#author("2022-05-21T19:38:26+09:00","","")
#author("2022-05-21T20:01:58+09:00","","")
*《マンハッタンの&ruby(メモリー){心絵};》 [#f5940224]

|マンハッタンの心絵 R 自然文明 (6)|
|タマシード:ジョーカーズ/レクスターズ|
|''シンカライズ'':このタマシードがクリーチャーであるかのように、この上に進化クリーチャーを置いてもよい。|
|このタマシードが出た時、自分と相手のクリーチャーを1体ずつ選ぶ。各プレイヤーは、残りの自身のクリーチャーをすべてマナゾーンに置く。|
|相手のターン中、相手がクリーチャーを出す時、そのターン、相手の他のクリーチャーが2体以上出ていれば、相手はかわりにそのクリーチャーをマナゾーンに置く。|

[[DMRP-22]]で登場した[[自然]]の[[ジョーカーズ]]/[[レクスターズ]][[タマシード]]。

[[cip]]で各[[プレイヤー]]がそれぞれ持っている[[クリーチャー]]1体を選び、それ以外を敵味方問わず[[マナ送り]]にする。
さらに、相手の[[ターン]]中に相手がそのターン2体以上出していれば、[[着地置換効果]]で[[マナ送り]]にする。

[[cip]]で[[マナ送り]]にせず残す[[クリーチャー]]はどちらもこの[[カード]]の持ち主が決める。
[[マナ送り]]になるのは選ばれなかった[[クリーチャー]]なので[[アンタッチャブル]]にも強い。
もしも相手の[[クリーチャー]]がすべて[[アンタッチャブル]]だった場合、相手の[[クリーチャー]]をすべて[[マナ送り]]にできる。

複数展開メタ効果により、相手は減らした[[クリーチャー]]の再補充が難しくなり、[[cip]]で増えたマナを使いにくくなる。
複数展開メタの置物としては、[[《リツイーギョ #桜 #満開》]]が存在し、あちらとは異なり2ターン目といった時点で置くことはまずできない。
ただ、1ターンに3体以上の展開を封じるという性質は序盤では少し活かしづらいのである程度は相殺されている。
また、現状除去手段がかなり限られる[[タマシード]]である点は置物として強力と言える。

[[【我我我ブランド】]]は[[コスト軽減]]を重複させたり[[マスターG・G・G]]なりで早期ターンで3体以上召喚するのはあり得るため、そういった相手には軽い[[《リツイーギョ #桜 #満開》]]を採用したい。

**関連カード [#card]
-[[《アイアン・マンハッタン》]]

-[[《オニオン・リング》]]
-[[《リツイーギョ #桜 #満開》]]

//**[[フレーバーテキスト]] [#sdd0f59b]
//-[[]]&br;''''''

**収録セット [#pack]
-illus.[[Tutui Misa]]
--[[DMRP-22 「王来MAX 最終弾 切札! マスターCRYMAX!!」>DMRP-22]](24/76)

**参考 [#reference]
-[[タマシード]]
-[[ジョーカーズ]]
-[[レクスターズ]]
-[[シンカライズ]]
-[[cip]]
-[[マナ送り]]
-[[全体除去]]
-[[着地置換効果]]

&tag(タマシード,自然文明,緑単,単色,コスト6,ジョーカーズ,レクスターズ,シンカライズ,cip,除去,全体除去,マナ送り,全体マナ送り,大量展開メタ,置換効果,着地置換効果,R,レア,Tutui Misa,王来MAXブロック);