カード(めい)

カードを区別するための名前。
多くの場合、カードの上部、コストの右隣に明記されている。

それぞれに個性的な名を付けられ、デッキに入れられる最大枚数4枚はここで判別する。

長らく漢字やひらがなやカタカナだけが使われていたが、《超神星DEATH・ドラゲリオン》《蛇手の親分ゴエモンキー!》の登場を皮切りに、次第に「!」やアルファベットなどの文字も用いられるようになっていく。

長い間ルール上の「最大枚数4枚」を区別する程度の意味しか持たなかったが、転生編にて、互いのカード名を参照する《クイーン・オブ・プロテクション》《ロード・オブ・レジェンドソード》が登場。

その後極神編からは、各ゴッドG・リンク対象、「《ボルメテウス・武者・ドラゴン》」などの名前を参照するサポートカードが増え、そのカード名自体が一つのステータスとなるものも増えてきた。

初めて登場した、自らのカード名を変更することができるカードは、DM-13で登場した《電磁無頼アカシック・サード》エピソード3では、何と自由に名前を追加してしまうことができる《名も無き神人類》が登場。カード名を利用した戦略はますます多彩になっている。

ツインパクトカードは、カードとして数えるときは二つの部分の合わさった名前を持つカードとみなす。
よってツインパクト化されたもの(《ナ・チュラルゴ・デンジャー/ナチュラル・トラップ》《ナチュラル・トラップ》等)は同名カードとみなされず、それぞれ4枚ずつデッキに入れても問題ない。

  • 能力テキストでカード名を参照する場合は《》で囲まれ、能力名や種族名などと区別できるようになっている。名称カテゴリも同様。初期は囲まれていないものもあった。


互いのカード名を参照するカード


特定のカード名を参照するカード

参照元参照先
《霊騎クルス・タスポル》《超神星ジュピター・キングエンパイア》
《カラテ・キャロット》
《博識の森のポルタス》
《キラ・ゼクス・ドラグーン》《竜音のキラ》
《ゴッド・ルピア》《ゴッド・ルピア》
《ブラッディ・ドラグーン》
《封魔魂具バジル》
《破壊神デス》
《魔弾ロマノフ・ストライク》《邪眼皇ロマノフI世》
《魔弾アルカディア・エッグ》《魔光大帝ネロ・グリフィス》
《魔弾アルカディア・エッグ》《魔弾グローリー・ゲート》
《風刃 カミカゼ・スピリット》《雷刃 ブシドー・スピリット》
《創造神サガ》《バイオレンス・ヘヴン》
《ゴッド・ブリンガー》
《ゴッド・サーガ》
《ソウルバーン・ドラゴン》《超竜サンバースト・NEX》
《オンセン・無敵タイム》《ガロウズ・セブ・カイザー》
《アクア・ジェット<突撃・ブラザー!>》《アクア・アタック》
《アクア・カスケード》
《超次元ごっつぁん・ホール》《横綱 義留の富士》
《GF隊総大将 無敵ング》《GF隊中佐 爆音のジャック》
《GF隊中佐 爆音のジャック》《GF隊少尉 飛剣のエース》
《真実の名 ラゴン・NEX》《アチョッピ・チョーナン》
《ステッピ・ジナン》
《フエッピ・サンナン》
《運 命》《「戦慄」の頂 ベートーベン》
《王牙秘伝ゴールデン・ビクトリー》《黄金龍 鬼丸「王牙」》
《無情秘伝 LOVE×HATE》《「無情」の極 シャングリラ》
《黒神龍ギョウテン・キョウテイ》《ゼッコウチョ》
《黒神龍サイデスカ・ガンマスター》
《真実の名 ゼッキョウ・サイキョウ》
《策士のイザナイ ゾロスター》《神聖騎 オルタナティブ》
《紺碧術者 フューチャー》《セブ・コアクマン》
《トンギヌスの槍》《神聖牙 UK パンク》
《宇宙一のカレーパン》《勇者の1号 ハムカツマン蒼》
《ブブンド・タンク》《ドドンブブ》
覚醒リンクまたはスーパー龍解を持つカードそれとリンク可能なカードセルではない側

名前の一部を参照するカード


自分自身のカード名を参照するカード


不特定のカード名を参照する主なカード


名前を追加するカード


参考


Last-modified: 2019-03-25 (月) 12:16:49