聖霊超王(せいれいちょうおう) H(ハイパー)・アルカディアス》 [編集]

聖霊超王 H・アルカディアス DMR 光/水文明 (6)
ドリーム・クリーチャー:エンジェル・コマンド/超化獣 6500
ブロッカー
ジャストダイバー
W・ブレイカー
このクリーチャーが出た時、カードを3枚まで引く。
ハイパー化:自分の他のクリーチャーを1体タップする。(自分のメインステップ中に、ハイパーモードを解放できる。ハイパーモードは次の自分のターンのはじめまで続く)
ハイパーモード 12500
T・ブレイカー
自分のタップしているクリーチャーがあれば、相手は呪文を唱えられない。

DM24-RP2で登場した/エンジェル・コマンド/超化獣

cipで3ドローができる6コスト6500ジャストダイバーブロッカーハイパーモードでは自軍にタップクリーチャーが存在していれば、相手に呪文ロックがかかる能力を持つ。

ハイパー化でも自分のクリーチャーをタップするため、ハイパーモードを解放した時点で、実質無条件で相手に呪文ロックがかかるようなものである。
余談だがこれ自身がタップしているクリーチャーから除外される制約もないため、何かでハイパー化→《聖霊超王 H・アルカディアス》で攻撃してタップ状態になる→S・トリガー獣など非呪文でハイパー化に使った小型クリーチャーが除去されても引き続き呪文ロック状態である。

攻撃への参加は1ターンのラグがあるものの、メインステップ以前に着地できればハイパー化にはタイムラグはない。クリーチャーに余裕がある状態なら、自分のクリーチャー1体がタップで攻撃などに参加できなくなるコストで、即座に3ドローとジャストダイバー呪文ロックが立っている状態で攻撃ステップに入れる。若干取り回しが悪い《音精 ラフルル》として使えるだろうか。
ブロッカーを持っていることから、召喚酔いの最中に上記のプレイングをしても、自分のタップしているクリーチャーを12500という高パワーで守ることもできる。

【ヘブンズ・ゲート】系統ならタップコストやこれの呪文ロックを活かしたワンショットのお供となる打点には困らず、何なら《覚醒の精霊ダイヤモンド・エイヴン》で攻撃に参加できるまでのタイムラグも消すことができる。【ヘブンズ・ゲート】系統でのワンショット用には非常に完成度の高い1枚と言える。

コスト7に届いておらず、【白緑巨大天門】で色を支払いにくい白青という部分で二重に《巨大設計図》基盤と相性が悪いが、自身がドロー能力を持っておりリソースには困りづらいことでカバーしている。
もちろんドリーム・クリーチャーなので《サイバー・ブレイン》のように引いたら引いただけ使えるわけではないことは留意しておこう。

関連カード [編集]

収録セット [編集]

参考 [編集]