覇帝(はて)なき侵略(しんりゃく) レッドゾーン F(フォーミュラ) [編集]

覇帝なき侵略 レッドゾーン F SR 火文明 (6)
進化クリーチャー:ソニック・コマンド/侵略者 11000
進化:火のクリーチャー1体の上に置く。
侵略:火のコマンド(自分の火のコマンドが攻撃する時、自分の手札にあるこのクリーチャーをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーの攻撃中、相手は「G・ストライク」を使えない。
各ターン、このクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、このクリーチャーをアンタップし、一番上のカードを破壊する。

DM22-EX1で登場した進化ソニック・コマンド/侵略者

常在型能力で相手のG・ストライクを封じる能力攻撃後に退化することでアンタップする能力を持つ。
攻撃中の常在型能力と、攻撃の終わりの誘発型能力は、このカードが表出していないと有効にならない。(後者は《BUNBUN・ヴァイカー》《特攻の忠剣ハチ公》などでも適用される裁定である。)

打点増加は盤面の数に比例しない。変則的な2回攻撃となり、《レッドゾーン F》自体の2打点と、そこから再構築で現れたクリーチャーの持つ打点で攻撃できる。

G・ストライクメタとも言える効果を持っていることで、G・ストライクに止められることなく2回攻撃を決めることが可能。

このクリーチャーアンタップする能力置換効果破壊されない(離れない)効果を持つ場合、退化することなくアンタップ出来る。
オーラが付いている場合は《レッドゾーン F》ではなくそちらが破壊される。

《レッドゾーン F》2枚を連続侵略させれば、最初の攻撃中のW・ブレイクは一番上によりG・ストライクを禁じ、2度目の攻撃中は新たに一番上になったカードでG・ストライクを禁じることができる。

ワンショット以外なら、3ターン目の《影速 ザ・トリッパー》侵略して計3点削りを入れつつ、退化した《影速 ザ・トリッパー》の疑似ランデス状態で相手にターンを渡す運用もある。

【レッドゾーン】の場合、攻撃制限のない2コスト初動コスト軽減、4コスト侵略元(もしくは攻撃制限のない2コスト以下のクリーチャーと《覇王速 ド・レッド》)、《轟く侵略 レッドゾーン》、このカードによって、3ターン目でのワンショットが可能。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]