#author("2022-06-23T17:28:57+09:00","","")
#author("2022-06-23T17:29:17+09:00","","")
*《&ruby(じゃがんおう){邪眼皇};ロマノフ&ruby(いっせい){I世};》 [#kabe32fb]

|邪眼皇ロマノフI世 SR 闇文明 (7)|
|クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000|
|W・ブレイカー|
|このクリーチャーが出た時、自分の山札を見る。その中から闇のカードを1枚選び、墓地に置いてもよい。その後、山札をシャッフルする。|
|このクリーチャーが攻撃する時、自分の墓地にある闇の、コストが6以下の呪文を1枚、コストを支払わずに唱えてもよい。そうしたら、その呪文を山札の下に置く。|

[[DM-28]]で登場した[[ダークロード]]/[[ドラゴン・ゾンビ]]/[[ナイト]]。

[[cip]]で自分の[[山札]]から[[闇]]の[[カード]]を1枚[[墓地]]に落とし、[[アタックトリガー]]で自分の[[墓地]]から[[闇]]の[[コスト]]6以下の[[呪文]]を[[唱える]][[能力]]を持つ。

1つ目の[[墓地]]に落とす[[能力]]は、必ず[[呪文]]ではなくともよいため、大型[[闇]][[クリーチャー]]を落として[[リアニメイト]]したり、[[《黒神龍グールジェネレイド》]]を落として相手にプレッシャーをかける等、様々な使い道がある。

もちろん、[[闇]][[呪文]]を落とすことで、自分で2つの[[能力]]を[[シナジー]]させることができる。[[《魔弾ロマノフ・ストライク》]]との[[コンボ]]も有効。
しかも自身が[[ナイト]]なので、それが[[闇]]の[[ナイト]][[呪文]]なら[[ナイト・マジック]]で2連発できる。
使い終わった[[墓地]]の[[《デーモン・ハンド》]]を撃って相手の[[クリーチャー]]を[[除去]]する、[[《インフェルノ・サイン》]]で[[墓地]]の[[クリーチャー]]を再生して[[クリーチャー]]を展開する…と、状況にあわせて様々な対応ができるため[[汎用性]]が高く、[[フィニッシャー]]として非常に優秀である。

[[エピソード2]]で獲得した[[《邪龍秘伝ドラゴン・ボーン》]]との相性も良好。同じく[[ナイト]]である[[《邪眼皇アレクサンドルIII世》]]と組み合わせれば比較的簡単に[[呪文]]を連発できる。

欠点は自身が[[攻撃]]するまでの1[[ターン]]のタイムラグがあること。
その間に[[除去]]される可能性も高いので、先に相手の対抗手段を奪っておく、[[《黒神龍グールジェネレイド》]]を落とす等で[[除去]]しづらくする事を心がけたい。
[[《爆獣イナバ・ギーゼ》]]などで[[スピードアタッカー]]を付加するのも有効である。

[[戦国編環境]]では[[【ロマノフサイン】]]の台頭によってかなり需要が高かったが、[[《ソウル・アドバンテージ》]]や[[《インフェルノ・ゲート》]]の[[プレミアム殿堂]]、 [[《インフェルノ・サイン》]]の[[殿堂入り]]でこの[[カード]]はかなりの弱体化を余儀なくされた。
//しかし、これらに頼らずとも十分に強力であるため、他の[[カード]]との組み合わせを模索していきたい。

だが、[[DMD-25]]でこの[[クリーチャー]]最大のネックだった[[アタックトリガー]]を[[スピードアタッカー]]で克服する[[リアニメイト]][[呪文]][[《煉獄と魔弾の印》]]が登場。
[[墓地]]に《邪眼皇ロマノフI世》と[[《煉獄と魔弾の印》]]がある限り何枚でも《邪眼皇ロマノフI世》を[[リアニメイト]]することができ、新たな形の[[【ロマノフサイン】]]として復権を果たした。
[[DMD-25]]はその[[【ロマノフサイン】]]の雛型のような[[デッキ]]構築となっている。

《邪眼皇ロマノフI世》と[[《煉獄と魔弾の印》]]の2枚のどちらかが[[墓地]]に置かれてなかったとしても、《邪眼皇ロマノフI世》の[[山札]][[サーチ]][[能力]]で[[墓地]]に落とすことができるため、ある程度融通も利く。
枚数によっては[[1ショットキル]]も可能なため、非常に打撃力が高い。

-[[シールド]]が0の時に[[《憎悪と怒りの獄門》]]を発動させれば最後の逆転の1手となり得る。この時[[《白騎士の神羅エターナル・ムーン》]]や[[《古代王 ザウルピオ》]]の「攻撃を受けない効果」も無視して[[ダイレクトアタック]]を決められる。

-この[[クリーチャー]]で[[墓地]]から[[呪文]]を唱えた場合、その[[呪文]]は[[手札]]から唱えた時と同様に''唱え終わるまで[[墓地]]に存在しない''扱いとなる。[[《怨念集結》]]などの[[墓地]]を参照する[[呪文]]を使用する際は注意。
-唱えた[[呪文]]が[[置換効果]]などによって[[墓地]]以外のゾーンに置かれた場合、その[[呪文]]は[[山札の下]]には置かれない。[[参考>https://dm.takaratomy.co.jp/rule/qa/31935]]

-[[《魔天降臨》]]、[[《ソウル・アドバンテージ》]]との相性が非常に良く、1[[ターン]]に両方を唱えることができれば、相手の[[手札]]も[[マナゾーン]]も根絶やしにする事ができた。しかし[[《ソウル・アドバンテージ》]]の[[プレミアム殿堂]]により、この[[コンボ]]は成立しなくなった。

-[[《時空の賢者ランブル》]]とは非常に相性が良い。自身の[[能力]]で[[超次元]][[呪文]]を唱え、[[覚醒]]条件を満たすことが出来る。

-[[墓地]]を利用する[[DMC-44]]とは相性がいい。枚数が少ない[[《インフェルノ・サイン》]]を使いまわすことができる上、[[ドラゴン]]なので[[《黒神龍グールジェネレイド》]]との[[シナジー]]も強力。

-このカードから[[《第二種 タマネギル》]][[《第三種 ベロリンガー》]][[《悪革の怨草士 デモンカヅラ》]]に[[革命チェンジ]]すると効率的。このカードを[[ディスカード]]してこのカードの[[アタックトリガー]]を後から解決し[[墓地]]から[[《煉獄と魔弾の印》]]を唱える。すると攻撃中の上記の[[クリーチャー]]が増えた以外は全て元の状態に復元する。

-[[DMX-04]]で[[《暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ》]]なるリメイク版が登場。そちらは各種[[ナイト]][[呪文]]や[[《魔弾ロマノフ・ストライク》]]などと組み合わせることはできないが、[[《ミラクル・リ・ボーン》]]との[[シナジー]]を形成している。

-その実用性から、登場当初は[[《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》]]に並ぶ人気[[クリーチャー]]であり、[[戦国編環境]]では[[シングルカード]]市場でもかなりの高値を誇った。だが、[[【ロマノフサイン】]]の弱体化、[[DMC-54]]と[[DMC-58]]での[[再録]]によって、現在ではシングル価格はかなり安くなっている。

-「[[ロマノフ]]」の名称カテゴリを持つ初めての[[カード]]である。

-[[単色]]通常[[クリーチャー]]初の3[[種族]][[カード]]。他にも同[[エキスパンション]]の[[《竜将ボルベルグ・信玄》]]などが当てはまる。

-元ネタはロシアのロマノフ王朝。&br;16世紀末のフョードル・ニキーチチ・ロマノフの代に台頭し、その息子であるミハイル・フョードロヴィチ・ロマノフが1613年にリューリク朝後の動乱期を制して初代ツァーリに即位し、18代ニコライ2世が廃位させられる1917年まで続いた。(wikipediaより引用)

-[[背景ストーリー]]では、邪眼財閥という財閥の筆頭である。どうやら[[戦国編]]の時代には会社が存在するようである。魔弾の製造でもしているのだろうか。
--その後闇文明によって何度も彼の復活が試みられる。一度目は神化編で[[《大邪眼B・ロマノフ》]]として復活し、その後[[《神羅ダークネス・ロマノフ》]]となりやがて[[起源神]]に立ち向かう為[[NEX]]と合体し、[[《超神羅ロマノフカイザー・NEX》]]となる。
--[[覚醒編]]では起源神との激闘によって[[《超神羅ロマノフカイザー・NEX》]]が消滅した際に生まれた思念体を[[Ζ]]軍が[[《邪神の覚醒者ロマノフ・Z・ウィザード》]]として復活させる。
--その後、長らく動きはなかったが[[《邪眼教皇ロマノフII世》]]が[[《煉獄と魔弾の印》]]を唱えることによって《邪眼皇ロマノフI世》を復活させた。

-漫画「SX」の[[ザキラ]]vs[[ニセキサナドゥ>X (キサナドゥ)]]戦で[[ザキラ]]が[[切り札]]として[[召喚]]、そのデュエルの[[フィニッシャー]]となった。この際は[[ニセキサナドゥ>X (キサナドゥ)]]の[[《スカイ・ジェット》]]の[[効果]]で[[召喚酔い]]せず、即座に[[アタックトリガー]]で[[呪文]]を唱えている。また、[[アダム]]の手下である[[テラー]]も使用している。

-ちなみに、[[ザキラ]]は[[ニセキサナドゥ>X (キサナドゥ)]]戦にて「新たなるしもべクリーチャー」と称していたが、学生時代に大学教授戦で使用している。このときは[[《インフェルノ・サイン》]]により呼びだされ、[[《魔弾ロマノフ・ストライク》]]を唱えていた。

-アニメ「クロス」でも[[ザキラ]]が使用。[[アタックトリガー]]の[[《インフェルノ・サイン》]]を[[《邪眼皇アレクサンドルIII世》]]で2連発して[[《竜極神ゲキ》]]と[[《竜極神メツ》]]を出した。しかもその[[ターン]]に[[《龍神ヘヴィ》]]と[[《龍神メタル》]]も出て[[G・リンク]]もしており、凄まじく[[オーバーキル]]な状態となっていた。&br;妹の[[幽>不亞 幽]]も使用しており、[[《魔弾アルカディア・エッグ》]]を唱えて[[《斬雪妖精バケット・バケット》]]を[[破壊]]した。

-アニメ「ビクトリーV3」第33話ではキャラクターとして登場。街中で[[《ボルバルザーク・紫電・ドラゴン》]]と共に暴れてたが、[[プラマイ 零]]にデュエルで敗れてカードに戻る。その後、[[ゴッド・ノヴァ]]の[[《邪眼右神ニューオーダー》]]に生まれ変わった。声優は[[《夜露死苦 キャロル》]]を担当していた木村昴氏。
--なお、このデュエル中、零が[[墓地]]から[[クリーチャー]]を[[召喚]]したことに驚いていたが、自身も[[墓地]]から[[呪文]]を[[唱える]][[能力]]を持っているため、特に驚くことではないと思われる。

-スマートフォンアプリゲーム「パズル&ドラゴンズ」では、コラボガチャに登場する[[クリーチャー]]として出演した。条件を満たすと[[《大邪眼B・ロマノフ》]]に進化させることができる。スキル名は「[[魔弾ロマノフ・ストライク>《魔弾ロマノフ・ストライク》]]」、リーダースキル名は「[[破壊]]の饗宴」。

**[[デュエル・マスターズ プレイス]]では [#d39be1f8]
|邪眼皇ロマノフI世 SR 闇文明 (7)|
|クリーチャー:ダークロード/ドラゴン・ゾンビ/ナイト 8000|
|バトルゾーンに出た時、自分の山札から闇のコスト5以上のカードを探索し、2枚まで自分の墓地に置く。その後、山札をシャッフルする。|
|攻撃する時、自分の墓地から闇のコスト7以下の呪文を探索し、1枚をコストを支払わずに唱えてもよい。その後、その呪文を自分の山札の一番下に置く。|
|W・ブレイカー|

[[DMPP-10]]で実装。山札を見たり墓地からカードを選ぶ際に[[探索]]が行われるという共通変更に加え、以下の3つの変更も加えられている。

+山札から墓地に置くことができるカードが「闇のカード」から「コスト5以上の闇のカード」に変更
+1.で置くことのできる枚数が1枚から最大2枚(1枚ずつ2種類)に変更
+アタックトリガーの呪文のコスト上限が6から7に変更

コスト5以上しか墓地に置けなくなったが、むしろ[[探索]]においては選ばれないカードがはっきりしている方が扱いやすいため、プラスに働いている。

最大コスト7まで唱えられるようになったため、デュエプレでコスト増加の変更を受けている[[《インフェルノ・ゲート》]]でも唱えることができる。
また、デュエプレでコスト7に減少した[[《ラスト・バイオレンス》]]も唱えることができる。残念ながら[[《ロスト・ソウル》]]や[[《英知と追撃の宝剣》]]はどちらもコスト8になっているので唱えられない。ただし[[《ロスト・ソウル》]]には代替品に[[《ソウル・アドバンテージ》]]が使える。
[[cip]]の変更により、2枚目のこのカードと[[《インフェルノ・サイン》]]をまとめて落とすことが可能となっている。ここに常時の[[スピードアタッカー]]付与を添えると、次から次に《ロマノフ》が並んでいくことになるため[[1ショットキル]]を狙うことができる。[[スピードアタッカー]]化には同弾の[[《竜装 ザンゲキ・マッハアーマー》]]が扱いやすいため、[[ナイト]]の名門であるこのカードと[[サムライ]]との混合デッキになることもある。


-[[DMPP-10]]リリース後の[[レンタルデッキ]]機能では「水闇火ロマノフI世」デッキのキーカード([[切り札]])になっている。
ちなみに他のレンタルデッキの切り札は2枚だが、ロマノフは3枚である。
-自分の[[山札]]を増やす能力を持つカードとしては[[《神楽妖精パルティア》]]、[[《戦攻闘竜アルドロン》]]に次いで3枚目。
//ただし、[[cip]]で山札を減らすので、純粋な[[山札回復]]としては使えない。
//↑墓地肥やしは任意
-このカードが実装されるはるか前、[[DMPP-01]]の時点で、呪文を1000回唱えることで獲得できる称号「邪眼皇」が存在していた。もちろん《邪眼皇ロマノフI世》が元ネタである。

//-[[チャージャー]]呪文を唱えた時の挙動がTCGと異なる。TCGでは、《ロマノフI世》で墓地から唱えたチャージャー呪文は、チャージャーの効果でマナゾーンに置かれた後、《ロマノフI世》の「その後」の能力によって、山札の一番下に置かれるため、結果としてマナチャージはできなかった。デュエプレでは、《ロマノフI世》で墓地から唱えたチャージャー呪文は、山札に戻らずマナゾーンに置かれたままである。
//最新の裁定は追跡処理を行わないのでTCG版との違いはない。

-[[デュエプレ人気投票2021]]では、7位を獲得した。

**戦績 [#x0bc15e5]
***アニメ「デュエル・マスターズ ビクトリーV3」 [#y5287e38]
-通算成績:1戦0勝1敗
|話数|対戦相手|勝敗|h
|33話|[[プラマイ 零]]|敗北|

**[[相互互換]] [#qcf3d891]
|''《邪眼皇ロマノフI世》''|[[ダークロード]]/[[ドラゴン・ゾンビ]]/[[ナイト]]|
|[[《暗黒GUY・ゼロ・ロマノフ》]]|[[ダークロード]]/[[ドラゴン・ゾンビ]]/[[ハンター]]|

**関連カード [#i7a397e2]
-[[《邪眼教皇ロマノフII世》]]
-[[《邪眼将デス・ロマノフV世》]]
-[[《暗黒皇グレイテスト・シーザー》]]
-[[《大邪眼B・ロマノフ》]]
-[[マッド・ロック・チェスター]]
--[[《邪神M・ロマノフ》]]
--[[《邪神R・ロマノフ》]]
--[[《邪神C・ロマノフ》]]
-[[《邪眼獣ヤミノディヴィジョン》]]
-[[《暗黒の悪魔神ヴァーズ・ロマノフ》]]
-[[《神羅ダークネス・ロマノフ》]]
-[[《超神羅ロマノフカイザー・NEX》]]
-[[《時空の邪眼ロマノフZ》]]/[[《邪神の覚醒者ロマノフ・Z・ウィザード》]]
-[[《邪眼右神ニューオーダー》]]
-[[《邪眼大帝 ラスト・ロマノフ》]]
-[[《暗黒邪眼皇ロマノフ・シーザー》]]
-[[《邪眼皇ロマノフI世 GS》]]
-[[《零獄接続王 ロマノグリラ0世》]]
-[[《テラ・スザーク <ロマノフ.Star>》]]

-[[《邪眼死龍ゴルドノフV世》]]
-[[《魔弾ロマノフ・ストライク》]]

**[[フレーバーテキスト]] [#e483a881]
-[[DM-28]](通常版)、[[DMPP-10]]、[[DMPCD-02]]&br;'''その魔銃に狙われて生きて帰ったものはいない!よもやの出場!ロマノフI世の登場だ!――[[超舌実況ミラクル・ショー>フレーバーテキストが初出のカード]]'''
-[[DM-28]]([[シークレット>シークレットカード]])&br;'''我が目標は唯一にして絶対!全ての[[サムライ]]のオール・デリート!――[[ザキラ]]'''
-[[DMC-54]]&br;'''どれだけ高度な戦略であろうと、その魔弾の前では全て貧弱!!'''
-[[プロモ>プロモーション・カード]] (P74/Y9)&br;'''この私が捨てなかったこと…、それは…、血に飢えた、仲間だけだ!!われらは、不滅だ!!――[[ザキラ]]'''
-[[DMPP-10]]([[シークレット>シークレットカード]])&br;'''我が目標は唯一にして絶対!全ての[[サムライ]]のオール・デリート!'''
-[[DMPS-07]]&br;'''我が邪眼により滅殺する!――[[邪眼皇ロマノフI世]]'''

**収録セット [#fb38e85f]
***[[デュエル・マスターズ]] [#r60a890a]
-illus.[[Toshiaki Takayama]]
--[[DM-28 「戦国編(バトル・ギャラクシー) 第1弾」>DM-28]](S6/S10)
--[[DMC-54 「レジェンド・クロニクル ライバル編」>DMC-54]](8/20)
--[[DMD-25 「マスターズ・クロニクル・デッキ ロマノフ煉獄からの復活」>DMD-25]](3/17)
--[[DMPCD-02 「デュエマプレイス・コラボデッキ 竜装の武者&魔弾の騎士」>DMPCD-02]](騎6/18)
--[[プロモーション・カード]](P74/Y9)([[アルトアート]])
-illus.[[Daisuke Izuka]]
--[[DMC-58 「マッド・ロック・チェスター」>DMC-58]](7/16)
-illus.[[Shigenobu Matsumoto]]
--[[DMEX-15 「20周年超感謝メモリアルパック 魂の章 名場面BEST」>DMEX-15]](25/50)

***[[デュエル・マスターズ プレイス]] [#oafc9efc]
-CV:[[岡井カツノリ]]
-illus.[[Toshiaki Takayama]]
-illus.[[Murakami Hisashi]](シークレット)
--[[DMPP-10 「戦国武闘会 -SAMURAI X KNIGHT-」>DMPP-10]]
-illus.[[Daisuke Izuka]]
--[[DMPS-07 「マスター・オブ・ロマノフ」>DMPS-07]]

**参考 [#h67bb299]
-[[ダークロード]]
-[[ドラゴン・ゾンビ]]
-[[ナイト]]
-[[cip]]
-[[山札]]
-[[見る]]
-[[闇]]
-[[カード]]
-[[墓地肥やし]]
-[[シャッフル]]
-[[アタックトリガー]]
-[[墓地]]
-[[コスト]]
-[[呪文]]
-[[コスト踏み倒し]]
-[[唱える]]
-[[山札の下]]
-[[W・ブレイカー]]

-[[ロマノフ]]

-[[シークレットカード]]
-[[ロマノフフォイル]]

-[[【ロマノフサイン】]]

-[[【ロマノフマッハアーマー】 (デュエプレ)]]

&tag(クリーチャー,闇文明,黒単,単色,コスト7,ダークロード,ドラゴン・ゾンビ,ドラゴン,ナイト,パワー8000,W・ブレイカー,cip,サーチ,墓地肥やし,アタックトリガー,コスト6以下,呪文サポート,コスト踏み倒し,墓地詠唱,ロマノフ,ロマノフ (名称カテゴリ),《邪眼皇ロマノフI世》,SR,スーパーレア,Toshiaki Takayama,Daisuke Izuka,Shigenobu Matsumoto,クリーチャー (デュエプレ),闇文明 (デュエプレ),黒単 (デュエプレ),単色 (デュエプレ),コスト7 (デュエプレ),ダークロード (デュエプレ),ドラゴン・ゾンビ (デュエプレ),ドラゴン (デュエプレ),ナイト (デュエプレ),パワー8000 (デュエプレ),cip (デュエプレ),墓地肥やし (デュエプレ),アタックトリガー (デュエプレ),コスト7以下 (デュエプレ),呪文サポート (デュエプレ),コスト踏み倒し (デュエプレ),墓地詠唱 (デュエプレ),W・ブレイカー (デュエプレ),ロマノフ (デュエプレ),《邪眼皇ロマノフI世》 (デュエプレ),SR (デュエプレ),スーパーレア (デュエプレ),シークレットカード (デュエプレ),Toshiaki Takayama (デュエプレ));