ロマノフ

カード名に「ロマノフ」を含むカードの名称群。DMC-58 「マッド・ロック・チェスター」《邪眼獣ヤミノディヴィジョン》により名称カテゴリとなった。

このカテゴリーに含まれるクリーチャーはほぼ全てがダークロードを持っている。他にはドラゴン・ゾンビを持ったカードが多い。関連カードを含めて多くが「ナイト」=「邪眼一族」に包括されるが、ごく一部単色のものも存在する。
呪文にもこのカテゴリーのカードは存在するが、サポートするカードは登場していない。

全体として「墓地利用」をキーワードにデザインされているようだ。
トーナメントシーンで活躍できるレベルの強さを持ったカードも多く、かなりエースなカテゴリー。

  • 元ネタはロシアのロマノフ王朝。
    16世紀末のフョードル・ニキーチチ・ロマノフの代に台頭し、その息子であるミハイル・フョードロヴィチ・ロマノフが1613年にリューリク朝後の動乱期を制して初代ツァーリに即位し、18代ニコライ2世が廃位させられる1917年まで続いた。(wikipediaより引用)
  • 背景ストーリーでは《邪眼皇ロマノフI世》が邪眼財閥の筆頭を務めている。もしかしたら邪眼一族かロマノフ家で親族経営をしているのかもしれない。

「ロマノフ」とあるクリーチャー

「ロマノフ」とある呪文

この名称に関連するカード

クリーチャー

進化クリーチャー

参考