#author("2022-07-03T12:20:41+09:00","","")
#author("2022-07-03T12:21:41+09:00","","")
*《アクアン》 [#f1cd250c]

|アクアン R 水文明 (4)|
|クリーチャー:サイバーロード 2000|
|このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から5枚を表向きにしてもよい。その中から光と闇のカードをすべて自分の手札に加え、残りを自分の墓地に置く。|
|BGCOLOR(#933):COLOR(white):''※殿堂入り''|

[[DM-04]]で登場した[[サイバーロード]]。

驚異的な[[手札補充]][[能力]]を持つ[[cip]][[クリーチャー]]である。

[[《アストラル・リーフ》]]無き後の[[メタゲーム]]の中心を担い、その後も[[《無双竜機ボルバルザーク》]]などの強豪[[カード]]と渡り合ってきた実力者である。

[[山札の上]]から5枚を[[表向き]]にし、[[光]]と[[闇]]の[[カード]]をすべて[[手札]]に加えられる。さすがに5枚すべてというわけにはいかないが、[[デッキビルディング]]を工夫すれば[[コスト論]]を上回る[[手札補充]]が可能。

[[光]]か[[闇]]あるいは両方の[[カード]]と、[[マナ]]として必要な[[水]]の[[カード]]の[[デッキ]]内での比を3:1ほどにすることで、ほぼ確実に3枚から4枚の[[手札補充]]ができる爆発力を持っている。

4[[マナ]]で3枚引く[[《サイバー・ブレイン》]]が[[プレミアム殿堂]](後に[[殿堂入り]]に降格)になっていると考えると、その[[スペック]]は恐るべきものがあり、4[[ターン]]目にこの[[カード]]を[[召喚]]されると一気に[[ハンドアドバンテージ]]差が開く。1コストあたり最大1.25枚というコストパフォーマンスは後の[[《T・T・T》]]の1.0枚をも凌ぐと聞けばその凄さが分かるだろう。

殿堂レギュレーションの[[手札補充]][[カード]]の中で白眉の性能を持つ[[《ストリーミング・チューター》]]と比べても、引ける[[カード]]の[[色]]こそ違えど1[[マナ]]軽く、さらに2000の[[クリーチャー]]が付くという破格の[[スペック]]である。

**ルール [#xd99a92a]
-[[表向き]]にした[[カード]]を[[手札]]に加える[[能力]]なので、ルール上は[[ドロー]]ではない。つまり「カードを引く」わけではないので、一部[[ドロー]]によって誘発する他の[[クリーチャー]]の[[能力]]は使えない。

-[[山札]]からめくった[[カード]]は相手にも見せなければならない。

**テクニック [#ofd0ac63]
-本来の役割は[[手札補充]]だが、外れた[[カード]]が[[墓地]]に落ちることを生かし、[[《ダイヤモンド・ブリザード》]]や各種[[返霊]]持ちと組む使い方もある。 

**環境において [#f1f2b491]
実は[[DM-04]]当初はそれほど期待されていなかった。というのも、[[《サイバー・ブレイン》]]、[[《ストリーミング・シェイパー》]]、[[《アストラル・リーフ》]]といったドローソースで十分と見られており、[[墓地]]利用カードも少なかった上に[[進化元]]としての価値も低かった(当時存在していた[[サイバーロード]]指定の[[進化]]は実用外の[[《エンペラー・アクア》]]のみ)ためである。ところが、[[聖拳編]]になると多色カードが登場したことで文明参照が安定するようになり、オーバースペックなドローソースの多くが殿堂入りし、一流カードの仲間入りを果たした。

登場以来、[[速攻]]型の[[【アクアンブラック】]]、[[【準黒単】]]、[[コントロール]]型の[[【アクアンホワイト】]]、[[【アクアンホワイトブラック】]]などの強力な[[デッキ]]の中核となってきた。[[聖拳編]]で[[水]]の[[マナ]]としても使える[[闇]]、[[光]]との[[レインボーカード]]が登場すると、さらに[[デッキ]]内の引けるカードの比率が上がって使いやすくなった。登場初期の環境では[[準バニラ]]の[[ファッティ]]であってもこのカードで回収できるだけで十分採用に値し、そのことからこのカードの影響力が分かるだろう。

黎明期の[[【ボルバル】]]はこのカードが入らないことが最大の欠点の1つとまで言われた。

2005年3月15日より、殿堂入りカードに指定された。ところが「1枚になってしまったことで、かえって4[[ターン]]目に使えるかどうかの[[運ゲー]]感が強まってしまった」との声もあった。[[《サイバー・ブレイン》]]と同じく、余りに強力な[[手札補充]]はそれを引けるかどうかで勝敗が大きく左右されるため、[[ミラーマッチ]]では[[運ゲー]]のような展開になりやすい。

殿堂入り後、[[転生編]]から[[極神編]]にかけては[[【ボルメテウスコントロール】]]や[[【ヘブンズ・ゲート】]]、[[【イニシエート】]]を中心に利用された。

[[戦国編]]では[[【ナイト】]]や[[【マルコビート】]]を中心に使われた。ここに来て、種族が重要視されるようになったということである。

最後の活躍は[[覚醒編]]における[[【白青黒超次元】]]、[[【ハイドロ・ハリケーン】]]、[[【ヴィルジニアリアニメイト】]]での使用実績である。

「1枚引ければ勝負が決まる運ゲーを助長する」という批判から、2011年1月15日より、《サイバー・ブレイン》と共についにプレミアム殿堂入り。[[白青黒]]の[[デッキ]]にはほぼ確実に採用され続けてきた彼も、[[コレクション]]の中で隠居生活を送ることとなった。
後に[[調整版]]の[[《セブ・コアクマン》]]が登場した。

このカードの後に専用デッキではこれ以上の手札補充効率を持つカードとして[[《巨大設計図》]]と[[《超七極 Gio/巨大設計図》]]、[[《進化設計図》]]が登場しており、前者2つを活かした[[【グルメ墓地ソース】]]、後者を活かした[[【モモキングJO】]]が環境に進出している。
そのような背景もあってか、2022年7月1日付で[[殿堂入り]]に降格。

殿堂入りへの復帰直後から[[【白青赤鬼羅.Star】>【鬼羅.Star】#c3]]や[[【白青黒ギャラクシールド】>【白青ギャラクシールド】]]で活躍。
殿堂入りへの復帰直後から[[【白青赤鬼羅.Star】>【鬼羅.Star】#c3]]や[[【白青黒ギャラクシールド】>【白青ギャラクシールド】]]で活躍。特に後者では同じく[[殿堂入り]]の[[《凄惨なる牙 パラノーマル》]]を探すための札としての性質がある。

-[[殿堂ゼロデュエル]]では[[【キクチパトロール】]]や[[【白青鬼羅.Star】>【鬼羅.Star】]]の初動として[[《ヘブンズ・フォース》]]と共に使われている。

**他のカードとの関係 [#j7ec7fbb]
-[[カード]]の[[調整版]]が[[《エリアス》]]と[[《セブ・コアクマン》]]。いずれも表向きにする枚数が3枚に減っている。ちなみに[[《セブ・コアクマン》]]は[[《エリアス》]]が5[[マナ]]と重すぎて使われなかったために再度調整されたそちらの[[完全上位互換]]である。

**背景ストーリーでの活躍 [#saac4391]
-[[プレミアム殿堂]]となりゲームから姿を消した後も、[[《コアクアンのおつかい》]]や[[《クアトロ・ブレイン》]]の[[フレーバーテキスト]]で再登場しており、[[背景ストーリー]]では未だに現役である。
--《アクアン》や《クアトロ・ブレイン》のフレーバーテキストから察するに、《アクアン》は[[光]]文明や[[闇]]文明に武器を卸している武器商人であると考えられる。しかし、《クアトロ・ブレイン》から読み取るに光と闇がメインの[[オラクル]]の思想には反対であり(平和では武器が売れないため)、[[アウトレイジ]]に協力しているようだ(彼の子供である[[《セブ・コアクマン》]]も[[《紺碧術者 フューチャー》]]に協力的である)。これは《アクアン》を 光と闇の入っていないデッキに入れると墓地肥やしとなり、墓地戦略を得意とする[[アウトレイジ]]に有利になるからであろう。
現に[[《セブ・コアクマン》]]は[[【メルゲループワンショット】]]などに採用されている。

-[[背景ストーリー]]で強調されていた守銭奴キャラが極まり、[[DMX-22]]ではついに[[デュ円]]バージョンが収録された。事務局の回答によると、このカードは''2000万デュ円として実際に使用できる''とのことで、[[フレーバーテキスト]]はそのことを現した言葉遊びとなっている。ちなみに[[息子>《コアクアンのおつかい》]]も同じく[[DMX-22]]に[[再録]]されている。

**漫画での活躍 [#h66b3da6]
-漫画「FE」では[[W(ホワイト)>白凰]]が[[ベルベル]]戦で使用。[[《鎧亜の邪聖ギル・ダグラス》]]の能力で[[破壊]]された。世界大会直前の[[切札 勝舞]]戦でも使用。能力で3枚の光のカードを手札に加えた。その後[[《新星の精霊アルシア》]]と[[《聖霊王アルカディアス》]]と共に[[シールド]]を[[ブレイク]]した。
「SX」番外編でも[[白凰]]が使用し、[[切札 勝舞]]にとどめをさした。なお、[[《奇跡の精霊ミルザム》]]の[[ウルトラシールド・プラス]]によって増えた[[シールド]]の中に明らかに「2枚目」の《アクアン》が入っていた。連載当時は[[殿堂入り]]していたため、おそらくはミスだろう。(そもそも向こうの世界に殿堂ルールがあるのかは不明だが。)

-漫画「覇王伝ガチ!!」では、[[赤星 大虎]]が[[神鷹]]戦で使用。実際に能力が使われる描写は無かったが、おそらく大量の[[ドロー]]で試合に貢献したのだろう。最終的にとどめを刺したのもこの1体。

**[[デュエル・マスターズ プレイス]]では [#oce7e461]
|アクアン SR 水文明 (4)|
|クリーチャー:サイバーロード 2000|
|バトルゾーンに出た時、自分の山札の上から3枚を表向きにする。その中から光のカードと闇のカードをすべて自分の手札に加え、それ以外を自分の墓地に置く。|

[[DMPP-02]]で実装。[[スーパーレア]]に昇格。能力が強制かつ表向きにできる枚数(手札に加えられる最大枚数)が3枚に減少され弱体化。[[《セブ・コアクマン》]]から[[エイリアン]][[種族]]を取り除いたような性能と化した。

多色が存在しない第2弾まででは【アクアンホワイト】【アクアンホワイトブラック】【アクアンブラック】の軸として使われていた。多色がリリースされてからはその3つ以外のカラー([[青黒赤]]で[[闇]]/[[火]]の多色カードを手札に加えるなど)での使い方も登場している。

対戦中の公開ゾーンのカードを度外視した手札補充の確率は[[確率表]]を参照。
|>|>|>|>|CENTER:|c
|デッキの光or闇|>|>|>|3枚中光or闇が|h
|~|3枚|2枚|1枚|0枚|h
|>|>|>|>||c
|36枚|約72.3%|約25.5%|約2.2%|約0%|
|32枚|約50.2%|約40.2%|約9.1%|約0.6%|
|28枚|約33.2%|約45.9%|約18.7%|約2.2%|
|24枚|約20.5%|約44.7%|約29.1%|約5.7%|
|20枚|約11.5%|約38.5%|約38.5%|約11.5%|
--計算上は、32枚以上のとき90%以上の確率で2枚以上の手札補充ができることになる。

**その他 [#lb3e42a4]
-横須賀市上下水道局が1998年度の開局90周年記念として水をモチーフに製作したイメージキャラクターの名前は「アクアン」となっているが、公開時期こそ近いものの全く無関係。

-海外版の[[Kaijudo]]では、日本版の[[リキッド・ピープル]]達のイラストを持つクリーチャーが「Aquan」という種族を持っている。当の《アクアン》のイラストを持つクリーチャーの種族はCyber Lordであり、性能としては[[《トロン》]]と全く同じカードになっている。

-このカードに限った話ではないが、[[表向き]]にした[[カード]]を見て、墓地または手札に移動させる[[能力]]では[[墓地]]に置かれる事を俗に「[[落ちる]]」、逆に[[手札]]に加えることを「拾う」という。

-[[デュエル・マスターズ プレイス]]にはこのクリーチャーを元にした[[アーク>アーク#character]]というキャラクターが登場する。本家と同じく商人気質のようで、常に損得勘定で動く。クリーチャーの擬人化という点が共通する[[コッコ・ルピコ]]や[[JJ]]とは幼なじみらしく、3人とも別世界からやってきたことを匂わせている。
--余談だが、[[アーク>アーク#character]]の声は山田美鈴氏、カードの《アクアン》は嶺内ともみ氏と声優が異なっている。

**関連カード [#k5944905]
-[[《エリアス》]]
-[[《セブ・コアクマン》]]
-[[《ストリーミング・シェイパー》]]
-[[《ストリーミング・チューター》]]
-[[《コアクアンのおつかい》]]
-[[《アクアン・メルカトール》]]
-[[《電磁 アクアン-2》]]

-このクリーチャーが描かれているカード
--[[《クアトロ・ブレイン》]]
--[[《アクア・サーファー》]](P21/Y14)
--[[《「青空の大波」》]]
--[[《アクア・サバイテイク》]]
--[[《殿堂王来空間》]]
**[[フレーバーテキスト]] [#gd8924b6]
-[[DM-04]]、[[DMC-17]]、[[プロモ>プロモーション・カード]](P16/Y1)、[[DMPP-02]]
'''にひひひ。中立が一番儲かるのさ。'''
-[[DMC-13]]
'''敵の敵は、友。でも、味方の味方は、お客様。'''
-[[DMC-37]]
'''[[光]]に売れるものは[[闇]]にも売れる、誰だって自分に向けられる刃は気になるもんさ。――アクアン'''
-[[DMC-38]]
'''今日も世界は事件だらけ。結構結構。――アクアン'''
-[[DMC-50]]
'''儲かりすぎるのも[[考えもの>プレミアム殿堂]]だな。――アクアン'''
-[[DMX-22]]
'''にひひひ。このデュ円は本当に使えるのさ。 ---アクアン'''

**収録セット [#j3cab7b3]
***[[デュエル・マスターズ]] [#l4fc1387]
-illus.[[Katsuya]]
--[[DM-04 第4弾「闇騎士団の逆襲」>DM-04]](10/55)
--[[DMC-13 「コロコロ・ニュージェネレーション・パック」>DMC-13]](2/37)(新規イラスト)
--[[DMC-17 「戦場の暗黒皇女(ダーク・ウォリアー)デッキ」>DMC-17]](9/78)
--[[DMC-37 「バイオレンス・エンジェル」>DMC-37]](14/28)
--[[DMC-38 「キャッスル・オブ・デーモン」>DMC-38]](18/33)
--[[DMC-50 「パーフェクト・エンジェル」>DMC-50]](16/30)
--[[DMX-22 「超ブラック・ボックス・パック」>DMX-22]](16b/???)(2000万デュ円版)
--[[プロモーション・カード]](P16/Y1)([[アルトアート]])(月刊コロコロコミック2003年1月号付録)

***[[デュエル・マスターズ プレイス]] [#wc419092]
-CV:[[嶺内ともみ]]
-illus.[[Katsuya]]
--[[DMPP-02 「伝説の再誕 -RETURN OF LEGENDS-」>DMPP-02]]
--[[DMPD-01 「聖霊王降臨」>DMPD-01]]
--[[DMPS-02 「セイクリッド・エンジェル」>DMPS-02]]

**参考 [#sd97a0ce]
-[[サイバーロード]]
-[[cip]]
-[[山札の上]]
-[[表向き]]
-[[光]]
-[[闇]]
-[[カード]]
-[[手札補充]]
-[[確率表]]

-[[プレミアム殿堂]]
--[[殿堂入り]]

-[[デュ円]]
-[[アーク]]

-[[【アクアンブラック】]]
-[[【アクアンホワイト】]]
-[[【アクアンホワイトブラック】]]

&tag(クリーチャー,水文明,青単,単色,コスト4,サイバーロード,サイバー,パワー2000,cip,山札公開,サーチ,手札補充,墓地肥やし,《アクアン》,アクアン,終音「ん」,R,レア,Katsuya,殿堂入り,プレミアム殿堂解除,クリーチャー (デュエプレ),水文明 (デュエプレ),青単 (デュエプレ),単色 (デュエプレ),コスト4 (デュエプレ),サイバーロード (デュエプレ),サイバー (デュエプレ),パワー2000 (デュエプレ),cip (デュエプレ),山札公開 (デュエプレ),手札補充 (デュエプレ),サーチ (デュエプレ),墓地肥やし (デュエプレ),SR (デュエプレ),スーパーレア (デュエプレ),Katsuya (デュエプレ));
&tag(プレミアム殿堂); ~2022.07.01