【白黒赤“轟轟轟”ブランド】

【赤白“轟轟轟”ブランド】除去自壊クリーチャーを加え、そこからさらに《犠牲の影オンリー・ウォーカー》に寄せた派生形。DMRP-09期に成立。

犠牲の影オンリー・ウォーカー UC 闇文明 (1)
クリーチャー:ゴースト 6000
W・ブレイカー(このクリーチャーはシールドを2つブレイクする)
このターンに、クリーチャーが破壊されていなければ、このクリーチャーは攻撃できない。
“轟轟轟”ブランド MAS 火文明 (7)
クリーチャー:ビートジョッキー 9000
マスターG・G・G:自分の手札がこのカードだけなら、このクリーチャーをコストを支払わずに召喚してもよい。
スピードアタッカー
W・ブレイカー
このクリーチャーがバトルゾーンに出た時、自分のマナゾーンに火のカードがあれば、カードを1枚引く。その後、自分の手札を好きな枚数捨ててもよい。こうして捨てた手札1枚につき、相手のパワー6000以下のクリーチャーを1体、破壊する。

主要カード

除去・自壊カード候補

《ねじれる者ボーン・スライム》1コストの定番自壊デメリットウィニー
《阿弥陀ハンド》自身へのシールド焼却デメリット付きだが3コストの確定除去
《堕魔 ドゥシーザ》2000パワー低下と範囲は小さ目だが僅か2コスト除去ができてクリーチャーが残る
《メガゴーワン・チュリス/ゴゴゴ・Go1・ナックル》実質的に3コストアタックトリガーで1ディスカード9000火力。同コストで呪文面を即座に唱えるプランも
《堕魔 ドゥグラス》ST付きの攻撃制限なしの2000ブロッカーチャンプブロックしてもこのデッキではおいしい。さらに攻撃後に自壊するため破壊を参照するカードと相性最高
《♪正義の意志にひれ伏せ》1体タップ付きGR召喚呪文。タップキル《オンリー・ウォーカー》をサポートしよう
《KAMASE-BURN!》効果バトル付きGR召喚呪文
《TOKKO-BOON!》GR召喚してその個体にSAと攻撃後の自壊を付与

その他の候補カード

超GRゾーン

このデッキの回し方

基本的には除去フィールドアドバンテージを取りながら打点を並べ、6打点が揃ったら破壊を参照させて《犠牲の影オンリー・ウォーカー》を動けるようにして、そのまま攻め込む。

除去や自壊と関係のないクリーチャーは極力立てない構成であり、光のシステムクリーチャーがゲーム中に《奇石 ミクセル》1体しか立たなかったというケースもざら。

長所

除去力が高いため、同じ【“轟轟轟”ブランド】系統には有利が付く。

《“轟轟轟”ブランド》への依存度が低く、しばしば《犠牲の影オンリー・ウォーカー》を中心にゲームを組み立てることができる。

短所

デッキに入る除去の範囲に収まらないパワーラインのクリーチャーで固めたデッキには滅法弱い。

《ジャミング・チャフ》や光のシステムクリーチャーでロックする余裕はほぼ無いため、カウンター札に若干弱い。

参考


Last-modified: 2019-07-01 (月) 23:40:31