cip

Comes Into Play」の略語で、「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」という誘発条件のトリガー能力を指す俗称。「cip能力」「出た時能力」「登場時能力」とも。
ゾーン変更誘発のうち、バトルゾーン以外のゾーンからバトルゾーンに移動したときに限定した効果。

クリーチャーに限らず、ウエポンフォートレスフィールド等が持つものもcipと呼ばれる。オレガ・オーラの「これをクリーチャーに付けた時」もcipと呼んでいいだろう。

基本的には召喚プレイ)以外でバトルゾーンに出た場合も有効である。

テキストでは『「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力』として参照される事がある。コロコロコミックや公式HPでは出た時効果、アニメでは登場時能力と呼ばれることが多い。

青銅の鎧 C 自然文明 (3)
クリーチャー:ビーストフォーク 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、自分の山札の上から1枚目をマナゾーンに置く。

アクア・サーファー UC(R) 水文明 (6)
クリーチャー:リキッド・ピープル 2000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、バトルゾーンにあるクリーチャーを1体選び、持ち主の手札に戻してもよい。

この能力を持つクリーチャーは、バトルゾーンに出すだけで能力トリガーする。出した時点でとりあえず一つ仕事をこなしているため、誤算が少なくて使いやすい。

有名なものとして、《解体人形ジェニー》《青銅の鎧》《アクア・サーファー》が挙げられる。使用感は呪文を内蔵したクリーチャーといったところ。

クリーチャーなので、《光神龍スペル・デル・フィン》などで呪文唱えることができない場合でも使うことができる。

ルール

その他

  • 俗に「cip効果」と言われることがあるが、cipが意味する「バトルゾーンに出る」はトリガー能力の効果節ではなく誘発条件節なので、適切な表現ではない。
  • 同義語に「187能力」という言葉がある。元々はマジック・ザ・ギャザリングのカード、《ネクラタル/Nekrataal》が大量のクリーチャーを破壊していたことから、アメリカ・サンフランシスコ警察の殺人事件コード187を付けられたのが由来。
    本来はcip能力を持つクリーチャーのことを「187クリーチャー」と呼ぶが、この俗語が輸入される際に変化してそのまま「187能力」という呼称が広まった。
    • 日本語読みをした「嫌な能力」ではない。発祥がアメリカのため「ワン・エイティ・セブン」と読む。
  • なお、あちらでは後にテキスト変更によって、cipに代わって「戦場に出る/Enter The Battlefield」の略称「ETB」が用いられている。

バトルゾーンに出た時にトリガーする能力に関連するカード

「このクリーチャーがバトルゾーンに出た時」で始まる能力を参照するものは除外。

参考


Last-modified: 2019-08-10 (土) 22:50:42