#author("2022-11-30T17:28:56+09:00","","")
#author("2022-11-30T17:31:03+09:00","","")
*《&ruby(りゅうそきごう){龍素記号};&ruby(ダブリューディー){wD}; サイクルペディア》 [#top]

|龍素記号wD サイクルペディア SR 水/闇文明 (5)|
|クリーチャー:クリスタル・コマンド・ドラゴン/ダークロード 5000|
|''ブロッカー''|
|''ジャストダイバー''|
|このクリーチャーが出た時、コスト4以下の呪文を1枚、自分の墓地からコストを支払わずに唱えてもよい。|
|自分の手札から呪文を唱えた時、その呪文を自分の墓地からもう1度、コストを支払わずに唱えてもよい。この能力は各ターン1度しか使えない。|
|自分の墓地から呪文を唱えた時、唱えた後で、墓地のかわりに山札の下に置く。|

[[DM22-EX1]]で登場した[[水]]/[[闇]]の[[クリスタル・コマンド・ドラゴン]]/[[ダークロード]]。

[[ジャストダイバー]]を持つ[[パワー]]5000の[[ブロッカー]]で、[[cip]]で[[コスト]]4以下の[[呪文]]を[[墓地]]から[[唱える]]。さらに自分の[[手札]]から呪文を唱えた際にそれを1回増幅させる[[能力]]と、自分の墓地から唱えた呪文を[[強制]]で[[山札の下]]に送る能力を持つ。

[[《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》]]と同じ[[呪文]]増幅能力を持っているが、各ターンに1回という制限があるため、あちらの活躍したような[[サイクル]]デッキや[[ループ]]デッキを構築するのは難しい。
一方で[[コスト]]が1軽く、より早期に着地させられて[[ジャストダイバー]]でほぼ確実に次のターンから動き出せるのが大きな特長。[[《マナ・クライシス》]]などを使った簡単な[[ロック]]の場合《ゴクガ・ロイザー》より適任だろう。

-[[《S級宇宙 アダムスキー》]]に[[侵略]]すればそのまま[[フィニッシャー]]になるのも長所。

墓地から唱えた呪文を山札の下に送る能力は[[山札回復]]になるが、毎ターン呪文を唱える、増幅、山札の下に送る、という動きを繰り返していると墓地に呪文が溜まらない。[[《龍素記号Sr スペルサイクリカ》]]などの[[墓地利用]]カードと併用する際は注意。また、このクリーチャーの[[cip]]自体墓地に呪文がなければ使えない。

呪文増幅は相手ターン中でも[[誘発]]する。[[S・トリガー]][[呪文]]を増幅できると防御力が上がるだろう。[[《超次元バサラ・ホール》]]はこのクリーチャーがいると[[S・トリガー]]になるため相性が良い。

-[[S・トリガー]]は「手札からカードを使う」ことになっているため、増幅対象に入っている。

以上のような能力に加えてコスト5の[[コマンド・ドラゴン]]という優秀な[[種族]]を持っており、[[革命チェンジ]]や[[《FORBIDDEN STAR〜世界最後の日〜》]]の[[封印]]外しが狙える他、[[《百鬼の邪王門》]]で踏み倒すことが可能。

**ルール [#d50ef9ce]
-5つ目の能力は「(前略)呪文を唱え『た』時、」と一見変わった記述となっているが、[[《卍 新世壊 卍》]]と同じ書き方であり、このカードが出た段階で解決中の呪文にも効果が発揮される常在型能力である。
墓地から唱えた呪文の能力でこのクリーチャーが踏み倒された場合、最後の能力が適用され、唱えたその呪文は墓地に行く代わりに山札の下に置かれる。

--[[呪文]]を唱えたのが自分か相手かは問わないため、相手の[[カード]]の[[効果]]で自分の[[墓地]]から呪文が唱えられた場合でも、その呪文は[[山札の下]]に送られる。

-[[チャージャー]]など、唱えた呪文自身が自己置換効果を持つ場合、その呪文以外が発生源となる[[置換効果]]より優先的に適用される([[総合ルール609.8a>総合ルール本文#rule609_8a]])ので、このカードの能力で山札の下へは送られない。

-[[総合ルール409.2b>総合ルール本文#rule409_2b]]により、[[墓地]]→[[保留状態]]→[[墓地]]でも問題なく置換できる。唱えた呪文が墓地に残るはずの[[《♪面白き こともなき墓地を 面白く》]]や[[《邪帝縫合王 ザ=デッドルナ》]]などにも反応して山札送りになる。

--[[置換効果]]で同じイベントが置き換えられるなら、プレイヤーがそのうち1つを選んで行う([[総合ルール101.5b>総合ルール本文#rule101_5b]]。ただし[[総合ルール609.8a>総合ルール本文#rule609_8a]]に該当しない場合のみ)ため、[[《龍素記号Sr スペルサイクリカ》]]で唱えた呪文を手札に戻す動作は移動先を手札でも山札の下でも選べる。

**他のカード・デッキとの相性 [#tb9725bb]
-無難にリソース系呪文で準備を整えつつブロッカーで遅延するのも良い。
[[ドラゴン]]であるため[[《メンデルスゾーン》]]や[[《龍の呼び声》]]を使うドラゴンデッキにも組み込める。
ただし、[[《メンデルスゾーン》]]と合わせると(特に最速を狙う場合)デッキが最低4色になるので色管理は難しい。

-[[青黒]]の[[コマンド]]ということで[[【青黒緑ハンデス有象夢造】]]や[[【青黒緑CRYMAX ジャオウガ】>【青黒緑デッドダムド】]]に向いている。それらのデッキで考えても、同弾の[[《キユリのASMラジオ》]]は狙ったかのようにこのカードと[[シナジー]]が抜群。

-[[【5色グレンモルト】]]のパーツの中でもこのクリーチャーから5→6と繋がる[[《「未来から来る、だからミラクル」》>《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》]]と好相性。そちらを1回でも増幅させればそちらの呪文コスト踏み倒しも併せてリソースには困らないだろう。[[《メガ・マナロック・ドラゴン》]]や[[《時の法皇 ミラダンテXII》]]などのスーパーサブを引っ張り込んでフィニッシュに向かうことがそのまま期待できる。[[《時の法皇 ミラダンテXII》]]はこの[[クリーチャー]]からも[[革命チェンジ]]できる。

-[[《龍素記号Sr スペルサイクリカ》]]同様に[[【5色ジャックポット・エントリー】]]の主軸にも向いている。2ターン目[[《メンデルスゾーン》]]→3ターン目これで墓地の[[《メンデルスゾーン》]]詠唱→4ターン目[[《龍秘陣 ジャックポット・エントリー》]]で最大[[山札の上]]16枚の範囲からコスト8以下のドラゴン2体がコスト踏み倒しが可能。殿堂入りカードにアクセスすることもたやすい。

-[[《アイ・オブ・ザ・タイガー》>《奇石 トランキー/アイ・オブ・ザ・タイガー》]]と[[《湧水の光陣》]]はコスト4以下の呪文で《龍素記号wD サイクルペディア》を出せるため連鎖が可能。後者はバトルゾーンに水または自然のクリーチャーが必要なためうまく工面したい。

--そこから[[《蒼狼の大王 イザナギテラス》]]や[[《ナゾの光・リリアング》]]で《アイ・オブ・ザ・タイガー》や[[《緊急再誕》]]を使い回して盤面を並べつつ[[《次元の嵐 スコーラー》]]に繋げる【サイクルペディアスコーラー】なる型が登場直後のオリジナルのチャンピオンシップでベスト8入賞している。後は大量の打点と[[《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ》>《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》]]による[[呪文ロック]]、[[《時の法皇 ミラダンテXII》]]による[[召喚ロック]]で安全にフィニッシュするという寸法である。[[ソリティア]]が途切れそうなら途中で[[《T・T・T》]]による[[ドロー]]を挟んで[[《シンクロ・スパイラル》]]などのようにノーコストで唱えられる呪文でソリティアを繋ぐという手もある。

-[[《百鬼の邪王門》]]でも呼び出せるため相性が良いだろう。採用されるとすれば色の合う[[【青黒赤緑邪王門】]]か。[[《百鬼の邪王門》]]連打での大量[[墓地肥やし]]とこのカードでのリソース系踏み倒しの相乗効果でやはり殿堂入りカードへのアクセスが期待できる。[[防御札]]として[[《百鬼の邪王門》]]を放った場合も、5000[[ジャストダイバー]][[ブロッカー]]が出る時点で強力。勿論[[《百鬼の邪王門》]]の増幅も強力だろう。

-[[《一王二命三眼槍》]]とも好相性。自身も[[手札補充]]系[[呪文]]と元々相性が良く、大量の手札補充で安定して[[《一王二命三眼槍》]]を構えることが期待できる。勿論[[鬼エンド]]達成時にはこちらも[[コスト踏み倒し]]対象になる。

-[[《秩序の意志》]]を始めとする[[S・バック]]付きの[[呪文]]は、自分の構築(([[シールド回収]]で能動的に使うギミック))や相手の行動次第ではあるが、[[S・バック]]により0マナで唱え[[墓地]]へ落せるため、この[[クリーチャー]]の[[cip]]で再利用しやすく、運要素の強い[[S・トリガー]]以外では使いにくい相手[[ターン]]中の[[呪文]]の増幅[[能力]]も手札に持っておくことで[[シールド]][[ブレイク]]された時にほぼ確実に使うことが出来るため、このクリーチャーとの相性が良いと言える。

**即死コンボ [#l1920dae]
バトルゾーンにこのクリーチャー、[[山札]]に[[《フォース・アゲイン》]]がある状態で[[《クイーン・アマテラス》]]を出すと[[即死コンボ]]が可能。

以下、《サイクルペディア》の[[山札の下送り>山札送り]]能力は省略。

***ループの準備 [#h98a3eca]
山札に[[《フォース・アゲイン》]]、何らかの[[コスト踏み倒し]][[呪文]]があり、その呪文で呼び出せるゾーンに《サイクルペディア》があることが必要。
+[[《クイーン・アマテラス》]]を[[出す]]。[[cip]]で[[《フォース・アゲイン》]]を[[リクルート]]。
+《アゲイン》で《クイーン》を出し直す。[[cip]]で[[《生命と大地と轟破の決断》]]や[[《インフェルノ・サイン》]]などを[[リクルート]]し、《サイクルペディア》を呼び出し。

これで[[バトルゾーン]]に《クイーン》、《サイクルペディア》各1体、墓地に《アゲイン》1枚となる。《サイクルペディア》のcipのストック1つと未誘発のターン1能力1回があるはずである。

***無限ストックループ [#uf9a8663]
+《サイクルペディア》の[[cip]]のストックを1つ使い、《アゲイン》を墓地から[[コスト踏み倒し]]。
+《アゲイン》で《クイーン》を出し直す。[[cip]]で《アゲイン》を[[リクルート]]。
+《アゲイン》で《クイーン》を出し直す。《クイーン》のcipが1つストック。
+《サイクルペディア》のターン1能力で《アゲイン》を墓地から[[コスト踏み倒し]]。
+《アゲイン》で《クイーン》か《サイクルペディア》を出し直す。選んだ方のcipが1つストック。
+《クイーン》のcipのストックを1つ使い、《アゲイン》を[[リクルート]]。
+《アゲイン》で《サイクルペディア》を出し直す。《サイクルペディア》のcipが1つストック。
+1.に戻る。

これを繰り返すことで、5.で選んだクリーチャーのcipが無限にストックされる。

***フィニッシュループ [#v8b760e1]
[[バトルゾーン]]に《クイーン》・《サイクルペディア》各1体、墓地に《アゲイン》1枚となる。《クイーン》のcipが無限にストックされている状態であるはずである。
+《クイーン》のcipで[[《超次元の手ホワイト・ブラックホール》]]をリクルート。そのまま唱える。相手のシールドを対象に取ることで、山札が1枚減る。
+《サイクルペディア》のターン1能力で《ホワイト・ブラック》を墓地から[[コスト踏み倒し]]。
+《サイクルペディア》のcipで《アゲイン》を墓地から[[コスト踏み倒し]]。《アゲイン》で《サイクルペディア》を出し直す。
+《クイーン》のcipで《アゲイン》をリクルート。適当なカードを出し直し、《アゲイン》を墓地に戻す。
+1.に戻る。

これを繰り返すことで相手が[[ライブラリアウト]]になる。他にも、このループでコスト6以下の呪文なら自由に使い回せる。

**環境において [#xe548408]
登場早々[[【青黒緑ハンデス有象夢造】]]に採用されるに至った。
そのデッキでは[[《生命と大地と轟破の決断》]]といった[[グッドスタッフ]]枠との選択となる。

程無くして[[【青黒赤緑邪王門】]]でも結果を残した。このクリーチャーで増幅させたいがために[[《ドンドン吸い込むナウ》]]を5枚目以降の[[《切札勝太&カツキング -熱血の物語-》]]として同時採用するケースも見られるようになった。ただ、元々呪文サポートが薄いデッキであるため、採用枚数を1枚から2枚程度に抑えたり採用を見送ったりする構築も多い。

[[DM22-BD1]]期のあるアドバンスのチャンピオンシップでは、[[【5色コントロール】]]ベースの【5色サイクリカランデス】が準優勝し、他には同大会で[[《マナ・クライシス》]]と[[《星空に浮かぶニンギョ》]]、[[《偽槍縫合 ヴィルジャベリン》]]を投入した[[【ダークネスコントロール】]]ベースの【青黒緑サイクルペディアランデス】が4位入賞した。

2022年11月の終わり頃には、[[《水晶の記録 ゼノシャーク/クリスタル・メモリー》]]や[[《ディメンジョン・ゲート》]]互換と同時採用するケースが目立つようになった。環境が多様化したため、その場その場に応じたカードを狙って回収できるその種のサーチの需要が高まり、呪文を再利用・増幅できるこちらと組むに至ったと見られる。
**その他 [#mfe6e9ca]
-デザインは漫画『デュエル・マスターズ SAGA』に出てくる[[《龍素記号iQ サイクロペディア》]]をイメージして造形されている。(([[川崎大輔]]氏の[[ツイート>https://twitter.com/poxnoid_k/status/1579398553553600512]]))
作中での彼の登場シーンは1話のみであり、コミックス販売サイトの試し読み機能で全て読める。

**アニメ・漫画において [#a6f8b236]
-アニメ『[[デュエル・マスターズ WIN]]』第9話の「[[プリンス・カイザ]]vs[[ハリウッドザフクシャチョウ]]」でハリウッドザフクシャチョウが使用。第9話の「今日のカード」。
[[cip]]で[[《ブレイン・タッチ》]]を唱え、[[《ゲオルグ・バーボシュタイン》>《ゲオルグ・バーボシュタイン/ゴースト・タッチ》]]の能力も[[誘発]]させて[[アドバンテージ]]を稼いだ。返しのターンカイザは[[《決闘者・チャージャー》>《ボルシャック・ドラゴン/決闘者・チャージャー》]]で[[マナ]]と[[手札]]を伸ばすが、フクシャチョウはここで[[《英知と追撃の宝剣》]]を[[今引き]]し、《サイクルペディア》との[[コンボ]]でカイザの場とマナを半壊させた。アニメでは[[《龍風混成 ザーディクリカ》]]のCGが流用される形でCGが制作されている。

**関連カード [#jdd38746]
-[[《龍素記号Sr スペルサイクリカ》]]
-[[《龍装艦 ゴクガ・ロイザー》]]

-[[《龍素記号iQ サイクロペディア》]]

**収録セット [#pack]
-illus.[[Murakami Hisashi]]
--[[DM22-EX1 「黄金戦略!!デュエキングMAX 2022」>DM22-EX1]](18/130)

**参考 [#h517b9a8]
-[[呪文]]
-[[コスト踏み倒し]]
-[[墓地]]
-[[山札の下]]
-[[ブロッカー]]
-[[ジャストダイバー]]

----
[[公式Q&A]]

-4つ目の能力について

>Q.''《龍素記号wD サイクルペディア》''の「自分の手札から呪文を唱えた時」の能力には「各ターン1度しか使えない」と書かれていますが、自分の''《龍素記号wD サイクルペディア》''が2体いる場合は、それぞれ能力を1度ずつ使えますか?
A.はい、1体につき1度使えます。ただし、''《龍素記号wD サイクルペディア》''自身の置換効果で墓地から唱えた呪文は山札の下に置かれてしまうため、1つの呪文に対して''《龍素記号wD サイクルペディア》''の「自分の手札から呪文を唱えた時」の能力を2回適用することはできません。
[[引用元:https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/42364]](2022.10.28)

-5つ目の能力について

>Q.''《龍素記号wD サイクルペディア》''の「出た時」の能力で、墓地から[[《ブレイン・Re:チャージャー》]]を唱えました。唱えた後、''《龍素記号wD サイクルペディア》''の置換効果と「チャージャー」の置換効果が同時に条件を満たしますが、山札の下に置くかマナゾーンに置くかは自分が選べますか?
A.いいえ、この場合、[[《ブレイン・Re:チャージャー》]]は必ずマナゾーンに置く必要があります。呪文の効果が自身の移動を置換する場合、それは他の置換効果より優先して適用されます。
#region2(([[総合ルール]] [[609.8a>総合ルール本文#rule609_8a]])){{
:609.8a |呪文の効果が自身の移動を置換する場合、それは他の置換効果よりも優先して適用されます。&br;例: 《龍素記号Sr スペルサイクリカ》の能力で墓地から《ブレイン・チャージャー》を唱えた後、「チャージャー」の置換効果が優先され、《ブレイン・チャージャー》はマナゾーンに置かれる。&br;例: 《ブロッケン・ヴォーン》がいる状況で、マナゾーンから《生命と大地と轟破の決断》を唱えた後、呪文能力にある「墓地に置くかわりに」の置換効果が優先され、《生命と大地と轟破の決断》は山札の一番下に置かれる。
}}
[[引用元:https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/42365]](2022.10.28)

&tag(クリーチャー,水文明,闇文明,多色,2色,青黒,コスト5,クリスタル・コマンド・ドラゴン,コマンド・ドラゴン,コマンド,ドラゴン,ダークロード,パワー5000,ブロッカー,ジャストダイバー,cip,コスト4以下,墓地詠唱,二重詠唱,各ターンに1度だけ,山札送り,山札の下送り,山札回復,SR,スーパーレア,Murakami Hisashi);