【赤青ファイア】

《瞬閃と疾駆と双撃の決断》専用デッキとして構築したもの。DMRP-11期に成立。【赤青パラディソ・シエル】とも呼ぶ。

瞬閃と疾駆と双撃の決断 VR 火文明 (3)
呪文
次の中から2回選ぶ。(同じものを選んでもよい)
►コスト3以下のクリーチャーを1体、自分の手札からバトルゾーンに出す。
►このターン、自分のクリーチャー1体に「スピードアタッカー」を与える。
►自分のクリーチャーを1体選ぶ。このターン、そのクリーチャーの最初の攻撃の終わりに、そのクリーチャーをアンタップする。

主要カード

候補カード

超GRゾーン

このデッキの回し方

1ターン目に1コストクリーチャーを出しておくのが理想の流れ。2ターン目に《ヘームル・エンジオン》で1コストクリーチャーをバウンスしてGR召喚し、ここで3打点揃ったら次のターンに《瞬閃と疾駆と双撃の決断》を唱え、2体に紫電効果を付与すれば3ターンキルルートに入れる。《龍装者 バルチュリス》宣言して打点を追加できると尚良い。

もしくは水のクリーチャーを2体並べてから《瞬閃と疾駆と双撃の決断》コスト踏み倒し紫電効果付与のを選び、2回攻撃できる《パラディソ・シエル》を用意する。《パラディソ・シエル》で手札を整えつつ2回攻撃を活かして《龍装者 バルチュリス》を踏み倒して一気にダイレクトアタックまで持って行く。これも3ターンキルできるパターンである。

長所

3ターンキルのルートがいくつか存在するため、勝ち筋は広い。

呪文メタコスト踏み倒しメタの両方が並ばない限り動きが止まりづらい。その両方が並んでも最悪《トムのゼリー》《ヘームル・エンジオン》の組み合わせでGR召喚を続けて6打点並べてフィニッシュすることもできる。

短所

そもそも3ターンキルが持ち味なので、複数ターンに渡って《パラディソ・シエル》でビートダウンを続ける展開は比較的不利なゲーム運び。

カードパワー汎用性の低い1コストクリーチャーを重用するため、妨害の枠が入れて3枚の《異端流し オニカマス》程度しか取れない。よって、試合が長引いたときは《異端流し オニカマス》が刺さるかどうかに勝敗の行方が左右される。

《パラディソ・シエル》を出さないケースにおいてはリソース消耗をケアしづらいので、そうなると除去に弱い点が目立つ。

環境において

DMRP-11期のチャンピオンシップ優勝が報告されて話題になった。ところが『DMGP-9th』では特筆すべき成績を残していない。

参考


Last-modified: 2019-10-13 (日) 22:27:26