞬閃と疾駆と双撃の決断》]]のように[[モード]]を2回選ぶものであれば、呪文を唱えた時に解決に入る前にモードを2回選んで、上から順番に選んだ能力を解決する。
-[[キズナプラス]]や[[キズナコンプ]]の場合、攻撃する時に能力が[[誘発]]すると同時に、使いたいKP能力を選んで、[[解決]]時に選んだ能力を好きな順番で解決する。

----

能力使用能力で、能力を複数使用する場合、その能力をすべて使用するまでが一連の処理となる。
-例えば、[[《キング・マニフェスト》]]の[[バズレンダ]]で追加コストを1回支払い、BP能力が2回使える状態で、1回目のBP能力で[[《二角の超人》]]を召喚してバトルゾーンに出した時、2回目のBP能力を解決する前に《二角の超人》の[[cip]]を使うことはできない。[[参考>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/33601/]]
-[[キズナプラス]]や[[キズナコンプ]]で複数のKP能力を使う場合、すべてのKP能力を使い終わるまで、他の[[待機]]している効果を解決することはできない。

**参考 [#ja8c507f]
-[[アイコン能力]]
-[[モード]]

&tag(用語集,タグ未設定);

*[[コスト7以下]] [#nbb53e25]
[[《ドギラゴン・エントリー》]]

[[《超次元フェアリー・ホール》]]
[[《超次元リバイヴ・ホール》]]
[[《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》]]
[[《零王の円卓》]]
[[《音音-オーブ》]]
[[《天罪堕将 アルカクラウン》]]
[[《浄界の意志 ダリファント》]]
[[《封魔のイザナイ ガラムマサラ》]]
[[《光機のイザナイ ロイヤルティー》]]
[[《革命の精霊龍 ローズダカーポ》]]
[[《ミラクル・リ・ボーン》]]
[[《剣豪の覚醒者クリムゾン GENJI・XX》]]
[[《偉大なる魔術師 コギリーザ》]]
[[《雪精 エリカッチュ》]]
[[《犠心のイザナイ 一休》]]
[[《超次元ムシャ・ホール》]]
[[《DOOOPPLER・マクーレ》]]
[[《超次元ボルシャック・ホール》]]
[[《夢の変形 デュエランド》]]
[[《イメンズ・サイン》]]
[[《雷龍 ヴァリヴァリウス》]]
[[《法と契約の秤》>《ルソー・モンテス/法と契約の秤》]]
[[《U・S・A・CAPTEEEN》]]
[[《ソーシャル・マニフェストII世》]]
[[《南国別荘 クジハウス》]]
[[《超次元ジェイシーエイ・ホール》>《全員集合!アクア・三兄弟/超次元ジェイシーエイ・ホール》]]
[[《蒼神龍スペル・グレートブルー》]]
[[《U・S・A・ONE》]]
[[《神来のイザナイ 日蓮》]]
[[《悪魔神ザビ・イプシロン》]]
[[《超次元ガロウズ・ホール》]]
[[《ΙΧΙ ヤマイオン》]]
[[《王来英雄 モモキングRX》]]
[[《超次元オニシュラ・ホール》>《最終決戦だ!鬼丸ボーイ/超次元オニシュラ・ホール》]]
[[《大神砕グレイトフル・ライフ》]]
[[《歴戦の精霊龍 カイザルバーラ》]]
[[《「快速のハッチャキ」》]]
[[《バイナラシャッター》]]
[[《堕呪 エアヴォ》]]
[[《神聖斬 アシッド》]]
[[《龍素記号Sr スペルサイクリカ》]]
[[《邪帝類五龍目 ドミティウス》]]
[[《超次元シャイニー・ホール》]]
[[《ウツセミ童子》]]
[[《悪魔神グレイトフル・デッド》]]
[[《深海の覇王 シャークウガ》]]
[[《導師の精霊龍 マホズン》]]
[[《龍素解析》]]
[[《大地と永遠の神門》]]
[[《名犬機 ワンコピー》>《名犬機 ワンコピー/101匹コピット大冒険》]]
[[《邪眼右神ニューオーダー》]]
[[《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》]]
[[《超次元エナジー・ホール》]]
[[《「祝え!この物語の終幕を!」》]]
[[《ナウ・オア・ネバー》>《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》]]
[[《左神人類 ヨミ》]]
[[《策士のイザナイ ゾロスター》]]
[[《インフィニティ・刃隠・ドラゴン》]]
[[《神聖牙 UK パンク》]]
[[《プリプリズン》]]
[[《龍装医 ルギヌス》>《龍装医 ルギヌス/地獄のゴッド・ハンド》]]
[[《ドドンガ轟キャノン》]]
[[《煉獄と魔弾の印》]]
[[《至宝を奪う月のロンリネス》]]
[[《キズナ・ブラスター》]]
[[《超次元キラーメガネ・ホール》]]
[[《ショーブ・アイニー》]]
[[《ヤッタレ総長》]]
[[《爆裂のイザナイ ダイダラ》]]
[[《超次元リュウセイ・ホール》]]
[[《改速 4-W》]]
[[《鬼ヶ鬼 ジャオウガ》]]
[[《偽りの名 ヤバスギル・スキル》]]
[[《復活のメシア マジョラム》]]
[[《The 大親分 鬼流院 刃》>《The 大親分 鬼流院 刃/「アンノウンがナンボのモンじゃ!」》]]

----

----
*高速 [#f4a7aee8]

序盤からデッキの動きを活発にすること、特に早いターンから決着をつけたり、[[ロック]]によって相手が手も足も出せない状態にしたりすることを指す。
[[速攻]]はこの部類に入るが、速攻以外にも序盤から[[ロック]]や[[ループ]]を仕掛けてゲームエンドに持ち込めれば、それも高速の部類に入る。

高速より遅いものは[[中速]]、さらに遅いものは低速と呼ばれる。

高速の定義は[[環境]]によって変わるが、[[インフレ]]が進んだ[[双極篇]]以降は3、4ターン目からゲームエンドに持ち込める動きが高速に当たる。[[革命編]]以降の[[環境]]は、3ターンキルが現実的な確率で行えるようになったことから、高速環境と呼ばれている。

かつては、高速デッキは速攻に限られていたが、[[超天篇]]以降は[[インフレ]]によって最速3、4ターン目から[[ループ]]や完全[[ロック]]ができるデッキがどんどん増えていった。ただし、それらは[[対話拒否]]を起こすものが多く、そうしたデッキは真っ先に[[殿堂レギュレーション]]改訂によって弱体化・消滅を余儀なくされる。

また高速デッキは、[[防御札]]を入れるよりも、最速の動きに特化した[[フルパワー]]型で組んだ方が勝率が安定することもあったりする。

**参考 [#s44e9381]
-[[中速]]

----

* 回答 [#m5cc3721]
相手の動きに対して効果的な[[カード]]。回答札と言うこともある。

**回答といえる場面 [#g14b464e]
相手が貼った[[《希望のジョー星》]]を[[《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》]]で[[除去]]する、[[《爆熱剣 バトライ刃》]]で出た[[《∞龍 ゲンムエンペラー》]]を相手に[[《ZERO ハンド》]]を引いている、など。

**使用例 [#u231d704]
-回答札を引いた。
-[[山札]]にはそのカードへの回答はたくさんある。
など

**解答 [#u84ed333]
日本語としてはこちらの熟語ではニュアンスが違う。
「回答」はその状況における返答(レスポンス)、「解答」はその質問における答え(アンサー)である。

ゲームは「相手との対話」であり、クイズや試験といった「問いを出す側 VS 問いに答える側」の構造ではないため、「解答」はふさわしくない。

ちなみに、もしも

-問題:相手の盤面が○○という状態です。では、次のドローステップで何を引けばこの状況を打開できるでしょうか。

という場面なら、「回答」ではなく「解答」が正しくなる。

**参考 [#lf72b709]

-[[用語集]]
-[[今引き]]
-[[《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》]]



*デッキ集の下部に投下予定(作りかけ) [#l77a5a3b]
**各種デッキの[[New Division]]落ちタイミング [#af32fa0d]
-主要カード以外のカードがそれ以前に使用不可能になり、弱体化する場合がある。
-主要カードの[[再録]]によりNew Division落ちのタイミングが延長されたり、再度New Divisionでの使用が可能になったりする場合がある。

|デッキ名|主要カード|[[DMPP-07]]|[[DMPP-08]]|BGCOLOR(yellow):[[DMPP-09]]|[[DMPP-10]]|[[DMPP-11]]|[[DMPP-12]]|[[DMPP-13]]|[[DMPP-14]]|[[DMPP-15]]|h
|[[【白黒緑二角コントロール】 (デュエプレ)]]|[[《二角の超人》]]|×|||||||||
|[[【マーシャルリーフナーガ】 (デュエプレ)]]|[[《マーシャル・クイーン》]]&br();[[《アストラル・リーフ》]]&br();[[《蛇魂王ナーガ》]]||×||||||||
|[[【ダイヤモンド・ブリザード】 (デュエプレ)]]|[[《ダイヤモンド・ブリザード》]]|||×|||||||
|[[【ボルバルザーク】 (デュエプレ)]]|[[《無双竜機ボルバルザーク》]]|||×|||||||
|[[【クイーン・メイデン】 (デュエプレ)]]|[[《永刻のクイーン・メイデン》]]||||×||||||
|[[【ウェーブストライカー】 (デュエプレ)]]|[[DMPP-04]]収録の各種[[ウェーブストライカー]]||||×||||||
|[[【アウゼス】 (デュエプレ)]]|[[《悪魔聖霊アウゼス》]]||||×||||||
|[[【リドロマッドネス】 (デュエプレ)]]|[[《血風戦攻リドロ》]]||||×||||||
|[[【聖獣王ペガサス】 (デュエプレ)]]|[[《聖獣王ペガサス》]]|||||×|||||
|[[【蛇魂王ナーガ】 (デュエプレ)]]|[[《蛇魂王ナーガ》]]|||||×|||||
|[[【暗黒王デス・フェニックス】 (デュエプレ)]]|[[《暗黒王デス・フェニックス》]]|||||×|||||
|[[【除去サファイア】 (デュエプレ)]]|[[《ボルメテウス・サファイア・ドラゴン》]]||||||×||||
|[[【ドルバロム】 (デュエプレ)>【バロム】 (デュエプレ)]]|[[《悪魔神ドルバロム》]]&br();[[《邪霊神官バーロウ》]]||||||×||||
|[[【青単テクノロジー】 (デュエプレ)]]|[[《インビンシブル・テクノロジー》]]||||||×||||
|[[【リキッド・ピープル】 (デュエプレ)]]|[[《クリスタル・ツヴァイランサー》]]&br()[[《超神星マーキュリー・ギガブリザード》]]||||||×||||
|[[【グレートメカオー】 (デュエプレ)]]|[[《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》]]&br();[[《超神星マーキュリー・ギガブリザード》]]|||||||×|||
|[[【トリファリオン】 (デュエプレ)]]|[[《霊王機トリファリオン》]]&br();[[《超神星ヴィーナス・ラ・セイントマザー》]]&br();[[《超神星マーキュリー・ギガブリザード》]]|||||||×|||
|[[【ドリームメイト】 (デュエプレ)]]|[[《独裁者ケンジ・パンダネルラ将軍》]]|||||||×|||
|[[【アポロヌス・ドラゲリオン】 (デュエプレ)]]|[[《超神星アポロヌス・ドラゲリオン》]]|||||||×|||
|[[【驚天トリガービート】 (デュエプレ)]]|[[《驚天の超人》]]||||||||×||
|[[【ジャック・ヴァルディ】 (デュエプレ)]]|[[《永遠のジャック・ヴァルディ》]]||||||||×||
|[[【武者・ドラゴン】 (デュエプレ)]]|[[《ボルメテウス・武者・ドラゴン》]]&br();[[DMPP-09]]収録の各種《武者》サポート|||||||||×|
//|[[]]|[[《》]]||||||||||
//|[[]]|[[《》]]||||||||||
//|[[]]|[[《》]]||||||||||

*デュエプレにおける完全上位互換・完全下位互換 [#b65b2bc9]
主観が入らない分解指標として試作。
分解不可のカード([[《デスブレード・ビートル》]]など)は記述不要かと

|下位互換|上位互換|備考|h
|[[《屑男》]]|[[《封魔妖スーパー・クズトレイン》]]|[[《緑神龍バグナボーン》]]との組み合わせを除く|
|[[《ドリル・トラップ》]]|[[《武者ザンゲキ剣》]]||
//||||


**厳密には異なるが、完全上位互換・完全下位互換に近いもの [#qc51e6da]
|下位互換|上位互換|備考|h
|[[《ツインキャノン・ワイバーン》]]|[[《ボルシャック・大和・ドラゴン》]]||
|[[《ボルシャック・ドラゴン》]]|[[《ボルシャック・大和・ドラゴン》]]|《大和》の[[パンプアップ]]はバトル時&br;[[《ボルシャック・ドラゴン》]]は分解できない|
|[[《ボルシャック・スピード・ドラゴン》]]|[[《ボルシャック・大和・ドラゴン》]]|パワーでの差別化は可能|
|[[《ギガボアー》]]|[[《魔聖デス・アルカディア》]]||
|[[《ボルカニック・ザウルス》]]|[[《怪神兵ナグール》]]||
|[[《猛爆軍曹ボンバット》]]|[[《幻獣竜機ボルパンサー》]]||
|[[《武神兵ファイアー・バレット》]]|[[《衝撃のロウバンレイ》]]||
|[[《電磁霊樹アカシック・セカンド》]]|[[《無頼電脳スプラッシュアックス》]]||
//||||

*クロニクルデッキ未回収ネタ [#af342725]
-[[転生編]]…[[ミロク]]関連の掘り下げと[[石柱]]で示唆された[[進化クロスギア]]の融合体
-[[極神編]]…「生き残りのフェニックス」についてor[[ゴッド]]の存在
-[[革命ファイナル]]…[[ダママ団]]VS[[《禁断機関 VV-8》]]
-[[超天篇]]…[[《卍∞ ジ・エンデザーク ∞卍》]]の顛末と[[《テ・ラ・スザーク》]]として復活するまでの話
-[[十王篇]]…[[鬼札王国]]の歴史or[[ドラゴンギルド]]がいなくなった理由

*バルガ・アリタの能力(図解)(ボツ) [#i140e6c1]
ついったで見かけたので作成してみたが、正直記事に書くほどの内容でもないと感じたため、ここに供養。

|>|>|When:"このクリーチャーが出た時"or"このクリーチャーが攻撃する時"|
|>|>|Do:"山札の上から1枚目を表向きにする"|
|>|>|If:"それがコスト5以下のクリーチャーである"or"それがコスト5以下の呪文である"|
|BGCOLOR(#ccd):If|>|TRUE|
|~|BGCOLOR(#ccd):CHOICE|->Do:"それを使う"|
|~|~|->Else-Do:"それを墓地に置く"|
|~|>|FALSE|
|~|>|Do:"それを裏向きに戻す"((厳密にはルール処理の為、能力の解決直後に行う。))|

**NPCの仕様 [#b2ac4d89]
以下のキャラクターは、スキンとして使用可能なごく一部を除き、CPU操作のキャラとなる。

--使用するデッキ名は[[メインストーリー]]ではわかりやすい特徴の名前に、シティバトルとレジェンドバトルでは各々の性格や来歴、デッキやクリーチャーの特性などが反映されたらしき凝った名前になる。
デッキタイプはいずれもキャラクター毎に大まかな個性が存在するが、個々の構成はわかりやすいのもあれば、[[コントロール]]なのか[[中速]]なのか[[速攻]]なのか種族デッキなのかコンボデッキなのか、テーマがはっきりしない時もある。[[カイト]]や[[コタロウ]]が安定して強いという意見が多いが、難易度調整なのか、カードパワーを見るに大まかなデッキ構成の強さとしては レジェンドデュエリスト=五守護>その他住民 となっている。
使用されたデッキのほとんどはこのwiki内のキャラクターのページに有志の調査によって記録されており、特に五守護のデッキは完成度が高いものばかりなので、彼らのデッキを真似て作るのも一つの楽しみであろう。
新フォーマットが施行された当初は、レジェンドバトルのザキラやミミを除くすべてのNPCのデッキが「[[New Division]]」に準じて組まれていたようだが、最近ではこのフォーマットを無視した構築のデッキを使うNPCが大幅に増えた他、なんと[[DP殿堂]]を無視したデッキまで現れた。

--プレイングは以下の様な共通の傾向がある。合理的な理由が説明できず条件がはっきりしない挙動は多々ある。
+++相手のどの[[クリーチャー]]よりも高い[[パワー]]を持つ[[ブロッカー]]がこちらにいた場合は、相手の場に[[スレイヤー]]持ちや[[アンブロッカブル]]がいても攻撃してこない。
+++こちらに高[[パワー]][[ブロッカー]]がいても、相手の場が7体埋まった時は攻撃してくる。こちらに[[ブロッカー]]が複数いれば1体ブロックしたらターンエンドとなる。
+++こちらに高[[パワー]][[ブロッカー]]がいて相手に7体いなくても、相手の可能なブレイク数([[S・トリガー]]を考慮に入れない場合)がこちらの[[ブロッカー]]+[[シールド]]の数を超えたら攻撃してくる。
+++攻撃対象にできる[[クリーチャー]]が存在し、かつ[[ダイレクトアタック]]が見込めない場合、基本的に[[クリーチャー]]への攻撃を優先する。
+++除去の対象は基本的に高[[パワー]]の[[クリーチャー]]から。
+++[[シールド焼却]]を持つ[[クリーチャー]]が[[シールド]]を攻撃する場合、必ずブロックする。
+++[[ライブラリアウト]]が目前でも最優先で回避しようとせず、[[マナブースト]]や[[ドロー]]や[[墓地肥やし]]のカードを使用して敗北する時がある。
+++デッキ構成的に敗北が決定的となってもサレンダーは絶対にしない。

--高[[パワー]][[ブロッカー]]がいない時の相手の攻め方は恐らく以下の3種類(個人的な感想)。大体はビートダウン型。
しかしデッキ構成にあるべき戦術とこれらの攻め方がズレている事もある(例:[[フィニッシャー]]がまだいないのにブレイクする等)。
+++こちらの場がガラ空きになっても場が整うまでは攻撃してこない[[コントロール]]型。
+++こちらの場がガラ空き又は相手より低い[[パワー]]の[[クリーチャー]]しかいない場合([[アタックトリガー]]の除去で条件を満たす場合も含む)なら攻撃してくる[[ビートダウン]]型。[[攻撃されない]][[クリーチャー]]の場合はこの限りではない。
+++こちらの場に殴り返しできる[[クリーチャー]]がいても、相手の[[クリーチャー]]が攻撃可能なら攻撃してくる[[速攻]]型。

*キャラクター(デュエプレ) [#dfc1fb84]
-[[プレイヤー>プレイヤー(デュエプレ)]]……主人公。

-[[コッコ・ルピコ]]
本作のオリジナルキャラクター。[[《コッコ・ルピア》]]を擬人化した女の子。
ナビゲーターとして登場する。条件を満たせばアバターとしての使用も可能。

**レジェンドデュエリスト [#se7199f0]
原作キャラクターのこと。[[勝舞編]]から、[[切札 勝舞]]、[[黒城 凶死郎]]、[[白凰]](ホワイト)、[[黄昏 ミミ]]、[[邪藩 牛次郎]]、[[グレート・バケツマン]]、[[Dr.ルート]]、[[ジョージ釜本>ジョージ]]、[[不亞 幽]]、[[ザキラ]]が参戦。
-メインストーリーには牛次郎、白凰(ホワイト)、ミミ、バケツマン、幽、勝舞、ザキラが登場。
-シティバトルには勝舞、白凰、ミミ、ジョージ、ルート、バケツマン、黒城、牛次郎が登場。

**デュエマシティのデュエリストたち [#c274d483]
シティバトルに登場する。コタロウとアルバーノは[[メインストーリー]]でも対戦可能。後に[[EPISODE 9 新たなる来訪者>EPISODE 9 新たなる来訪者]]でキャンディも対戦可能となった。
-[[料理人 アルバーノ>アルバーノ]]
-[[ポップガール キャンディ>キャンディ]]
-[[マジシャン ミリア>ミリア]]
-[[メイド チロル>チロル]]
-[[忍者 コタロウ>コタロウ]]

**五守護 [#q9c2ee8c]
[[メインストーリー]]とシティバトルに登場。
-[[光の守護者 エレナ>エレナ]]
-[[水の守護者 カイト>カイト]]
-[[闇の守護者 ルカ>ルカ]]
-[[火の守護者 グレン>グレン]]
-[[自然の守護者 チュリン>チュリン]]

**ボスバトル [#o69303ef]
-[[ボルシャック・マハラジャ・ドラゴン]]

**[[ジャマー団]] [#a23bf7eb]
-ロイ・マッカラン(リーダー)
-[[JJ]]
-キョウカ
-[[スペイ]]
-団員

**その他 [#ted64c70]
-塔の番人
-[[カスミ]]
-[[アーク]]

**コラボキャラ [#keef5e85]
***ロックマンエグゼ [#u5351eb3]
-ロックマン
-フォルテ

***にじさんじ [#uf607a15]
-[[月ノ美兎]]
-[[本間ひまわり]]
-[[葛葉]]
-[[葉加瀬冬雪]]
-[[夜見れな]]
-[[加賀美ハヤト]]
***[[WIXOSS]] [#x4a316b5]
-小湊るう子
-明日平和(ヒラナ)

***七つの大罪 [#beb9a2ea]
-エリザベス
-ディアンヌ
-キング
-メリオダス

**参考 [#nd8759de]
-[[キャラクター]]




&tag(デッキ集,);


*【4色ジョバンセン・カーニバル】 [#bb0bcd96]
[[スノーフェアリー]]を5枚捨てることで唱えられる[[ロック]][[《エンドレス・フローズン・カーニバル》]]を繰り返し唱えることで、相手の山札切れを狙うデッキ。
詠唱コストの[[スノーフェアリー]]を墓地から回収するために、[[《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》]]の[[cip]]を活用する。

|沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ VR 光/水/火文明 (8)|
|クリーチャー:ディスペクター/フレイム・コマンド/グレートメカオー 8000+|
|EXライフ(このクリーチャーを出す時、自分の山札の上から1枚目をシールド化する。このクリーチャーが離れる時、かわりにそのシールドを墓地に置く)|
|T・ブレイカー|
|パワーアタッカー+5000|
|このクリーチャーが出た時、自分の墓地の呪文をすべて手札に戻す。|
|自分のマナゾーンのカードをタップして呪文を唱える時、そのうちの好きな枚数のカードの、マナの数字を2にしてもよい。|

|エンドレス・フローズン・カーニバル VR 光/水/自然文明 (15)|
|呪文|
|コストを支払うかわりに、自分の手札からスノーフェアリーを5体捨て、この呪文を唱えてもよい。|
|バトルゾーンにある相手の、クリーチャーではない表向きのカードすべてと、相手のシールドゾーンにある表向きのカードをすべて、持ち主の墓地に置く。|
|相手のクリーチャーすべてと、相手のマナゾーンにあるカードをすべてタップする。次の相手のターンのはじめに、それらはアンタップしない。|

主要カード
|[[《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》]]|[[cip]]で墓地の呪文をすべて回収|
|[[《エンドレス・フローズン・カーニバル》]]|[[cip]]で墓地の呪文をすべて回収|
|[[《謎帥の艦隊》]]|《ジョバンセン・ガロウズ》を手札に戻す|
|[[《神の試練》]]|自分の山札切れによる負けを無効化|

候補カード
|[[《霞み妖精ジャスミン》]]|[[cip]]で[[自壊]]して1ブースト|
|[[《再生妖精スズラン》]]|ターンの終わりにマナに置かれる|
|[[《妖精 アジサイ-2》]]|[[ササゲール]]2を持ちcipで手札とマナを1枚ずつ追加|
|[[《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》]]|cipで[[マナ回復]]/単体火力6000の[[S・トリガー]]|
|[[《天体妖精エスメル/「お茶はいかがですか?」》]]|cipで[[シールド回収]]/詠唱ターンのみシールドを増やす[[S・トリガー]]|
|[[《未来妖精ミクル/ミラクル・ブレイン》]]|多色[[マナ武装]]4で2ブースト/マナゾーンの文明数ドロー|
|[[《虹色妖精ポミリン/レイニー・アトラス》]]|多色カードがマナに置かれた時アンタップ/山札の上3枚から多色カードを手札へ|
|[[《闘争類拳嘩目 ステゴロ・カイザー/お清めシャラップ》]]|初動マナブースト&墓地メタ&ループパーツ|
|[[《スローリー・チェーン》]]|盾落ちケア可能な遅延[[S・トリガー]]|
|[[《知識の包囲網》]]|手札から見せたコスト分ドロー|
|各種[[ニンジャ・ストライク]]|手札を増やすコンセプトに合う防御札|

超次元関連
|[[《全員集合!アクア・三兄弟/超次元ジェイシーエイ・ホール》]]|山札回復もできる[[S・トリガー]][[超次元呪文]]|
|[[《超次元ガロウズ・ホール》]]|バトルゾーンのクリーチャーを1体手札に戻す|
|[[《時空の司令 コンボイ・トレーラー》]]|ターンのはじめに《ジョバンセン・ガロウズ》を出す|

超GR関連
|[[《“魔神轟怒”万軍投》]]|[[GR召喚]]を3回行う|
|[[《*/弐幻ムクチューン/*》]]|手札交換兼《“魔神轟怒”万軍投》のコスト軽減|
|[[《BAKUOOON・ミッツァイル》]]※|自分のクリーチャーを破壊しその分GR召喚|
|[[《MEGATOON・ドッカンデイヤー》]]※|手札を全て捨て、その枚数分GR召喚|
|[[《ツタンメカーネン》]]|[[cip]]で互いに1ドロー|
|[[《サザン・エー》]]|[[マナドライブ]]4で[[自壊]]して2ドロー|
|[[《天啓 CX-20》]]|[[マナドライブ]]6で出た時3ドロー|
|[[《アカカゲ・レッドシャドウ》]]|マナドライブ5で[[自壊]]して1枚シールドをブレイク|
|[[《クリスマIII》]]|マナドライブ3で[[自壊]]して1ブーストし、任意で1枚回収|
|[[《続召の意志 マーチス》]]|マナドライブ5で出た時[[GR召喚]]|
|[[《回収 TE-10》]]|マナドライブ5で出た時呪文かオーラを[[墓地回収]]|

デッキの回し方
盤面を以下の状態にすることが最終目標。
: |手札:《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》
墓地:《エンドレス・フローズン・カーニバル》,《謎帥の艦隊》,ツインパクトのスノーフェアリー5枚
マナゾーン:白赤それぞれ1マナ,青2マナ,他6マナ
他:《神の試練》詠唱済

この状況で《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》の[[cip]]での呪文回収と《エンドレス・フローズン・カーニバル》の詠唱、《謎帥の艦隊》による《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》の回収を相手の山札がなくなるまで毎ターン行う。
これにより相手が1マナでアクションを起こせるカードを持っていない限りは封殺できる。
《神の試練》を唱える≒山札を限りなく少なくすることを中心に回していけば、他の条件は勝手に達成していることが多い。

莫大なリソースを稼ぐ手段としては[[《“魔神轟怒”万軍投》]]が採用されている。[[マスターG・O・D・S]]による[[ディスカード]]は、墓地にツインパクトスノーフェアリーを落とせて一石二鳥。
これを封じられると苦しいため、[[《とこしえの超人》]]などのGR召喚メタには[[《「みんな一緒に応援してね!」》>《応援妖精エール/「みんな一緒に応援してね!」》]]や[[《謎帥の艦隊》]]で一番に対処したい。

[[《超次元ジェイシーエイ・ホール》>《全員集合!アクア・三兄弟/超次元ジェイシーエイ・ホール》]]を[[S・トリガー]]で使用し、《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》を早期に出せた場合や、対処しきれないほどのGR召喚メタを出された場合には[[《知識の包囲網》]]によるリソース確保を行う場合もある。
《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》や《神の試練》を用意できる前に[[《エンドレス・フローズン・カーニバル》]]を数発打てるほど手札が溜まった場合は、追加ターン獲得兼《“魔神轟怒”万軍投》のコスト軽減として遠慮なく使ってもよい。《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》の墓地回収に備え、ツインパクトスノーフェアリーを5枚は墓地に捨てるようにしたい。
とはいえどちらも早出しを狙うほどのメリットはない。[[《“魔神轟怒”万軍投》]]を連打することで安定した基盤を作成することが最も良い動きである。

//マジックスないとそんなに決まらないループ
//ミッツァイルループ
//バトルゾーン:《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》,《ツタンメカーネン》,《回収 TE-10》2体,GRクリーチャー9体
//バトルゾーンまたは手札:《BAKUOOON・ミッツァイル》
//墓地か手札:《神の試練》,《お清めシャラップ》,《謎帥の艦隊》
//(ただし始動のためにミッツァイルか謎帥のどちらかは手札に必要)
//マナゾーン:水2枚、火1枚、自然1枚を含む8枚がある
//山札:0枚
//《神の試練》詠唱済
//(《BAKUOOON・ミッツァイル》が手札になく《謎帥の艦隊》が手札にある場合、《沸天混成 ジョバンセン・ガロウズ》の効果で《謎帥の艦隊》を唱えて手札に戻す)
//GRクリーチャーを破壊し、《BAKUOOON・ミッツァイル》を召喚する
//《BAKUOOON・ミッツァイル》の効果で12回GR召喚を行う
//《ツタンメカーネン》の出た時能力で互いに1枚引く(この時自分の山札は0枚であるため、相手のみがカードを引く)
//(《神の試練》と《お清めシャラップ》が手札にない場合、《回収 TE-10》2体のマナドライブで墓地から手札に戻す)
//《お清めシャラップ》を唱えて、《謎帥の艦隊》のみを山札に戻す
//《神の試練》を唱えて《謎帥の艦隊》を引き、追加ターンを得る

&tag();


*【白騎士】 [#s318b777]
**概要 [#yc17709d]
[[神化編]]で登場した[[名称カテゴリ]]、[[白騎士]]をコンセプトとしたデッキ。
デッキの大半が白騎士で構成されるが、[[エンジェル・コマンド]]に関連するクリーチャーが多いことから[[【エンジェル・コマンド】]]の亜流といった立ち位置のデッキタイプでもある。

[[光]]を中心に取り入れ、[[水]]や[[自然]]を加えられることが多い。

|白騎士城ピラー・オブ・フェザー UC 光文明 (3)|
|城―自分のシールドをひとつ選び、このカードを付けて要塞化する。 その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)|
|自分の、名前に《白騎士》とあるクリーチャーを召喚するコストを1少なくしてもよい。ただし、コストは1より少なくならない。|
|バトルゾーンにある自分の、名前に《白騎士》とあるクリーチャーすべてのパワーは+3000され、「ブロッカー」を得る。|

|白騎士の開眼者ウッズ R 光文明 (7)|
|進化クリーチャー:メカサンダー 10500|
|ブロッカー|
|進化−自分の「ブロッカー」を持つクリーチャー1体の上に置く。|
|W・ブレイカー|
|自分の「ブロッカー」を持つクリーチャーの、攻撃できない効果は無効になる。|
|自分のターンの終わりに、バトルゾーンにある自分の、名前に《白騎士》とあるクリーチャーをすべてアンタップする。|

//10年以上も前のデッキ記事なのでカードのチョイスは全体的に神化編~覚醒編辺り準拠で。
**主要カード [#e19aca6c]
|カード名|役割|
|[[《白騎士城ピラー・オブ・フェザー》]]|《白騎士》のコスト軽減+ブロッカー付与|
|[[《白騎士の開眼者ウッズ》]]|ブロッカーへダイヤモンド状態の付与+《白騎士》に[[警戒]]付与|


**候補カード [#d74fa066]
|カード名|役割|
|>|光文明|
|[[《白騎士ゲート》]]|白騎士1体をコスト踏み倒し|
|[[《ヘブンズ・ゲート》]]|[[《白騎士の聖霊王 HEAVEN》]]などの進化クリーチャーを踏み倒さないのであれば[[《白騎士ゲート》]]より有用|
|[[《白騎士の予言者ティリオス》]]|白騎士の最軽量[[ブロッカー]]|
|[[《白騎士の精霊レオニダス》]]|白騎士の最軽量[[エンジェル・コマンド]]|
|[[《白騎士の黙聖セパ》]]|進化クリーチャー[[セイバー]]。除去された際の負担が強い[[《白騎士の開眼者ウッズ》]]や[[《白騎士の聖霊王コバルト・ウルフェリオン》]]と好相性|
|[[《白騎士スパーク》]]|攻防一体の[[S・トリガー]]|
|[[《白騎士の精霊アルドラ》]]|高パワーの[[ブロッカー]]|
|[[《白騎士の聖霊王 HEAVEN》]]|フィニッシャー。光以外のクリーチャーをシールド化|
|[[《白騎士の聖霊王コバルト・ウルフェリオン》]]|フィニッシャー。白騎士に[[紫電効果]]を付与|
|[[《聖霊王アルカディアス》]]&br();[[《白騎士の聖霊王アルカディアス/完全決闘》]]|呪文メタ兼フィニッシャー。原種[[《聖霊王アルカディアス》]]は白騎士ではないがエンジェル・コマンドを多く採用することから搭載しやすい|
|>|水文明|
|[[《アクアン》]]☒|強力な[[ドローソース]] ※[[神化編]]当時は[[殿堂入り]]|
|[[《サイバー・ブレイン》]]※|強力な[[ドローソース]]|
|>|自然文明|
|[[《青銅の鎧》]]||
|[[《母なる星域》]]||
|[[《母なる紋章》]]☒| ※[[神化編]]当時は[[殿堂入り]]|
|>|多色|
|[[《知識の精霊ロードリエス》]]||

**構築上の注意 [#o0a25429]
白騎士の進化クリーチャーについては同期である[[死神]]の[[《死神明王バロム・モナーク》]]とは異なり、「白騎士からのみ進化可能」「エンジェル・コマンドからのみ進化可能」「ブロッカーからのみ進化可能」と進化元の範囲がものにより異なる。目的の進化クリーチャーを出そうとして進化元がいない問題を避けるため、[[《白騎士の精霊レオニダス》]]や[[《白騎士の精霊アスティノス》]]といった「白騎士」「エンジェル・コマンド」「ブロッカー」の要素を併せ持つクリーチャーを採用しておくと心強い。

**このデッキの回し方・長所 [#ie296676]
フィニッシャー級の白騎士を多く有しており、デッキの構築自由度は高め。採用されやすい[[《白騎士城ピラー・オブ・フェザー》]]や[[《白騎士の開眼者ウッズ》]]ですら採用しない構築も成立しえるほど動かし方は定まらない。



[[《白騎士の無限龍ウルフェリオス》]]や[[《白騎士の聖霊王ウルファス》]]などで守りながら攻め込んだり、地道に数を並べつつ[[《白騎士の聖霊王 HEAVEN》]]などで盤面を制圧したあとに[[《白騎士の開眼者ウッズ》]]や[[《白騎士の聖霊王コバルト・ウルフェリオン》]]で総攻撃したりと戦略の幅は広い。

**短所 [#p4553f44]
軸になりやすい[[《白騎士城ピラー・オブ・フェザー》]]の性質上、[[ブロッカー破壊]]の影響を受けるクリーチャーが大多数。ブロッカーが付与されない《白騎士》以外のクリーチャーの採用も視野に入る。中でも[[《聖霊王アルカディアス》]]は高水準のパワーで討たれにくく、除去呪文への抑止力にもなる。

また、[[背景ストーリー]]では白騎士が全滅していることもあり、新規の白騎士は[[《白騎士の聖霊王アルカディアス/完全決闘》]]と[[《白騎士の精霊ホワイト・ウィズダム》]]と[[DMRP-21]]で収録された[[《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》]]しか追加登場していない。また、[[再録]]されていないカードを多く含むため、今から構築する際には[[シングルカード]]に頼らざるを得ない。
**参考 [#wd65e95a]
//デッキ集へのリンクは必須です。
//後は関連するデッキなどへのリンクを各自で追加してください。
-[[デッキ集 (一覧)]]
-[[デッキ集 (分類)]]

//↑分類ページのなかにあるページをリンクさせてください。また複数に分類できる場合にはすべてのページのリンクを作ってください。
//例:↓
//-[[デッキ集 (一覧)]]
//-[[デッキ集/速攻]]
//-[[デッキ集/1ショットキル]]

&tag(デッキ);



*デュエル・マスターズ キング(アニメ) [#w4457265]

2020年4月から始まったアニメのシリーズ。[[切札 ジョー]]が主人公になってから4年目のアニメ作品。

小学5年生となった[[ジョー>切札 ジョー]]が[[鬼札 アバク]]が主催するキング・オブ・デュエマッチに参加し、優勝を目指す物語になっている。

-このシリーズからキャラクターデザインや作風がガラッと変更された。物語の主軸もクリーチャー世界から人間世界に変わり、サブタイトルに「ジョー」が含まれなくなるなど、今までの[[ジョー編]]のアニメとは大きく異なっている。

**あらすじ [#j0888cf3]
新年度を迎え、小学5年生となった[[ジョー>切札 ジョー]]。そんな中、突如として天を貫く謎の塔と共に鬼札王国の王を名乗る[[鬼札 アバク]]が現れる。彼は最強のNO.1デュエリスト『デュエルマスターズキング』を決める大会『キング・オブ・デュエマッチ』の開催を宣言するのだった。[[ジョー>切札 ジョー]]達が暮らす街を舞台に、続々と全世から強者たちが集結。真のNO.1デュエリストの座を巡る激しい大会が幕を開けるのだった!!

**主な登場人物 [#kf2024ba]
-[[切札 ジョー]]
-[[デッキー]]
-[[キラ]]
-[[ボルツ]]
-[[キャップ]]
-[[うららか もも]]

-[[モモキング>《勝熱英雄 モモキング》]]
-[[キャンベロ>《モモダチ キャンベロ》]]
-[[モンキッド>《モモダチ モンキッド》]]
-[[ケントナーク>《モモダチ ケントナーク》]]

-[[鬼札 アバク]]
-[[大長老]]
-[[チョウキ]]
-[[コウキ]]
-[[サイキ]]

**参考 [#y630b76c]
-[[ジョー編]]

*デスフェニ.starについての考察 [#ca3d3059]

**一般論として処理 [#s36c4331]
-「[[バトルゾーン]]」を指定する[[ゾーン変更誘発]]能力を処理する時、「バトルゾーンにある」という[[特性]]を参照しなければならないため、直前または直後に特性が[[無視]]された状態となるゾーン変更の場合、バトルゾーンにあることを参照できず、不発する。(参考:200.3(カードの特性の無視)、603.5c(過去の状態を見る))
--例えば、「バトルゾーンから墓地」の場合、墓地に置かれた時に過去の状態を見て、バトルゾーンにあったかを判断するが、それが封印としてであった場合、過去の状態では無視されているため、バトルゾーンにあったことを参照できず、バトルゾーンから置かれたとして処理することができない。
--対して、「どこからでも」とあるゾーン変更誘発能力を、バトルゾーンから能力が無視された状態でゾーン変更したとして処理する時は、過去の状態を見る必要がないため不発しない。

-例外的に、進化クリーチャーの下にある状態で[[カード指定除去]]で墓地に置かれるか、進化元ごと破壊された場合限定で誘発する[[DM-34]]のサイクル([[《黙示王機エーフェックス》]]など)は、消去法で「どこからでも」とある能力と同様の処理がされる。
--なぜなら、「(バトルゾーンから)墓地に置かれた時」だと、誘発タイミングでは能力がルールによって[[無視]]されているため、絶対に発動することができないからである。これまで、カードテキストがルールによって処理が発生できない場合(例:[[アイコン能力]]と[[《クリスマIII》]])は、カードデザインを尊重したルールとなっていた。

*「3色コスト3は全部それなりに強い」説の検証 [#dedodamu]


|[[《剛勇王機フルメタル・レモン》]]|光/水/自然|[[DM-25]]|2007年9月22日発売|
|[[《鎧亜の剣邪オラスワン》]]|光/水/闇|[[DM-25]]|2007年9月22日発売|
|[[《居合のアラゴナイト》]]|光/火/自然|[[DM-25]]|2007年9月22日発売|
|[[《惨劇のアイオライト》]]|水/闇/火|[[DM-25]]|2007年9月22日発売|
|[[《勇王の化身ダイカイザン》]]|光/火/自然|[[DM-26]]|2007年12月22日発売|
|[[《闘具の精トリエール》]]|闇/火/自然|[[DM-26]]|2007年12月22日発売|
|[[《希望の守り手クラップ》]]|光/水/火|[[DMR-04]]|2012年3月24日発売|
|[[《希望の守り手ラプソディ》]]|光/闇/火|[[DMR-04]]|2012年3月24日発売|
|[[《希望の守り手ファンク》]]|光/闇/自然|[[DMR-04]]|2012年3月24日発売|
|[[《希望の守り手ペッパー》]]|水/火/自然|[[DMR-04]]|2012年3月24日発売|
|[[《希望の守り手シウバ》]]|水/闇/自然|[[DMR-04]]|2012年3月24日発売|
|[[《天災 デドダム》]]|水/闇/自然|[[DMBD-10]]|2019年8月9日発売|
|>|>|>|BGCOLOR(white):CENTER:ポストデドダム|
|[[《その子供、可憐につき》]]|光/水/火|[[DMEX-08]]|2020年1月25日発売|
|[[《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》]]|光/闇/火|[[DMBD-14]]|2020年8月22日発売|
|[[《龍覇 グレンアイラ》]]|光/闇/火|[[DMBD-14]]|2020年8月22日発売|
|[[《Disジルコン》]]|水/闇/自然|[[DMRP-17]]|2021年4月17日発売|
|[[《鬼札アバクと鬼札王国》]]|闇/火/自然|[[DMEX-15]]|2021年5月22日発売|
|[[《熱血の誓い》]]|水/火/自然|[[DMEX-15]]|2021年5月22日発売|
|[[《夏だ!デュエル修業だ!!》]]|水/火/自然|[[DMEX-15]]|2021年5月22日発売|
|[[《T・T・T》]]|光/水/火|[[DMRP-18]]|2021年6月26日発売|
|[[《Disノメノン》]]|水/火/自然|[[DMRP-18]]|2021年6月26日発売|
|[[《無頼 ダイチ-3》]]|水/火/自然|[[DMSD-19]]|2021年9月11日発売|
|[[《ネイチャー・グレンニャー》]]|水/火/自然|[[DMEX-17]]|2021年10月23日発売|
|[[《Disクチック》]]|光/水/火|[[DMRP-20]]|2021年12月18日発売|
|[[《Disゾロスター》]]|光/闇/自然|[[DMRP-20]]|2021年12月18日発売|
|[[《電磁 テンプロ-3》]]|光/水/火|[[DMRP-20]]|2021年12月18日発売|
|[[《魂具 ドリスコ-3》]]|光/闇/火|[[DMRP-20]]|2021年12月18日発売|
|[[《天翼 ヘブフォ-3》]]|光/闇/自然|[[DMRP-20]]|2021年12月18日発売|
|[[《腐敗 スケバイ-3》]]|水/闇/自然|[[DMRP-20]]|2021年12月18日発売|

*王来篇未登場の種族 [#ke75f5b7]
ドラゴンの歴史に対抗するのなら種族が重要になるかもしれないのでまとめる
需要不明だが一応置いておく
//ここに置いてるんだし消してもいいよ
//EX18に対応して更新する気はある

-再録はある
--[[S級侵略者]]
--[[イニシャルズ]]
--[[エルダー・ドラゴン]]
--[[キマイラ]]
--[[グラディエーター]]
--[[サバキスト]]
--[[裁きの紋章]]
--[[裁きの紋章Z]]
--[[スペシャルズ]]
--[[ソニック・コマンド・ドラゴン]]
--[[ダママ団]]
--[[デリートロン]]
--[[ドラゴンギルド]]
--[[トリニティ・コマンド]]
--[[ハムカツ団]]
--[[不死樹王国]]
--[[プレインズ・ウォーカー]]
--[[ヘドリアン]]
--[[マシン・イーター]]
--[[メガ・アーマード・コマンド・ドラゴン]]
--[[レインボー・コマンド・ドラゴン]]
--[[ワンダフォース]]
-リメイク等はあるが種族未継承
--[[???]](十王再録)
--[[月光王国]]
--[[ゲル・フィッシュ]](《パルプ・ブレイン》)
--[[セイント・ペガサス]]
--[[スノーフェアリー風]]
--[[セイント・ヘッド]]
--[[ディープ・マリーン]]
--[[美孔麗王国]]
--[[ビースト・コマンド]]
--[[ブレイブ・スピリット]]
--[[暴拳王国]]
--[[マスター・イニシャルズ]]
--[[マスター・ドルスザク]](一応プロモ再録あり)
--[[マスター・ハザード]]
--[[∞マスター・ドラゴン]]
--[[ワールド・ドラゴン]](ニュー・ワールド・ドラゴンなる派生種族が登場したのでここ)

-上に当てはまらない真の不遇一般種族
--[[クリスタル・ドラゴン]](十王再録)
--[[コスモ・ウォーカー]](十王新規あり)
--[[サイバー・ウイルス海]](十王再録)
--[[シー・ハッカー]](十王再録)
--[[ジュラシック・ドラゴン]](十王再録)
--[[デーモン・ドラゴン]](十王再録)
--[[トライストーン]]
--[[ビッグマッスル]]
--[[ファイアー・バード炎]](十王再録)
--[[フェザーノイド]](プレイスで掘り下げられてた)
--[[ブラック・コマンド・ドラゴン]]
--[[ブレインジャッカー]]
--[[メガ・ドラゴン]](十王再録)
--[[リキッド・ピープル閃]](十王再録)
--[[リビング・デッド]](十王新規あり)
--[[レインボー・ファントム]](十王新規あり)
--[[ワンダー・トリック]]
-元々望み薄なジョーク・一発ネタ種族
ほぼコメントアウト
//--[[2016カレンダー]]
//--[[アイドル]]
//--[[アウトレイジ犬]]
//--[[アウトレイジOMG]]
//--[[アウトレイジ猫]]
//--[[イメン団]]
//--[[エルドラージ]]
//--[[オラクル・ドラゴン]]
//--[[ガイア・コマンド・ドラゴン]]
//--[[ガオー・モンスター]]
//--[[ガーディアン・コマンド・ドラゴン]]
--[[カレーパン]]
//--[[ギャング]]
//--[[禁断ソニック・コマンド]]
//--[[グランセクト・ハザード]]
//--[[ゴブリン]]
//--[[シャイニング・コマンド・ドラゴン]]
//--[[シノビ・ドラゴン]]
//--[[スノーフェアリー・ドラゴン]]
//--[[スピリット・クォーツ・ドラゴン]]
//--[[スプラッシュ・クイーン・ドラゴン]]
//--[[スプリガン]]
//--[[スペシャル・クライマックス]]
//--[[スペシャル・サンクス]]
//--[[ソウル・コマンド]]
//--[[チルドレン]]
//--[[デビル・コマンド・ドラゴン]]
//--[[ドラグナー・ドラゴン]]
//--[[ドラゴンズ・ゼロ]]
//--[[ドリームメイト・ドラゴン]]
//--[[ナレーター]]
//--[[ニート]]
--[[ニトロ・ドラゴン]]
//--[[にゃんこ]]
//--[[バーサーカー・ドラゴン]]
//--[[ピアニスト]]
//--[[ビーストフォーク・ドラゴン]]
//--[[ヒーロー]]
//--[[ヒューマノイド・ドラゴン]]
//--[[ファンキー・ナイトメア・ドラゴン]]
--[[ホワイト・コマンド・ドラゴン]]
//--[[マジカル・モンスター]]
//--[[マスター・DG]]
//--[[マスター革命軍]]
//--[[ミルクガール]]
//--[[メカ・デル・ソル・ドラゴン]]
//--[[メタル・コマンド・ドラゴン]]
//--[[モンスター]]
//--[[リキシ・コマンド]]
//--[[リキシ・コマンド・ドラゴン]]
//--[[ワールドアイドル]]
--[[ワールド・バード]]
-その他の特殊種族
--[[アクミ団]](十王再録)
--[[アンノイズ]](十王再録)
--[[エッグ]]
--[[侵略者ZERO]]
--[[ゼロリスト]]
--[[ダイナモ]]
--[[テック団]](十王再録)
--[[ムーゲッツ]]

*【ルナティック・ゴッドGS】 [#k72bede4]

**概要 [#ga1a443e]

[[《新月の脈城オリジナル・ハート》]]から[[《神帝ルナティック・ゴッド GS》]]を踏み倒して、無限[[攻撃]]する[[デッキ]]。[[【脈城神帝】]]の派生系ともいえる。

//概要と主要カードの間に、必ず主要カードのカードデータを入れてください。↓は例です。
|神帝ルナティック・ゴッド GS P 水/闇文明 (21)|
|クリーチャー:ゴッド/オリジン 21000|
|''G・ストライク''(このクリーチャーを自分のシールドゾーンから手札に加える時、相手に見せ、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。このターン、そのクリーチャーは攻撃できない)|
|このクリーチャーを召喚する時、自分のマナゾーンにあるゴッドのマナの数字は、1のかわりに3になる。|
|''W・ブレイカー''|
|このクリーチャーが出た時、相手のクリーチャーを3体まで選び、持ち主の手札に戻す。その後、カードを3枚引いてもよい。|
|このクリーチャーの攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップする。|

|新月の脈城オリジナル・ハート P 水/闇文明 (5)|
|''城'':自分のシールドを1つ選び、このカードを付けて要塞化する。その要塞化されたシールドがシールドゾーンから離れた時、このカードを自分の墓地に置く。(「S・トリガー」能力を使う場合は、このカードを墓地に置く前に使う)|
|自分のゴッドを出した時、カードを1枚引いてもよい。|
|自分のクリーチャーが攻撃する時、名前に《神帝》とあるゴッドを1体、自分の手札から出してもよい。|






**主要カード [#r54424e0]
|カード名|役割|
|[[《神帝ルナティック・ゴッド GS》]]|[[フィニッシャー]] [[無限アタッカー]]|
|[[《新月の脈城オリジナル・ハート》]]|《ルナティック・ゴッド》を踏み倒す|
**候補カード [#ea7bed8b]
|[[《スニーク戦車 オーリー/トゲ玉・キャノンボール》]]|《ルナティック・ゴッド》に[[スピードアタッカー]][[付与]]|
|[[《U・S・A・NIKER》]]|同上|
|[[《ダイヤモンド・ソード》]]|[[攻撃]]時に唱えることで《新月の脈城》で出した《ルナティック・ゴッド》の[[召喚酔い]]を消す|
|[[《魔軸の鎖 カメカメン》]]|[[アバレチェーン]]で《ソード》を唱えられる|
|[[《刀の3号 カツえもん剣》]]|[[革命チェンジ]]で出し、[[cip]]でスピードアタッカー付与|
|[[《ミラクル1 ドレミ24》]]|cipで《ソード》を唱えられる|
チェンジ元(カツえもん剣)
|[[《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》]]|[[踏み倒しメタ]]で時間稼ぎ|
|[[《こたつむり》]]|[[速攻]][[メタ]] [[進化クリーチャー]]にも強い|
|[[《月砂 フロッガ-1》]]|進化クリーチャーには弱いが、[[マッハファイター]]を防げる|
|[[《ドクバリ変怪》]]|不足しがちな[[闇]]を持ち、cipも汎用性が高い|
|[[《闇鎧亜ジャック・アルカディアス》]]|[[カード指定除去]]を持つ[[S・トリガー獣]]|
|[[《ウソと盗みのエンターテイナー》]]|踏み倒しメタ 攻撃されず場持ちが良い|
|[[《ツクっちょ》]]|最軽量マッハファイター|
|[[《天体妖精エスメル/「お茶はいかがですか?」》]]|クリーチャーが残る[[マナ加速]]、[[防御札]]|
チェンジ元(ドレミ24)
|[[《隠れ潜む者 シードラン》]]|最軽量[[ジャストダイバー]] [[ドロー]]能力も|
|[[《異端流し オニカマス》]]|[[アンタッチャブル]] 踏み倒しメタ|
|[[《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》]]|[[コンボ]]パーツを[[サーチ]]|
|[[《電脳の女王 アリス/不埒な再侵入》]]|cipでコンボパーツを手札に [[防御札]]としても|
|[[《一番星 ザエッサ》]]|《新月の脈城》などの[[コスト軽減]]、[[置きドロー]]、ジャストダイバー|
|[[《終末の時計 ザ・クロック》]]|原則1ターンを稼げるS・トリガー獣|
|[[《精神を刻む者、ジェイス》]]|攻撃時にメタクリーチャーを[[バウンス]]しながら革命チェンジできる cipも優秀|
|[[《蒼狼の大王 イザナギテラス》]]|優秀なcipに加え[[ブロッカー]]を持ち、[[シールド]]の維持に役立つ|
|[[《奇天烈 シャッフ》]]|[[水]]の定番汎用カード|
|[[《「蒼刀の輝将」》]]|[[ギャラクシールド]]で《新月の脈城》を置くシールドを用意できる|
|[[《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》]]|[[光]]の定番メタクリーチャー|
|[[《絶対の畏れ 防鎧》]]|このデッキの弱点である[[ハンデス]]を無力化できる|
|[[《白騎士の精霊HEAVEN・キッド》]]|軽量[[シールド送り]]、[[G・ストライク]]も備える|
|[[《「正義星帝」》]]|最高の除去耐性を持つ|
|[[《奇石 ベイブレンラ/スーパー・エターナル・スパーク》]]|ハンデスメタ、防御札|
|[[《閃光の守護者ホーリー》]]|原則1ターンを凌げるS・トリガー獣|
|[[《「光魔の鎧」》]]|[[S・トリガー]]で《新月の脈城》の効果に必要なシールドとクリーチャーを両方用意できる|

チェンジ元(どちらでも利用可能)
|[[《珊瑚妖精キユリ》]]|アンタッチャブル 軽減効果も優秀|
|[[《熱湯グレンニャー》]]|軽量[[キャントリップ]]|
|[[《U・S・A・NNYAA》]]|軽量[[手札交換]]|
|[[《Disノメノン》]]|ジャストダイバー+マッハファイター|
|[[《天災 デドダム》]]|cipが非常に強力|
|[[《Disメイデン》]]|[[多色]]事故を防止 ブロッカーも併せ持つ|
|[[《撞木者 ロスキチョウ》]]|強力な除去性能を持つS・トリガーブロッカー|
呪文
|[[《十・二・神・騎》]]|コンボパーツのサーチ [[ギャラクシールド]]を持つ|
|[[《魂と記憶の盾》]]|除去、自軍に使うことも|
|[[《ストリーミング・シェイパー》]]※|《新月の脈城》と《ルナティック・ゴッド》のどちらも回収できる|
|[[《フューチャー・ブレイン》]]|[[デメリット]]はあるが、3コスト3ドロー|
|[[《ドンドン吹雪くナウ》]]|サーチ+バウンス|
|[[《DNA・スパーク》]]|[[オールタップ]]に加え[[シールド追加]]で確実に《新月の脈城》を置くシールドを確保しながら自分ターンを迎えられる|
**このデッキの回し方 [#e485e74a]
まずは手札に《ルナティック・ゴッド》と《新月の脈城》を揃える。
《新月の脈城》は[[攻撃]]できる[[クリーチャー]]と1枚以上の[[シールド]]がなければ機能しないため、[[クリーチャー]]の展開と[[シールド]]の維持を意識する。
準備ができたら《新月の脈城》を[[要塞化]]し、《ルナティック・ゴッド》を展開。[[スピードアタッカー]]を付与し、一気に無限攻撃で勝利する。[[スピードアタッカー]]付与の準備ができていなくても、《ルナティック・ゴッド》は強力な[[cip]]を持っているのでとりあえず出して置くのも悪くない。
**長所 [#k28a034f]
《ルナティック・ゴッド》は攻撃の後[[アンタップ]]するため、[[タップ]]系の[[S・トリガー]]はほぼ無効。また無限攻撃の性質上[[ブロッカー]]にも強く、[[パワー]]が21000あるので大半の[[パワー低下]]も無効となる。[[《ダイヤモンド・ソード》]]を用いて[[スピードアタッカー]]を[[付与]]している場合は[[G・ストライク]]などにも強い。
**短所 [#b5dae28a]
[[S・トリガー]]の中でも[[除去]]には弱く、[[《デーモン・ハンド》]]1枚でも簡単に攻撃が止まってしまう。
また《新月の脈城》を展開する前に[[クリーチャー]]を徹底的に[[除去]]される展開も非常に苦しい。
[[《とこしえの超人》]]のような[[踏み倒しメタ]]は比較的刺さらないが、[[《赤い稲妻 テスタ・ロッサ》]]や[[《ベイB セガーレ》]]のような[[バトルゾーン]]に出すことすらさせないメタは苦手。
コンボデッキの宿命として、[[ハンデス]]も非常によく刺さる。
また[[速攻]]で[[シールド]]を全て[[ブレイク]]されてしまうと、《新月の脈城》を要塞化できなくなる。
**参考 [#n54b6cd2]
-[[デッキ集 (一覧)]]
-[[デッキ集/1ショットキル]]
-[[【神帝】]]
-[[【脈城神帝】]]
*【零龍速攻】 [#na0359c2]

[[《怨念怪人ギャスカ》]]の[[殿堂入り]]によって大きく弱体化した、1〜2ターン目にほぼすべての手札を使い切り[[《手札の儀》]]を達成するなどをして戦うビートダウンデッキ。
[[《怨念怪人ギャスカ》]]の[[リペア]]で[[《虚像の大富豪 ラピス・ラズリ》]]や[[《終端の闇 ウゴカ・ザルコ》>《終端の闇 ウゴカ・ザルコ/再誕の輝き》]]を使った型は2ターン目にクリーチャーを出し、3ターン目から[[《S級不死 デッドゾーン》]]でT・ブレイクを行っていたが、[[《蒼き覚醒 ドギラゴンX》]]の登場により最速2ターン目にT・ブレイクが可能になった。

【アグロ零龍】とも呼ばれる。

**候補カード [#s988d3fc]

ゲーム開始時にバトルゾーンに存在出来るカード
|[[《滅亡の起源 零無》]]/[[《零龍》]]|>|[[零龍卍誕]]で全体除去のフィニッシャー|
|[[《手札の儀》]]|軽量カードの連発やディスカードで達成|[[GR召喚]]|
|[[《墓地の儀》]]|8枚以上になる墓地肥やしで達成|相手1体に-3000の[[パワー低下]]|
|[[《破壊の儀》]]|同一ターンに3体以上のクリーチャー破壊で達成|闇のカードの[[墓地回収]](強制)|
|[[《復活の儀》]]|カードを自分の墓地からバトルゾーンに移動させると達成(([[墓地進化]]の進化元では不可))|山上2枚[[墓地肥やし]]|

メインデッキ
|[[《黒神龍グールジェネレイド》]]|最速1ターン目にバトルゾーンに着地し、2ターン目に[[P革命チェンジ]]できる|
|[[《夢幻なる零龍》]]|マナを支払わずに《グールジェネレイド》や[[《破壊の儀》]]を誘発できる|
|[[《ダムダム・ジョーカーズ》]]|1ターン目の山札からの墓地肥やし&br;相手の墓地肥やしにならない《ダムダム》のほうが優先度高め|
|[[《ブラッディ・クロス》]]|~|
|[[《ぴえんぱおん》]]|2ターン目の山札からの墓地肥やし&br;[[相互互換]]はあるが、[[《ダムダム・ジョーカーズ》]]で任意で拾えるので使うならこれ|
|[[《無限皇帝の顕現》]]|2ターン目の山札からの墓地肥やしかつ小型のリアニメイト [[《復活の儀》]]誘発|
|[[《アロガント・アウェイン》]]|山札からの墓地肥やしを利用して1打点を生み出すために [[《復活の儀》]]誘発|
|[[《堕魔 ザンバリー》]]|1ターン目に手札からの墓地肥やし|
|[[《ビックリーノ》]]|相手のクリーチャーが0体なら自分のターンの終わりに自己蘇生 [[《復活の儀》]]誘発|
|[[《死神術士デスマーチ》]]|1マナの召喚酔いしない打点|
|[[《堕魔 ドゥポイズ》]]|[[コスト踏み倒しメタ]]を除去する&br;[[《破壊の儀》]]達成にも|
|[[《学校男》]]|~|
|[[《一なる部隊 イワシン》]]|山札圧縮|
|[[《怨念怪人ギャスカ》]]※|オールディスカード 手札のラスト1がこれだけなら4000バニラ|
|[[《盗掘人形モールス》]]※|墓地回収は任意なので[[《パラダイス・アロマ》]]感覚のおまけ打点としても狙える|
|[[《“轟轟轟”ブランド》]]※|手札消費の激しい速攻なので無理なく入る|

超次元ゾーン
|[[《轟く覚醒 レッドゾーン・バスター》]]/[[《蒼き覚醒 ドギラゴンX》]]|裏面は飾り|

超GR
[[《手札の儀》]]でしか[[GR召喚]]できないので、[[グッドスタッフ]]で良い
|[[《ヘルエグリゴリ-零式》]]|W・ブレイカー 2回以上[[GR召喚]]しないこのデッキではノーデメリット|
|[[《ドドド・ドーピードープ》]]|W・ブレイカー ディスカードは手札0でノーデメリットあるいは墓地肥やしのメリット|
|[[《暗黒の騎士ザガーンGR》]]|W・ブレイカー|
|[[《鋼ド級 ダテンクウェールB》]]|W・ブレイカー [[攻撃強制]]|

*色タグ未作成一覧 [#l77a5d39]
編集テストのページに機能を持たせるのはふさわしくないので分離
 →[[タグ一覧/色タグ未作成一覧]]

*謎の編集メモ [#bafaaa67]

↓[[【獅子王ヴォルゼオス】]]の編集案?

|[[《獅子王の遺跡》]]|>|コンセプト。[[S・トリガー]]。多色デッキの定番マナブースト。&br;キング・セルのおかげで安定して3ターン目に大量ブースト可能|
|[[《Volzeos-Balamord》]]|>|コンセプト。[[キング・セル]]3種を手札とマナゾーンに揃えて降臨させる超大型フィニッシャー|
|[[《新世界王の権威》]]|[[白黒赤]]の[[キング・セル]]。|キング・セルは共通して[[G・ストライク]]を持ち、&br;''[[手札]]からマナゾーンへ置くと[[アンタップ]]する''|
|[[《新世界王の思想》]]|[[青赤緑]]の[[キング・セル]]。&br;サイクル中で唯一[[水文明]]を持つ|~|
|[[《新世界王の闘気》]]|[[白黒緑]]の[[キング・セル]]。&br;[[自然]]を含むので2ターン目までに置きたい所|~|



*王星伝説超動 背景ストーリーページ改正案[#f4c66b64]

**[[DMRP-17「王来篇 第1弾 王星伝説超動」>DMRP-17]] [#ef49bc95]

「十王大戦」の後、各チームの[[キングマスター]]たちは各文明の代表者も兼ねることとなった。[[《モエル・モヒッチ》]]からの知らせを聞いて「世界をつなぐ柱」を見にきた[[ダイナボルト>《爆龍皇 ダイナボルト》]]は、侵入できない領域「王来空間」を発見。緊急事態としたダイナボルトは、各[[文明]]の代表者たちに状況を知らせる。

連絡がつかなかったゲンムエンペラーを除いて「世界をつなぐ柱」の根元に集結する代表者たち。各文明の代表者たちが「王来空間」に入れない中、なぜか[[モモキング>《未来王龍 モモキング》]]は侵入を果たす。
「王来空間」の中で、モモキングは12体の「王」と呼ばれてきたクリーチャーの名とその伝説が記された『[[超獣王来烈伝>DMSP-02]]』を発見する。

モモキングが『超獣王来烈伝』を発見したのと時を同じくして、代表者不在の各[[文明]]に謎の襲撃者「[[ディスペクター]]」が次々と現れ、強大な力で破壊の限りを尽くしていた。

モモキングが『超獣王来烈伝』を手に入れると「王来空間」は跡形もなく消えた。その刹那、モモキングたちの前に[[《聖霊王アルファディオス》]]と[[《悪魔神ドルバロム》]]とが繋ぎ合わされた、超獣世界の歴史が覆るかのような存在。[[《聖魔連結王 ドルファディロム》]]が現れる。

「天聖王」アルファディオスとの王の共鳴から激しく光りだした『超獣王来列伝』に危機を察したモモキングたちは『超獣王来烈伝』を守るために戦おうとする。代表者が一丸になっても歯が立たない中、モモキングにドルファディロムの攻撃が迫る。

その瞬間、モモキングは炎に囲まれた世界で、[[ボルシャック・ドラゴン>《ボルシャック・ドラゴン GS》]]と邂逅する。歴史の危機を前に、『超獣王来列伝』を通じて触れられる世界の記憶の中で、「決闘王」ボルシャックは未来の王たるモモキングを待っていたのだ。
ディスペクターの目的とは超獣王来列伝に記された12のクリーチャーを手にし、歴史の支配者となることであり、すでに11の王がディスペクターにされてしまっているという現状を知らされるモモキング。
ボルシャックは世界を救うため、自身の力を貸すに足るかの試練をモモキングに与える。
ボルシャックの炎の幻影の試練を乗り越え、[[英雄>レクスターズ]]の力を得た[[モモキングRX>《王来英雄 モモキングRX》]]。「未来」を切り開く[[NEX]]の力を受け、ドルファディロムの眼前に帰還したモモキングは[[英雄の力をまとい>スター進化]][[《ボルシャック・モモキングNEX》]]となりドルファディロムと激突する。

モモキングと同じく超獣王来列伝に導かれ、連絡のつかなかったゲンムエンペラーを含む各文明の代表者たちも、過去の英雄からの試練を乗り越え[[英雄>レクスターズ]]の力を得る。事態を把握した代表者たちはそれぞれの[[文明]]に戻って[[ディスペクター]]反撃を開始する。

[[鬼羅丸>《超絶奇跡 鬼羅丸》]]の試練から英雄の力を得た[[光]]文明の代表者、[[《「正義帝」》]]は名を[[《「正義星帝」(スティルジャスティス・ティルジエンド)》>《「正義星帝」》]]に改め、ディスペクターとの戦いに備え近衛兵団、「スティルナイツ」を編成。

[[エンペラー・マルコ>《エンペラー・マルコ》]]の試練から英雄の力を得た[[水]]文明の代表者、[[《マニフェスト》>《キング・マニフェスト》]]は[[《ネ申(カリスマ)》>《ネ申・マニフェスト》]]と名乗り始める。

//[[光]]文明の代表者[[《「正義帝」》]]は[[鬼羅丸>《超絶奇跡 鬼羅丸》]]の、[[水]]文明の代表者[[《マニフェスト》>《キング・マニフェスト》]]は[[エンペラー・マルコ>《エンペラー・マルコ》]]の試練をそれぞれ乗り越える。力を認められた彼らは名前を[[《「正義星帝」(スティルジャスティス・ティルジエンド)》>《「正義星帝」》]]、[[《ネ申(カリスマ)》>《ネ申・マニフェスト》]]と改め、激闘へと臨む。

「[[《夢幻の無》]]」の中での瞑想中だったゲンムエンペラーも、[[デス・ザ・ロスト>《魔の革命 デス・ザ・ロスト》]]の試練から英雄の力を得、[[《虚∞龍 ゲンムエンペラー》]]となる。強者の気配を感じて[[闇文明]]へと帰還。[[《七王の円卓》]]を破壊する[[《神龍連結 バラデスメタル》]]と対峙する。
[[闇文明]]そのものを崩壊させかねないほどの激戦の後、ゲンムエンペラーの無の力がバラデスメタルの連結を無にしたことで、バラデスメタルの身体は崩壊。[[「破壊王」>《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》]]の魂が超獣王来列伝へと還る。

//「[[《夢幻の無》]]」の中での瞑想中だったゲンムエンペラーも、[[デス・ザ・ロスト>《魔の革命 デス・ザ・ロスト》]]の試練からレクスターズの力に目覚め、[[《虚∞龍 ゲンムエンペラー》]]となる。強者の気配を感じて[[闇文明]]へと帰還したゲンムエンペラーは、[[《七王の円卓》]]を破壊する[[《神龍連結 バラデスメタル》]]と対峙する。
//[[闇文明]]そのものを崩壊させかねないほどの激戦の後、ゲンムエンペラーの無の力がバラデスメタルの連結を無にしたことで、バラデスメタルの身体は崩壊。

//[[「破壊王」>《破壊龍神ヘヴィ・デス・メタル GS》]]の魂が超獣王来列伝へと還る。


[[エターナル・フェニックス>《龍炎鳳エターナル・フェニックス》]]から英雄の力を得た[[火]]文明の代表者、ダイナボルトは[[《大爆龍 ダイナボルト》]]となる。火文明へと帰還したダイナボルトは、[[ガイゼキアール>《魔帝連結 ガイゼキアール》]]と戦う[[ブランド>《“罰怒”ブランド》]]に共闘を持ちかける。[[《ダイナボルト <エタフェニ.Star>》]]となったダイナボルトの炎を受けて加速したブランドの体当たりで、ガイゼキアールを撃破。[[「勝利王」>《ガイアール・カイザー GS》]] の魂が超獣王来列伝へと還る。

ドルファディロムの周囲を焦土と化す必殺技、「[[ドルファディロム砲>《ドルファディロム砲》]]」を[[かつて神をも倒した力>《神羅ライジング・NEX》]] NEXの炎で相殺したモモキング。燃える拳でドルファディロムの中心を貫くが、傷がみるみるうちに塞がっていくとともに、再びドルファディロム砲がモモキングを襲う。

[[NEXの魂にまもられ命は助かったモモキング>スター進化]]。そこへ、修行に出ていた[[ケントナーク>《モモダチ ケントナーク》]]が、英雄「[[《緑神龍ディルガベジーダ》]]」にそのスケールを認められ[[《モモスター ケントナーク》]]となって帰還する。

ディスペクターの王たちの襲来と「未来の王」の覚醒。……これが世に言う「王来大戦」の幕開けであった。


**俺が迷わないための忘れやすいwiki構文 [#oe81c836]
#region2(hogehoge){{

#taglist(《ボルシャック・ドラゴン》-ツインパクト)

:hogehoge|
hogehoge

#include(hogehoge,notitle)

}}


*アニメ「デュエル・マスターズ キングMAX」7話で[[切札 勝太]]が使用したカード [#g0cd4eca]
**[[切札 勝太]]と[[切札 ジョー]]のデュエマ [#q6b1a128]
[[切札 勝太]]「じゃあ、こっちも本気で行くぜ!」
[[切札 勝太]]は[[《勝利のプリンプリン》]]を裏向きで持つ。
[[《勝利のプリンプリン》]]が[[《勝利のガイアール・カイザー》]]と[[《勝利のリュウセイ・カイザー》]]の間に現れ
[[《勝利のプリンプリン》]]と[[《勝利のガイアール・カイザー》]]と[[《勝利のリュウセイ・カイザー》]]が[[《唯我独尊ガイアール・オレドラゴン》]]に[[V覚醒リンク]]。
[[切札 ジョー]]「うっ」
[[《永遠のリュウセイ・カイザー》]]が現れ、その後[[《百万超邪 クロスファイア》]]も現れる。
[[切札 勝太]]「おうりゃぁ!」
バトルゾーンには[[タップ]]状態の[[《爆熱DX バトライ武神》]]、[[アンタップ]]状態の[[《勝利宣言 鬼丸「覇」》]]と[[《勝利のレジェンド ガイアール》]]と[[《龍世界 ドラゴ大王》]]が存在している。
[[切札 ジョー]]「マジかよ!これが[[父ちゃん>切札 勝太]]直伝の歴代[[ドラゴン]]!」
[[切札 勝太]]「よっしゃ!ダイレクトアタックだ!」


**[[切札 勝太]]と[[ハイド]]のデュエマ [#mcae9394]
[[手札]]
[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]
[[《ボルシャック・栄光・ルピア》]]
[[《無双竜鬼ミツルギブースト》]]
[[《爆裂遺跡シシオー・カイザー》]]
[[《リュウセイ・天下五剣カイザー》]]


[[マナゾーン]]
[[《爆裂遺跡シシオー・カイザー》]]
[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]


[[超次元ゾーン]]
[[《爆銀王剣 バトガイ刃斗》]]
[[《銀河大剣 ガイハート》]]
[[《熱血剣 グリージーホーン》]]
[[《覇闘将龍剣 ガイオウバーン》]]
[[《闘将銀河城 ハートバーン》]]
[[《勝利のプリンプリン》]]
[[《勝利のガイアール・カイザー》]]
[[《勝利のリュウセイ・カイザー》]]

[[切札 勝太]]「行くぜ!」
[[切札 勝太]]がカードを引く
[[切札 勝太]]「呪文、[[《メンデルスゾーン》]]!」
[[切札 勝太]]の[[山札]]にあった[[《ボルシャック・栄光・ルピア》]]と[[《ボルシャック・ドギラゴン》]]がマナゾーンへタップして置かれる。
[[切札 勝太]]「2枚とも[[ドラゴン]]なんで、2マナブーストな」

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
[[切札 勝太]]は右手で[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]を持っている。
[[切札 ジョー]]「何あのカード?!オレとの時は使ってなかった!」
[[切札 勝太]]「[[ジョー>切札 ジョー]]にも見せてないオレのとっておき、オレとカツキングのキズナのカード、[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]を[[召喚]]だぁ!」
[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]は水上を走り、ジャンプすると
地面に着地、[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]は構えを取った。
その時[[カツドン]]のカットインが入る。
[[カツドン]]「[[勝太>切札 勝太]]!また一緒に暴れるでぇ!」
[[カツドン]]が喋り終わるとカットインが消えていった。
[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]「熱血の物語」
「切札勝太&カツキング -熱血の物語-」とテロップが入った。
[[切札 勝太]]「[[コイツ>《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]の[[能力]]で[[山札]]から5枚見て」
[[切札 勝太]]の[[山札]]から[[《勝利宣言 鬼丸「覇」》]]と[[《熱血龍 バトクロス・バトル》]]と[[《爆裂遺跡シシオー・カイザー》]]と[[《ボルシャック・スーパーヒーロー/超英雄タイム》]]と[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]が[[切札 勝太]]の前に現れる。
[[切札 勝太]]「その中から好きな[[クリーチャー]]((実際のゲームでは[[クリーチャー]]以外の[[カード]]も対象にできる。))を1体、[[手札]]に!」
[[切札 勝太]]が見ているカードのうち5枚のうち4枚が下に行き、残りの1枚のカードである[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]が表向きとなる。
[[切札 勝太]]「それが、[[火]]か[[自然]]の[[クリーチャー]]((実際のゲームでは[[クリーチャー]]以外の[[カード]]も対象にできる。))なら、[[お前>ハイド]]の[[クリーチャー]]を1体[[手札]]に戻せる!」
[[ハイド]]「何ッ!」
[[《Re:奪取 マイパッド》]]が粒子となって消え、[[《Re:奪取 マイパッド》]]の[[カード]]が[[ハイド]]の[[手札]]へ飛んで行った。
[[切札 勝太]]「[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]で[[《戦カウ駆ルマ「輪断罪」》]]を[[攻撃]]!」
[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]が前方に向かって走っていく。
[[切札 勝太]]「こいつは、""5マナの[[ドラゴン]]""だ」
[[切札 ジョー]]「[[アレ>《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]が来る!」
[[切札 勝太]]「行くぜ![[革命チェンジ]]だ!」
[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]がカタパルト射出され、飛び立つ。
ダッシュしている[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]がジャンプする。
[[切札 勝太]]「革命!」
[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]「チェーンジでい!」
上空にいる[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]が[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]とハイタッチ。
「[[革命チェンジ]]」の文字が入る。
[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]の隣で飛んでいる[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]はカードとなって後ろへ飛んでいき、
[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]が地上に降り立ち、雄たけびをあげ、炎と共に現れた剣をくわえる。
[[切札 ジョー]]「[[父ちゃん>切札 勝太]]の、最強クラスの切り札だ!」
[[切札 勝太]]「宇宙の果てで再開したオレの相棒!来いよ![[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]![[《ドギラゴン剣》>《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]は[[レジェンド>レジェンドカード]]!ってことは、[[革命チェンジ]]で出てきた今!今でこそ!発動できる必殺技がある!さぁ、オレとお前でファイナろうぜ!ファイナっちまおうじゃねぇか![[ファイナル革命]]!」
[[ハイド]]「くっ」
[[切札 勝太]]「[[《ドギラゴン剣》>《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]は、[[手札]]と[[マナゾーン]]からコストの合計が6((実際のゲームではコスト6『以下』。))になるように、[[多色]][[クリーチャー]]を呼び出せる![[《ボルシャック・サイバーエクス》]]を[[バトルゾーン]]に!」
[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]が降り立ち、雄たけびをあげる。
[[切札 勝太]]「[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]の能力で!」
[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]は肩にあった2つの三角錐を飛ばし、側面を向かい合わせて球体のエネルギー体を作り上げる
[[切札 勝太]]「[[《Re:奪取 マイパッド》]]を[[手札]]に!」
[[《Re:奪取 マイパッド》]]は上空のエネルギー体によって吸い込まれカードとなり
[[ハイド]]の手札に[[《Re:奪取 マイパッド》]]が加わった。
[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]が[[《戦カウ駆ルマ「輪断罪」》]]の方向へダッシュする。
[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]は[[《戦カウ駆ルマ「輪断罪」》]]の砲撃を回避し、剣で[[《戦カウ駆ルマ「輪断罪」》]]を斬り裂き、爆発させた。
[[切札 ジョー]]「すっげー!あっという間にクリーチャーを全滅だ!」
[[ハイド]]「クソッ」
[[切札 勝太]]「オラオラッ!まだ終わってねぇぞ![[《ボルシャック・サイバーエクス》]]でW・ブレイクだ!」
[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]は飛び立ち、背中に生えている12本の剣で[[ハイド]]のシールド2枚を砕いた。
[[ハイド]]、シールドチェック。
[[ハイド]]「ふざけるな!」
[[切札 勝太]]「イッ」
[[バトルゾーン]]に[[《コーライルの海幻》]]と[[《ツヴァイの海幻》]]が現れる。
[[ハイド]]「[[S・トリガー]]、[[《コーライルの海幻》]]!登場時効果で、[[《ドギラゴン剣》>《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]を山札の下へ!」
[[《蒼き団長 ドギラゴン剣》]]が青いオーラで包まれ、粒子が散った後カードとなって上へ飛び、
[[切札 勝太]]の山札の下に1枚のカードが加わった。
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

[[ハイド]]「[[コイツ>《神ナル機カイ「亜堕無」》]]は出た時に""数字""を1つ選ぶ。『6』だ!相手のコスト6のクリーチャーは行動不能となり、コスト6の呪文も使うことは出来ない!」
[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]は[[《神ナル機カイ「亜堕無」》]]の砲撃を受け、重力が増加して行動不能となった。

[[マナゾーン]]
[[《爆裂遺跡シシオー・カイザー》]]
[[《ボルシャック・サイバーエクス》]]
[[《ボルシャック・栄光・ルピア》]]2枚
[[《ボルシャック・ドギラゴン》]]
[[《無双竜鬼ミツルギブースト》]]

*側 [#p8fc7bdb]
カードが1つのオブジェクトとして成立するための、ひとまとまりの情報のこと。
通常のカードは1枚につき1つの側しか持たないが、[[両面カード]]や[[ツインパクト]]など、複数の側を持つカードも存在する。ここに[[カード指定除去]]などが絡んでくると、カード全体を参照するのか、それとも1つの側だけを参照するのかの区別が重要になってくる。

#region2(『側』という呼称について){{
この項目で説明したい概念について、主に『カード』『カード情報』『面』という言葉が用いられる事が多い。
しかし、『カード』と呼称した場合は、[[両面カード]]について「1つのカードに2つのカードが入っている」という言い方になり、それらを区別して話すのが難しい。
『カード情報』と言った場合も、『カード』という語を用いている以上、カード全体の情報を指す文脈で使われない保証がないため、同じ問題を抱える。
『面』は[[ツインパクト]]について記述する際に『片面に2つの面を持つ』という言い方がなされ、これも『面』という言葉が『カード』同様に2つの意味を持ってしまうため紛らわしい。

カードテキストにおいては、[[龍解]]や[[ラスト・バースト]]では『クリーチャー側』『呪文側』というように、『〇〇側』という表現によって当概念が示されている。よって『側』と呼称するのが最も妥当であると結論づけた。
}}

|銀河大剣 ガイハート WVC 火文明 (4)|
|ドラグハート・ウエポン|
|これを装備したクリーチャーは「スピードアタッカー」を得る。|
|''龍解'':自分のクリーチャーが攻撃する時、そのターン2度目のクリーチャー攻撃であれば、攻撃の後、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 |
|これを装備したクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。|
|''龍解'':自分のクリーチャーが攻撃する時、そのターン2度目のクリーチャーの攻撃なら、その攻撃の後、このドラグハートをクリーチャー側に裏返し、アンタップする。 |
|BGCOLOR(white):龍解後⇒[[《熱血星龍 ガイギンガ》]]|

|ソプラノ裁徒 P 光文明 (3)|
|クリーチャー:メタリカ/サバキスト 3500|
|ブロッカー|
|このクリーチャーは、相手プレイヤーを攻撃できない。|
|ラスト・バースト(このクリーチャーが破壊された時、このカードの呪文側をコストを支払わずに唱えてもよい)|
|BGCOLOR(#ccd):|
|メロディアス・メロディ P 光文明 (4)|
|呪文|
|S・トリガー|
|相手のクリーチャーを2体選び、タップする。|

[[両面カード]]や[[ツインパクト]]は基本的に2つの側を持つ。また、[[3D龍解]][[カード]]は3つの側を持っている。
さらに、単体では存在しないが、複数の[[カード]]が[[リンク]]/[[合体]]することによってはじめて出現する側というのも存在する。[[サイキック・スーパー・クリーチャー]]などがそれにあたる。

**ルール [#n13f8789]
複数の側を持つカードの共通ルールとして、''バトルゾーン以外の場所では全ての側が有効''(ただし、未完成の側を除く)というものがある。
例えば[[《伝説の禁断 ドキンダムX》]]の「このカードがバトルゾーン以外のゾーンにあれば、自分はゲームに負ける。」能力は、[[バトルゾーン以外の場所]]であればたとえ[[《禁断〜封印されしX〜》]]の面を表向きにして置かれていても絶えず発動する。
[[覚醒]]後の[[サイキック・クリーチャー]]を直に呼び出したり、[[ツインパクト]]の好きな側をその[[コスト]]を支払って使う事ができたりするのも、このルールによるものである。

[[カード]]を[[使う]]時や、[[バトルゾーン]]では原則として1つの側だけが有効になる。
例えば[[《時空の精圧ドラヴィタ》]]は[[光]][[単色]]として扱われる。『[[《龍圧の覚醒者ヴァーミリオン・ドラヴィタ》]]の面があるから[[火]][[文明]]』と言って[[《超次元ムシャ・ホール》]]で呼び出すことはできないし、[[バトルゾーン]]にいても[[《カチカチジェットT.N.K.》]]は[[攻撃]]可能にならない。
[[ツインパクト]]の場合、[[バトルゾーン]]にある状態で有効になるのは必ず[[クリーチャー]]側であり、[[呪文]]側は参照されない。例えば[[《審絆 ジェイラ/フレイム・ジェイル》]]は[[火]]の[[呪文]]の側を持つが、[[バトルゾーン]]にある状態ではこれもやはり[[《カチカチジェットT.N.K.》]]は[[攻撃]]可能にならない。
有効になっていない側を参照できるのは、[[龍解]]や[[ラスト・バースト]]など、側を参照する事が明記されている一部の[[能力]]に限られる。

***複数枚のカードでできる側について [#k29608d8]

複数枚のカードが[[リンク]]/[[合体]]してできる側は、基本的に[[バトルゾーン]]に存在し、かつ完成している状態でないと参照できない。
[[バトルゾーン以外の場所]]ではそもそも複数のカードが1つの[[オブジェクト]]になることはない((シールドを除く。ただし[[DMRP-22]]時点では、[[シールドゾーン]]で完成できる側は存在しない))ため、参照する事ができない。
特定のカード(大抵はその側の一部を持つカードの別の側)の能力によって[[リンク]]/[[合体]]することで、はじめて1つの側として成立する。

[[バトルゾーン]]では基本的に完成した大きな1つの側が有効である。
1枚ずつのカードは[[カード指定除去]]などで選ぶことはできるが、その場合でも完成した大きな側の[[特性]]は有効である。例えば、カード単体で除去しようとしても、大きな側が持つ[[除去]][[耐性]]の影響を受ける。

----

なお、未完成の状態もしくは[[バトルゾーン以外の場所]]では参照する事ができないとしたが、これには以下の例外がある。
-[[《零龍》]]の[[特殊敗北]][[能力]]。バトルゾーンを離れるとバラバラになってしまい側として成立しなくなるが、この能力は有効((その旨を明文化した裁定は下されていない))であり、自分はゲームに敗北する((なお、似たような構成と能力を持つ[[《終焉の禁断 ドルマゲドンX》]]は、[[禁断コア]]なしの単体でも側として成立するため、例外として扱うまでもなく[[特殊敗北]]が発動する。))。
-[[キング・セル]]を[[合体]]させる能力。主に完成後の側が持つ能力なのだが、それを参照できないとそもそもその側自体を完成させる事ができなくなってしまう。このため、この能力、およびそれを使う際に参照する[[マナコスト]]のみ、完成前でも参照できるという裁定が下されている。

**その他 [#dde0d842]
-[[3D龍解]][[カード]]はすべての側が完成している扱いであり、条件に合致する限り3つのうちの好きな側を参照できる。なお、あくまで[[バトルゾーン]]で有効なのは1つの側だけであり、[[ウエポン]]側と[[フォートレス]]側を同時に[[表向き]]にして置くことはできない。

-複数の側が存在するカードでも、[[レアリティ]]やカード番号などの一部の特性はカード全体で共通する。

**参考 [#i6f21185]
-[[用語集]]
-[[両面カード]]
-[[ツインパクト]]
-[[裏返す]]

*《暗黒の騎士ザガーン》 [#h094fd6a]
***ネタにされる理由の考察 [#g093e971]
《ザガーン》がここまでネタにされる理由の最も大きな要因は''『フレーバーテキストと実際の性能のギャップ』''だろう。
[[スペック]]の適不適はともかく、場に出た時に何もしない[[コスト]]6という時点で、同じ[[DM-01]]の[[《デーモン・ハンド》]]を返しのターンに撃たれれば一方的に負けてしまう事は登場当初からすでにあった。

もっとも、このように大層な[[フレーバーテキスト]]とそれに見合わないスペックを持つカードは他にもある(([[《ハンドレッドバレル・ドラゴン》]]など))。その中でもとりわけ《ザガーン》が取り沙汰される、もう一つの理由として考えられるのは''『セリフの主が覇王ブラックモナーク』''という点。
[[《覇王ブラックモナーク》]]は長らくカード化されないながらも、[[背景ストーリー]]において強烈な存在感を保ち続けていた。これは見方によっては「カード化できないほどに未知で強大な存在」と解釈することもできた。カード化されないブラックモナークがその神秘性を保つ一方で、そのブラックモナークに太鼓判を押された《ザガーン》の方は1[[カード]]でしかなく、登場当初でさえ怪しかった[[スペック]]が[[インフレ]]によってどんどん下に見られていくため、時を経るごとに''フレーバーテキストと性能のギャップが加速度的に開いていく''という現象が起こっていた。

のちに[[《覇王ブラックモナーク》]]がカード化されたことにより、彼もまた[[インフレ]]の波に呑まれうる存在となったものの、その頃には《ザガーン》のネタ扱いはもはや確固たるものとなっていた。

//------

//この線より上に記述してください
|~[[砂場 (Sand Box)の1番上に戻る>#head]]|