#author("2023-12-30T21:43:46+09:00","","")
#author("2023-12-30T21:44:05+09:00","","")
*【ヘブンズ・ゲート】 [#q3ecede3]

【天門】とも。[[《ヘブンズ・ゲート》]]で[[光]]の大型[[ブロッカー]]を踏み倒し、盤面を[[制圧]]する[[クリーチャーコントロール]]デッキ。
光のブロッカーの[[カードプール]]の広さから非常にカスタマイズ性が高く、様々な派生型がある。

歴史が古く、多数のメディアで人気キャラ達が使用してきた反面、[[トップメタ]]に食い込むのは[[ドラゴン・サーガ]]を待たなければならない。

|ヘブンズ・ゲート R 光文明 (6)|
|呪文|
|S・トリガー|
|進化クリーチャーではない光の「ブロッカー」を持つクリーチャーを2体まで、自分の手札からバトルゾーンに出す。|

[[《ヘブンズ・ゲート》]]とそれで呼び出す[[ブロッカー]]を擁する[[光]]と、[[ドロー]]を行うための[[水]]を中心に構成され、[[闇]]が[[タッチ]]される場合もある。

また、[[ドラゴン・サーガ]]以降は[[光]][[単色]]での構築も可能となった。以下の表のように、[[《ヘブンズ・ゲート》]]で出せるクリーチャーの種類は非常に多彩であり、構築の自由度は高い。

**主要カード [#mg204310]
|[[《ヘブンズ・ゲート》]]|核|

**ブロッカーの選択肢 [#ma254312]
***高パワー・大量ブレイク [#t2ba010e]
|[[《天海の精霊シリウス》]]|元祖超巨大[[ブロッカー]]|
|[[《天海の精霊シリウス/W・チャージャー》]]|[[ツインパクト]]版《シリウス》|
|[[《天紅連結 シリディアン》]]|[[ディスペクター]]&[[ドラゴン]]版《シリウス》。[[GS>G・ストライク]]|
|[[《白騎士の精霊アルドラ》]]|やや小回りが利かないが《シリウス》よりも巨大|
|[[《金色目 ポラリス》]]|《アルドラ》をも上回る[[パワー]]18500の[[Q・ブレイカー]]。&br;終盤は[[S・トリガー]]が追加される|
|[[《デュエプリンス ノエル》]]|[[コロコロチャンネル>https://youtube.com/c/corocoro]]がある限り[[バトル]]時のパワーは最大級。&br;[[NEO進化]]で[[進化速攻]]が可能|
|[[《雷神の求道者センジュ》]]|[[クルー・ブレイカー]]:[[ブロッカー]]。[[パワー]]は低い方|
|[[《九極 デュエンジェル》]]|[[相手シールドが2枚以下>侵略モード]]なら[[光]]以外の[[呪文]]を封殺|
|[[《D2J ジェルヴィス》]]|相手のシールドの数だけ[[コスト軽減]]|
|[[《「獅星」の頂 ザ・ライオネル》]]|はじめて[[ブレイク]]される[[シールド]]を[[S・トリガー]]に。&br;[[重い]]が[[召喚]]で3枚[[シールド追加]]|
|[[《新・天命王 ネオエンド》]]|[[ドラゴン]]に[[真・エスケープ]]と[[攻撃時>アタックトリガー]]に[[フリーズ]]を付与|
|[[《聖審絆官 シェムパザーレ》]]|[[シンパシー]]。自軍の[[攻撃時>アタックトリガー]]に相手1体を[[フリーズ]]|
|[[《オヴ・シディア†》]]|[[cip]]で次の自分の[[ターンのはじめ>ターン開始ステップ]]まで[[破壊されない]]。&br;[[攻撃時>アタックトリガー]]に[[表向き]]で重なっている[[シールドカード]]を使える|
|[[《煌世主 サッヴァーク†》]]|[[ドラゴン・T・ブレイカー]]で3枚[[シールド追加]]|
|[[《王家の精霊 ネメス・テーベ》]]|[[ブレイク置換効果]]で[[シールド追加]]。&br;実質攻撃をなかった事にできる|
|[[《九極の精霊 マウリエル》]]|相手の[[ブレイク]]数を1減らす。[[マナ基盤]]も担う|
|[[《世紀末ゼンアク》]]|[[攻撃時>アタックトリガー]]に[[確定除去]]と[[自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする]][[能力]]を持ち自軍に[[モヤシ]]を[[付与]]。&br;[[マナ基盤]]を狙った活躍が主|

***追加展開 [#e5da1208]
|[[《星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート》]]|[[ツインパクト]]。両面とも[[ブロッカー]]の[[踏み倒し]]が可能|
|[[《天門の精霊ヘブンズ》]]|[[cip]]で手札から[[ブロッカー]]を出せる|
|[[《闘門の精霊ウェルキウス》]]|[[cip]]で1ドローと手札から[[ブロッカー]]を出せる。&br;味方のバトル勝利時も発動でき[[進化クリーチャー]]にも対応|
|[[《真実の名 タイガー・レジェンド》]]|[[cip]]で[[GJ>ガチンコ・ジャッジ]]による[[手札]]からの展開、《ロードリエス》と好相性|
|[[《歴戦の精霊龍 カイザルバーラ》]]|1[[ドロー]]し、[[手札]]から[[コスト]]7以下の[[非進化]][[光]]を1体出す|
|[[《偽りの名 オレオレ・ライオネル》]]|[[攻撃時>アタックトリガー]]の[[GJ>ガチンコ・ジャッジ]]に勝てば山札を捲って[[ブロッカー]]を[[踏み倒し]]|
|[[《FENIXXX・グローリ》]]|[[マジボンバー]]6を持ち[[すべてのバトルに勝つ]]|
|[[《QQQKYOKU・マウンテス》]]|驚異の[[マジボンバー]]9を持つ|
|[[《慈悲の精霊龍 イヴローラン》]]|[[攻撃時>アタックトリガー]]に[[進化でない>非進化]]光の[[ブロッカー]]を[[リアニメイト]]|
|[[《光の兄妹 るる&ルシファー》]]|[[cip]]で1[[ドロー]]&[[コスト]]8以下の[[非進化]]を手札から出す。&br;[[タップ誘発]]で相手1体を[[タップ]]|
|[[《電磁魔天イエス・ザナドゥ》]]|[[cip]]及び[[アタックトリガー]]で[[S・トリガー]]付き[[呪文]]を1枚[[墓地]]から唱えられる。その後、その[[呪文]]は[[シールド]]に[[表向き]]で置かれる。また自分が[[呪文]]を唱えるとその唱えた[[呪文]]より[[コスト]]が小さい相手[[クリーチャー]]を1体[[破壊]]する。|
***シールド関連 [#e5dd1298]
|[[《奇跡の精霊ミルザム》]]☒|[[ウルトラシールド・プラス]]を持つ巨大ブロッカー|
|[[《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》]]|[[スーパー・シールド・プラス]]を持つ巨大ブロッカー|
|[[《音感の精霊龍 エメラルーダ》]]|[[cip]]で[[暴発]]可能な[[シールド交換]]|
|[[《光器セイント・マリア》]]|[[ハンター]]に[[自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする]][[能力]]を[[付与]]して同じ数[[シールド追加]]|
|[[《天命の精霊ワガハイ・キャット》]]|[[cip]]でお互いに[[非進化]]の[[コマンド]]を[[シールド送り]]|
|[[《神託の精霊アルメリック》]]|自軍の[[攻撃時>アタックトリガー]]に[[カード名]]を[[宣言]]して[[シールド確認]]。&br;当れば[[暴発]]可能な[[シールド回収]]と2枚[[シールド追加]]|
|[[《護英雄 シール・ド・レイユ》]]|[[マナ武装]]で2体[[シールド送り]]|
|[[《聖英雄 ゴール・ド・レイユ》]]|[[マナ武装]]で[[光]]の[[カード]]を[[S・トリガー]]化|
|[[《蒼華の精霊龍 ラ・ローゼ・ブルエ》]]|自分のドラゴンの[[攻撃時>アタックトリガー]]と[[ブロック]]時に[[シールド追加]]。&br;光以外の呪文に対して[[アンタッチャブル]]|
|[[《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》]]|[[cip]]で[[シールド追加]]。[[シールド追加]]時に1体[[フリーズ]]|
|[[《「絶対の楯騎士」》]]|[[cip]]で[[シールド追加]]と[[手札補充]]|
|[[《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》]]|[[シールド追加]]と[[シールド追加]]時[[能力]]による[[GR召喚]]|
|[[《真実の名 ラララ・ライオネル》]]|[[cip]]の[[GJ>ガチンコ・ジャッジ]]で勝てば[[山札]]から[[ヘブンズ]]をシールドに仕込む|
|[[《偽りの名 ビルド・レオーネ》]]|[[攻撃時>アタックトリガー]]に[[非進化]]の相手を1体[[シールド送り]]|
|[[《真実の名 ホワイト・オブ・ライオネル》]]|[[cip]]で条件付きの[[ドロー]]、[[ブースト]]、[[シールド追加]]|
|[[《ジャマリーリョ-S8》]]|[[S・トリガー獣]]の[[ブロッカー]]。&br;[[シビルカウント]]3で[[タップ誘発]]の[[シールド追加]]|

***ドロー、回収 [#p9cc5eed]
|[[《光輪の精霊 ピカリエ》]]|[[cip]]で[[キャントリップ]]|
|[[《知識の精霊ロードリエス》]]|強力な[[置きドロー]]|
|[[《音響の精霊ルルフーラ》]]|[[cip]]か[[呪文]]による[[マッドネス]]で2枚ドロー。&br;光の呪文無効化を打ち消す|
|[[《天門の精霊キバッテ・キャット》]]|[[cip]]で[[《ヘブンズ・ゲート》]]を手札に|
|[[《提督の精霊龍 ボンソワール》]]|[[cip]]で[[ブロッカー]]を[[手札]]に加える[[マッドネス]]|
|[[《魔光王機デ・バウラ伯》]]|[[cip]]で呪文を1枚[[サルベージ]]。[[ツインパクト版>《魔光王機デ・バウラ伯/魔弾グローリー・ゲート》]]有|
|[[《真実の名 バウライオン》]]|[[cip]]で呪文を2枚[[サルベージ]]|
|[[《光サス奇跡ノ裁徒》]]|[[cip]]で呪文を3枚[[サルベージ]]|
|[[《時の秘術師 ミラクルスター》]]|[[cip]]か[[マッドネス]]で複数の呪文を[[サルベージ]]|
|[[《虚構の支配者メタフィクション》]]|相手が[[呪文]]を唱えた時に[[呪文]]を[[サルベージ]]|
|[[《未来の玉 ダンテ》]]|[[cip]]で[[マナゾーン]]か[[墓地]]から[[呪文]]を[[回収]]|
|[[《光翼の精霊サイフォス》]]|[[cip]]で[[マナゾーン]]から[[呪文]]を回収|
|[[《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》]]|[[cip]]で呪文を2枚[[サルベージ]]する[[ディスペクター]]。&br;[[攻撃時>アタックトリガー]]と[[EXライフ]]消費時にコスト8以下の呪文を踏み倒す|
|[[《シェケダン・ドメチアーレ》]]|[[置きドロー]]、[[コスト軽減]]。[[シビルカウント]]5で[[除去]]も|
|[[《魔光大帝ネロ・グリフィスII世》]]|[[cip]]で[[呪文]]限定の手札補充、[[pig]]能力で[[ナイト]]か[[S・トリガー]]付きの[[呪文]]も唱えられる|
***ダイヤモンド状態発生 [#e5ae9000]
|[[《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》]]|[[cip]]で[[ダイヤモンド状態]]を生み出す|
|[[《偽りの名 オレワレオ》]]|[[常在型能力]]で[[ダイヤモンド状態]]を生み出す。&br;但し[[召喚酔い]]は無効にならない|
|[[《赤翼の精霊エルラ・ルージュ》]]|[[シビルカウント]]を達成することで[[ダイヤモンド状態]]を生み出す&br;また[[ドロー]]と[[タップ]]もこなす|

***離れにくいブロッカー [#lfe6acf8]
|[[《光器パーフェクト・マドンナ》]]|[[パワー低下]]以外では場に[[とどまる]]ブロッカー|
|[[《高貴の精霊龍 プレミアム・マドンナ》]]|相手ターン中[[パワー低下]]以外では[[離れない]][[W・ブレイカー]]|
|[[《太陽の使い 琉瑠》]]|タップされている味方を不死身に|
|[[《支配の精霊ペルフェクト/ギャラクシー・チャージャー》]]|召喚と詠唱回数の制限[[ロック]]&[[パワー低下]]以外では[[離れない]]/[[山札の上]]3枚から[[エンジェル・コマンド]]をすべて回収|
***その他のブロッカー [#lfe6acf8]
|[[《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》]]|[[cip]]、[[攻撃時>アタックトリガー]]、[[ブロック]]時に相手を2体[[タップ]]できる。&br;対[[火]]文明限定の[[アンタッチャブル]]|
|[[《閃光の神官 ヴェルベット》]]|相手[[クリーチャー]]を[[タップイン]]|
|[[《閃光の神官 ヴェルベット/フェアリー・パワー》]]|相手獣[[タップイン]]/[[マナブースト]]|
|[[《時間龍 ロッキンスター》]]|[[自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする]][[能力]]持ち。[[革命]]2で[[光]]以外の[[呪文]]封殺|
|[[《変幻の精霊ナイツ・オブ・コバルト》]]|[[攻撃時>アタックトリガー]]と攻撃された時、相手の[[山札の上]]から1枚墓地に送り&br;[[クリーチャー]]なら[[パンプアップ]]、[[呪文]]なら[[呪文横取り]]|
|[[《悪魔聖霊バルホルス》]]|[[攻撃強制]]させる[[無限ブロッカー]]。6000以下は一網打尽|
|[[《極限右神 オメガ》]]|自分の[[シールドカード]]が離れるたびに味方を[[アンタップ]]|
|[[《破滅の女神ジャンヌ・ダルク》]]|[[ハンター]]。[[cip]]で[[光]][[ハンター]]の数だけ[[ハンデス]]|
|[[《不敗英雄 ヴァルハラ・グランデ》]]|[[cip]]で2体[[フリーズ]]、[[マナ武装]]9で敗北回避|
|[[《龍仙ロマネスク》]]|cipで大量[[マナブースト]]|
|[[《トップ・オブ・ロマネスク》]]|~|
|[[《王機聖者ミル・アーマ》]]|[[呪文]]の[[コスト軽減]]|
|[[《封魔聖者シャックル・アーマ》]]|[[呪文]]の[[コスト軽減]]かつ相手の呪文を[[コスト加重]]|
|[[《最騒音奏 プーーーンギ》]]|相手の呪文を4[[コスト加重]]と呪文に反応して4回[[GR召喚]]|
|[[《導師の精霊龍 マホズン》]]|[[攻撃時>アタックトリガー]]と[[ブロック]]時に1[[ドロー]]とコスト7以下の[[呪文]]を踏み倒す|
|[[《墓守の鐘ベルリン》]]|[[ハンデス]][[メタ]]|
|[[《聖鐘の翼 ティグヌス》]]|~|
|[[《天星の玉 ラ・クルスタ》]]|[[マナゾーン]]の[[カード]]が相手より少なければ2[[マナブースト]]|
|[[《閃光の守護者ホーリー》]]|[[cip]]で[[オールタップ]]する[[S・トリガー獣]]|
|[[《龍装の調べ 初不/ホーリー・スパーク》]]|[[cip]]と[[スパーク]]に反応して[[タップ]]した相手を[[フリーズ]]/&br;[[《ホーリー・スパーク》]]|
|[[《龍装の悟り 天命/ヘブン・デ・エンドレーサ》]]|相手の光以外を[[コスト加重]]し、自分の光を[[コスト軽減]]/&br;相手1体を[[シールド送り]]。[[進化クリーチャー]]も選択可能|
|[[《停滞の信者 ブリトニー・ステイシス》]]|相手のターンのはじめの[[アンタップ]]を1体のみに制限|
|[[《神聖龍 エモーショナル・ハードコア》]]|任意のクリーチャーの能力を[[無視]]する|
|[[《極上神プロディジー》]]|自軍の[[ブロッカー]]に[[自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする]][[能力]]を[[付与]]|
|[[《鎧亜戦隊ディス・ミュージック》]]|[[スペース・チャージ]]でスピードアタッカー付与|
|[[《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》]]|[[cip]]か[[光]]の3マナ以下を出すと[[フリーズ]]|
|[[《ルベル・ゴルギーニ》]]|全自軍に[[自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする]][[能力]]を与える[[タマシード/クリーチャー]]&br;また相手の選択に[[シールド送り]]でカウンターする|
|[[《輝く革命 ボルシャック・フレア》]]|各ターン1回限定だが、自軍に[[バトルに必ず勝つ>すべてのバトルに勝つ]]、相手に[[タップイン]]を強制させる。|


**その他の候補 [#ma254312]
***手札補充呪文 [#fc6426a8]
|[[《エナジー・ライト》]]|軽量[[ドローソース]]|
|[[《コアクアンのおつかい》]]|~|
|[[《叡智の聖騎士 スクアーロ/エナジー・ライト》]]|~|
|[[《審絆の鎮り 新蓮/ジャスティス・シェイパー》]]|~|
|[[《エナジー・Re:ライト》]]|軽量[[ドローソース]]。[[G・ストライク]]|
|[[《サイバー・ブック》]]|3枚引き、手札から1枚[[山札の下]]に置く|
|[[《王立アカデミー・ホウエイル》]]|4マナで3ドロー|
|[[《サイバー・ブレイン》]]|~|
|[[《クリスタル・メモリー》]]|万能[[サーチ]]|
|[[《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》]]|~|
|[[《龍脈術 水霊の計》]]|[[カード]]を1枚[[山札の下]]送りor3枚[[ドロー]]|
|[[《ヘブンズ・キューブ》]]|[[呪文]][[サーチ]]|
|[[《エンジェル・フェザー》]]|[[光]]の[[ドロースペル]]|
|[[《ジャスティス・プラン》]]|~|
|[[《龍素遊戯》]]|[[ドラゴン]]、[[ドラゴン]]以外、[[呪文]]を[[手札補充]]|
|[[《「合体」の頂 アクア・TITAAANS/「必殺!ジェット・カスケード・アタック!!」》]]|[[G・ストライク]]&[[攻撃制限]]持ちの大型[[ブロッカー]]/ゲームに参加する[[プレイヤー]]あたり1枚[[ドロー]]|
***チャージャー呪文 [#fc6426a8]
|[[《ブレイン・チャージャー》]]|キャントリップ|
|[[《ブレイン・Re:チャージャー》]]|キャントリップ。[[G・ストライク]]|
|[[《スパーク・チャージャー》]]|キャントリップ+タップ|
|[[《スペルブック・チャージャー》]]|[[山札の上]]5枚から呪文をサーチ|
|[[《ケンザン・チャージャー》]]|[[山札の上]]が呪文か[[ブロッカー]]なら[[手札補充]]|
|[[《トライガード・チャージャー》]]|[[シールド交換]]を行える|

***シールド関連、その他 [#fc6426f9]
|[[《グローリー・スノー》]]|[[マナゾーン]]の差を補う|
|[[《煌メク聖晶 弩楼/ビスティック・マース》]]|~|
|[[《ドラゴンズ・サイン》]]|[[エンジェル・コマンド・ドラゴン]]を[[踏み倒し]]|
|[[《ポジトロン・サイン》]]※|[[S・トリガー]][[呪文]]を[[コスト踏み倒し]]。[[殿堂入り]]|
|[[《DNA・スパーク》]]|[[S・トリガー]]。[[オールタップ]]+[[シールド追加]]|
|[[《AND・スパーク》]]|~|
|[[《マスター・スパーク》]]|[[S・トリガー]]。[[オールタップ]]+1枚ドロー|
|[[《反撃のサイレント・スパーク》]]|[[S・トリガー]]。[[オールタップ]]か2枚ドロー|
|[[《電脳護聖ビョイト》]]|ブロッカーの[[シールドカード]]を[[S・トリガー]]化|
|[[《ルシファー》]]|自分のターン中は光のコスト9以下[[踏み倒し]]。&br;相手のターン中なら[[ターンの残りをとばす]]|
|[[《エメラル》]]※|[[cip]]で[[シールド交換]]|
|[[《アクア・スーパーエメラル》]]|~|
|[[《星龍の記憶》]]|全[[シールド]]を[[S・トリガー]]化|
|[[《ハッチャキ》]]|5コスト以下の[[ブロッカー]]を[[踏み倒し]]|
|[[《ピュアキャット》]]|味方の7マナ以上を[[アンタッチャブル]]にする|
|[[《アクア・サーファー》]]|[[S・トリガー]]。定番の[[バウンス]]|
|[[《俺流秘伝セイント・フラッシュ》]]|[[アタック・チャンス]]でコスト6以下を[[シールド送り]]|
|[[《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》]]|展開や[[コンボ]]へのメタ。|
|[[《水雲の聖沌 5u170n》]]|味方が増える度相手1体1タップ。プラス[[効果]]で[[手札]]から[[非進化]]の[[光]][[ブロッカー]]を[[踏み倒せ>踏み倒し]]る。|
|[[《禁呪と聖句の決断》]]|1体[[破壊]]、[[ブロッカー]]の[[コスト踏み倒し]]、[[シールド追加]]と[[墓地肥やし]]の3つの[[モード]]から2回選ぶ。この[[ターン]]自分の[[クリーチャー]]が出ていれば[[S・トリガー]]化|
***進化クリーチャー [#ad0016d8]
|[[《聖霊王アルファディオス》]]|《ゴール・ド・レイユ》で[[S・トリガー]]化して[[進化]]|
|[[《聖霊王アルファディオス GS》]]|~|
|[[《聖霊王アルファリオン》]]|[[G・ゼロ]]:[[エンジェル・コマンド]]5体以上|
|[[《ミラクル・ミラダンテ》]]|[[革命0トリガー]]。[[cip]]で[[ブロッカー]]付与と[[コマンド]]に[[攻撃ロック]]|
|[[《白騎士の開眼者ウッズ》]]|味方に[[ダイヤモンド状態]]付加。一部の味方に[[自分のターンの終わりに、このクリーチャーをアンタップする]][[能力]]を与える|
|[[《超九極 チュートピア》]]|[[コスト]]9の[[光]][[コマンド]]から[[侵略]]。&br;[[コスト踏み倒しメタ]]、[[除去]]耐性[[付与]]|

***超次元関連 [#t6fd2b65]
|>|~[[サイキック・クリーチャー]]関連|
|主要サイキック・クリーチャー||
|[[《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》]]|[[ハンター]]。[[置きドロー]]兼[[アタッカー]]|
|[[《光器セイント・アヴェ・マリア》]]|[[ハンター]]。自軍を[[アンタップ]]して攻守を両立|
|[[《勝利のプリンプリン》]]|[[ハンター]]。相手1体に[[プリン効果]]|
|[[《時空の雷龍チャクラ》]]/&br;[[《雷電の覚醒者グレート・チャクラ》]]|[[覚醒]]すると[[ダイヤモンド状態]]を生みだす|
|[[《時空の霊魔シュヴァル》]]/&br;[[《霊魔の覚醒者シューヴェルト》]]|[[覚醒]]すると[[シールド追加]]が可能|
|呼び出し先||
|[[《超次元シャイニー・ホール》]]|[[タップ]]+サイキック展開|
|[[《超次元エナジー・ホール》]]|1[[ドロー]]+サイキック展開|
|[[《超次元マザー・ホール》]]|[[ブロッカー]][[踏み倒し]]+サイキック展開|
|[[《超次元ブルーホワイト・ホール》]]|[[手札]]から[[シールド追加]]|
|[[《予言者ヨーデル・ワイス》]]|[[《破滅の女神ジャンヌ・ダルク》]]用の数稼ぎに|
|>|~[[ドラグハート]]関連|
|主要ドラグハート(出せる面のみ掲載)||
|[[《龍魂教会 ホワイティ》]]|3マナ。[[cip]]相手1体を[[フリーズ]]|
|[[《浮遊する賛美歌 ゾディアック》]]|3マナ。自軍の[[光]][[クリーチャー]]を[[パワー]]+1000。&br;[[ターンのはじめ>ターン開始ステップ]]に[[光]]の自軍が2体以上いれば[[龍解]]|
|[[《不滅槍 パーフェクト》]]|4マナ。装備クリーチャーに破壊以外の除去耐性付加。&br;[[ターンの終わり>ターン終了ステップ]]に自軍が5体以上いれば[[龍解]]|
|[[《百獣槍 ジャベレオン》]]|4マナ。[[装備]]クリーチャーに擬似[[エスケープ]][[付与]]。&br;[[ターンの終わり>ターン終了ステップ]]に[[シールド]]が3枚以下なら[[龍解]]|
|[[《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》]]|5マナ。光以外の呪文を1[[コスト加重]]。&br;[[ターンの終わり>ターン終了ステップ]]に[[光]]の[[ブロッカー]]を出せる。&br;[[ターンのはじめ>ターン開始ステップ]]に[[ブロッカー]]が3体以上いれば[[龍解]]|
|[[《真聖教会 エンドレス・ヘブン》]]|5マナ。自軍が[[破壊]]される度に[[シールド追加]]。&br;[[ターンの終わり>ターン終了ステップ]]に相手よりシールドが多ければ[[龍解]]|
|[[《神光の龍槍 ウルオヴェリア》]]/&br;[[《神光の精霊龍 ウルティマリア》]]|5マナ。クリーチャー面を直接出せる[[ブロッカー]]|
|[[《革命槍 ジャンヌ・ミゼル》]]/&br;[[《聖槍の精霊龍 ダルク・アン・シエル》]]|~|
|[[《始まりの龍装具 ビギニング・スタート》]]/&br;[[《終わりの天魔龍 ファイナル・ジ・エンド》]]|~|
|呼び出し先||
|[[《龍覇 エバーローズ》]]|[[ブロッカー]]。[[《不滅槍》>《不滅槍 パーフェクト》]]、[[《百獣槍》>《百獣槍 ジャベレオン》]]を使う場合に|
|[[《最終龍覇 ロージア》]]|~|
|[[《龍覇 セイントローズ》]]|[[《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》]]を使う場合に。&br;条件付きブロッカーのため《ヘブンズ・ゲート》の対象外|
|[[《真・龍覇 ヘブンズロージア》]]|[[マナ武装]]5で[[光]]の自軍に[[シールド・セイバー]]付与。&br;[[《ドラゴンズ・サイン》]]に対応。[[ヘブンズ]]を含む|

**このデッキの使い方 [#kc47bf83]
[[《知識の精霊ロードリエス》]]で[[ドロー]]しながら大型[[ブロッカー]]を出していくのが基本戦術。[[ブロッカー]]の選択肢は多く、[[環境]]や[[コンセプト]]に合わせて様々なものを選べる。

サポートには激しい[[手札]]消費を補う[[ドロー]]が必須。特に[[《エナジー・ライト》]]や[[《コアクアンのおつかい》]]はよく使われる。
[[ビートダウン]]に対してより確実に[[《ヘブンズ・ゲート》]]を[[シールドゾーン]]に埋められる[[《エメラル》]]、[[《アクア・スーパーエメラル》]]、[[《超次元ブルーホワイト・ホール》]]もしばしば使われる。

いずれにせよ、大型[[ブロッカー]]を一度に2体出せる豪快さが魅力である。[[手札]]が残っていれば、[[S・トリガー]]からの[[《ヘブンズ・ゲート》]]も期待できるのが心強い。

[[メタ]][[カード]]で固めた構築が[[環境]]に多い[[十王篇]]期では、[[《龍素記号Xf クローチェ・フオーコ》]]などの[[墓地利用メタ]]、[[《洗脳センノー》]]などの[[コスト踏み倒しメタ]]を投入し、[[《*/弐幻サンドロニア/*》]]などの初動[[手札交換]][[オーラ]]を採用した型が模索された。
**このデッキの弱点 [#h2ce00bd]
定番の[[ブロッカー破壊]]が怖い。[[《メガ・ブレード・ドラゴン》]]、[[《熱血龍 GENJI・XXX》]]、[[《黄昏地獄拳》]]のような[[全体除去]]、[[《剣豪の覚醒者クリムゾン GENJI・XX》]]、[[《クリスタル・スーパーパラディン》]]のような何度も効果を使える[[カード]]は非常に厄介。特にこれらの[[カード]]を大量に投入している[[【ディアブロストコントロール】]]とは相性最悪。とはいえ[[《爆竜 GENJI・XX》]]や[[《超次元シューティング・ホール》]]であれば一体しか破壊されないのでそれほど脅威にはならない。

直接[[手札]]から出せないような[[サイズ]]の[[ブロッカー]]を[[手札]]にため込む傾向にあるため、[[ハンデス]]にも弱い。[[《聖鐘の翼 ティグヌス》]]や[[《墓守の鐘ベルリン》]]で対策したい。

また、攻めを大型ブロッカーに頼るため、[[【除去コントロール】]]も厳しい相手となる。

[[コスト踏み倒しメタ]]全般が厳しい。[[S・トリガー]]で出せれば無視出来るものもあるが、[[《ウソと盗みのエンターテイナー》]]のような[[ターン]]を問わないタイプのものは回避できない。
特に[[《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》]]は[[呪文]]面の[[《ジャミング・チャフ》>《奇石 ミクセル/ジャミング・チャフ》]]でも[[《ヘブンズ・ゲート》]]を封じられるので、同じ[[光]][[文明]]でありながらこの[[デッキ]]の存在を否定するような性能である。

**環境において [#i94a1e10]
デッキ成立からこれといった活躍が無い状況が続いたが、[[極神編環境]]で[[DMC-37]]が発売された事で多くのプレイヤーに使用され、必然的に大会での入賞が多数報告された。事実上、これが最初の活躍と言える。

[[神化編環境]]に[[【ロードリエスコントロール】]]が登場したことで継続的な展開力を獲得し、環境への躍進を果たした。

[[ドラゴン・サーガ環境]]から[[革命編環境]]にかけては[[【白単天門】]]が一定の勢力を保った。

そして[[革命編環境]]から[[革命ファイナル環境]]では[[【天門ループ】]]が猛威を振るった。

しかし[[新章デュエル・マスターズ]]以降普及した[[コスト踏み倒しメタ]]に手を焼くように。[[色]]的にこれらを[[除去]]できる軽量[[カード]]を多く積みにくく、[[ゲーム]]序盤から「詰み」になることが多いため[[コスト踏み倒しメタ]]が急増した[[環境]]から姿を消してしまった。

しかし、[[DMEX-16]]で[[《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》]]が登場すると、[[除去]]への耐性を持ったそちらを軸にした白青赤型の【ヘブンズ・ゲート】が環境に舞い戻った。[[DMEX-17]]でネロ・グリフィス型が大幅強化され、ループにより[[《アルカディア・スパーク》]]を連打する型も程無くして結果を残した。

[[【絶望神サガループ】]]が環境に登場すると、そちらに対してメタ張りしながら安定して3ターンキルを狙える[[【我我我ブランド】]]に強いという事で立場が向上。[[《DG-パルテノン 〜龍の創り出される地〜》]]や[[《凶鬼98号 ガシャゴン/堕呪 ブラッドゥ》]]の呪文面で[[【絶望神サガループ】]]対策ができれば尚良い。この頃には優秀な[[ギャラクシールド]]や[[《サイバー・ブレイン》]]を扱える白青型や[[《凶鬼98号 ガシャゴン/堕呪 ブラッドゥ》]]や[[《∞龍 ゲンムエンペラー》]]を足した[[白青黒]]型の活躍が目立つ。事前にリソースを稼いでおけばカウンターによって10体近くのブロッカーをぽんと並べることができ、そうなると[[【我我我ブランド】]]にとっては詰みに等しい状況となる。
**型分け [#ge5c4e66]
***ヘブンズ・ヘブン型 [#q6eb0402]
[[《龍覇 セイントローズ》]]から[[《天獄の正義 ヘブンズ・ヘブン》]]を呼び出しさらに展開をサポートするタイプ。[[《蒼華の精霊龍 ラ・ローゼ・ブルエ》]]や[[《封印の精霊龍 ヴァルハラ・パラディン》]]、[[《高貴の精霊龍 プレミアム・マドンナ》]]など、種族サポートが多く強力な[[ブロッカー]]持ち[[エンジェル・コマンド・ドラゴン]]を中心とし、耐久力・展開力・制圧力が非常に高い。

詳しくは「[[【白単天門】]]」を参照。

***ガチンコ・ジャッジ型 [#aab7dbf1]
[[《偽りの名 オレオレ・ライオネル》]]や[[《真実の名 タイガー・レジェンド》]]の[[能力]]で大型[[ブロッカー]]を踏み倒すタイプ。
展開力もさることながら、[[《知識の精霊ロードリエス》]]との[[シナジー]]も期待できる。

元々大型の多い[[デッキタイプ]]なので[[ガチンコ・ジャッジ]]には勝ちやすいだろう。

***アルメリック型 [#jd5197fb]
[[《神託の精霊アルメリック》]]と[[《奇跡の精霊ミルザム》]]を利用するタイプ。やや特殊な構成になることが多く、「[[【アルメリック天門】]]」として区別される。

***ハンター型 [#dd6c075a]
[[ハンター]]で固め、[[《光器セイント・マリア》]]で[[シールド追加]]を行ったり、[[《破滅の女神ジャンヌ・ダルク》]]で[[ハンデス]]するタイプ。
[[《超次元シャイニー・ホール》]]から[[《光器セイント・アヴェ・マリア》]]を出せば[[《勝利の女神ジャンヌ・ダルク》]]などの[[攻撃]]と[[ブロック]]の両立が可能。
[[置きドロー]]としてよく使われる[[《アクア・アタック<BAGOOON・パンツァー>》]]も[[ハンター]]なので活用することができる。
ただし、[[エンジェル・コマンド]]があまり入らないので[[《時空の霊魔シュヴァル》]]の[[覚醒]]は狙いづらい。

***ネロ・グリフィス型 [#g6c613ad]
[[ナイト]]が[[破壊]]されると[[手札]]から[[呪文]]を唱えられる[[《魔光大帝ネロ・グリフィス》]]を主軸にしたタイプ。[[S・トリガー]][[呪文]]である[[《ヘブンズ・ゲート》]]が唱えられるほか、強力な[[ドローソース]]である[[《魔弾オープン・ブレイン》]]が活用できる。詳細は「[[【ネロ天門】]]」を参照。

***ハッチャキ型 [#tde2163c]
小型[[サイバーロード]]の[[《ハッチャキ》]]を活用するタイプ。
そちらを利用して[[《知識の精霊ロードリエス》]]や[[《我牙の精霊 HEIKE・XX》]]などの中型[[ブロッカー]]を並べていく。それらは大抵相手プレイヤーを[[攻撃]]できない[[デメリット]]を持っているので、[[《偽りの名 オレワレオ》]]や[[《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》]]などで[[ダイヤモンド状態]]を生み出して止めを刺す。

[[DMD-06]]はこのタイプである。

***ヴァルハラナイツ型 [#ccdbfac2]
小型[[クリーチャー]]の比率を増やして[[《支配の精霊龍 ヴァルハラナイツ》]]での[[フリーズ]]を狙う型。

[[《激天下!シャチホコ・カイザー》]]と[[《黙示護聖ファル・ピエロ》]]の[[コンボ]]で[[《ヘブンズ・ゲート》]]を使い回したり、各種[[超次元]][[呪文]]で小型[[サイキック・クリーチャー]]をばら撒いたりする。大型は[[《ピュアキャット》]]で[[アンタッチャブル]]に出来るので非常に打たれ強い。

その他、相性のいいカードについては「[[【ヴァルハラナイツ】]]」を参照。

***マーシャル・クイーン無限ループ型 [#j2e34b9b]
ループ機構に[[《マーシャル・クイーン》]]を採用した型。
毎回、[[《クール・ビューティー》]]、[[《ヘブンズ・ゲート》]]、[[《転生スイッチ》]]を踏み倒すことで、何度も[[《マーシャル・クイーン》]][[cip]]を誘発させるデザインとなっている。
詳しくは[[【ヘブンズマーシャル】]]を参照。

***暴発ミルザム無限ループ型 [#xc69ff70]
[[革命編環境]]で猛威を振るった型。
[[《奇跡の精霊ミルザム》]]と[[《音感の精霊龍 エメラルーダ》]]のコンボ(>[[【暴発ミルザム】]])を用い、[[ウルトラシールド・プラス]]された[[シールド]]を[[S・トリガー]]を使いつつ回収し、シールド追加をすることで[[S・トリガー]]の[[《フォース・アゲイン》]]や[[《ハイドロ・コミューン》]]、[[《ヘブンズ・ゲート》]]などで[[《奇跡の精霊ミルザム》]]と《音感の精霊龍 エメラルーダ》を使い回しこれを繰り返す。
使った[[S・トリガー]]呪文は[[《埋没のカルマ オリーブオイル》]]や[[《目的不明の作戦》]]で山札に戻すことで[[ウルトラシールド・プラス]]で再利用する。このため最終的に山札及び[[ウルトラシールド・プラス]]されたシールドの中身はほぼループに必要な[[S・トリガー]]だけとなり、ループは途切れることがなくなる。

[[《音感の精霊龍 エメラルーダ》]]などの[[シールド追加]]を連打し[[《転生スイッチ》]]などから出した[[《光霊姫アレフティナ》]]での[[エクストラウィン]]や、[[【パクリオループ】]]で[[ライブラリアウト]]を狙うなど、ループに入ってしまえば相手に左右されずにほぼ勝利できるのが特徴。反面、処理にはかなりの時間を要するので注意。

好みの分かれるところだが、[[《フォース・アゲイン》]]より[[《目的不明の作戦》]]を優先する構築もある。こちらは[[墓地]]をリソースに使える分、[[【黒単ヘルボロフ】]]に対して比較的強気に挑めるのが特徴。

詳しくは[[【暴発ミルザム】]][[【天門ループ】]]を参照。

***九極侵略型 [#a57fd292]
[[DMD-28]]の[[侵略]]側を[[アーキタイプ]]とした型。
光のコスト9の[[エンジェル・コマンド]]/[[侵略者]]を中心に採用し、[[《極まる侵略 G.O.D.》]]や[[《超九極 モモタルス》]]で[[コスト踏み倒し]]を狙う。
詳しくは[[【九極侵略】]]を参照。

***聖霊王アルファリオン型 [#rdd1bc0f]
[[DMD-32]]の[[《聖霊王アルファリオン》]]を[[フィニッシャー]]にした型。
基本的な動きは通常のヘブンズ・ゲートと同じであるが[[《聖霊王アルファリオン》]]の[[G・ゼロ]]を考慮しなければならないため、使える大型[[ブロッカー]]が[[エンジェル・コマンド]]と[[エンジェル・コマンド・ドラゴン]]に限られてしまう。しかし、ひとたび[[《聖霊王アルファリオン》]]をバトルゾーンに出すことができれば、強力なロックと大量の大型[[ブロッカー]]が盤面に並ぶことになる。
***白青黒型 [#saf2829d]
いわゆる「【[[ドロマー>白青黒]]天門】」。[[革命ファイナル環境]]最終盤に[[【天門ループ】]]が事実上消滅したことをきっかけに構想が練られ、「デュエル・マスターズグランプリ-6th」でベスト8入賞して有名になったアーキタイプ。[[【ドロマーミラダンテ】>【ロージアミラダンテ】]]をそのまま【ヘブンズ・ゲート】に置き換えたタイプだが、件の大会でベスト8入賞した型には[[ブロッカー]]へのチャンプアタックを強要するための[[《ファントム・ベール》]]と[[《導師の精霊龍 マホズン》]]のアタックトリガーで唱えて打点補強することに使える[[《攻守の天秤》]]が各2枚投入されていた。

[[アビス・レボリューション環境 (オリジナル)]]では[[リソース]]と[[メタ]]の基盤が優秀な事から活躍している。『[[超CSV in 大阪>超CS]]』(オリジナル)では予選通過128人中2人使用と予選実績10位タイを記録(このデッキを含めて同率に5デッキ)。
***ハイオリーダ型 [#x400469b]
[[《音奏 ハイオリーダ/音奏曲第3番「幻惑」》]]の[[GR召喚]]で盤面を広げ、そのまま[[《帰還の精霊シュマヌマージ》]]と[[《真実の聖霊王 レオ・ザ・スター》]]2体による不死[[ブロッカー]]軍団で[[敗北回避能力]]を延々と享受したり、[[《ヴァリアブル・ポーカー》]]や[[《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》]]で爆発的にシールドカードを追加することで一気に[[GR召喚]]を連発して[[《無限銀河ジ・エンド・オブ・ユニバース》]]の[[メガメテオバーン]]10に繋げたり、と様々な型がある。

[[GR召喚]]を軸とするため[[コスト踏み倒しメタ]]に強いが、[[《ヴァリアブル・ポーカー》]]や[[《奇跡の精霊ネオ・ミルザム》]]はその性質上[[速攻]]に弱い。

***オシオキムーン型 [#i37e4df8]
[[《月と破壊と魔王と天使》]]を[[《至宝を奪う月のロンリネス》]]や[[《ヘブンズ・ゲート》]]で並べ、[[《ヴァリアブル・ポーカー》]]で一気に[[オシオキムーン]]を発動するのがメインの回し方。そのまま[[《月と破壊と魔王と天使》]]のオシオキムーンによる[[ブレイク]]で[[1ショットキル]]を行い、そうしてブレイクした[[シールド]]を適宜[[《偽りの月を盗むファントム》]]のハンデスで叩き落として反撃の芽を摘む。

[[白黒]]型がメインだが、[[《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》]]や[[《襲来、鬼札王国!》]]などの火を加えた[[白黒赤]]型もある。
***5色型 [#x86cc9a9]
元々[[【ヘブンズロマネスク】]]を[[【5色コントロール】]]として組む場合にこの型となったが、[[《Disアイ・チョイス》]]の登場によって[[王来篇環境]]における[[【5色コントロール】]]の基盤を殆ど崩さずに組むことができるようになった。

[[《ヘブンズ・ゲート》]]と[[《Disアイ・チョイス》]]を交互に繋げてソリティアを行うのがこのデッキの使い方。マナさえ伸びていれば[[《蒼龍の大地》]]も駆り出してソリティアを継続させることが可能。

***白青赤型 [#sc3d5a76]
[[《S・S・S》]]や[[《T・T・T》]]のような[[白青赤]]の呪文などを[[《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》]]で活かす型。詳しくは[[【白青赤天門】]]を参照の事。

***白赤型 [#ufbf3a69]
[[【白青赤天門】]]から[[リソース]]系呪文などの[[水]]を抜き、[[白赤]]構築で組んだもの。いわゆる【白赤ゾージア】。デッキ自体は昔から存在していたが、[[《頂上連結 ロッド・ゾージア5th》]]が登場した[[DM23-EX2]]期辺りから台頭。水の手札補充がないため、[[《支配の精霊ペルフェクト/ギャラクシー・チャージャー》]]や[[《R.S.F.K./オールイン・チャージャー》]]といった[[手札補充]]付き[[チャージャー]]、[[《提督の精霊龍 ボンソワール》]]のようなリソース系ブロッカーに手札補充を任せる格好となっており、[[《支配の精霊ペルフェクト/ギャラクシー・チャージャー》]]の呪文面とのシナジーからエンジェル・コマンド比率を約8割から9割程度まで高めた構築が[[DM23-EX2]]期時点では一般的。エンジェル・コマンド比率を高めるために[[《ヘブンズ・ゲート》]]すら不純物と見做してカットし、展開始動を[[《星門の精霊アケルナル/スターゲイズ・ゲート》]]に一任する構築となっている。[[《ヘブンズ・ゲート》]]をカットして火のチャージャーを採用するのは、[[マナ基盤]]管理の都合上致し方ないためである。

***白緑型 [#yd86fab9]
[[《超七極 Gio/巨大設計図》]]と[[《巨大設計図》]]といった手札補充、自然のマナブーストでリソースを稼ぐ型。詳しくは[[【白緑巨大天門】]]を参照。

***【白黒オールデリート】折衷型。 [#j3e562c2]
[[《暴発秘宝ベンゾ/星龍の暴発》]]で[[《オールデリート》]]を[[暴発]]する機構を備え、[[《月と破壊と魔王と天使》]]や[[《音感の精霊龍 エメラルーダ》]]でも暴発を狙いながら、[[ブロッカー]]を並べて[[ワンショット]]するルートも盛り込んだ型。

参考までに、2023年の年末にこの型が[[アドバンス]]の32人規模の[[チャンピオンシップ]]で4位入賞している。
参考記録までに、2023年の年末にこの型が[[アドバンス]]の32人規模の[[チャンピオンシップ]]で4位入賞している。
**その他 [#d8a2ef5a]
-[[《ヘブンズ・ゲート》]]は[[S・トリガー]]を持つため、[[【速攻】]]、[[ビートダウン]]には鬼のような強さを発揮する。反面、[[コントロール]]は苦手であり得手不得手がはっきりしている。

-[[《ヘブンズ・ゲート》]]で出す[[ブロッカー]]は1体ずつ出し、その[[cip]]は好きな方から順番に[[解決]]する。&br;ちなみに、[[《知識の精霊ロードリエス》]]を2体出した場合は合計3枚[[ドロー]]でき、[[《破滅の女神ジャンヌ・ダルク》]]を2体出した場合は、合計4枚[[ハンデス]]できる。

-大型[[エンジェル・コマンド]]が2体並べられるので、[[《時空の霊魔シュヴァル》]]を簡単に[[覚醒]]させられる。

-[[《ヘブンズ・ゲート》]]で[[《奇跡の精霊ミルザム》]]と[[《音感の精霊龍 エメラルーダ》]]をセットで出せば、[[ウルトラシールド・プラス]]で厚くした[[シールド]]を即座に[[暴発]]することができる。
--しかし2017年2月26日より[[《奇跡の精霊ミルザム》]]が[[プレミアム殿堂入り]]した事でこの[[コンボ]]は事実不可能になった。

-漫画・アニメでは[[エンジェル・コマンド]]使いである[[白凰]]と[[百獣 レオ]]の得意戦法としてポピュラーである。[[亜部 真理亜]]も[[《光器パーフェクト・マドンナ》]]を並べるのに使用した。また連載初期の[[虹矢 未来]]もこのデッキを使っていた。アニメ「VS」では[[ルシファー]]や[[滝川 るる]]が、続編の「VSR」でも[[デュエマウス]]等多くの[[光]]使いが度々使用している。

**参考 [#y3a11bdd]
-[[デッキ集 (一覧)]]
-[[デッキ集/ヘブンズゲート]]
-[[《ヘブンズ・ゲート》]]
-[[DMC-37 「バイオレンス・エンジェル」>DMC-37]]
-[[DMC-50 「パーフェクト・エンジェル」>DMC-50]]
-[[DMD-06 「ライジング・ダッシュ・デッキ 反撃ブロック!!」>DMD-06]]
-[[DMX-10 「デッキビルダー鬼DX キラリ!レオ編」>DMX-10]]
-[[DMD-08 「変形デッキセット DX鬼エンジェル」>DMD-08]]
-[[DMD-28 「カスタム変形デッキ 革命vs侵略 龍極の光文明」>DMD-28]]
-[[DMD-32 「マスターズ・クロニクル・デッキ 2016 聖霊王の創世」>DMD-32]]

-[[【ウェディング・ゲート】]]
-[[【クリスティ・ゲート】]]
-[[【アルメリック天門】]]
-[[【暴発ミルザム】]]
-[[【白単天門】]]
-[[【ネロ天門】]]
-[[【ヘブンズマーシャル】]]
-[[【天門ループ】]]
-[[【九極侵略】]]
-[[【4色ロマノグリラ天門】]]
-[[【扉天門】]]
-[[【白青赤天門】]]
-[[【白緑巨大天門】]]
-[[【ムザルミ天門】]]

-[[【ヘブンズ・ゲート】 (デュエプレ)]]

-[[白凰]]
-[[百獣 レオ]]
-[[ルシファー]]
-[[デュエマウス]]

&tag(デッキ集,【ヘブンズ・ゲート】);