#author("2022-05-17T02:08:10+09:00","","")
#author("2022-05-17T02:12:22+09:00","","")
*《&ruby(じくう){時空};の&ruby(えいゆう){英雄};アンタッチャブル》 [#sbb6fc6d]

|時空の英雄アンタッチャブル UC 光文明 (2)|
|サイキック・クリーチャー:キカイヒーロー 1000|
|自分のクリーチャーを相手が選ぶ時、このクリーチャーは選べない。(ただし、このクリーチャーを攻撃またはブロックしてもよい)|
|''覚醒''−各ターンの終わりに、自分の他のサイキック・クリーチャーがそのターン覚醒していたら、このクリーチャーをコストの大きいほうに裏返す。|
|BGCOLOR(white):覚醒後⇒[[《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》]]|

[[DM-37]]で登場した[[光]]の軽量[[サイキック>サイキック・クリーチャー]][[キカイヒーロー]]。

”選ばれない”[[能力]]と、その俗称「[[アンタッチャブル]]」の名を持つ。
そのため他の[[サイキック・クリーチャー]]より[[除去]]耐性が高いが、[[パワー]]が低いため、[[ブロッカー]]や全体に及ぶ[[火力]]や[[パワー低下]]に非常に弱い。
覚醒条件も他の[[サイキック・クリーチャー]]に依存するので、単体での運用は難しいだろう。その軽さを活かした戦略を練りたいところ。

-[[《時空の探検家ジョン》]]などが[[ターン]]の終わりに[[覚醒]]した場合でも、この[[クリーチャー]]を[[覚醒]]させる事ができる。(→[[【マッドジョンタッチャブル】]])

-[[《デーモン・ハンド》]]や[[《地獄スクラッパー》]]の対象にならないため、[[フィニッシャー]]として活用することも可能。

-[[アンタッチャブル]]の中では[[《異端流し オニカマス》]]と並び最軽量。実質的なコストはこちらの方が重いが、こちらには[[メインデッキ]]の枠を食わない、覚醒後がより[[アタッカー]]として強力という差別化点が存在する。

-[[アンタッチャブル]](Untouchable)は、"神聖(なので触れられない)"という意味。公式用語ではないが、おそらくは狙って付けられた名前だろう。

-頭や足を見ると、バイクの面影が見て取れる。

-[[クリーチャー]]の背景にしては珍しい都会のビルの様な物が後ろに写っている。このようなクリーチャーには他に[[《海賊メカ・スカルフック》]][[《天下統一シャチホコ・カイザー》]]などがある。

-漫画「覇王伝ガチ!!」にて、[[大虎>赤星 大虎]]が[[龍河>李 龍河]]戦で使用。見せ場もなく[[《最強横綱ツッパリキシ》]]の[[効果]]で[[破壊]]された。

**[[デュエル・マスターズ プレイス]]では [#l52a4ac8]
|時空の英雄アンタッチャブル P 光文明 (2)|
|サイキック・クリーチャー:グレートメカオー 1000|
|相手はこのクリーチャーを選べない。|
|覚醒:各ターンの開始時、その前のターンに自分の他のサイキック・クリーチャーが覚醒していたなら、このクリーチャーを《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》のほうに裏返す。|
|BGCOLOR(white):覚醒後⇒[[《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》]]|

[[覚醒]]のタイミングが少し変化した。
-TCG版では、自分のターン中に別途[[覚醒]]をさせていれば、その自分のターン終了時にこのクリーチャーが[[覚醒]]する。
-デュエプレでは、自分のターン中に別途[[覚醒]]をさせていれば、直後の相手のターン開始時([[追加ターン]]があるなら直後の自分のターン開始時)にこのクリーチャーが[[覚醒]]する。

この変更は、ゲームの仕様を反映したもので、使用感はTCG版と変わらない。[[《時空の探検家ジョン》]]と組み合わせて一気に覚醒させることもできる。

#region2(詳しい解説){{
デュエプレは同時にバトルゾーンで[[待機]]した効果は画面右から[[解決]]していくので、TCG版のテキストのままだったら[[《時空の探検家ジョン》]]より右に《時空の英雄アンタッチャブル》があると「[[覚醒]]条件を満たしていない」として[[解決]]が済んでしまいうタイミングを逃す現象が起こっていた。

TCG版では、クリーチャーの並び順に関係なく、プレイヤーが[[待機]]中の効果を好きな順番で[[解決]]できるのでタイミングを逃す現象が起こり得ない。
}}

また種族が[[キカイヒーロー]]から[[グレートメカオー]]に変更された為、[[【グレートメカオー】>【グレートメカオー】 (デュエプレ)]]での活躍ができるかもしれない。
ただしそのデッキは[[《魂と記憶の盾》]]すら入ることの少ない準[[フルクリーチャー]]で、[[《超次元エナジー・ホール》]]などを使った[[グレートメカオー]]の二面展開も[[《装甲支援ガトリンガー》]]とコストがかぶるので[[《機動要塞ピラミリオン》]]を優先したいなど超次元ギミックとの相性は良くはない。
ただし既存のそのデッキは汎用性の高い[[《魂と記憶の盾》]]すら入れないのが一般的な準[[フルクリーチャー]]で、[[《超次元エナジー・ホール》]]などを使った[[グレートメカオー]]の二面展開も[[《装甲支援ガトリンガー》]]とコストがかぶるので[[《機動要塞ピラミリオン》]]を優先したいなど、無改造では超次元ギミックとの相性は良くはない。

**[[サイクル]] [#l00ab7a4]
[[DM-37]]の[[アンコモン]]低[[コスト]][[サイキック・クリーチャー]]サイクル。[[闇]]には存在しない。
-''《時空の英雄アンタッチャブル》''/[[《変幻の覚醒者アンタッチャブル・パワード》]]
-[[《時空の踊り子マティーニ》]]/[[《舞姫の覚醒者ユリア・マティーナ》]]
-[[《時空の喧嘩屋キル》]]/[[《巨人の覚醒者セツダン》]]
-[[《時空の探検家ジョン》]]/[[《冒険の覚醒者ジョンジョ・ジョン》]]


**収録セット [#kf87601c]
//***[[デュエル・マスターズ]]
//デュエル・マスターズ プレイスで実装された場合は上のコメントアウトを外して、下部にデュエル・マスターズ プレイスの収録情報を追記してください。
-illus.[[AMON]]
--[[DM-37 「覚醒編 第2弾 暗黒の野望(ダーク・エンペラー)」>DM-37]](21a/55)
--[[DMX-03 「デッキビルダーDX エイリアン・エディション」>DMX-03]](14b/55)
--[[DMEX-17 「20周年超感謝メモリアルパック 究極の章 デュエキングMAX」>DMEX-17]](76a/138)

**参考 [#e6926fff]
-[[キカイヒーロー]]
-[[サイキック・クリーチャー]]
-[[アンタッチャブル]]
-[[覚醒]]
-[[ターンエンド]]
-[[裏返す]]

&tag(サイキック・クリーチャー,サイキック,クリーチャー,光文明,白単,単色,コスト2,キカイヒーロー,ヒーロー,パワー1000,アンタッチャブル,覚醒,UC,アンコモン,AMON,サイキック・クリーチャー (デュエプレ),サイキック (デュエプレ),クリーチャー (デュエプレ),光文明 (デュエプレ),白単 (デュエプレ),単色 (デュエプレ),コスト2 (デュエプレ),キカイヒーロー (デュエプレ),ヒーロー (デュエプレ),パワー1000 (デュエプレ),アンタッチャブル (デュエプレ),覚醒 (デュエプレ),P (デュエプレ),レアリティなし (デュエプレ),AMON (デュエプレ));