SSS級(トリプルエスきゅう)天災(ディザスター) デッドダムド》

SSS級天災 デッドダムド P 水/闇/自然文明 (8)
進化クリーチャー:トリニティ・コマンド/S級侵略者 11000
進化:自分の水、闇、または自然いずれかのクリーチャー1体の上に置く。
SSS級侵略[天災]:水、闇、または自然のコマンド(自分の水、闇、または自然のコマンドが攻撃する時、バトルゾーン、自分の手札、墓地、マナゾーンにあるこのカードをその上に重ねてもよい)
W・ブレイカー
このクリーチャーを別のクリーチャーの上に重ねた時、相手のクリーチャーを1体選び、持ち主の墓地かマナゾーンに置く、または手札に戻す。

DMBD-10で登場した//自然進化トリニティ・コマンド/S級侵略者

3つの文明と4つのゾーンに対応したSSS級侵略[天災]と、クリーチャーの上に重ねた時に破壊マナ送りバウンスのいずれかの除去を行う能力を持つ。

これは、このカードがバトルゾーン、自分の手札墓地マナゾーンにある限り、自分の自然コマンドは全てアタックトリガー除去を行えるようなものあり、山札送りシールド送り以外で除去されない限りすぐにバトルゾーンに戻ってこれる。封印されてもこのクリーチャーが入るデッキではコマンドだらけな筈なのですぐに外せられる。

また、3色のためマナ基盤としても優秀で、マナゾーンから侵略ができることもあり、序盤から安心してマナゾーンに置ける。
墓地からの侵略が可能なことから《サイバー・チューン》などの手札交換ディスカードにもできる。
基本的に使用不可能とされる2つのゾーンに置いておいても、いつでもバトルゾーンに飛んでいけるのは何よりの魅力だろう。cip能力などで仕事を終えたはずのコマンドがいきなり除去を飛ばしてくるクリーチャーに化ける可能性がチラつくのは大きなプレッシャーとなり得る。

しかし、これまでの侵略デッキでは目当てとなる単色切り札に進化させる事が最優先だった為、多文明の侵略デッキ自体そもそも見掛けない事が気がかり。
もっとも、侵略して使う事が前提のこのクリーチャーを『召喚』する必要は殆ど無いので、『このカード以外』の他文明を無理してデッキに追加する必要性も無い。
多色である利点はオマケに捉え、今までのまたは自然単色侵略デッキにこのクリーチャーをそのまま入れたとしても、それが問題になる事は少ないだろう。

除去に関しても、3つのゾーンから選ぶことができるので、pigを発動されたくない場合はマナ送り、相手のマナも増やしたくない場合はバウンスを選ぶなどケースバイケースな除去ができる。また、「バトルゾーンに出た時」ではなく、「クリーチャーの上に重ねた時」に発動するので、バトルゾーンからバトルゾーンへ移動したときにも除去が行える。《黒豆だんしゃく》能力にも引っかからない。

ただ、W・ブレイカーなので侵略しても威力が低いのは気にかかる。これは《禁断の轟速 レッドゾーンX》の打点が低くて、当初は採用を躊躇われていたのと同じ理屈である。

  • 名前の由来は「デッドゾーン」+「アダムスキー」+「サンマッ」を合わせ「ダムド=忌まわしきもの」とかけたものだろうか。
  • 種族は「SSS級侵略者」ではなく「S級侵略者」である。

関連カード

収録セット

参考


Last-modified: 2019-07-15 (月) 03:04:04