アンタップキラー

タップされていないクリーチャー攻撃できる能力
主に文明に多く存在する。数は少ないが、他の文明にも対抗色に対するものが存在する。

砕神兵ガッツンダー R 火文明 (2)
クリーチャー:アーマロイド 1000+
このクリーチャーは、タップされていないクリーチャーを攻撃できる。
このクリーチャーがパワー6000以上のクリーチャーを攻撃する時、そのターン、このクリーチャーのパワーは+9000される。

伝説のレジェンド ドギラゴン LC 火文明 (8)
クリーチャー:メガ・コマンド・ドラゴン/革命軍/ハムカツ団 14000
スピードアタッカー
T・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、そのターン、このクリーチャーはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。
このクリーチャーがバトルに勝った時、次の自分のターンのはじめまで、自分はゲームに負けず、相手はゲームに勝てない。

ΔΔΣ シグマティス SR 自然文明 (6)
オレガ・オーラ:グランセクト/デリートロン +6000
これをクリーチャーに付けた時、そのターン、そのクリーチャーはタップまたはアンタップしているクリーチャーを攻撃できる。
これを付けたクリーチャーに「パワード・ブレイカー」を与える。(「パワード・ブレイカー」を持つクリーチャーは、そのパワー6000ごとにシールドをさらに1つブレイクする)
これを付けたクリーチャーが破壊された時、そのクリーチャーに付いていたオーラをすべて、自分のマナゾーンに置く。
オレガ・オーラ:これを自分のGRクリーチャー1体に付けるか、1体GR召喚してそれに付ける。そのクリーチャーがバトルゾーンを離れたら、これも同じゾーンに行き、その後、そのGRクリーチャーは自分の超GRの一番下に戻る。

通常、アンタップ状態のクリーチャー攻撃の対象にできないが、アンタップキラーのクリーチャーアンタップされたクリーチャー攻撃できる。
パワーを下回るクリーチャーを一方的にバトル破壊できるようになるので、強力な能力である。

パワーの高いアンタップキラーを除去できない場合、クリーチャーを出してもすぐに破壊されてしまうので、緩いロック状態に持ち込むことができる。また、アンタッチャブル能力を持つクリーチャーへの対抗策としても重宝される。

強力な能力の1つなので、うまく活用していきたい。

  • この能力を持っていても、召喚酔いしている場合には対象を攻撃することはできない。ただし、「マッハファイター」や「このターン攻撃できる」など、指定したターンに攻撃できることを認めたテキストの場合、出したターンに攻撃は可能である。
    引用元

ゲームにおいて

その他

主なアンタップキラー

類似カード

相手プレイヤータップクリーチャーアンタップクリーチャー備考
(普通のクリーチャーがバトルゾーンに出たターン)攻撃できない攻撃できない攻撃できない
スピードアタッカーがバトルゾーンに出たターン攻撃できる攻撃できる攻撃できないルールによって召喚酔いしないクリーチャー*1も同様
マッハファイターがバトルゾーンに出たターン攻撃できない攻撃できる攻撃できる出たターンのみアンタップクリーチャーも攻撃目標に選ぶことができる
出た次以降のターンはアンタップクリーチャーは攻撃目標に選べない
フュリー・チャージがバトルゾーンに出たターン攻撃できない攻撃できる攻撃できない
ターン指定アンタップキラーがバトルゾーンに出たターン攻撃できない攻撃できない攻撃できる「このターン攻撃できる」など、指定されたターン中の攻撃が認められたもののみ
ターン指定のないものは召喚酔いだと攻撃できない
逆フュリー・チャージがバトルゾーンに出たターン攻撃できる攻撃できない攻撃できない

参考


*1 進化クリーチャーリンクしたゴッド

Last-modified: 2019-04-24 (水) 17:39:21