ドラゴン・ゾンビ

デッキとしてのドラゴン・ゾンビ→【ドラゴン・ゾンビ】

文明に属するドラゴン種族
腐敗して骨をむき出しにしている黒い龍のデザインが基本。カードイラストでは大地から這い出て蘇ってくる場面が描かれていることが多い。DM-08ボルケーノ・ドラゴンアース・ドラゴンと共に登場。

命名ルールは「黒神龍〜」。多種族では「神滅」を冠詞にし、進化クリーチャーは他の以外のドラゴンと同じく「超神龍」。名前にはザ行の音が入ることが多い。

『デュエル・マスターズ パーフェクト ルール BOOK』によると、「骨とヘドロでできた永遠に未完成の肉体」であるといい「地獄の最下層からやってきた戦う死体」とのこと。

魔龍バベルギヌス VR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ/グランド・デビル 1000
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、プレイヤーをひとり選ぶ。そのプレイヤーのクリーチャーを1体破壊してもよい。そうした場合、そのプレイヤーの墓地から、《魔龍バベルギヌス》以外の進化ではないクリーチャーを1体選び、バトルゾーンに出す。
※殿堂入り

黒神龍グールジェネレイド SR 闇文明 (7)
クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 6000
自分の《黒神龍グールジェネレイド》以外のドラゴンが破壊された時、このクリーチャーが自分の墓地にあれば、このクリーチャーをバトルゾーンに戻してもよい。
W・ブレイカー

超神龍アブゾ・ドルバ SR 闇文明 (6)
進化クリーチャー:ドラゴン・ゾンビ 11000+
進化−自分のドラゴン1体の上に置く。
このクリーチャーがバトルゾーンにある間、このクリーチャーのパワーは自分の墓地にあるクリーチャー1体につき+2000される。
T・ブレイカー

ドラゴンだけに、この種族も総じてやや重め
ただし、デメリットと引き換えにコストが軽くなるカードが多いらしく、他のドラゴン種族より軽いカードも揃っている。

非常に癖の強いカードが多く、変則的に攻めたてることが得意ならしいドラゴン
《黒神龍ダフトヘッド》《黒神龍ブライゼナーガ》などのスーサイド能力自壊能力、その他何らかのデメリット能力を持ち、それと引き換えに高いパワーを得ているものがほとんどである。だがエピソード2以降デメリットを持つカードはかなり少なくなった。
「ゾンビ」のイメージ通り、《黒神龍グールジェネレイド》《魔龍バベルギヌス》《黒神龍メタル・ザンギラス》などのリアニメイト能力も充実しており、すぐ死ぬが、復活もしやすく粘り強さがある。
一部、実在した音楽家の名前から命名されたものも存在するが、エピソード2以降、音楽家の名前はキング・コマンド・ドラゴンに取って代わられることとなった。

  • エピソード2でフィーチャーされた種族の一つ。ゾンビらしく墓地回収リアニメイトを行うカードが多い。11年の時経て初めてドラゴン・ゾンビに関連する能力を持つカードが登場した。
  • エピソード3ではオラクルの一員として活躍しており、数を増やしている。その際の冠詞はを崇める者が神を滅するというネーミングでは不自然なためか、「神滅」ではなく「真滅」になっている。

最軽量のドラゴン・ゾンビ

比較的良く使われるドラゴン・ゾンビ

ドラゴン・ゾンビに関連する能力を持つカード

ドラゴン・ゾンビを進化元とするカード

参考


Last-modified: 2019-07-17 (水) 21:22:03