#author("2022-05-12T02:18:52+09:00","","")
#author("2022-05-12T02:34:56+09:00","","")
*《&ruby(ザ){T};&ruby(・){・};&ruby(トリプル){T};&ruby(・){・};&ruby(スリー){T};》 [#y011aa9b]

|T・T・T R 光/水/火文明 (3)|
|呪文|
|次のうちいずれか1つを選ぶ。|
|▶相手のクリーチャーを3体まで選んでタップする。|
|▶カードを3枚引く。|
|▶このターン、次に召喚する自分のクリーチャーのコストを最大3少なくする。ただし、コストは0以下にはならない。このターン、そのクリーチャーに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)|

[[DMRP-18]]で登場した[[光]]/[[水]]/[[火]]の[[呪文]]。

3コストの軽さにして、3体タップ、3ドロー、擬似[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]効果、この3つの内から1つを[[モード]]で選べる。

序盤は[[手札補充]]で[[ハンドアドバンテージ]]、中盤からは[[タップキル]]で[[フィールドアドバンテージ]]で優位の状態を作り、相手が序盤から[[ビートダウン]]を仕掛けて来るなら擬似[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]効果で[[殴り返し]]による反撃ができるなど、コントロールで必要とされる能力が一式揃っていると言える。

ドローによって2枚目以降を引いて持て余しがちになるという[[ドロースペル]]のジレンマも克服していると言える。

[[3色]]かつ[[色事故]]防止に優れる[[自然]]が含まれていないため、3ターン目に[[手打ち]]で唱えるのは難しいが、[[《ナゾの光・リリアング》]]や[[《ミラクル1 ドレミ24》]]で[[踏み倒し]]できる範囲内のため、[[デッキビルディング]]しだいでは手打ちしにくいことはネックになりにくい。

[[《禁時混成王 ドキンダンテXXII》]]や[[《Dの博才 サイバーダイス・ベガス》]]など、相手の[[ターン]]に唱えることで、3体タップによって相手の[[アタッカー]]の足止めができ、[[防御札]]としても機能する((同段で収録されている[[《禁時混成王 ドキンダンテXXII》]]は色が同じである点でも相性がよく、恐らく[[デザイナーズコンボ]]だろう))。

登場時の環境を考えると、[[【5色コントロール】]]の新戦力として期待できるか。[[《フェアリー・ミラクル》]]との[[シナジー]]は当然のこと、[[手札]]に抱えた選択肢の数が強さに直結する[[《ナウ・オア・ネバー》>《天命龍装 ホーリーエンド/ナウ・オア・ネバー》]]とも相性が良い。劣化[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]効果も[[《メガ・マナロック・ドラゴン》]]の[[アタックトリガー]]と[[シナジー]]する。

**環境において [#kef909e0]
[[DMRP-18]]期時点では、[[【5色コントロール】]]にピン差しされているケースが散見される。

[[DMEX-16]]期に[[《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》]]などを採用した[[【白青赤天門】>【ヘブンズ・ゲート】#sc3d5a76]]が確立すると、そのパーツとして出世を果たした。[[ドロー]]が必要ない時に[[タップ]][[効果]]を使って[[《真邪連結 バウ・M・ロマイオン》]]の[[アタックトリガー]]の的を作るという使い方もある。自身から3→4と繋がる[[《イグゾースト・II・フォー》]]との同時採用の基盤もざらになった。

[[DMBD-16]]・[[DMBD-17]]期には[[【白青赤鬼羅.Star】>【鬼羅.Star】#c3]]のパーツとしても流行。オマケのように考えられていた擬似《キリモミ・ヤマアラシ》効果も、[[《奇天烈 シャッフ》]]の[[呪文ロック]][[能力]]を増幅させるために役立てられている。

**性質について [#r57458db]
-この3つの[[モード]]能力の中で最もプレイヤーの目を引いたのは、3ドローだろう。なにせ、3コストで[[非進化]]&無条件&[[デメリット]]なしで3枚の[[手札補充]]はこのカードが初だからである。コスト3で3[[ドロー]]は[[コストパフォーマンス]]だけを考えると[[《王立アカデミー・ホウエイル》]]を凌ぐものである。
--むしろ、一見すると選択肢の多さを実現している[[モード]]持ちだが、内2つは劣化[[《パシフィック・スパーク》>《無双の縛り 達閃/パシフィック・スパーク》]]と劣化[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]であり、「《T・T・T》は3枚の[[ドローソース]]として採用したい」のに「[[3色]]で[[モード]]を持ってしまっているせいで[[手打ち]]で安易に3ドローとして唱えづらい」調整とも考えられる。
-- 3色という制約があるとはいえ[[《エナジー・ライト》]]以来実に18年の時をかけて3コストでの純ドロー枚数が更新されたことになる。このことから見ても初期のドロー軽視によるゲームバランス崩壊を開発が相当に重く見ていることが伺える。

-3色という制約があるとはいえ[[《エナジー・ライト》]]以来実に18年の時をかけて3コストでの純ドロー枚数が更新されたことになる。このことから見ても初期のドロー軽視によるゲームバランス崩壊を開発が相当に重く見ていることが伺える。
--しかし[[《超七極 Gio/巨大設計図》]]登場以降2マナ4ドローとなりうるカードの8投が許容されたりしている。手札の枚数の多さを理由に環境一強に君臨できる[[《アストラル・リーフ》]]が暴れた時代は[[インフレ]]で過ぎ去っている。

-3つ目のモード能力は、[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]とは違って[[手打ち]]で唱える場合、適応範囲が狭くなってしまう。3コスト軽減する都合上、コストが4以上かつコストが文明数より3以上大きくないと文明の支払いのため超過支払いが必要になり、マナでロスが発生してしまう。
--具体的には、[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]なら最低2マナあれば単色または無色のコスト2をロスなくSA化して出せる。一方《T・T・T》なら最低4マナあって単色または無色のコスト4でないとロスなくSA化できない。3色カードなため、最速で[[《不夜城艦 クランヴィア》]]を召喚するといった使い方でも[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]より安定性で劣っている。
--何らかの方法で、2マナ以下の支出で《T・T・T》を踏み倒すことができれば、[[コスト軽減]]しつつSA化できることとなる。ただし、[[メインステップ]]に[[《ナゾの光・リリアング》]]で唱えて差し引き1軽減、[[攻撃ステップ]]に[[《魔軸の鎖 カメカメン》]]など[[アタックトリガー]]で唱えつつ次の[[キリフダッシュ]]を3軽減(([[攻撃ステップ]]に[[コスト軽減]]を適応して召喚できるのは[[キリフダッシュ]]のみ。また[[《モモモスモモモ・ダッシュ》]]なら[[チーム切札]]限定かつSA化なしだが5軽減できる。))であり、現実的には難しい。
---[[ディスペクター]]であれば[[《霊騎 フィーク-2》]]の効果で唱えることで[[ササゲール]]と合わせて差し引き1軽減となる。ただし合計5軽減となるため文明の支払いによるロスが発生しやすくなってしまうのには注意。
**他のカード・デッキとの相性 [#od0564e4]
-[[色]]的に[[【白青赤ドギラゴン閃】]]での運用が考えられる1枚。4ターン目に始動する安定性重視の構築・[[プレイング]]において重宝するだろう。

**その他 [#e3a01f28]
-一度に3つの「S」と名付けられた効果が発動する[[《S・S・S》]]とは対照的。

-元になったのは[[《ソル・チューブ》]]、[[《ガード・グリップ》]]、[[《キリモミ・ヤマアラシ》]]の1コスト呪文3種だろう。それぞれの効果が3倍になっている。
--イラストでは《ガード・グリップ》の使い手[[《アクア・ガード》]]が背中に《キリモミ・ヤマアラシ》、腕に《ソル・チューブ》を装備しているという表現になっている。それらの装備は元のイラストで[[ドラゴン]]と比較できるが、スケール感はかなり違うものとなっている。

-[[白青赤]]の呪文だが、イラストには「混成」の特徴であるモザイクではなく、[[白黒緑]]である「接続」の特徴であるネジが描かれている。

-英単語で書くと《The Triple Three》になり、ちゃんと頭文字でTTTになっている。

-アニメ『デュエル・マスターズ キング!』の「[[ボルツ]]vs[[エスパー・マギ]]」でエスパー・マギが使用した。
3枚[[ドロー]]を選び、[[《飢動混成 ガリィングマール》]]を[[アンタップ]]しつつ[[コンボ]]に使用する[[アタック・チャンス]][[呪文]]を[[手札]]に加えている。
後に[[ジェンドル]]も[[キラ]]戦で使用。効果の選択は宣言されなかったが、[[《禁時混成王 ドキンダンテXXII》]]のコストを軽減し[[スピードアタッカー]]を付与した。

**[[サイクル]] [#y83ef2f0]
[[王来篇]]通常[[エキスパンション]]に収録されたアルファベット3文字[[呪文]][[サイクル]]。[[レアリティ]]は全て[[レア]]。
過去に登場した[[呪文]]がモチーフとなっている。
--[[《S・S・S》]]
--''《T・T・T》''
--[[《A・A・A》]]

**関連カード [#u91825e1]
-[[《サイバー・ブレイン》]]
-[[《トリプル・ブレイン》]]
-[[《王立アカデミー・ホウエイル》]]
-[[《オレは決闘者!!》]]
-[[《フューチャー・ブレイン》]]

デュエルマスターズ屈指の性能を持つ、初動となる3コスト[[3色]]カード
-[[青黒緑]]
--[[《天災 デドダム》]]
--[[《Disジルコン》]]
-[[青赤緑]]
--[[《Disノメノン》]]
-[[白黒緑]]
--[[《Disゾロスター》]]
-[[白青赤]]
--[[《Disクチック》]]
--''《T・T・T》''
--[[《その子供、可憐につき》]]
-[[黒赤緑]]
--[[《鬼札アバクと鬼札王国》]]
**[[フレーバーテキスト]] [#d5c39026]
-[[DMRP-18]](5A/20)&br;'''[[気合入れて>《ガード・グリップ》]][[閃光の如く>《ソル・チューブ》]][[駆け抜けろ>《キリモミ・ヤマアラシ》]]!!'''

**収録セット [#q4802dc1]
-illus.[[HIRO”WO”NORI]]
--[[DMRP-18 「王来篇 第2弾 禁時王の凶来」>DMRP-18]](26/95)、(5A/20)、(5B/20)

**参考 [#l58f768c]
-[[白青赤]]
-[[呪文]]
-[[モード]]
-[[タップ]]
-[[ドロー]]
-[[コスト軽減]]
-[[スピードアタッカー]]
-[[付与]]

&tag(呪文,光文明,水文明,火文明,白青赤,3色,多色,コスト3,モード,タップ,複数タップ,ドロー,コスト軽減,スピードアタッカー付与,・,R,レア,HIRO”WO”NORI);