【赤白アーマード】 [編集]

【赤白ドギラゴン閃】の基盤を継承しつつデッキの軸をアーマードメクレイドとしたもの。

太陽との邂逅 C 火文明 (5)
呪文:アーマード・アーツ
アーマード・メクレイド5する。(アーマード・メクレイド5:自分の山札の上から3枚を見る。その中から、コスト5以下のアーマードを1枚、コストを支払わずに使ってもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く)
このターン、自分のクリーチャーすべてに「スピードアタッカー」を与える。(「スピードアタッカー」を持つクリーチャーは召喚酔いしない)
覇炎竜 ボルシャック・ライダー OR 火文明 (7)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 9000
スピードアタッカー
W・ブレイカー
自分のファイアー・バードすべてに「セイバー:ドラゴン」を与える。(自分のドラゴンが破壊される時、「セイバー:ドラゴン」を持つクリーチャーを1体、かわりに破壊してもよい)
このクリーチャーの各ブレイクの前に、アーマード・メクレイド5する。(アーマード・メクレイド5:自分の山札の上から3枚を見る。その中から、コスト5以下のアーマードを1枚、コストを支払わずに使ってもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く)
ボルシャック・アークゼオス SR 火文明 (5)
クリーチャー:アーマード・ドラゴン 5000+
パワード・ブレイカー
自分のファイアー・バード1枚につき、このクリーチャーのパワーを+3000する。
このクリーチャーが出た時、アーマード・メクレイド5する。(アーマード・メクレイド5:自分の山札の上から3枚を見る。その中から、コスト5以下のアーマードを1枚、コストを支払わずに使ってもよい。残りを好きな順序で山札の下に置く)
各ターンに一度、自分のファイアー・バードが出た時、相手のクリーチャーを1体選んでもよい。その後、選んだクリーチャーとこのクリーチャーをバトルさせる。

主要カード [編集]

メタ系 [編集]

サポート系 [編集]

《アニー・ルピア》シビルカウント3で自軍全体に自身を除いてスピードアタッカー付与
《チャラ・ルピア》2→5を実現する2コスト初動コスト軽減
《コッコ・ルピア GS》G・ストライク付き初動コスト軽減
《アシスター・コッピ》アーマードカード指定でコスト軽減する初動
《チック・医・スルッチ》コスト軽減とセイバーがこれ1体に。《凰翔竜機バルキリー・ルピア》を単発除去から守れる
《凰翔竜機ワルキューレ・ルピア》自軍のファイアー・バード全体にスピードアタッカーを、自軍のドラゴン全体にブロッカーを、それぞれ付与
《ボルシャック・フォース・ドラゴン》打点補強、パンプアップスピードアタッカー付与
《凰翔竜機バルキリー・ルピア》フィニッシャーとなるものなどドラゴンサーチ
《クック・轟・ブルッチ》登場時アーマードのコスト6軽減
《飛ぶ革命 ヴァル・ボルシャック》アーマードからの革命チェンジ 登場時2体タップアンタップ
《ピース・盾・ルピア》手札補充&S・トリガー・プラスでオールタップ
《革命の炎 フレア・ハシッチ》アーマードからの革命チェンジ登場時効果ブレイクかシールド追加
《頂上印鑑 パラキン8th/「魔物が居るな……」》早出し出来る革命チェンジ元/タップトリガー

除去系 [編集]

展開系 [編集]

《ファイン・撃・ピヨッチ/「暴竜爵は不滅なり!」》時に素出しも検討できる癖のない軽量級スピードアタッカー/4コストでアーマード・メクレイド5
《ボルシャック・バラフィオル》軽いなりのスペックだが早期に打点を並べたいなら使える捲り系
《リトル・翔・バルピア》自軍の2回目の攻撃時にアーマード・メクレイド5
《ボルシャック・NEX/スーパー・スパーク》cipルピアを1枚、カード指定でリクルート/1ターンを凌ぐ防御札
《ボルシャック・アークゼオスNEX》エスケープブロッカー 自分のアーマードがいれば1軽減 アタックトリガーコスト5以下のアーマード・クリーチャー踏み倒す
《ボルシャック・サイン》コスト7以下のアーマードを踏み倒し&スピードアタッカー付与/自分のエレメント破壊
《竜皇神 ボルシャック・バクテラス》コスト7以上の多色《ボルシャック》からの革命チェンジ 登場時アーマード最大4体展開&自分の他のクリーチャーすべてにブロッカー&スピードアタッカー付与

フィニッシャー [編集]

《アルカディアス・モモキング》以外を呪文ロック、各ターンに1体相手をタップインアーマードではない出張フィニッシャー
《時の法皇 ミラダンテXII》召喚ロック呪文は意識して特別に投入しない限り呪文コスト踏み倒しはオマケになりがち
《蒼き団長 ドギラゴン剣》展開系スーパーサブ
《音卿の精霊龍 ラフルル・ラブ/「未来から来る、だからミラクル」》ドラゴンサポートが受けられる呪文ロック/呪文面はこちらのデッキではほぼオマケ
《ヴァルキリアス・武者・ムサシ「弐天」》cipで火のエレメントの数以下のコスト火力を放った後光のエレメントの数だけドロー
アタックトリガーで手札の枚数以下のコストを持つサムライorアーマードを踏み倒し
《輝く革命 ボルシャック・フレア》革命チェンジで出るブロッカースピードアタッカーW・ブレイカー
ターンはじめて自分のクリーチャーがバトル時バトルに必ず勝つ&各ターン相手がはじめて出すクリーチャータップインさせる
自分のターン終了ステップに自身をアンタップ
《頂上連結 ロッド・ゾージア5th》召喚コスト軽減&cipで自分よりパワーが小さい相手のクリーチャーを1体破壊し次の相手のターン展開制限
《鎧機天 シロフェシー》革命チェンジで5以下の呪文をロック
《ボルシャック・ヴォルジャアク》シールド追加と破壊時に7以下のボルシャックを踏み倒し。
終極宣言での《黒神龍ブライゼナーガ》&敗北回避

防御札 [編集]

このデッキの回し方 [編集]

メタカードやサポートカードで準備を重ねつつ打点を溜め、頃合いを見てワンショットする。フィニッシャーを使って安全に詰められれば尚良い。

軽量級タマシード/クリーチャー軸の場合、メタカードを意識した素出しプランが取れる。《ボルシャック・フォース・ドラゴン》打点パワーを補強しつつスピードアタッカーを与えて総攻撃するプランは比較的メタに引っ掛かりにくい。

環境において [編集]

初めて結果を残したDM23-RP1期当初からしばらくはフィニッシャーによる確実な詰めやメタカードを活かした型が主流であったが、2023年7月に入ると基盤による再現性を重視してメタカードをカットし、フィニッシャーの役割を《時の法皇 ミラダンテXII》に一任した型が主流化。

DM23-RP3《ボルシャック・アークゼオスNEX》《ピース・盾・ルピア》《飛ぶ革命 ヴァル・ボルシャック》《ポッピ・冠・ラッキー》《Napo獅子-Vi無粋/♪オレの歌 聞けよ聞かなきゃ 殴り合い》《ボルシャック・サイン》を獲得。採用枚数にしてメインデッキの約半分を入れ替える別物レベルの強化となり、【白赤アーマード・サムライ】の発祥以降そちらの劣化扱いされていた立場が大幅に改善され、強化直前の段階で環境外に追いやられていた状況から一転、チャンピオンシップでもそこそこ入賞する立ち位置に回復。

DM23-RP4《鎧機天 シロフェシー》《堅き革命 ボルシュゴス/「ボルシュゴス・スラッシャー!!」》を獲得。また、《竜皇神 ボルシャック・バクテラス》を軸としたボルシャック基盤の派生形である、【赤白ボルシャック】も結果を出している。特に《鎧機天 シロフェシー》に関しては、そちら1種類でそれまで環境において不安定な活躍しかできなかった【赤白アーマード】が環境に定着したことからもその影響力が分かるだろう。

DM23-BD4DM23-BD5DM23-BD6DM23-BD7最終平日のオリジナルでは、《爆殺!! 覇悪怒楽苦》《ノヴァルティ・アメイズ》といったスーパー・S・トリガーを軸の1つとした【赤白ボルシャック】がチャンピオンシップ(ただし実測参加者49人規模)で優勝。

DM23-RP3ごろから成立した敵対色2色の文明シャッフル種族デッキ [編集]

参考 [編集]