#author("2022-06-25T18:05:01+09:00","","")
#author("2022-06-25T18:09:49+09:00","","")
*《クイーン・オブ・ネイチャー》 [#h0728b64]

|クイーン・オブ・ネイチャー VR 自然 (8)|
|クリーチャー:グランセクト 12000|
|''シンパシー'':自然のクリーチャー(このクリーチャーの召喚コストを、バトルゾーンにある自分の自然のクリーチャー1体につき1少なくする。ただしコストは0以下にはならない)|
|''W・ブレイカー''|
|自分の自然のクリーチャーすべてに「マッハファイター」を与える。|
|自分のパワー12000以上のクリーチャーが攻撃する時、自分の山札の上から1枚目を表向きにする。それがパワー12000以上のクリーチャーなら出す。それ以外ならマナゾーンに置く。|

[[DMEX-19]]で登場した[[自然]]の[[グランセクト]]。

[[自然]]の[[クリーチャー]]の数だけ[[コスト]]が下がる[[シンパシー]]と、[[自然]]の[[クリーチャー]]全てに[[マッハファイター]]を、[[パワー12000以上]]の[[クリーチャー]]に[[山札の一番上>山札の上]]がパワー12000以上のクリーチャーなら踏み倒す[[アタックトリガー]]を付与させる2つの[[常在型能力]]を併せ持つ。

[[シンパシー]]は、自然のクリーチャーなら種族は問わないのが、[[《青銅の鎧》]]のような[[マナ加速]]ができるクリーチャーを利用するのが自然。
そうすることで、たとえクリーチャーの数が少なくとも召喚に使うマナ数を確保できる。
もっとも、コスト8という数字は[[マナ加速]]を得意とする自然にとっては重いというわけではないため、[[コスト軽減]]を無視しても構わないだろう。

さらに[[マッハファイター]]の付与はこのクリーチャーを含め、あらゆる自然のクリーチャーに与えられるので、[[グランセクト]]以外の自然の種族を採用したデッキを強化することが可能。
もっとも、後述の能力を鑑みて、できるだけ高パワーのクリーチャーが多いデッキへの投入が一番確実。

そして、山札の上からパワー12000以上のクリーチャーの踏み倒しは、攻撃することで発動するので、先程の[[マッハファイター]]の付与も相まって、次々と大型クリーチャーを並べることができる。
仮に外しても、マナゾーンに移動するのでささやかなマナ加速にもなる。

ただし、あくまで[[マッハファイター]]はクリーチャーへの攻撃に特化した能力であるため、相手のクリーチャーの数による所が大きい。
しかも天敵である[[コスト踏み倒しメタ]]を排除するにしても、[[コスト踏み倒し]]はバトルに入る前に解決するので、シナジーしているとは言い難い。
[[コスト踏み倒し]][[能力]]を最大限に活かすには[[パワー12000以上]]の[[クリーチャー]]をデッキに多く投入する必要があるが、[[パワー12000以上]]の[[クリーチャー]]の多くは高[[コスト]]の[[クリーチャー]]であるため、[[シンパシー]]を活かしづらくなる。
[[《デスマッチ・ビートル》]]などの[[パワー12000以上]]で低[[コスト]]の[[クリーチャー]]もいるが、それらの多くは[[攻撃制限]]が課されており、[[マッハファイター]]付与および[[コスト踏み倒し]][[能力]]が使用できない。

そのため、あくまで[[《ハイパー・マスティン》]]や[[《バードリアント》]]の[[コスト踏み倒し]]で出る事に期待する運用とし、[[シンパシー]]に関しては大幅な[[コスト軽減]]を狙わず、[[コスト]]1,2程度軽減できれば十分、と割り切った方がよいだろう。ただし、[[コスト踏み倒し]]で出すことを前提とした運用をする場合、このカードと同様に[[マッハファイター]]を持ち、後続の[[コスト踏み倒し]]が行える[[《零獄接続王 ロマノグリラ0世》]]が競合相手となる。

大幅な[[コスト軽減]]を狙わずとも、[[《雪精 X-girls》]]や[[《ボントボ》]]から自身の[[シンパシー]]も合わせて[[マナカーブ]]が繋がる。

パワー12000以上の自然[[単色]]のクリーチャーということでパワー12000以上を並べやすい[[【ゲイル・ヴェスパー】]]に適している。そちらのデッキは[[マナ]]も伸びるため、[[シンパシー]]に依存しなくとも出す機会は作れる。
ただ[[【ゲイル・ヴェスパー】]]の場合はこれで展開補助しなくとも置き場に困るほどのクリーチャーを展開できるため、あくまで繋ぎ役として相手の盤面を取るために使うのが無難だろう。

-パワー12000の[[クリーチャー]]ではあるが、[[T・ブレイカー]]ではなく何故か[[W・ブレイカー]]止まりになっている。

-アニメ・漫画『デュエル・マスターズ([[ジョー編]])』に登場し、[[双極篇背景ストーリー]]でもその存在に言及された「[[自然文明]]の女王」。
最強四天王[[ガイアハザード]]を従え、[[自然文明]]を治める女王。
アニメ『デュエル・マスターズ!』および[[双極篇背景ストーリー]]の開始時点では病に臥しており、それを癒やすため、行方不明になっていた「[[自然文明]]の姫」の捜索を[[ガイアハザード]]に命じていた。
しかし、探していた「[[自然文明]]の姫」が[[切札 ジョー]]の級友・[[うららか もも]]であった事が判明し……
--デュエマにおける初登場はアニメ『デュエル・マスターズ キングMAX』の「ジョーvs女王様」戦。
[[《ボントボ》]]と[[《テテトテントン》]]がいたことで[[コスト]]を2下げて[[召喚]]され、[[攻撃]]時に[[《自然の四君子 ガイアハザード》]]を出した。
これによって、アニメ『デュエル・マスターズ!』における、[[自然文明]]の主要な登場人物が全て[[クリーチャー]]として[[バトルゾーン]]に揃っている。

**収録セット [#h450cae3]
-illus.[[kawasumi]]
--[[DMEX-19 「マスター・ファイナル・メモリアル・パック」>DMEX-19]](3/68)

**参考タグ [#oddd6a31]
-[[グランセクト]]
-[[パワー12000以上]]
-[[シンパシー]]
-[[W・ブレイカー]]
-[[付与]]
-[[マッハファイター]]
-[[コスト踏み倒し]]
-[[表向き]]

&tag(クリーチャー,自然文明,緑単,単色,コスト8,グランセクト,パワー12000,W・ブレイカー,シンパシー,シンパシー:自然のクリーチャー,マッハファイター付与,アタックトリガー,コスト踏み倒し,パワー12000以上サポート,・,VR,ベリーレア,kawasumi);