炸裂(さくれつ)(かげ)デス・サークル》

炸裂の影デス・サークル C 闇文明 (5)
クリーチャー:ゴースト 2000
S・トリガー
このクリーチャーをバトルゾーンに出した時、このクリーチャーを破壊してもよい。そうした場合、相手は自身のタップされていないクリーチャーを1体選び、破壊する。

DM-34で登場したゴースト
S・トリガー獣で、cipで自身を破壊効果をもたらす通称「炸裂サイクル」の
このカードは相手に自身のタップされていないクリーチャー破壊させるというもの。

性能は《空神兵ウィングライオス》に似ており、そちらよりも狙いを定めやすく、特に後続の殴り手を狙えるのは大きな利点である。
しかし効果を使うと自身もすぐに破壊されるので、単体での使用感は《デス・チェイサー》《魔弾アルカディア・エッグ》に近い。
そちら2つを比較対象とすると、こちらの利点はアンタッチャブルを対象におけるということであろう。

一方、文明自壊可能なクリーチャーであるという点に着目すれば、相手を除去しつつ墓地進化として再利用する戦術もとれる。
ただし5コスト帯には、より確実な除去能力とドロー能力を兼ね備える《龍神ヘヴィ》、その下に《黒神龍アバヨ・シャバヨ》などが控えるので選択には悩むところ。
ゴーストとして考えると、《神炎の影グレイブ・ディール》に続く除去能力を備えたS・トリガークリーチャーであり、状況に応じて除去S・トリガーとしてもクリーチャーとしても使えるカードとして十分に投入を検討できるだろう。
DMR-05にて、このカードと相性の良い《拷問の影カワハギ・ジャケット》が登場。状況次第では1:多交換可能となる強烈なコンボとなる。

  • 起源神とも相性がいい。あらかじめ墓地に落としておけば、6体完成した起源神が殴るたびに「リアニメイト→自爆して除去」を繰り返せ、直前の起源神の能力のため、ほぼ必ず6コスト以上を狙い撃ちにできる。

サイクル

DM-34炸裂サイクル
場に出た時に自身を破壊することで能力が使える。

関連カード

フレーバーテキスト

  • DM-34
    その体に刻まれた呪いの刻印が、刃となって解き放たれる!
  • DMX-10
    増やすのも減らすのも、どちらも同じ。

収録セット

参考


Last-modified: 2019-09-13 (金) 19:18:47